2010年4月20日 (火)

第203回(4/20)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 17番 (2回目)

まだ慣れていない為、弾き直し多数sweat01

まずは縦リズムで刻みながら弾くこと。慣れてきたら6つごとにフレーズを感じて弾くこと。前半はいいですよ、とのことでした。もっと弾き込みをしないといけませんね。

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (7回目)

どうしても中間部分のリズム感が狂います。左手につられる〜sweat01こういうの苦手なんですよね。クロスリズムというの?左3に右2とか・・・。

前半、後半と中間の音量のメリハリをしっかりつけるともと良くなる、もっと弾き込んでいけばもっと音楽的に感じることもできるだろうけれど、ある程度まで弾いて、また人前で弾く時などにひっぱってきて楽しく弾いてください、とのことで今回で終了〜。特に本番に持っていくような曲ではなかったし、次々進みたい私としては有り難いheart02


次の曲はどうされます?ラフマは前に弾いたし、ドビュッシーですかねえ?

という訳で正式に「しずめる寺」に決まりました。シンプルなだけに難しそう。でも合っているかも、と言われました。これ以外に「水の反映」「版画」の話も出ましたが、譜読みがしんどいのはヤだし(笑)心に決めていた「しずめる寺」にしました。合間にシューマンも練習していく形になります。

こうやって2ヶ月くらいで次々進めるような曲を選ぶと、たくさん学べていいなあ♪

| | コメント (0)

2010年4月13日 (火)

第202回(4/13)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 17番 (1回目)

100413_221601


100413_221602

こう降りてきて、親指の上をくぐった後の2や3の指に注意!

全体的には「いいですよ♪」というお言葉をいただきました。次は、右手が6つの音の固まりであることを意識してなめらかに弾く事!

まだ指が慣れていないところがあるので、しっかり弾き込みます!

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (6回目)

100302_1825020001_2

↑右手アクセント!

一度通して弾き・・・前半もよくなった。中間も縦リズムを意識できていてよかった。音楽は縦と横のリズムのバランスが大切!という話をまたされました。私はそのバランスが大分良くなっている、とのことhappy01

ところでここで・・・

「あともう1週されます?」と聞かれました。

実は・・・とある本番をかかえており、そこでシューマンを弾くのでまたさらいましょう!ということになって・・・さらにまたここだけの秘密ですが(笑)とあるコンクールを受けて、予選を通ったのです。本選で何を弾くかという話になって・・・シューマンいっとく?てな結論になったので

「シューマンもちょっとやりつつ・・・楽しく弾ける曲も数多くやろう」(こんな言葉ではなかったですが)という方向に!なもんで、次週でノクターンは終わって、違う曲をやろうかということになりましたshine





めっちゃ嬉しい!




あ、そう言えば・・・元々ノクターンはバラ3をやる為に始めたんだったっけgawk

でも今はバラ3の気分じゃないなーーーwobbly

できれば小品、あまり苦労しない曲がいいんだけど・・・。

バッハのフランス組曲5番とか、ラフマニノフの前奏曲とか、ドビュッシーの沈める寺とかいいなあheart04


と、またまた練習そっちのけで選曲妄想モードになりそうな予感!

ま、ぼっちらいきますわ!

| | コメント (0)

2010年4月 6日 (火)

第201回(4/6)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 16番 (再開5回目)

練習室とレッスン室のピアノの鍵盤の感覚が違うため、1回目はうまく弾けない〜wobbly(誰?ピアノのせいにするな!て言ってる人は〜)

縦リズムをもっと感じて!

強弱つけるー!


ああ、やはり弾けてないかあ。今日で終了はなさそう・・・と思ったら

「それらを意識して、もう一度弾きましょうか」と先生が時計をチラリと見ておっしゃいました。よし!ガンバるぞーーー。

とりあえず合格〜heart04はふー、終わったあ!

先生「もう17番ですね」

私「やっとですねー」

先生「じっくり時間かけてやっていきましょう♪」

私「友達とかは、ひと通り弾けたら、はい次!て次々進んでいっています。うらやましいーと思うことがあってsweat01でもテクニックつける為だから・・・とも思うんです」

次々進むことに驚いた様子でしたが・・・要は目的が何か?ということです。私はテクニックが足りないので、しっかりと訓練しないといけない、その友達は元々弾けるからさらっと流しているのかもしれませんね♪

う、うやらましい〜bearing

でも間違いなく、取り組む前から比べたらテクニックがついてきていると思うし・・・先生を信じて付いていきます!いつも注意されることは同じ=それができていないということなのだから、それを意識して練習すればきっと進度もあがってくれるはず!はず!はず・・・coldsweats01

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (5回目)

中間部分が音に厚みが出てよくなっている。前半のテンポあげたいですねー・・・とのこと。

左手が抜けるので・・・縦も意識すること。横に流れようとするから音が抜ける。十分歌えているし、縦と横のバランスが良くて聴いていて心地いいheart04のだそうです。このあたりのバランスや歌い方もだいぶん上手になってきました!とお褒めの言葉が!!!!!

わーい!と思わず言ってしまいました。いい歳したおばさんがbleah

あんまり練習していないんだけどなーsweat01こう弾きたい、というイメージがあるからそれで弾けるようになっているのかな?中間部分はもっと弾き込まないと!

次回からは細かい部分を見ていくことになりました♪

| | コメント (0)

2010年3月23日 (火)

第200回(3/23)のレッスン

わあ!もう200回!!!!!

●ツェルニー50番練習曲 16番 (再開4回目)

なんか、打鍵が乱暴。叩いています。練習室ではノクターンをがんがんと先に練習したせいか、タッチの具合がわからなくなったのかな?ppとかのところは、そんなに力を入れなくていいのになんかリキんでいます・・・。

再度、後半を弾き次で仕上げ、となりました。

うーん、きちんとやることをやっておかないと、次にグダグダだったら絶対に合格させてもらえませんからね!頑張らなくっちゃ!

4と5の指はしっかり落とす、しかし叩いては駄目。脱力をすること。強弱はしっかりとつけること。これらをちゃんとマスターしなくっちゃsweat01

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (4回目)

ちょっとづつテンポをあげて弾いています♪そうすると左手が跳んでいるので音が抜けてきますwobblyどうバランスを取るのか!?


100302_1825020001


100326_0910010001

↑左手が薄い!右手が重厚に弾いているようでして・・・左手をもっと厚く!

何度か弾き直しをしてOKでました。

ショパンだから弱々しく・・・というイメージがあるけれど、そうではないということ。ま、右手がぶ厚すぎたのでバランスが悪かったのでしょうsweat01

2拍子で拍を取るように言われました。そうすると慌ててしまって歌えないsweat01

ま、地道に練習をしていきます!

来週はお休みです。

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

第199回(3/16)のレッスン

もうすぐシューマンの本番があるので、聴いていただきました。

「テンポ感、流れはよくなっています。ミスがもったいないです」

そう!!!!!

細かいミスがなかなかなくなりません。まあ・・・通し練習ばかりしていたので、残りの日々は取り出して細かい練習をしていかないといけませんねsweat01

●ツェルニー50番練習曲 16番 (再開3回目)

テンポ早く弾きすぎて崩壊!!!!!!!

聴いている先生もハラハラドキドキされていたそうです(笑)

前半は大丈夫でしたが後半がボロボロ・・・でも4と5の指はきちんと鍵盤に乗ってきているので問題なし!とのこと♪指が音楽に付いていけるようにテンポを落として丁寧練習を続けていきます。テンポアップはそんなに拘らなくていい、とおっしゃってたし♪でも弾けるならあげてきて、ともsweat01

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (3回目)

ちょっとテンポあげて弾いてみました。中間部分がいただけないsad


100302_1825020001


↑右手、八分音符が十六分音符になっている・・・。どうしても左手につられてしまうーーー。

もっと慣れていって、細かいところをやっていきましょう!まずは今月はシューマンをshine

もっと弾き込んで早く仕上げたいな、と思います♪無理かな?

しかし・・・ツェルニーにショパンにシューマンに同時に3曲も!すごいですね!プロみたいですね!と先生。いえ・・・あのー、コソ練で他にも練習している曲があるんですがあー。でもそれは言えない・・・wobbly

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

第198回(3/9)のレッスン

財布を忘れて取りに帰った為(笑)練習室での練習はできませんでした。

●ツェルニー50番練習曲 16番 (再開2回目)

なんか、ボロボロで、弾き直しをしてばかりでした。弾き終わって「ボロボロでしたね・・・」と自分で言ってしまいました。そうしたら

「いえいえ、そんなことないですよ。4と5の指がきちんと鍵盤に乗っていてとてもよくなっていました」とお褒めの言葉が!意識して練習した甲斐があったというものhappy01

なんとなく、段々と感覚がわかってきた気がします。力で弾くのではなく、指を乗せる・・・コツコツと練習を積み重ねないとなかなかできません。テンポあがったらまたひっぱたいてしまうかもしれないので注意!

なんとなく暗譜できているので、練習の時に楽譜見ずに弾くクセができてしまい、レッスンの時に楽譜を見たらミスしてしまいます(笑)お〜い!sweat01

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (2回目)

雰囲気は凄く出ている演奏!と言われました。どう弾くべきかよくわかっている!って。褒め過ぎですよ・・・。

しかし、もっとテンポあげたいし、流れるように弾きたいし、課題はいっぱいあります。もっと弾き込んでいかないと前に進まない気がします。

最近はゆったりした曲や、音の響き(和音とか)を感じるような曲が気になります。ガンガン系はもう疲れたというか・・・しんどい思いをして弾きたいとは思わなくなりました。ノクターンのようにしっとりした曲もいいですね。こういう曲調も合っていますよ、と先生。私はフランスものとかフワフワした感じの曲は似合わないんですよねーーー。はふー。

またシューマン聴かせてくださいね!と先生。来週持っていこうかと思っています。

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

第197回(3/2)のレッスン

発表会後、初めてのレッスンです。

鍵盤に影ができる件は、きちんと先生に伝えました。「改善していただくように、私も伝えておきますね」とのこと。うーん、ピアノを置く位置にもよるのでしょうね。今まで5回出ましたが、影が気になったのは今年と去年だけでした。その前まではどんなんだったか全く覚えていません。ちゃんとした位置で、影なんてなかったのかもしれませんし、意識するほど余裕がなかったのかもしれません。

は!過去の動画を見たらいいかもしれません。教室で購入した手のアップもある動画!そーだそーだ、確認してみよう♪

●ツェルニー50番練習曲 16番 (再開1回目)

ぐはあああああ!

ツェルニーさんです・・・。練習室のピアノと鍵盤の感覚が違うので、最初の2ページミスしまくりsweat01慣れないよーーー!

100302_1826010001


↑4と5の指は、鍵盤をはじいている。しっかり乗せること!

そうだった!いつもこんなこと言われてました!!!!!!!!!

100302_1826020001


↑覚え書きが(笑)

最適なポジションにして、指を落とす・・・4と5を使う度に手の甲が外側にひっくり返ったりするのはダメなのです。(私はそうはなっていないけど)子供とかそうやって弾くことがあるので、しっかり鍵盤に指を乗せて弾く練習をすること。意識すればできると思いますよ!と先生。

そうそう、こういう細かいところがツェルニーのイヤなところなんです。

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (1回目)

100228_2154010001


サイン入りの楽譜を持って行きましたheart04表紙にサインしてもらうのっていいですね!いつも中に書いていただくので・・・これから表紙に書いてもらおうっと♪

最後まで弾きました。

丁寧に弾いている。歌うところも歌えている。

100302_1825010001


↑この左手をいかになめらかに弾くか!今はまだ、3つづつに音が分離している。繋げてなめらかに弾くこと。

100302_1825030001


↑こういう内声もきちんときれいに弾けている♪

100302_1825020001


↑ここ、左手につられてしまいます。だいぶましになったんですがsweat01右手に合わせるように弾けるようにします。

ノクターンらしい曲想をきちんと出すのが難しそうですね・・・。

バラ3の為に頑張るぞーーー(笑)

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

FIAT PANDA |  一ヶ月一曲♪ | 「スケ2娘。」 | お菓子作り | これからチャレンジしたい曲 | アヴェンヌで演奏 | オフ会♪ | ツェルニー練習曲 | パン作り | ビーズアクセサリー | ピアノ | ピアノコンクール | ピアノ演奏会 | ピアノ練習会 | ピアノ練習記 | ピアノ雑談 | リトルピアニスト~姪っ子のお話 | レッスン10 (ラフマニノフ 「前奏曲Op.3-2」編) | レッスン11 (モーツァルト 「ソナタK311第1楽章」編) | レッスン12 (シューマン 「ウィーンの謝肉祭の道化」より「アレグロ」編) | レッスン13 (ショパン ノクターンOp.27-1編) | レッスン14 (ドビュッシー 沈める寺編) | レッスン15 (バッハ イタリア協奏曲 1楽章編) | レッスン16 (ショパン バラード3番編) | レッスン17 (プーランク「インテルメッツォ3番」編) | レッスン18 (ハチャトゥリアン「トッカータ」編) | レッスン19 (ブラームス「スケルツォ」編) | レッスン1(ショパン「スケルツォ2番」編) | レッスン20(ドビュッシー「ダンス」編) | レッスン21(シューマン 森の情景より「森の入口」「予言の鳥」編) | レッスン22(ベートーヴェンソナタ月光第3楽章) | レッスン23(リスト 「ハンガリー狂詩曲11番」編) | レッスン24(シューマン 「ノヴェレッテン1番」編) | レッスン25(ショパン 「ノクターン17番」編) | レッスン26(ドビュッシー「水の反映」編) | レッスン27(ショパン「スケルツォ3番」編) | レッスン2(ショパン「バラード1番」編) | レッスン3(ブラームス「ラプソディ1番」編) | レッスン4(ベートーベンソナタ「悲愴」第1楽章) | レッスン5(リストパガニーニ練習曲より 第3曲「ラ・カンパネラ」) | レッスン6(リスト「ハンガリー狂詩曲2番」編) | レッスン7(シューマン「幻想曲第1楽章」編) | レッスン8(ドビュッシー「ピアノのために プレリュード」編) | レッスン9(リスト「エステ荘の噴水」編) | 企画モノ | 公開レッスン | 憧れの曲を弾こう♪ 「ショパン スケルツォ1番」編 | 憧れの曲を弾こう♪ 「プロコフィエフソナタ1番」編_ | 憧れの曲を弾こう♪ 「ラヴェル 水の戯れ」編 | 憧れの曲を弾こう♪「シューマン/ソナタ2番 Op.22」編 | 憧れの曲を弾こう♪「シューマン/幻想曲Op.17 第1楽章」編 | 憧れの曲を弾こう♪「ドビュッシー/喜びの島」編 | 憧れの曲を弾こう♪「リスト/ハンガリー狂詩曲2番」編 | 憧れの曲を弾こう♪「リスト/メフィストワルツ」編 | 憧れの曲を弾こう♪「リスト/ラ・カンパネラ」編 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 本の紹介 | 演奏デスヨ♪ | 演奏会の記録 | 発表会 | 私のピアノの歴史・今までに弾いた曲 | 英ポロ娘。 | 選曲ですよ♪