« 2005年4月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年5月

2005年5月21日 (土)

目標を決めよう

今日から少しづつ、家の電子ピアノで練習することに決めた。いつまで続くことやら・・・

やりたいのは、練習曲・・・クラーマ・ビューロー60番と新しい曲・マスターしたい曲でドビュッシーの「ピアノのために」の前奏曲。あのグリッサンドがかっこいい!!!!!是非弾けるようになりたい!!!!!しかし指が痛い・・・。みんなどうやってるんだろ?????

左手がうまく動かない。まあ、ずっと練習していなかったので仕方がない。ゆっくり指を動かしていくとしよう。毎日練習したら、ドビュッシーはすぐに弾けそうな気がする。まずはこれを目標としよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月8日(火)のピアノ練習

駅前のヤマハで2時間。

しかし、情熱が冷めたせいか、2時間が長く感じる。ベートーベン、ショパン、リスト、チェルニーなど楽譜をいろいろ持って行ったものの、ちょろちょろと弾いては次の曲・・・てな感じで集中力なし!あきませんな・・・。なにをどう練習するのかをあらかじめ考えておかないと、時間のムダです。逆に疲れました。はあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月14日 (土)

2005年2月22日(火)のピアノ練習

急にピアノが弾きたくなったので、近隣のヤマハに電話をしてみる。30分だけ空いていたので、行ってみる。本当は2時間やりたかったんだけど・・・

ベートーベンのソナタを何曲かパラパラと弾いて、ショパンスケルツオ2番の練習。時間が短かったせいか、かなり集中して密度の濃い練習ができました。素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月12日 (木)

メンテナンス

手に入れてから約2ヶ月半後、消耗品の交換と、悪いところがないかを診てもらう。場所は神戸のF社。


交換した部品
タイミングベルト・タイミングテンショナ・スパーグプラグ・ラジエターキャップ・ワイパーブレード・ワイパーアーム・ライトを明るくしてもらう為、ヘッドライトリレーを付けてもらう。

注意点・サンルーフのキャリアのところ(ドアと屋根のつなぎ目)今後サビがでてくる可能性があるので気をつける。

壊れそうな部分、怪しい部分はあらかじめ交換しておくことにより、トラブルは防げます。お陰で、この5年間トラブルなしです。良い個体だったこともあるでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃費

何回か調べた結果

14.5km
16.9km
14.1km
16.3km
13.5km
15.2km
16.25km
12.7km
9.26km←クーラーのせい?・・・とメモに書いてある。事実はこれいかに。
となった。

その後は走行距離と、何リットル入れたかの記録はあるが、計算していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月10日のピアノ練習

豊中の某楽器店にて。2時間練習。

久しぶりだったので、弾きたい曲をいろいろ弾く。特に部分練習したものはショパンのスケルツオ2番とバラード1番。スケルツオは、後半がまだちゃんと弾けないので、ゆっくり弾く練習。通しで弾けるようになるとかっこいいなあ・・・。

狭い部屋で、やたら音が響き、強弱をつけて弾いてもあまりわからないという、最悪な練習場でした。電車で30分はかかるので、もう行きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノレッスン

「のだめカンタービレ」を読んでたら、無性にピアノが弾きたくなった。本物のピアノを。しかし実家にしかない・・・。だから、レンタルルームを探すことにしました。ネットで検索していろいろ調べて、やっと見つけました。近隣でリーズナブルなところ。

豊中のある楽器店・・・小さい部屋で、やたら音が響いてきれいにきこえない為、一度使ったきり行ってません。


最寄りの駅のYAMAHA・・・防音もしっかりして、前述のところよりずっと素晴らしい。これからここを利用することにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は三代目オーナー?

整備記録簿からわかること。 1996年2月3日に最初の整備。八王子ナンバーだった。最初のオーナーさんは1997年11月23日まで記録が残っていた。 次に残っている記録は、私が譲り受けた京都の方のもの。1998年12月14日の記録。私に譲る2000年まで乗ってらっしゃった。 ・・・と、これだけの記録しかないんですが、ここから考えると私は三代目オーナーのようです。間に何人かいたとしても、もうわからん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月10日 (火)

2000年10月28日(土)大安 雨 納車

いよいよ自分のものになる時がやってきました。やったーーー!きたきたきたあっっっ! お金を現金で渡し、オーナーさんは「悲しくなるといけないから」と足早にその場から立ち去っていきました。うん・・・気持ちはわかります。オーナーさん、すごく車に詳しくて、複数台所有されている方です。このプログもされているんですよ。年に何回か、パンダの状態のお知らせをしています。個人売買ってこういう所も利点ですよね。 さて、向かった先は神戸。初心者なんで旦那が運転して、その日は一日デートでした(笑)あいにくの雨でしたがね。 アランジアロンゾのパンダの手帳にいろいろ書き込みをしていますので、これからはいろいろな記録を披露したいと思います。 35643kmからスタート! ハイオク満タン・14リットル・1705円也

| | コメント (4) | トラックバック (0)

車探し

人気があるのは、青系の色だったり、屋根がオープンにできたり、グリルが旧式だったりと、いろいろ条件があるようです。しかし、それにこだわっていては、いい車は見つけられない・・・と旦那は言いました。まずは車の状態が重要です。 インターネット(だったと思うのですが)で個人売買希望の人を発見!早速メールをして、やりとり開始です。価格やら、車を見に行く時の距離も特に問題ありません。やった、と思った矢先に「パンダを売って他の車を手に入れる予定が、その車の納期がずれこみ、今すぐにパンダを売れる状態ではなくりました。その時がきたら、必ず優先的に連絡させていただきます」とのメールが。
がーーーん!
ふりだしに戻る。 次に見つけたのは東京のパンダ。旦那が車の状態やら詳しいことを電話で聞いてくれました。いざとなったら東京まで車を見に一緒に来てくれるというのです。うほーーー、そこまでして!? 母は「よほどその車に乗りたいんやなあーーー」と言ってましたが。違うやろっ、愛じゃ、愛!(笑) しかし、もう一人先に希望者がいたらしく、私達も狙っていることを聞いて危機感を抱いたのか、その人が即買いと相成ったのでした・・・。 そして2000年8月頃、最初の方からまた売れるようになったとのメールが!!!喜び勇んで見に行く日を決め、オーナーの方とご対面!!! 駅までパンダで迎えに来ていただいたんですが、なんせ走っているところを見たのは初めてで、もう「カンドーーー!」以外の言葉はありません!「車を見るポイント」なんぞを事前にちょっと勉強していろいろ見てる・・・フリ・・・(重要部分は旦那任せ・笑)試乗もさせていただき、大満足!(初心者だからあぶなっかしいけど)私達の他に希望者もいないということで、決めちゃいました!念願のパンダ乗りになれるんだーーー!!!!! 帰りは京都駅まで送っていただき、去っていくパンダくんを見ながらさみしい気持ちになってしまいました。その後、名義変更とかいろいろ行い(初めてのことでなにがなんだかわからず、先方さんにご迷惑もかけてしまいましたわ・・・整備士の弟に助けてもらいました)いよいよ納車へ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 9日 (月)

はじまり。

旦那とつきあっていた頃、彼が「パンダはかわいいでー」と常々言っていたので、ある日インターネットで検索してみました。が、かくかくしていて私の思っている「かわいい」とはほど遠い!!!!!

どこがかわいいねん!

と思いつつ「そうやねえ・・・」と旦那に答える私。


第一印象はいまいちでした

その後、車雑誌「CG」の車の集会(笑)珍しい車とかが一同に集まるアレです、それに参加しました。旦那は「ホンダビート」乗りなので、それに乗って参加。
会場には、シトロエンDSやら2Vやらアルピーノやらアメリやらカニ目やら、見たこともない車がぞろぞろ。嬉しくて、写真を撮りまくる私。
そこにパンダがありました。中を覗いてみると・・・なんて広いの!?ステキーーー!!!!! よく見たらかくかくっとしているのも魅力的です。本物を見て、とても気に入ってしまったのです。あの第一印象は
なんだったんだろ・・・。


それから何年かしてこれまた気まぐれで免許を取ることにしたのですが、なにに乗ろうかという話になった時、旦那の提案は「フィアットパンダ」「ルノーキャトル「アウトビアンキA112」でした。(かわいい車ばっかりでしょ?)しかしメンテのことを考えたら、パンダがよいのではないか?ということで、パンダを手に入れることにしたのです。

狙うは個人売買!

今までの車の調子もわかるし、程度のいい車を手に入れるためです。

さてさて、車探しが始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年9月 »