« 曲の難易度 | トップページ | 気の早いお話しですが・・・ »

2005年9月27日 (火)

第3回目(9/27)のレッスン

●クラーマー=ビューロー2番

今日初めて聴いていただく。まずはゆっくり弾きました。この曲は、いかに内声部をきれいに響かせるか、が勝負!メインの音と区別して弾かないと、ちっとも美しくありません。その部分を意識して、2回目は少し早く弾く。

まずはしっかり音を鳴らすようにすれば良い。それが出来てきたら、強弱をつける・内声部を響かせる・テンポをあげる、という順序で進めていきます。

最後に、ペダルをつけましょう!ということになりました。

●スケルツォ2番

曲に入る前に、楽譜について聞いてみました。
結論から言うと「自分の弾きやすいもので良い」でした。特に指使いは、手の大きさもマチマチですし、指示通りに弾くほうが弾きにくいこともあるので、特に気にしなくても良いですよ、との答えでした。そ、そうなのか・・・じゃあ自由奔放にさせていただきましょ(笑)

さて、本題。まず冒頭部分を弾く。
ゆっくりと、心の中で1.2.3と数えながら弾いておりました。頭とか1.2.3っと小刻みに動いてたかもです(笑)
「和音もしっかり掴めているし、音も取れています」とのこと。おお!先週よりは良くなっているようです。部分練習した甲斐がありました。
2回目はテンポを上げて弾いたのですが、第二主題の左手がやはり音が途切れたり、鍵盤をかすったりとまだまだ部分練習が必要。ゆっくりと、リズム変奏練習をし、手首を回転させ、弾きやすいようにしていこうと思います。

今日言われたことは・・・
・フレーズを感じること。1.2.3とテンポをとっているせいか、どうも縦にリズムがつきすぎて、流れが出ていない。小節ごとではなく、大きなフレーズを感じとって、メロディにしていく。
・第二主題の左手の部分練習
・テンポを上げて弾く

注意されたことを忘れてしまわないように、できれば録音しておこうと思います。記憶には限界がありますもの。

しかし、いつも練習しているシンセ(ピアノタッチ)ではうまく弾けても、やはり本物とはタッチや、楽譜を見る姿勢が違うせいか、ぎこちなくなってしまいます。はあ・・・。実は、クラーマー=ビューローでは、「しっかり弾こう」と思いすぎて手首に力が入り、痛くなってしまいました。脱力脱力・・・。

|

« 曲の難易度 | トップページ | 気の早いお話しですが・・・ »

コメント

こんばんは、友の会の先輩。
頑張っていらっしゃいますね。

大人になってから先生について習うのが面倒なのですが、
子供の頃のようにただ言われた通り弾くだけではなく、
こちらからも何かしら質問を持っていって教えてもらえるのが良さそうですね。

ピアノの先生はどのようにして選ばれたのでしょうか?
ただでさえ難しいのに、大人の男性生徒はお断りという先生も多いようです(泣)。

投稿: Francois松 | 2005年9月27日 (火) 22時52分

Francois松さま

ご訪問ありがとうございます。

先輩だなんて・・・ただ単に会員番号が若いだけで、腕前は全然です・・・しょんぼり・・・。

確かに、昔は先生に言われた曲をただやるだけでした。今は情報も溢れかえっていますから、刺激も受けられるし、積極的にやれる環境が揃っています。恵まれていますよね。

先生はどうやって選んだのか?・・・いえ・・・ただ単に「ヤマハ音楽教室の個人レッスン」で曜日の合うところに入れてもらった、というだけでして、そんな大したことはしておりません。個人教室を探そうと思えば大変でしょうが・・・。男性の生徒はお断りですって?まあ・・・それは・・・困りますね。そういえば大抵女性ですものね・・・。う・・・む。

投稿: かおる | 2005年9月28日 (水) 01時03分

真夜中にこんばんは!!

クラーマーの2番って上声と内声を綺麗に区分けして弾きたい曲ですよね。私はところどころ運指面できつい箇所があったと記憶しているのですが、今、弾き直したらもう少しはまともに弾けるようになっているかな。

それと、やはりこの曲にはペダルが不可欠でしょうか。模範CDなどでもペダルが存分に使われていますよね・・・

投稿: ふゆのほし | 2005年9月28日 (水) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/6142234

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回目(9/27)のレッスン:

« 曲の難易度 | トップページ | 気の早いお話しですが・・・ »