« スケルツォ2番 | トップページ | スクリャービンを聴く »

2005年10月 1日 (土)

第4回目(10/1)のレッスン

10月は、火曜日に行けない時がある為、土曜日にレッスンに行くことにしました。先生も1ヶ月だけ、違う方になります。

●クラーマー=ビューロー2番

一度通して弾いて聴いていただく。しかし、生ピアノと家のキーボードのタッチの違いのせいで、うまく音がでない。(言い訳?)変にきばってしまいます。(だから、レッスン前に30分だけレンタル使用したかったのですが、残念ながら空いていませんでした)ぎこちない演奏となってしまいました。あーあ・・・。次は、細部の練習。内声部のクレッシェンドとデクレッシェンドをきちんと弾く、強弱に注意して弾く、これの繰り返しをして、ゆっくり弾いてみたり、早く弾いてみたり、かなりみっちりと教えていただきました。ふう、難しいわあーーー。

●スケルツォ2番

こちらも細部の練習です。音の出し方や、弾き方をみっちりとやりました。

冒頭の「ラシレファ」のところ・・・「sotto voce」です。「ラシレ」はデクレッシェントに弾き、ファに繋げていく・オクターブで決めるところは鋭く、指の離し方も教えてもらう。

というった感じで、丁寧に、繰り返し弾きました。(だから、2.3ページくらいしか進みませんでした)

うーーーむ、譜読みを一通りしたといっても、音をひろっただけで、ただ弾いているだけの状態だし、表現とか音の出し方はまだまだだなあ、とつくづく思いました。次に弾く曲はテクニック云々は考えなくていい曲にしようかな、とちょっと消極的になる私・・・とほほ。

こんなんで、バラード1番とか、リストとか弾きたいといっている自分が情けない・・・。もっと練習しなくては。

|

« スケルツォ2番 | トップページ | スクリャービンを聴く »

コメント

はじめまして★

コメントありがとございました

キーシンにユンディですか

まだ聴いてなかったです

是非あたってみます★

かおるさんもスケ2練習してるんですか

がんばってくださいね★

ちなみにカラスはただの趣味で(ならってません)

じゆうに演奏してるから

けっこう演奏怪しいかも

安定した基礎は

舞台ですね

舞台がだめなら、どんな美しい舞も踊れない

表現を色鮮やかにするためには

まずしっかりしたメカニックが必要ですよね

でも、カラスはそこが微妙…かな

バラ1もいいですよね★

フランソワの演奏が大好きです

バラスケ集じゃなく、ショパン名曲集の方が好きです

あれくらいのプレストで弾きたいなー

出色★

でわでわ

投稿: カラス | 2005年10月 4日 (火) 11時05分

カラスさま

ご訪問ありがとうございます。是非キーシンとユンディを聴いてみてください。アルゲリッチも結構よかったですよ!(今日買いました)

まさか習いに行くとは思っていませんでした。今までは音をなぞるだけって感じですたが、習いに行ってからは強弱やフレーズに気をつけて弾くようになりましたよ。発見がいろいろあります。

お互いがんばりましょう!

投稿: かおる | 2005年10月 6日 (木) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/6201210

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回目(10/1)のレッスン:

« スケルツォ2番 | トップページ | スクリャービンを聴く »