« 関本昌平さんの動画 | トップページ | 本日の練習 »

2005年11月18日 (金)

スケルツォ2番の演奏時間を調べてみる

この曲を弾くことになって、CDを買いまくり、聴きまくりました。

当然演奏者によって、弾き方はいろいろ。

さて、それぞれの演奏時間を調べてみました。

○サンソン・フランソワ・・・10分12秒
○アルトゥール・ルービンシュタイン・・・9分45秒
○アルフレッド・コルトー・・・8分45秒
○マルタ・アルゲリッチ・・・8分50秒
○アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ・・・10分41秒
○ウラディーミル・ホロヴィッツ・・・9分28秒
○マウリツィオ・ポリーニ・・・9分52秒
○スタニスラフ・ブーニン・・・10分35秒
○シプリアン・カツァリス・・・9分44秒
○ユンディ・リ・・・10分4秒
○エフゲニー・キーシン・・・10分7秒

おーーー、さまざまですね。この2分の差はなんなのでしょう?????

ということで調べてみた。(ヒマやなあ・・・)
1小節〜365小節・・・A
366小節〜582小節・・・B(中間部分)
583小節〜715小節・・・C(後半繰り返し部分〜)
716小節〜ラスト(コーダ部分)・・・D

アルゲリッチ・・・A・2分54秒 B・4分1秒 C・1分8秒 D・32秒
ルービンシュタイン・・・A・3分7秒 B・4分21秒 C・1分13秒 D・42秒
ブーニン・・・A・3分14秒 B・5分5秒 C・1分24秒 D・40秒

大きく違うのは中間部分ですね。334・436小節からの弾くスピードによるみたいです。う・・・ん、確かにアルゲリッチは思いっきり早いです。


さて、この私はと言うと、そんな早くは弾けません。ムリして早く弾いてはずすより、遅く弾いて確実の方がいい。

これから練習を積んで、今よりも早く弾けるようになるかもしれないけど、ムリはやめよう。

みなさんがアップされてる演奏を聴いたら、本当に素晴らしくて、プロ並みの早さで弾いてらっしゃる!だからといって「私も」とムリをするのはやめよう。

「私しか弾けない」演奏をしよう。そんなことを考えてみたり。

え?負け惜しみ?????(笑)

|

« 関本昌平さんの動画 | トップページ | 本日の練習 »

コメント

こんばんは。スゴイ沢山聴きましたね~。誰の演奏が良かったですか~??
私も悲愴はいくつか聴き比べてみました。(かおるさんほどではないですが。。。)同じ曲なのにみんな違うんですよね~。驚きます!!

投稿: テツ | 2005年11月19日 (土) 00時27分

テツさま

テツさんも、悲愴を聴き比べされたんですね。面白いですよね。聴き比べ。そこから「自分はどう弾こうかな」ってヒントにしたりできますよね。

なんか、スケルツォと名のつくものは全て買う、みたいな感じでした。私ってのめり込むと、奥まで探求してしまうタイプでして。

好きな演奏ベスト3は

ミケランジェリ・ポリーニ・カツァリスですよ!

ポイントとしては
●冒頭・コーダの弾き方が雑ではないこと(早く弾きすぎて乱暴なのはダメ)
●中間部分の美しいメロディの3連符を丁寧に弾いている(哀愁が感じられる)

大きくはこの2つ。これができている演奏に好意を持つようです。だから、私もこの弾き方を目指したいと思います。


投稿: かおる | 2005年11月19日 (土) 22時38分

 かおるさん、こんばんは。
 たくさん聴かれましたね~、熱意に拍手です!私はミケランジェリ、カツァリス、フランソワを聴いたことがあります。その中でミケランジェリが一番好きでしたが、彼の演奏は長かったのですね~。たしかに歌いこんでいるような感じなので長そうだとはおもったのですが。カツァリスの演奏も丁寧でいいと思います。(でもカツァリスのスケルツォではなぜか4番が好きになりました)ちなみにコルトーやポリーニも弾いていたのですね。
 私も無理はやめようと思いました。ゆっくりで弾けないのにごまかして弾いても弾けていないのがばればれだし、かえって気持ちよくないから。。。

投稿: のここ | 2005年11月20日 (日) 00時49分

かおるさん おはようございます。
かおるさんは研究熱心ですね。こんなにたくさんの方のスケ2を聴かれたんだ。
私はこの中では ユンディ、アルゲリッチ、カツァリスのCDを持っています。それと パレチニ、アシュケナージのも持ってます。なんだ、私も結構持ってる(笑)

アルゲリッチは 決して雑ではないですが テンポが速いーー!
私は カツァリスとアシュケナージのが好きです。カツァリスは 何の曲でもそうですが 遊び心があって個性的。オシャレです。さすがフランス人だなぁ~~。

そう。私もプロのように速くは弾けません。
とにかくゆっくり確実に弾けるように練習することが大事なんですよね。焦らず・・。

ところで ご紹介されていた関本くんの動画、私も見せていただきました。
まだ高校生くらいの時のものでしょうか?それにしても 堂々とした演奏ですね。彼の思い切りの良い「がっつーーーん!」な音が好きです。ステージであがったことがない、と言われる度胸のよさも是非見習いたい。
ノミの心臓なので、私(^^;

投稿: まつやん | 2005年11月20日 (日) 10時55分

のここさま

ミケランジェロの演奏、良いですよね!わあーーー、同じ意見の人がいました!

何分で弾くか、なんて別にこだわらなくてもいいんだろうけれど、曲として聴いてもらう場合は、ある程度のレベルは必要ですよね。あせらず、ムリをせずやっていきたいと思います。

投稿: かおる | 2005年11月21日 (月) 20時51分

まつやんさま

研究熱心・・・はまるとそればっかりになって、深く探求する性格のようです。と同時に、他の人の意見や演奏や思考を確認しないと、自分の思いや考えを決めれない優柔不断なところもあります。

あはh、まつやんさんもたくさん持ってらっしゃるじゃないですかあ。アルゲリッチはそうですね、早いですよねーーー。早すぎて余韻に浸る間もないくらい、あっさりした感じに思えました。

関本さんは、あがらないんですか!?うそーーー!!! 凄い度胸ですね。まあ「うまく弾こう」とか「よくみせよう」と思うからあがるんでしょうが・・・。見習いたいものです。

投稿: かおる | 2005年11月21日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関本昌平さんの動画 | トップページ | 本日の練習 »