« 2005年を振り返る | トップページ | 2006年よ、こんにちは! »

2005年12月31日 (土)

今年最後の練習

最近ピアノ奏法のいろんな本を買いあさっています。手に入れただけで安心してしまうのはどうしてなのでしょう。実践しなくてはなんの意味もないのに・・・(笑)

2日ぶりに練習をしましたが、なんか上手になった感じ。

なにが違うのかというと、腕の重みを感じで音が出せています。がつがつした弾き方ではなく、余裕のある弾き方。

全体的にゆっくりと、指の落とし方や指運びに注意して弾くことに集中できたからかもしれません。演奏時間を気にしたり、早く弾くことにこだわってしまっては、こういう弾き方はできなかったでしょう。

ピアノ奏法20のポイント〜振り付けによるレッスン〜・セイモア・バーンスタインの本には、打鍵の仕方や、前腕のローテーション(左右への回転)を用いた弾き方などが写真入りで載っています。しばらくは、これを参考にしながらスケ2のゆっくり弾き練習をすることを課題といたします。力を抜いて、楽に弾けるようになればだんだんテンポをあげていく・・・。そうすれば、道は開かれるのではないかしら・・・。


たまには他の曲も・・・という訳で、久しぶりにバラ1の練習をしてみました。来年は弾けるようになるでしょうか。もとい、先生に見てもらえるかしら?なんか、大曲だから、次の発表会の曲とかになったらどうしよう・・・と再来年のことを考えてるバカな私。でも、スケ2が終わったらなにを弾こうか、全然思いつかないんですもん。ノクターン、ワルツといった小品?????う・・・ん・・・・。ワルツならOp-42が弾きたいですねえ・・・。みなさまのオススメなどあったら教えてくださいまし。

|

« 2005年を振り返る | トップページ | 2006年よ、こんにちは! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2005年を振り返る | トップページ | 2006年よ、こんにちは! »