« 第14回(12/20)のレッスン | トップページ | スケルツォ2番聴き比べ »

2005年12月26日 (月)

スランプなのよ

先週は仕事がとっても忙しかったです。

誕生日、クリスマス・・・とイベントが目白押しなのに、残業です。なんとかその日のうちに帰れましたが。いつものことです。はああ。(笑)

で、最近スランプ気味です。やる気がおきません。

【理由】
○スケルツォの演奏時間が縮まらない=テクニック不足

○部分的にうまく弾けない箇所があり、伸び悩み気味

大きくはこの2つです。

あまりにもひどい状態だったので、ふゆのほしさんにアドバイスをいただきました。

わかったこと。それは・・・

○一ヶ月前なら、弾けない箇所は繰り返し練習することによって弾けるようになり、達成感、満足感があったが、今は一応全て弾けるようになり「弾き込む」という地道な練習に変わっている。が故に、目に見える進歩がなく「上達していない」と錯覚をおこし「ブルーになっている」というもの

きゃーーー、なんて単純な・・・(笑)でも、原因が判明すれば対策が立てられますよね♪

○昔発表会にでた時は演奏時間なんて気にもしなかった・・・。今やCD、ネットで他人の演奏が聴けるようになり、自分と比較できるからこだわってしまう。演奏時間が長い=ゆっくりにしか弾けない=テクニックがないということ

気にしないことにしよう、と言っても気にしてしまうので、もっとテクニックをつけることにします。

●正しいピアノ奏法—美しい音と優 れたテクニックをつくる・御木本澄子
●ピアノテクニック12か月~脱力の タッチのために~・原田敦子 ←これは楽譜です。うっ、めんどくさ(笑)
●あたまで弾くピアノ—心を表現する手段・山岸麗子
●ピアノ奏法20のポイントー振り付けによるレッスンー・セイモア・バーンスタイン

こんな本を手に入れました。「わーーーい、これで上達するぞ!」と手に入れただけでその気になる私に、未来はあるのか!?(あってくれないと困る・・・)


勉強しよ・・・。

|

« 第14回(12/20)のレッスン | トップページ | スケルツォ2番聴き比べ »

コメント

ピアノテクニック12か月~脱力の タッチのためにの楽譜、とーっても興味があって、買ってみようと思ったんですけど、店頭で楽譜を見て、「うぅ・・・これは・・・ははっ・・・やめておこう」と買わずに帰ってきてしまったんです。
でも、かおるさんの日記を読んで、またまた興味が湧いてきました。
買ってみようかなぁ・・・。
脱力が出来るようになるのかなぁ???

投稿: ピアノ大好きゆうちゃん | 2005年12月28日 (水) 11時03分

ピアノ大好きゆうちゃんさま

>ピアノテクニック12か月~脱力の タッチのためにの楽譜、とーっても興味があって、買ってみようと思ったんですけど、店頭で楽譜を見て、「うぅ・・・これは・・・ははっ・・・やめておこう」と買わずに帰ってきてしまったんです。

実はアマゾンで買ったので、中味も見ずにショッピングカートに入れました。脱力について、どうやるとかそういう詳しい説明はありません(涙)ゆっくりと音階やら、音を出す練習をやっていくというだけのものです。昨日少し弾いてみましたが、まあ基礎の基礎ですし、早く次に進みたいけど我慢我慢、と思ってしまいました。「ピアノ奏法20のポイントー振り付けによるレッスンー・セイモア・バーンスタイン」の方が写真入りで、実際に弾く方法が説明されて良いかもしれません。

投稿: かおる | 2005年12月28日 (水) 23時41分

かおるさん&アノ大好きゆうちゃんさん、以前おふたりからブログにコメントをいただいたぴよぴよです。

あたしも「正しいピアノ奏法」は発売後すぐにGetして何度も読みました。
そして「ピアノテクニック12か月~脱力のタッチのために~」は、実際にレッスンで使いました。
月2レッスンだし、難しくてサクサク進めないしで30か月くらいかけてようやく1冊終えましたが、この本やって本当に良かったです。

少ししかありませんが、画像つきの奏法解説をあたしのサイトに掲載しております。ちょっぴりでもお二方の参考になれば...。

URLはこちらです。

http://web1.nazca.co.jp/hp/piyopiyo/piano/plays/piece/pt12/pt12.html

投稿: ぴよぴよ | 2005年12月29日 (木) 07時08分

ぴよぴよさま

ありがとうございます!サイトの説明、すごくわかりやすいですね!これで練習の仕方がわかります!!!!!♪~

ゆっくりやっていこうかしら?

これを見たら、ゆうさんも購入したくなるかもしれませんね!

投稿: かおる | 2005年12月29日 (木) 20時34分

僕が読んだピアノ練習の本で良かったな、と思ったのは、既にご存知かもしれませんが、「シャンドール ピアノ教本」ISBN 4-393-93763-5 G. シャンドール 春秋社 と、 「心で弾くピアノ―音楽による自己発見」ISBN: 4276143632 セイモア バーンスタイン 音楽之友社とかです。
 どちらも色々と新しい発見がありました。まだ読んだことがなければ、ぜひ!

投稿: 栗田 隆喬 | 2005年12月30日 (金) 01時41分

かおるさん、こんにちは。
クリスマスごろに残業って、私もかなり近い状態でした。なんだかほかのことに気をとられれて、ピアノにさわっても集中できないというか。。。お誕生日だったのですね。おめでとうございます!
ところでかおるさんはスケルツォ、弾き込むという段階にはいってらっしゃるのですね。その段階にスランプになりそうなの、わかります。だって上達があまりはっきりわかりにくいからですね。習っていたとき、自分では弾けていても先生には弾けていないとよく指摘されました。人に聞こえていないということは、できていない、ということですよね。演奏時間にも注意するのも大切ですね。それもテクニックと関係しているのでしょうか。
これから私もまじめに練習しようと思うのでスケルツォ教えてください。喝を入れてください!本当はかなりやばいです。
ところでピアノ奏法の本、いろいろ読まれていますね。「正しい~」は読み応えがあります。他の本も充実しているのでしょうね。またこちらもいろいろおしえてくださいね。
では、よいお年をお迎えくださいね♪

投稿: のここ | 2005年12月30日 (金) 15時16分

栗田 隆喬さま

本の紹介ありがとうございます!どちらも図書館で借りたような・・・う・・・ん。シャンドールは借りてないかなあ(どっちや?)

「心で弾くピアノ―音楽による自己発見」は再度じっくり読みたいので、アマゾンの中古本を買いました。もうすぐ届きます。シャンドールも確認して、読んでなければ読んでみますね!

こういう本を手に入れて読んだだけで、うまくなった気になるのは不思議です。イメトレみたいなものでしょうか?

投稿: かおる | 2006年1月 4日 (水) 11時54分

のここさま

>お誕生日だったのですね。おめでとうございます!

ありがとうございます。12/23でした。もう・・・家のパソコンで書き込みができないので、今頃のレスですみません。

>習っていたとき、自分では弾けていても先生には弾けていないとよく指摘されました。人に聞こえていないということは、できていない、ということですよね。

そうですよね。私の場合は、自分でも全然弾けてないと思うので、う・・・ん・・・。録音して聞くのが一番です。MD調子悪いんだよな。う・・・ん・・・。

>演奏時間にも注意するのも大切ですね。それもテクニックと関係しているのでしょうか。

やはり早く弾く部分がゆっくりしか弾けないなら、その分時間がかかってしまいますからね。かといって時間が全てではない訳でして、でも気にする、みたいな感じでしょうか?

>これから私もまじめに練習しようと思うのでスケルツォ教えてください。喝を入れてください!本当はかなりやばいです。

かーーーっつ!!!!!(笑)

私にできることがあれば、させていただきます。質問などがありましたら、どうぞ、ご遠慮なくどうぞ!私も修行の身ですが。
会えたら一番いいんでしょうが・・・。のここさんはどこにお住まいですか?私は大阪です。

「正しい~」が届きました、他にも読む本があるので、ぼちぼち読んでおります。体のつくりや筋肉のことを考えてピアノを弾く・・・なかなか効率よくていいですね。そうそう、最近「どうやったら楽に弾けるか」なんてことも考えて弾くようになりましたよ。年のせい?????


投稿: かおる | 2006年1月 4日 (水) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第14回(12/20)のレッスン | トップページ | スケルツォ2番聴き比べ »