« 弾くのにひと苦労 | トップページ | 電子ピアノを弾いてみる »

2006年1月 7日 (土)

暗譜について

annpu

スケ2はほとんど暗譜できました。この写真の492小節から516小節のこの部分の左手を除いて・・・。

まだ覚え切れていません。手が覚えて自動的に弾けるようになるまではまだまだです。音で覚えていないからでしょうか?

暗譜をして弾く時ってどこを見て弾きますか?手元?まっすぐ正面?上を向く?目をつぶる?

普段、手元を見ずに弾いているのに、急に手元を見たらパニックになってしまうことって経験がありませんか?

「心で弾くピアノ」セイモア・バーンスタイン著に

●鍵盤上のあらかじめ決められた点や場所に目の焦点を合わせることは、正確さを得るために必要。
→早いパッセージ、片手だけの跳躍、両手の跳躍の時にどこを見るか?何種類かのパターンが紹介されていました
※著者が演奏中にふっと目の焦点を移したことで、集中力が妨げられた。いつもは目を閉じ、頭を上向きにして演奏していた。このようにいつもと違う弾き方をしたというこの行為が大惨事を生んだ・・・という記述がありました。要は、「ある特定の一連の手順を繰り返すことによって習得される」からであり、その手順が違うと狂ってしまうからなのです。いかに「鍵盤の上の手の動きに慣れておくか」が鍵です。

その他にも「視覚的な暗譜」「耳からの暗譜」などが紹介されていたのですが、とにかく繰り返し練習して、手の動きを覚えるしかないのね・・・と思います。目をつぶっても弾けるのは、この手の動きを覚えているからですね。

しかし「次はこの鍵盤を弾くんだ」と視覚的に覚えている箇所があるんですよねーーー。これも危険ですよね。もししぐじったら、わかんなくなるだろうなあ・・・。ひいーーー!!!!!

|

« 弾くのにひと苦労 | トップページ | 電子ピアノを弾いてみる »

コメント

すごいですね。もう暗譜できているのですかー。弾いているときどこを見ているか、大体決まってきますよね。最初の左手アルペジオのカンタービレの部分などは、時々右の音を聴くことに集中したくて上を見てるんですけど、左手を間違えます。あはは・・。

投稿: ピアノフォルテ | 2006年1月 7日 (土) 21時14分

わ~!なるほど!すごく参考になりました!

わたしは発表会ではいつも絶対手元を見ています。(暗譜でのとき)
でも家では、いろんなところをみて弾いてるようです。

なるほど、、、
ありがとうございます!!

スケ2のその部分、わたしも左手が覚えにくかった記憶があります。微妙に音が違うところが覚えにくかったように思います。
暗譜がんばってくださいね!

投稿: まい | 2006年1月 7日 (土) 23時30分

ピアノフォルテさま

>すごいですね。もう暗譜できているのですかー。

いやーーー、もう4ヶ月も弾いてますし、中間のある部分は15年くらい前から弾いてましたし(笑)

>最初の左手アルペジオのカンタービレの部分などは、時々右の音を聴くことに集中したくて上を見てるんですけど、左手を間違えます。あはは・・。

あはははは、うっとりと上を向いて浸っているつもりが・・・間違えちゃうんですねーーー。
私は鍵盤ばかり見ている気がしますよ・・・。

投稿: かおる | 2006年1月 8日 (日) 19時55分

まいさま

>わ~!なるほど!すごく参考になりました!


本当ですか?わあ、よかったです。

>わたしは発表会ではいつも絶対手元を見ています。(暗譜でのとき)
でも家では、いろんなところをみて弾いてるようです。

楽譜がある時は、楽譜を見て手元を見ていないことが多い気がします。でも暗譜になったら手元を見るってどうゆうことだろ、私・・・。

>スケ2のその部分、わたしも左手が覚えにくかった記憶があります。微妙に音が違うところが覚えにくかったように思います。
暗譜がんばってくださいね!

やはりそうですか・・・。落ち着いて覚えていこうと思います。ありがとうございます!

投稿: | 2006年1月 8日 (日) 19時58分

ここへは初めて立ち寄りました。先日の練習会でお会いしたLilacです。
練習会は楽しかったですね。

ところで、練習会で弾いたショパンのノクターンOp27-1の中に手元を見ていると弾けない箇所があるんですよ。
これは自分でも不思議なんですが、中間部の早いところの中の左手が3連符の部分、手元を見ていると複合リズムが崩れてしまいます。
ここはいつも目を閉じて弾いています。
なぜでしょうね。

暗記はまことに苦手で暗譜も同じなのですが、楽譜を見ながら弾くほどの余裕もないので、いつもひやひやものです。
今スクリャービンの第2番のソナタの譜読み中ですが、もしかして暗譜不可能かななどと思っている状態です。

投稿: Lilac | 2006年1月17日 (火) 22時22分

Lilacさま

ご訪問ありがとうございます!!!先日はステキなスクリャービンを聞かせていただきました!

>ところで、練習会で弾いたショパンのノクターンOp27-1の中に手元を見ていると弾けない箇所があるんですよ。
これは自分でも不思議なんですが、中間部の早いところの中の左手が3連符の部分、手元を見ていると複合リズムが崩れてしまいます。
ここはいつも目を閉じて弾いています。
なぜでしょうね

まさにこの記事のお話の通りですね!もう、手が覚えてしまってるんですね。そして目をつぶっていないと弾けないようにインプットされているんですよ!!!・・・たぶん(笑)

楽譜を見ながら、手元も見ずに弾かないといけませんから、ある程度手の動きで覚えていかないと難しいですよね。スクリャービンソナタ2番、楽しみにしています。私は3番を譜読みして挫折中です。

投稿: かおる | 2006年1月18日 (水) 21時10分

SHNgR5 hi all ?heey ? http://avtozastivxux.sweb.cz

投稿: WaldosM | 2010年9月21日 (火) 05時09分

So many possibilities, attention is paid by means of all, I'm so and so. There are a few families. They said. their families are this and this legend, then, he added.

投稿: bistro tables | 2011年3月31日 (木) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 弾くのにひと苦労 | トップページ | 電子ピアノを弾いてみる »