« 自分の演奏を聞く | トップページ | 第17回(1/24)のレッスン »

2006年1月23日 (月)

難易度表示に振り回される

yu-kiさんのプログに書いたコメントがきっかけで、難易度について考えてみました。

弾きたい曲があって、楽譜を見た時「難しそう・・・」と思う。が、難易度をみると中級程度だった。→「なーーーんだ、弾けるわ!」と思う。

その逆、「これなら弾けそう」と思う、が、難易度を見ると上級上だった。→「私にはムリ・・・。見た目は易しそうだが、どこか難しいんだろな」とあきらめる。

こういう難易度や、レベルの表示で一喜一憂する私。要するに他人が決めた価値観で判断してしまうという悪いクセ(性格?ただの小心者?)があります。そんなものは自分で譜読みしてみて判断するものであります。わかってはいるんですが「ショパンのエチュードを弾いている、リストのラ・カンパネラを弾いている」というのを聞くと「すごーーーい!私にはムリ。だって、ショパンのエチュードは6課程でしょ?私は5課程のクラーマー=ビューローをまだやっているのよ」と、思ってしまう。(実際そう思っている)頭が固いというか、順番に上へいかないといけない!という固定概念があるようです。

ドビュッシーの「喜びの島」・・・レベル表示のない楽譜を買い、譜読みをしましたが難しい!弾けそうな気がするのにーーー。全音では6課程。ああ、やっぱり、私にはムリ、とあきらめてしまいました。(笑)

これはやはり性格でしょうか?チェレンジ精神なさすぎ!?

レベル表示はあくまで参考にするだけ、そう考えてはいても、気にしてしまいます。ピアノを演奏するということの中に、「表現もだけれど、まずはテクニック、弾けないといけないから」というこれまた固定概念。ああ・・・ダメダメ!

一方では「6課程の曲が弾ける」ということが嬉しかったり・・・。一体なんなんでしょう?

yu-kiさんのプログでは「ショパンエチュードは弾きたいとあまり思わない」と書いたんですが、あくまでショパンの他の作品と比べてってことでして、エチュードとしては素晴らしいと思ってます。クラーマー=ビューローやっている身だけれど、ショパンエチュードやってもいいのかしら?みなさん、いいですかーーー?って許可とったりして(笑)


みなさんのお考えはどうですか?是非教えていただきたいです!

|

« 自分の演奏を聞く | トップページ | 第17回(1/24)のレッスン »

コメント

やっても、いいですよーーーーーーっ!!!(笑)

私、ツェルニー50番・クラーマー・バッハの平均律(どれも、全音では5課程デス)をレッスン中ですけど、ショパンのエチュードを弾きましたよ♪
先生が「これだけ弾けたら、ショパンのエチュードも弾けるわよ」って。
かおるさんもショパンのエチュードは弾けると思います!!!ぜひとも、レッスンに加えてみてください。

ちなみに、私のはエチュード10-1の譜読みでつまづいてるところ。この曲、指がキツイです!!!

投稿: ピアノ大好きゆうちゃん | 2006年1月24日 (火) 19時08分

わ、私、クラーマーに出逢う前に、先に無謀にもショパンエチュードに挑戦してしまいました。結局は手を痛めたりして途中でお休みしていますけれど、クラーマーがある程度落ち着いたらまた挑戦しますよ~。

スケルツォ2番をあれだけ弾かれていらっしゃることですし、エチュードも問題なく弾けるでしょう(^^)/

弾きたい時と思った時こそ「旬」ですよ。
今を逃してはなりませんよ~
えっ、悪魔のささやきですか??

投稿: ふゆのほし | 2006年1月24日 (火) 20時34分

ピアノ大好きゆうちゃん さま

>やっても、いいですよーーーーーーっ!!!(笑)

やっていいですか?わーーーい許可もらった(笑)

>かおるさんもショパンのエチュードは弾けると思います!!!ぜひとも、レッスンに加えてみてください。

ですかねえ・・・ショパソナ2番の予備練習として「別れの曲」あたりどうかしら?中間部分がいい練習になりそうなんです。結構有名曲って聞き飽きてしまったから弾こうとは思わないんですが・・・。人前で披露するにはいい曲かな、とも思います。

実は10-4が好きです。

投稿: かおる | 2006年1月24日 (火) 22時27分

かおるさん、こんばんは♪
うわ~ん!お仲間がいた~(笑)
私もすっごく難易度に振り回されます!
ピアノフォルテさんのブログでも、スケ&バラ&ソナタの難易度聞いちゃったし^^;

ショパンのエチュードは、楽譜の黒さに「うへー」と目が嫌がってます。好きなのに~!
今はやる気起きないんですが、バラ1弾くのに必要なんだったらやります!(単純)

私のブログでも書いたのですが(お友達の先生の話です)
「チャレンジしない事には弾けるようにならん!」
ん?言い方違ったか?
最初は思ったように弾けなくても、いつかそのレベルに達した時に弾けるようになる♪

これ、家訓です(笑)
ちょっと背伸び、ぐらいがちょうど良いかもですよ~?うーんと背伸びでも、いつか弾ける日が来ます!(自己暗示入ってマス)
でも、今やってるベトソナ30番が、ちょっと背伸びかうーんと背伸びなのか、先生に確認出来ずにいる私^^;

投稿: 山猫 | 2006年1月24日 (火) 23時21分

難易度表記は全然無頓着、というか信用してませんでした(笑)
あの難易度も年代によって変化するようです。
以前シューベルトの即興曲を弾いたんですが、先生に借りた昔の楽譜と、その後自分が買った楽譜で、同じ全音だったのに難易度が違ってました。
曲は変わってないのに表記が変わるってことはかなりいい加減なもんだろう、と勝手に思って、僕は『今日の運勢占い』程度にしか思わないようにしています。
なにしろ簡単なグレードの曲がなかなか弾けなかったことも多々あったので(^^;

投稿: 栗田隆喬 | 2006年1月25日 (水) 08時27分

山猫さま

そうそう、山猫さんとyu-kiさんのプログを読んでこの記事を書いたんです実は。

>私もすっごく難易度に振り回されます!
ピアノフォルテさんのブログでも、スケ&バラ&ソナタの難易度聞いちゃったし^^;

同じだーーー(笑)私もバラ1をやる前に、スケ2を弾くレベルだが、果たして弾けるでしょうか?って聞いたりしましたよ。バラ1はなんの要素が必要なんでしょう?コーダの部分は確かに難しいですが、それまではレベル的にはそう難しくないですものね。

>ちょっと背伸び、ぐらいがちょうど良いかもですよ~?うーんと背伸びでも、いつか弾ける日が来ます!(自己暗示入ってマス)

そう信じていたいですね。でないと、弾きたい曲がいつまでたっても弾けませーーーん!

投稿: かおる | 2006年1月27日 (金) 21時13分

栗田隆喬さま

お!振り回されない方がいらっしゃった!確かに、本によってとか年代によって難易度は変わりますものね。結果、自分が弾けたらよいんですから、なんでもチャレンジすればいいんですが、弾けなかった時のダメージを考えるとわかった方がいいかな・・・と「すっぱい葡萄」のお話と同じデス。

投稿: かおる | 2006年1月27日 (金) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分の演奏を聞く | トップページ | 第17回(1/24)のレッスン »