« ピアノサークル練習会に行ってきました! | トップページ | 第24回(3/14)のレッスン »

2006年3月13日 (月)

ニコライ・カルロヴィチ・メトネル

楽譜に、年表が載っていたので読んでいましたら、むむむむ?と思うところがあったので、披露させていただきます。()内は私の心の声です。

16歳・・・兄を介して成功したブラテンシ一家と知り合い、アンナ・ブラテンシ(13歳)を思慕。

22歳・・・兄、アンナと結婚(え?お兄ちゃんに取られちゃったの?????)

24歳・・・兄夫妻の住む町へ赴き、兄に諒解を得て、アンナと密かに実質的な同棲状態に入る。(はい?)

29歳・・・アンナと二人だけで、スウェーデンで休暇を過ごす(おいおい・・・)

32歳・・・兄とその恋人とアンナと4人でバイロイト音楽祭へ行き、その後ウィーンへ滞在する(えっと・・・どういうことですか?兄とアンナは破局したん?)

34歳・・・アンナと旅行。6月に兄と合流。

39歳・・・アンナと結婚式を挙げる

その後も、3人で行動したりがあります。

どういうことですか?三角関係じゃないですか!

昼ドラも真っ青!これ、すべて事実ですよ!

こんなことが、楽譜の年表に書いてあるのもすごいですが・・・誰が記録してたん?て感じですね。いろいろ背景には事情もあるのでしょう。(アンナとの結婚を母親に反対されてた、とか)こういう中で、ああいう曲が作られていったのですね・・・。

複雑・・・。

|

« ピアノサークル練習会に行ってきました! | トップページ | 第24回(3/14)のレッスン »

コメント

かおる姫さま
メトネル先生のことは存じず申し訳ございませんが、こちらに出没させてよろしいでしょうか。
ご挨拶が遅れ大変失礼しております。
トミ子と申します。初めまして。
かおる姫さまのことはフォルテ姫をはじめ、あちらこちらでお見かけしておりました。
ブログも時々拝読させていただいておりますことを告白いたします。
このたび、朝起きたら「スケ2娘。」に入隊することになっておりました。
不束者ですが、どうかよろしくお願いいたします。
スケ2はもう練習を始めて1年以上経ちますが、下手ッぴいの私のレベルには高すぎなので、途中で萎えたりしていました。
でもやっぱり大好きな曲なので、フォルテ姫に叱咤激励を受けて、また最近再燃してきました。
今度はもうちょっとマシになるように頑張りたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたしますー!

投稿: トミ子 | 2006年3月13日 (月) 23時00分

トミ子さま

ご訪問ありがとうございます!

>かおる姫さまのことはフォルテ姫をはじめ、あちらこちらでお見かけしておりました。

あらら!そうなのですね。えへ、私もトミ子さんのことは、ピアノフォルテさんからお話を聞いて知っております。

>ブログも時々拝読させていただいておりますことを告白いたします。

え・・・私も・・・で・・・す(笑)息子さんの写真、かわいらしいですね!


>このたび、朝起きたら「スケ2娘。」に入隊することになっておりました。
不束者ですが、どうかよろしくお願いいたします。

そうですよね!こちらこあお、よろしくおねがいします。

やはり、スケ2はみなさまの憧れの曲なのですね。私も十何年か前から憧れておりましたもの。この度、やっとマスターしまして「一生弾く曲」と相成りました。一緒に頑張りましょう!

お近くでしたら、練習会でもできますが、異国の地ではムリでございます。ので、また練習記なぞ披露していただけたら嬉しいです!

※私の家の環境では、ソネットブログが重くて、表示されません。頻繁に書き込みはできないですが、覗きに行かせていただきますね。

投稿: かおる | 2006年3月14日 (火) 01時34分

爆笑の経歴ですねーっ!!
ドロドロしているようで、さっぱりしているような、この男女関係。なんだか奇妙デス。
私の理解の範囲を超えてるよぉ・・・。
メトネルさんはとりあえず一途な男性だったということはよく分かりました。一途すぎて、怖いけど・・・。
問題はお兄さん。
いったい、なんなの???

投稿: みお | 2006年3月14日 (火) 13時03分

かおるさん、こんばんは。先日はお疲れさまです。
今日早速メトネルの曲の入ったCDを買ってしまいました。キーシンの演奏で追憶のソナタ Op38-1が収録されています。
あとこの前聴かせてもらったのは何という曲なんでしょうか?

投稿: tam | 2006年3月14日 (火) 21時44分

みおさま

>爆笑の経歴ですねーっ!!
ドロドロしているようで、さっぱりしているような、この男女関係。なんだか奇妙デス。
私の理解の範囲を超えてるよぉ・・・。

でしょ?戦前、戦時中でもこういう男女の関係は複雑なのです。だからこそ・・・かもしれませんが。

>メトネルさんはとりあえず一途な男性だったということはよく分かりました。一途すぎて、怖いけど・・・。
問題はお兄さん。
いったい、なんなの???

恐ろしい兄弟ですね・・・。でも憎みあい、殺し合いしなくてよかったですね。

投稿: かおる | 2006年3月15日 (水) 18時44分

tamさま

ご訪問ありがとうございます!

しかも、早速CDご購入・・・しかもキーシンを!ありがとうございます!

キーシンのCDには「ソナタ回想」しか収録されていないんですよ。先日の曲は「夕べの歌」といいまして、Op38-6なんです。

イリーナ・メジューエワのメトネル作品集-1(COCO-70756)か、、「ロシア・ピアニズム名盤選」のマリヤ・ グリンベルク/ロシアの作品に収録されています。また機会がありましたら、聞いてみてくださいね!

投稿: かおる | 2006年3月15日 (水) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピアノサークル練習会に行ってきました! | トップページ | 第24回(3/14)のレッスン »