« 演奏会を聴きに行く! | トップページ | 第25回(3/28)のレッスン »

2006年3月27日 (月)

舞台映えする曲

ああーーー!!!!!本当に昨日は楽しかった!!!!!心からそう思えます。6時間もよくじーーーっと演奏を聴けたものだなあっと思います。もっともっと聴きたかったですね!今年のピティナは期待しておこうっと!


さて、今日は少し「舞台映えする曲とは?」ということについて考えていました。スケルツォ2番って、演奏会で弾くと割と派手で、それでいてしっとりと歌うところがあって、ラストも派手に終わるので、とてもかっこいいですよね?演奏会で弾くのなら、そういう曲を選びたいなあっと思います。

リストの「愛の夢3番」「ためいき」「森のささやき」って、案外静かに終わるんですよね。「ためいき」を弾きたいって思っているけれど、発表会にはどうなんだろう??????
全体的にゆったりしているラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」はホント、ゆったりしすぎて、味気なかった・・・。前後の曲がショパンの幻想即興曲と、ブラームスのラプソディ1番だったから、余計にそう感じたのだと思うけれど。そうなったら、前後の曲に埋没してしまって、印象が残らない結果にもなるってことですよね?コンクールの選曲も、また難しいんでしょうねえ。(出ることはないけれど)

そんなこんなで、ちょっと「亡き王女のためのパヴァーヌ」を弾くのはどうしよう・・・と躊躇してしまいました。一人でこっそり弾くのにはいいのかなあ?

そして!派手な曲といえば、やはり「ハンガリー狂詩曲2番」と「ラ・カンパネラ」と「バラ1」(笑)私の贔屓の曲ばかりですが、ラストはがつん!と和音やらオクターブで決めてフィニッシュ!というところが美味しいですよーーー!!!!!

みなさま、どうですか?そう思いませんか?

みなさまの思う「舞台映えする曲」是非教えてくださいませ。

|

« 演奏会を聴きに行く! | トップページ | 第25回(3/28)のレッスン »

コメント

こんばんは。僕も派手系好きです。

僕は多くの曲は知らないんですが、
「リスト ラ・カンパネラ」
「リスト ハンガリー狂詩曲第2番」
 は、僕も終わり方好きですよ。

他には
「ベートーベン テンペスト第3楽章」
「ベートーベン 熱情第3楽章」
「ショパンピアノソナタ第3番ファイナル」
 も良いですよ。ゾクゾクしますよね♪

でも、最後まで気持ち良く弾けるのが先…。
先が長いけど、弾きたいから頑張る!!!

投稿: Yacchan | 2006年3月27日 (月) 21時07分

Yacchanさま

>僕も派手系好きです。

わあい!お仲間!

>他には
「ベートーベン テンペスト第3楽章」
「ベートーベン 熱情第3楽章」
「ショパンピアノソナタ第3番ファイナル」
 も良いですよ。ゾクゾクしますよね♪

そうですよね!

やはりゾクゾクしたラストで、観衆の拍手で終わる・・・これが最高ですよーーー。

私には無理ですが(笑)

投稿: かおる | 2006年3月27日 (月) 21時37分

先ほどは、お見舞いコメントをありがとうございました。おかげさまで、随分楽になりました。
お互いケガには注意しましょうね。
ところで、手前味噌ですが私が今練習している「ベートーヴェン月光第3楽章」はどうでしょうか。
派手な部分あり、歌う部分あり、そしてラストはアルペジオの嵐で終わります^^

投稿: なららさくらら | 2006年3月27日 (月) 22時48分

なららさくらさま

>きゃーーー!月光の3楽章!最高ですよ!私も弾きたい!て最近思っているんですよーーー。

認定!(笑)

投稿: かおる | 2006年3月27日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 演奏会を聴きに行く! | トップページ | 第25回(3/28)のレッスン »