« ワクワク練習会♪(予告) | トップページ | リサイタルに行く »

2006年5月11日 (木)

ひじがポイント!

図書館で本を借りました。


「ピアノ上達法」天地真佐雄著・音楽之友社

中味を知らずにタイトルに惹かれて予約して借りたのですが、家へ帰ってびっくり!

ツェルニー30番と40番の弾き方解説でした!


なんてタイムリー!!!!!笑うしかないです。はい・・・。私に「30と40をさらえ!」と言っているんでしょうか?


1番から順に、楽譜の一部とともに、手の形を写真で紹介しつつ、指はこう置いてこう弾きなさいという本です。見ながら弾くのが良いかと思われます。これらの解説の前に、ちょっと役に立つんじゃない?と思うことが書いてあったので紹介いたします。


○ツェルニーの指定速度は常識で判断!
→30番の1番・・・バイエルを終えた子供にこんな速さで弾けるはずがない。弾く人に応じてムリのない速度にしましょうとのこと。おほほ−−−そうですか!

○演奏会で「乗れた」・・・脳の命令を待たず、脊髄反射で指が動く、すなわち指が自然に動き、脳はあまり負担がかからず余裕があり、音の流れを把握でき感情を盛り上げて歌うことができるから

○演奏会で「あがってしまった」・・・指を動かすのにいちいち脳から脊髄に命令を送るため、余裕がなくなり結果、不安感におそわれてしまうから
→うおーーー”発表会の時の私ではないか!あの時は「間違えないかなあ?」とか考えながら次の音を確かめながら弾いていた気がする。


○ひじを脇腹の線につけるようにひねると、前腕の2本の骨がクロスして「手全体に力を入れることができる」
→指が弱い・・・力がでない・・・という方は、ひじの位置がどうなっているか確認されてみてはどうでしょう?

○手首の高低・・・手首を高めにする時はひじは「脇腹の線に乗せるようにからだにピタリとつけて」の手首の高さで。
→ひじまであげないこと。

○その逆で、低めにする時は手首と鍵盤が平行する線以下に下がってはいけない。


○「速さ」を出すには速さを出す弾き方があります。「手首の硬直」も「指のかけだし」も原因は「ひじのフニャ弾き」です。音楽感情を表す根元、指を自由に動かす根元は「ひじの力」です。


ポイントは「ひじの位置、ひじに力を入れる、ひじを固定する」ということがわかります。確かにひじをしめると力が入ります。身体から離れると力が抜けます。言われれば当たり前のことですが、あらためて考えることってあまりなかったです。

「力が入らない」「手首が固い」(私だ!)「思うように弾けない」など悩んでいる方は一度、意識してみてはどうでしょうか?

|

« ワクワク練習会♪(予告) | トップページ | リサイタルに行く »

コメント

こんばんは。
「ピアノ上達法」なんて魅力的な題名なんでしょう!ひねりがないストレートな題名ですね。。。

>脳の命令を待たず、脊髄反射で指が動
>く、すなわち指が自然に動き、脳はあま
>り負担がかからず余裕があり、音の流れ
>を把握でき感情を盛り上げて歌うことが
>できるから

この感覚わかるようなきがします。先日、
『楽譜を見て弾くか?』と言う事について書きましたが、私も慣れている曲は、楽譜や鍵盤も見ず、脳みそも忙しくは働いていないかもしれません。。。

最近ひじが痛いです。ひじの使い方が悪いのかな~。。。

投稿: テツ | 2006年5月12日 (金) 01時10分

すゴ~~~く参考になりました。
ひじ、意識してみます。小指の弱さも少し解消されるかしら・・・

投稿: ピアノフォルテ | 2006年5月12日 (金) 12時26分

テツさま

>「ピアノ上達法」なんて魅力的な題名なんでしょう!ひねりがないストレートな題名ですね。。。

そうでしょ?なんか本当に上達しそうな感じ・・・。手元に置いておきたい気もします。

>私も慣れている曲は、楽譜や鍵盤も見ず、脳みそも忙しくは働いていないかもしれません。。。

やはりそうですか。体感されているのですね・・・。私もこの部分を読んで「そうだったんだ!」と大変勉強になりました。

>最近ひじが痛いです。ひじの使い方が悪いのかな~。。。

ええーーー、。変に力入ったりねじったり、なにかあるのでしょうか?お大事になさってくださいね

投稿: かおる | 2006年5月12日 (金) 22時40分

ピアノフォルテさま

参考になりましたか?よかったです!小指のこと、おっしゃっておられたんで、この本を読んで「もしかしたら!」と思い、ここに書きました。改善されるといいですね!!!!!

投稿: かおる | 2006年5月12日 (金) 22時42分

こんばんは~。
 ちょうどツェルニーでドツボにはまってさあ大変状態だったので、ツェルニー考とあわせて、とても参考になりました。
 肘の位置って結構気づかないけれど大事ですよね。高校のころ空手じゃないですが武術かじっていた時に、拳の突き出し方が変なことで僕は気づきました。
 でもまだ完全に良い位置には来てないんだろうなぁ~。
 しかし、今考えるとピアノ弾ながら殴ったり蹴ったり手を傷めそうな(実際痛めたし)武術やるなんて、危険なことをよく平気でやってたなぁ。
 
 

投稿: 栗田隆喬 | 2006年5月13日 (土) 01時00分

栗田さま

>ちょうどツェルニーでドツボにはまってさあ大変状態だったので、ツェルニー考とあわせて、とても参考になりました。

それはよかったです。
え?ドツボにはまっていたのですか?それは大変!ガンバって抜け出してくださいね!

 >しかし、今考えるとピアノ弾ながら殴ったり蹴ったり手を傷めそうな(実際痛めたし)武術やるなんて、危険なことをよく平気でやってたなぁ。

本当ですねーーー。恐ろしい!今だとやらないでしょう。ピアノ一筋かしら?(笑)

投稿: かおる | 2006年5月13日 (土) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワクワク練習会♪(予告) | トップページ | リサイタルに行く »