« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

PTNA ピアノ・コンペティション

去年と同じく「グランミューズ部門」を聴きに行こう!と思ったのですが、ピアノサークルとかぶったり、他の用事とかぶったりで、今年は行けそうにありません。


そんなぁ!!!!!

悲しい・・・。


気を取り直して、ソロ部門のE級・F級の課題曲が聴き応えがあるので、行こうかなあ。8月の火曜日なので、丁度お休み♪

ピアノ・ステップも聴きに行ってみたいなあ。

ありとあらゆるコンクールの予選・本選の日程を調べて聴きに行けたら行く予定♪

自分が弾くより、演奏を聴く方が楽しみです♪ワクワク。

大阪で演奏会関係の情報があったら教えてくださいね♪

| | コメント (2)

2006年6月27日 (火)

スランプでも練習会♪

スランプというのでしょうか?

とにかく、バラ1の中間から後半がうまくいかず、その練習に必死なので、他の曲を弾いたりする余裕がありません。いいように言えば「バラ1一色!バラ1に愛を注いでいる!」のです。それでも練習会などに参加して、人前で弾かなくてはいけない場面がありますので、なにかさらっておかなくちゃ!

7/2(日)と7/8(土)と7/30(日)にそういう機会があります。

バラ1以外では、やっぱりスケ2かなあ?一番まとも(まし)に弾けるのがこれだけとは、これいかに・・・。情けない・・・。しかもちゃんと弾けるかも怪しい・・・。

昔に弾いた曲をさらう気力はあるのか!?当日のお楽しみとしておきます・・・。はあ・・・。

8月に弾く予定のメトネルも、なんかうまく仕上がってこない。あと1ヶ月ではムリかしら?まずは7/30に披露する予定だったのですが。出来によっては、他の曲にしよう・・・。

ああ、全てが弱気・・・。

そういう状態の中、1曲だけ少し譜読みをしたものがあります。すぐに弾けるようにはならない難曲です。披露できる日なんか来ないかもしれない・・・。テンポが速い曲なので。

| | コメント (15)

2006年6月26日 (月)

弾けば弾くほど・・・

ああーーー!クラーマーがあーーー!バラ1があーーーー!

毎日弾けば弾くほど崩れていくのですが!

なんかテンポが微妙にあがっていて、指がついていっていない、そんな気がするのです。

手首は固まっているし。

「速く弾きたい」という心の現れでしょうか?

特にバラ1が、下手になっていっています。1、2日弾かないほうが集中できてうまく弾けている気がします。

こんな練習では、いくら時間をかけても身にならないでしょう。

1週間レッスンが空くから、と維持するために毎日しっかり弾いているつもりなのですが、逆効果?

おまけに「他の曲を弾き散らかしたい!」という衝動もなし。

疲れているだけかしら?

はあ・・・。

もしかしたら「伸び悩み?????」

| | コメント (4)

流行をつくろう!

ともみさんのブログに書かれていたのですが、関東での練習会で「ブルグミュラーオフ」や「きらきら星変奏曲リレー」が開催されています。

大阪でも流行らせましょうよーーー!

なにをするかと言うと、簡単なこと!

●ブルグミュラー25の練習曲の曲をみんなで順に弾いていく。

●きらきら星の変奏曲=12Ver.あるのですが、みんなで交代で弾いていく

という感じです。

練習会全てがこれになる・・・訳ではないのでご安心を!

どうですか?「Dolceの会」のみなさま!(と具体的名を挙げ、振る・・・)

ブルグミュラーなら、やったことがある方が多いし、この会のみなさまの腕前ならちょちょいのちょい!ですよ。きらきら星はやったことがない方は、一から練習しないといけませんが・・・。

ちょっと、考えておいてください(私信、失礼)

7/30にきらきら星は楽譜を持って行くので、その時に決めたらいいでしょう♪

ワクワク♪

え?模範演奏をしろ?なにそれ・・・それって食べれる?????(笑)

| | コメント (6)

2006年6月25日 (日)

子供の頃は伴奏係

今日、仕事場でいろんな話をしていて思い出したのですが、私ってば小学校・中学校の音楽の時間で「合唱・合奏」があれば、必ず「伴奏係」でした・・・。

小学生の頃は、校内テレビ放送というものがあって、合唱をクラス単位で録画して、全教室のテレビに映し出すというものがありました。懐かしい!!!!!で、歌っている子たちは、順に顔を映されていくのですが、伴奏の私は当然映りません。なんて悲しい・・・。

中学生の頃は、たまには違うパートがやりたくって「鉄琴」を希望し、ピアノは別の子になりました。これでピアノをしなくていい♪と思っていたら、ピアノパートの子がみんなについていけず、おまけに弾けない箇所があったりで、結局私に回ってきました・・・。

短大の時も、グループで合唱の時は伴奏をやりました。

幼稚園の時「さよならの歌」の伴奏をしたこともあったっけ・・・。

ふむふむ、こう考えると、私、伴奏というものもできるんじゃないですか♪(しかし、誰の?なにの?)

こう思いをはせていて、また思い出したのは市の合唱団に入っていたこと。歌うことが、子供の頃から好きだったのです♪小4から小6くらいまで行っていました。パートはアルトでした。発表会(というのか?演奏会か?)であっちこっち旅行をしました。わーーー、懐かしい!当時のレコードも残っています。そんなこともあったなあ・・・。先日HPを見つけたので、まだ存在するようですし、当時の先生(指揮・指導)もまだいらっしゃるようです。

合唱をしていたせいか、「ハモる」ことが好きな私♪シューマンの「流浪の民」の1パートを歌って、カセットテープに録音して、他のパートをその録音したものを流しながら歌って(つまりデッキを2台用意する)多重録音をしたり(笑)したことがあります。まだMTR(マルチテープレコーダ=多重録音ができる機材)を持っていなかった時代のことでございます。

おお!すっかり昔話にひたってしまいました。あの頃の私があったので、今の私がいる訳ですね♪

やっぱり、子供の頃から「音楽」が好きだったようです。

| | コメント (4)

2006年6月24日 (土)

演奏計画♪(あくまで計画)

今日は、コピーをしたり裁断機でえっちらほっちら紙を切ったり・・・の単純作業が主でした。今日から始まるフェアのちらしをつくったり、七夕フェアの短冊を作ったり、そんな仕事をしていました。仮にも一店舗の責任者なのに。

給料泥棒です。


そういう訳で、今日はナニも考えず、手だけ動かしていればいい状態でした(あ、口も)そうなれば、雑念や邪念がいっぱい♪ピアノのことばかり考えていました(バカ)これからナニを練習しようか、ということを。

特に練習会で集まった時に弾く曲に困ります。ただの練習モードならいいのですが、参加しているサークルでは「演奏モード」というお時間がありますもので、練習中のひどい演奏をお聴かせする訳にはいかないのです。それから他の練習会しましょう♪という集まりがあったりして、人前で弾く機会も増えそうです。新曲だけでは追いつきませんので、昔の曲をひっぱり出してこようか?と思っています。

一応、目標は「参加する練習会(演奏モード)で毎回違う曲を弾く」です。達成できるかな?

で、仕事中にナニを練習するか決めていたわけです(おい)

挫折しないように、候補を挙げておきます♪

●シューマン 子供の情景(抜粋)
●シューマン 謝肉祭(抜粋)
●ショパン ポロネーズ1番
●ショパン 即興曲1番
●メンデルスゾーン ロンド・カプリチオーソ
●ウェーバー 舞踏への勧誘
●ウェーバー 華麗なるロンド
●ドビュッシー アラベスク1番と2番
●ドビュッシー 雨の庭
●シューベルト 即興曲  Op.90-2
●ベートーベンソナタ 1番と5番と21番

うーーーん、これらは再度さらいたいなあー。お!14回ぶんはある!シューマンは何曲もあるものなので、回数が稼げるゾ(せこい)

人前で弾けるくらいのクオリティになるのはいつ頃か?

こうやって書いていても、実現しない場合も多々あるのよね、気が多すぎて・・・。

ダメな私・・・。とほほほほ。

| | コメント (10)

2006年6月23日 (金)

バラード病

最近、睡眠不足です。

私は疲れがピークになると

●首の後ろと頭が重くなる
●鼻の粘膜が敏感になり、目に疲れが現れ、くしゃにが止まらなくなる

これらのどちらかの症状が出ます。身体がサインを出しているのですネ。お陰で、このサインが現れると「すぐにゆっくり休まないといけない」ことがわかりますし、一日寝るとすっきり♪になるんです。

便利でしょ♪3分タイマー(違う違う)

今日も後者の症状が現れ、くしゃみで体力が奪われ、もうへとへとでした。肩もこっているのでマッサージでゆっくり休むことにしました。リフレッシュ!

そしたら、かなり腕が張っているとのこと。

「なにかされましたか?」とお店の人。

「いえ・・・あるとしたらピアノの練習のしすぎでしょうか?」と私。

「ピアノニストなんですか?」とお店の人。

「いえ、趣味でやっているだけなんです」と私。

その方も音楽をやっておられ、パーカッションをやっているそう。少しだけ話が盛り上がる・・・。

しかし、腕が張った原因は間違いなく「バラ1のコーダ」です!

脱力できていないのかなあ?

練習しすぎたかなあ?

今日のは本当に「バラード病」でした。ちゃんちゃん!

| | コメント (6)

2006年6月21日 (水)

指令!バラ1を愛せよ!

最近、スケルツォ2番ネタで盛り上がっております。


しかし!


私の今のレッスン曲はバラード1番なのです。この曲を愛さなくてはいけないのです。

いえ、十分愛していますよ。

でも、テクニックが追いつかないんです。

練習不足のため、かなりいい加減なバラ1だった今週のレッスン。反省をして、家に帰って、ゆっくり練習をひたすらやりました。


楽しかった♪


コーダも段々良くなっている気がします。これを毎日続けていけば、もっと良くなっていくことでしょう。来週がレッスン休みだからといって、油断してはいけないのです。(戒め)

それから、今日、没頭できた理由がもう一つ。

ネットカフェで「いつもポケットにショパンbyくらもちふさこ」を読んだのです。実は生まれて初めて読みました。階段を上がろうとしたら、視線の先に本があったので思わず手に取ってしまいました。

ピアノが舞台のお話なので、それだけでワクワク、ウキウキ、やる気が貰える内容なのですが、いきなりこのバラ1を弾くシーンがあったりします。読み進めているうちにすっかりその気(どの気?)になり、心はバラ1♪慌てて自転車をこいで、帰宅。早速練習に没頭してしまいました。単純でしょ?

でも、バラ1も何度弾いても飽きないし、良い曲だわ。まだまだ人前で演奏できるレベルではありませんが、満足度は高いです♪きっとバラ1に浮気しようといている方たちも、この曲の魅力は十分わかっているはず!一緒に練習しましょーーー!

さあて、そろそろ弾き始めて5ヶ月目に突入。仕上げていかなくては!

※でも、今日はブラームスピアノ曲集2の楽譜を買ってしまいました。ふふふふふ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2006年6月20日 (火)

「スケ2娘。」隊員またまた増えました!

留衣さんがあらたに入隊されました♪

ピアノフォルテさん
yu-kiさん
トミ子さん
夜咲花さん
てんどしゅさん
リョウコさん
ニャンスキーさん
てんてん40さん
まーみさん
留衣さん
かおる

みなさん!スケ2の魅力を是非!語ってくださいね!布教活動です。(ご自分のブログでいいですよーーー)

そして、いつか、みんなでスケ2オフをしましょう。(できたらいいなあ)

| | コメント (12)

第36回(6/20)のレッスン

今週はちょっと、練習不足です。残業やら宿泊研修やらで、睡魔と闘って負け続けたりいろいろ・・・。

という訳で、今日は宿泊研修から朝11時に帰ってきて、ピアノモードになる間もなくレッスンへ。

●クラーマー=ビューロー10番(2回目)

○3小節目のfzの左は、つっこまない。軽くオクターブを弾くこと。

○29-32の右手は、指が届く限り押さえたままにして音を残すこと

つぶは揃っているので、テンポをあげて、軽やかに弾いてくること

●バラード1番(16回目)

106から見ていただく。練習不足で、いまいちの出来である。110-113は、軽く弾こうと思うあまり、鍵盤にしっかり指が乗っておらず、音が鳴っていなかったりしています。あまりにも不調のため、130からはゆっくり弾きとなりました。

○119・123の装飾音は、鍵盤にしっかり指を乗せること。弾けてはいるし、指も動いているが、音が鳴っていない(泣)

○130-137はゆっくり、指の幅を覚えるまでさらうこと。早く弾いて失敗するより、ゆっくり確実に弾くとうが効率が良い。(うーーーん、おかしいなあ、ここは弾けていた箇所なのに。指使いをかえたからか?)

○150-153もゆっくり練習をすること。ゆーっくり弾くとしっかり弾けているので、それを繰り返し、テンポをあげていく

○170-172の右手は、重音を響かせるというよりは、メロディをしっかり5,4の指で奏でて、1,2はそえるくらいで構わない。

○194からは、今までより一番「そっと・・・」弾く。でも、メロディをためるのではなく、今までの流れのままで、静かに弾く感じで(私、けっこうルバートかけてました)

○208-237のコーダ。腕に力が入っているので、楽に弾けるようにすること。ゆっくり練習をしてだんだんとテンポはあげていってOKだけれども、なめらかに、歌うとこを忘れないように。テンポ重視で弾くよりも、表現を大事に。

○242のアクセントはしっかり!

○246-248の左手、「ソ-ファ♯」を響かせること。

○258-264はOK!

ふう・・・。

先生はダン・タイ・ソンの演奏がドラマチックでお好きのようです。コーダ部分は、テンポ重視のピアニストもいますが、なめらかに歌うように弾くといいですよ、とおっしゃっていました。そうですよね、テクニックを考えたら、そう早く弾けるはずがありません。

ずっと片手練習をしていって、いつになったら弾けるようになるのかしら?

来週はお休みです♪

浮気はせずに、バラ1をしっかり練習!と言いたいところですが、できません(笑)

浮気してやる!!!!!

| | コメント (4)

2006年6月18日 (日)

あの曲をもう一度

うーーー!

マイナーな曲や、新曲を練習していくのもいいけれど、なんだか昔に弾いた曲をさらいたくなりました。シューマンの謝肉祭 全曲、子供の情景 全曲、ベートーベンのソナタ1番 5番 8番 21番、ショパンのポロネーズ1番、即興曲1番など。

昨日の休みには、これらの楽譜を広げて音を出しては「やっぱりムリ」と違うものを弾いたり、だらだら過ごしていました。

たぶん現実逃避。バラ1がうまくいかないから・・・(笑)

前から言っていますが、必死で弾く曲よりも、楽に曲想を意識して弾ける曲を弾いていきたいな。そして音源をアップしたいな♪←あ、これが大きな理由かも!大曲だと、すぐにアップできないもんね。

先日「新・ピアノ発表会名曲50選byデプロ」という楽譜を買いました。レベルは中級までくらいなんだけれど、懐かしい曲や弾いてみたい曲が入っています。

例えば
●かっこう ダカン
●タンブラン ラモー
●お人形の夢と目覚め オースティン
●乙女の祈り バダジェフスカ
●クシコスポスト ネッケ
●わすれな草 リヒナー
●きらきら星変奏曲 モーツァルト

などなど・・・

弾いて楽しい曲がいっぱいです。弾き散らかすのにも丁度いいです。表現に注意しながら弾く練習にもなりそうです。インテンポで弾けるかな。ワクワク♪

| | コメント (10)

2006年6月17日 (土)

「スケ2娘。」隊員増えました!

なぜだか、最近スケ2の音源アップがあっちこっちでさかんなのです。喜ばしいことなのです。その演奏を聴いて「弾いてみたーーーい!」という方も急増中です♪


嬉しいな!


みんなで練習しましょう!

スケ2への愛を語りましょう!
弾けたら音源をアップしましょう!
みんなで広げよう「スケ2の輪」

私もさらい直さないといけません。テンポアップできるよう、苦手部分を克服できるよう。

うーーーん、一生スケ2からは抜け出せないってことですね?

ピアノフォルテさん
yu-kiさん
トミ子さん
夜咲花さん
てんどしゅさん
リョウコさん
ニャンスキーさん
てんてん40さん(ムリヤリ)
まーみさん(入りますよね?・笑)
かおる

の10名になりました。まだまだ募集中ですので、お気軽に書き込みをしてください。(とばちゃんも入れたいナ・・・栗田さんも入れたいナ・・・)

| | コメント (6)

2006年6月15日 (木)

私の演奏 ショパンスケルツォ2番

4/22に行われました演奏会の2回目の演奏です。(えーーーと、この日は同じプログラムを2回やったんです)

かなりお耳汚しですが、聴いてください。

●まずは、演奏時間、11分ちょとあります。大変テンポの遅いスケ2です。そんなに速く弾けないもので(汗)

●ミスタッチ多数あります。特にひどいのは「音を間違って覚えている」のと「トンデモアルペジオの最後の左手の音がおもいっきり間違っている」のです。後者は訳がわからなくなって「えい!」と鍵盤を押さえたら、全く違う音だった・・・(爆)

●その後からは苦手な箇所なので、左手が曖昧。なので、おもいっきり音が濁っています。

●ノイズもあったりしてお聴き苦しいところがいっぱいです。冒頭1秒間、ノイズが入っているので、音量に注意してください。

これらのことを念頭に置き、聴いていただけると幸いです♪


あーあ、あらためて聴くと、反省点だらけだわ。細かい部分をさらうのと、65小節からのカンタービレをテンポアップ=軽やかに弾く、もっとメリハリつける等、挙げたらキリがないのでやめておこう・・・。(やめるのかい!)


「scherzo2.060422.mp3」をダウンロード

| | コメント (26)

2006年6月13日 (火)

第35回(6/13)のレッスン

○クラーマー=ビューロー10番(1回目)

一度弾き、ペダルをところどころにいれるよう言われました。入れたら良い部分など、書き込んでいただき、もう一度弾きました。

テンポあげれたらあげ、強弱はもっとメリハリつけて弾いてくること。

○バラード1番(15回目)

106小節から最後まで弾きました。

●150-153はゆっくりさらうこと。鍵盤に指がしっかり乗らず、浮いているので(早く弾こうとあわてている)しっかり乗せること

●コーダ・・・特に208-237までは、ゆっくり片手練習をして、まずは音をしっかり掴むようにすること。

好きな箇所だし、ついついリズムにのってわあーー!と弾いてしまいがちだが、今は音を掴むことが優先。当たり前ですが・・・。


先生曰く・・・
2-5で弾く重音(7度など)の練習曲があれば、やってみてもいいでしょうとのこと。バラードは「ツェルニー50番」「ショパンエチュード」を経て弾いていく曲、こういうテクニックは身につけた上で弾く曲なのです。ピアニストのように弾こうと思えば「3年はかかる」くらい。(ひゃーーー!)毎日8時間とか練習を積み、テクニックをつけた上でこういう曲を弾くのだから、そんなにも練習できない人は、そこだけ取り出してしっかり練習するとか、なにかやっていかないと難しいとのことです。音は取れて、ある程度は弾けるかもしれないが、細かい部分をどこまで仕上げていくのか?そこがポイントです。

ひゃーーー!私なんてまだまだだわ!コーダのところ、しっかり練習しようっと!そして、重音の練習曲があるなら、さらってみよう!いろんな形の練習曲をしていけば、テクニックもついてくるようですし。クラーマー=ビューローなら26・29・60、ショパンなら10-7・10-10・25-8あたりか?右手だけでもやってみよう。ツェルニーは案外ないのであった・・・。あ、モシュコフスキーがありそう♪


ゴールはまだまだ先ですな・・・。

次の曲は、テクニックの難しいものはやめておこうかしら、と思う今日このごろ。(笑)

| | コメント (10)

2006年6月12日 (月)

弾きたい曲がいっぱい!

困った病気です(笑)

いろんな曲を譜読み=音取りしてみたいです。とにかく弾けたらいい!みたいな感じ?演奏ではなくて。

いつも聴いている曲が、自分の指によって再現される・・・。たとえスムーズに進まなかったとしても、それは至福の時なのです♪(yu-kiさんならわかってくれるよね!)

そんな曲がいっぱい♪

・・・まあ、「中途半端」とも言いますが(苦)

その中から「演奏レベル」に持っていけそうな曲を本格的に練習していければいいかな、と。初めから「演奏レベル」を求めてしまうと、つまづいた時にあきらめがつかないですもの。こうやって、少しでもレパートリーが増えたらいいな。


下手な鉄砲、数打ちゃ当たる!ですよ


実は、こんなバカな選曲方法なんですぅ。ふふふ。

とにかく気に入った曲は弾く!デスョ。

今、打ちまくっている曲は

●シベリウス カプリス

●ショパン バラード2番と4番とエチュードたち

●メトネル 夕べの歌

●ハチャトゥリアン エチュードとトッカータ


これ、全部弾けるようになったら凄いですよね!(他人ごと)

いつか・・・を夢見て、時間を見つけては弾きまくるのであった・・・。


ん?バラ1はどうなった?

| | コメント (2)

2006年6月11日 (日)

サークル練習会♪

行ってまいりましたーーー!

昨日はCDプレーヤーを持って行くのを忘れたため、通勤の行き帰りはバラードが聴けず。今日は、ちゃんと準備をしておきました。うわーーー!1番のコーダがたまらん!なんて良い曲なの?一日聴かなかっただけで、こんなに感動するなんて、どれだけバラード病なのかしら?気持ちもうまく高まったし、よかったよかった!早く弾きたいーーー!

そして会場入り。今回は、いつもの場所とは違い、公共施設の音楽室で開催されます。舞台や、客席があるわけではないので演奏会モードではなく「ホントウの意味での練習会」になる訳です。私はバラ1を中心にいろいろ弾き散らかそう!とやる気満々です。

11時前に着きましたが、すでに3人の方がいらっしゃておりました。早速弾かせていただきました。何回か回ってきましたが、バラ1以外は弾き散らかし状態が多い・・・。

私が弾いた曲

●ショパン バラード1番

●プーランク 即興曲13番

●ショパン 幻想即興曲

●ショパン スケルツォ2番

以下弾き散らかし(1ページで終わりとか・笑)

●リスト 愛の夢・ラ・カンパネラ・ためいき

●ショパン バラード4番57小節まで

●モーツアルト ソナタK332

うーーー、まともに弾ける曲が少ないことを実感・・・。悲しいわ・・・。

順にメンバーの方が会場入り♪みなさんの演奏を、手元が見える位置に座ってじっくり見させていただきました。(迷惑なヤツ)勉強になるわーーー!

Lilacさんに無理矢理バラ1を弾いていただく。なんか、軽々と弾いてらっしゃいます。私が苦労している手の届きにくい箇所も、なんなくクリア。はあーーー。

スケ2は、さわりだけ弾くつもりが、この曲を練習中のとばちゃんから「もっと弾いて」という視線を感じたので、最後まで突き進んでいきました。暗譜で弾いたのですが、忘れている箇所が3箇所くらい!ぎゃーーー!あかんあかん!(つっかえる度にとばちゃんの方を向く私・・・助けを求めていたのです)

「参考になりました」とおっしゃってくださったので、まあまあ、役には立った模様・・・。よかったです。

以下、演奏された曲(記録していたわけではないし、作品番号まではわかりません。わかるものだけ)

●ベートーベン ソナタ月光

●シューマン 森の情景より2曲

●ショパン ワルツ

●スクリャービン 練習曲

●ラフマニノフ 音の絵より・Lilacs

●ショパン バラード3番

●ドビュッシー ゴリーウォークのケークウォーク

●モーツアルト ソナタ

●フォーレ ノクターン

●ショパン ノクターン

●グリーグ 3つのピアノ曲

●ルパン三世 ジャズバージョン

●シェルブールの雨傘

などなど・・・。途中抜け出したのでわからないところもありますが。

最後の方は、楽譜を貸し合いっこして初見で弾いたり、リクエストしたり和気あいあいとした雰囲気で幕は閉じました。あっという間の6時間でしたよ!

たまにはこういう形式の練習会もいいですねえ。

次は8月です。演奏会モードがあるので、ちゃんと練習しておかなくちゃ!(笑)候補曲はメトネルの夕べの歌とハチャトゥリアンのエチュードです。テーマは「ロシア」でいこうかと思っています♪

| | コメント (4)

2006年6月 9日 (金)

音源アップへの道のり

一応、私の演奏の音源はいくつかアップをしたことはあるのですが、3分くらいだけ、とか、途中まで、とかばかりです。

本当は、いろいろとアップしたいんです。完璧な演奏はムリなので(発表会や演奏会でさえミスってますので)練習の途中経過や、「ここまで弾けるようになった」とみなさんに披露するためです。(鑑賞用ではありませぬ)

ここで問題が・・・。私んちのネット回線はアナログなのです。AirHで繋げているので、アップするのにとてつもない時間がかかるのです。

自分のブログのテンプレートが重くて表示さえできなかった時期がありました。今では軽いものに変えたので大丈夫ですが、ブログが表示されないお友達もいまして、「ページソースモード」にして読むんです。で、書き込みはネットカフェで(笑)早く光に変えろ!と言われてもしょうがないんですが、まあ・・・めんどくさいというか、「今のこのままでも見れるし、まあいいか」となかなか重い腰があがりません。困った時はネットカフェに行けばいいし(おい)

でも、でもね、音源アップはしたいの!なんかいい方法はないかしら?と考えた結果・・・

「音源のファイルをメモリースティックに保存して、ネットカフェでアップする」てのはどうでしょうか?

MACユーザーなので、WINDOWSでも使えるメモリースティックを買ってやればできますかね?できますよね?どなたかお詳しい方、教えてください!

| | コメント (5)

かおるリサイタル

アルバイトの女の子Kさん(私の年齢の半分・・・)とピアノを弾いてきました♪

元々は私の演奏を聴いてみたい、というのが主旨ですので、練習会ではありません。Kさんは「エリーゼのために」と好きなアーティストの曲を先生にアレンジしてもらった曲を、弾けるところまで弾いてくれました。普段は仕事をしている姿しかしらないので、ピアノを弾く姿が見れるのっていいですよね。一生懸命弾いてくれました。ずっとエレクトーンを習ってして、ご近所のピアノを借りてちょっと弾いたりしているそうです。

で、私なのですが、
●バラード1番

●スケルツォ2番

●エリーゼのために(リクエスト)

●幻想即興曲(リクエスト)

●子犬のワルツ(リクエスト)

↑後ろ2曲は、いきなり弾いたので、ひどい出来です。お耳汚しですみませんって感じでした。

これ以外は、「この曲は知っている?」とさわりだけ弾いては「知ってます、知りません」というのが続きました。ちょっと面白かったです。

うーーーん、スケ2が練習していないせいで、後半が弾けません。めちゃくちゃですよーーー。また人前で弾くことがあるならば、ちゃんと練習し直さないととてもとても・・・。そして「今はバラードに愛がある」ことを認識してしまいました。ひゃーーー!し、仕方ないですよね!今練習しているのはバラ1だし、これがちゃんと弾けないと次には進めないんですもの!バラ1を愛さないと前にも進まないですもの!だから許して!「スケ2娘。」のみなさま!

お食事は、先日ピアノフォルテさんとポプラさんとで行ったイタリアンレストランにしました。パスタとピザを分け合いました。いろいろ話をしながらも、垂れ流しをされている「ローマの休日」が気になって仕方ありません。(こら)なんかDVDがほしくなったかも・・・。

そうだ!DVDで思い出した!今日、ブレハッチのDVDを買いました。協奏曲が入っている方ね!これを見て、協奏曲を練習いたします。うっほい♪

| | コメント (12)

2006年6月 6日 (火)

ポプラ(さん)奏法♪

ポプラさんの演奏している手元の映像を食い入るようにみている私。バラ1を弾いている指の動きを見ていますと、私とは全然違う弾き方です。まず、指が伸びていて、鍵盤にはぽんっと瞬間的にしか触れていないように見えます。(見えるんです。実際はどうかわかりませんが)指さばきはプロ並みです!

具体的には、33小節のような右手や、45-53の右手、130-153の右手など、手を丸くして指を高くあげてではなく、指を伸ばした状態で指の付け根を動かしているだけに見えます。「指を鍵盤に落としているだけ」という感じでしょうか?

一方、私は一生懸命に指をあげて、よっこらしょ!と弾いています。音が切れるし、汚く、固い音になってしまいます。

そうか、そういうことなのね・・・。

手が届かない箇所は、指を伸ばさないと届かないので意識しますが、普段は結構手の形は丸くして弾いています。(たぶん)たとえ届きにくい和音でも、丸くして弾くクセがあるので「余計に弾きにくく」なっています。丸くするとその分指が短くなりますものね。そして、「丸くする」ために手首に少し力を入れているようです。自然と力を入れずに丸くできたらいいのでしょうが、コントロールできない時もありますものね。それだけで手が疲れてしまう、というカラクリですね。

そうか、そういうことなのね・・・。

指を伸ばして弾けば、丸い時よりも小さな動作で鍵盤が押さえることができます。スムーズな動きができるということです。そして、テンポもあげることができる。もちろん、基本である難しいけど)脱力も忘れてはいけません。

なんか、うまく説明はできないけれど、なんとなくわかっきた気がします。部分的に指を伸ばして弾くとうまくいく箇所もありました。何日か前に書いた170小節目の左手「シ♭-ソ-ド-ミ-ド-ソで5-3-2-1-2-3」のところです。

今までは2つ目の「ソ」は、シ♭を弾いてからよっこいしょ!と鍵盤の手前を押さえられるように移動させて弾いていました。指を丸くして弾く私には、黒鍵と黒鍵の間に瞬間的には指をうまくはめこめないからです。しかし、指を伸ばしてみると、はまるんですよねーーー。大発見!逆に6つ目の「ソ」は伸ばした指ではうまくはまらないので4の指で弾くようにしたらばっちりです!(ただ、まだ慣れないので練習しなくてはいけません)

そして、弾きにくい5-2の重音も、伸ばせば弾きやすいことが判明。特にバラ2で役に立ちそうです♪

「こんな基本的なこと、今更なに言っているの?」と思われるでしょうが(汗)鍵盤のどこを弾けば楽に弾けるのか?手の形や位置を「押さえる鍵盤の形」に合わせれば弾きやすいとか、まさに現在進行形でお勉強中な私なので、許してください。そして、その人に合った弾き方があると思うので、これが丸々みなさんに当てはまる訳ではありません。でも、なにかヒントになれば良いなあと思います。

いやあーーー、やっぱ、練習会、いいっすよ♪

弾ける人の手元を見るって、勉強になりますわ!

| | コメント (6)

第34回(6/6)のレッスン

●クラーマー=ビューロー9番(5回目)

途中ミスったり、あせったり・・・。うーーーむ、乗らないなあ・・・。

一応まるをいただく。おまけ合格か!?

ここからお話タイム!

今弾いたクラーマーもそうだが、響き、音、ペダリングをもっと意識すること。そうすれば(ピアノによって、場所によって響きは違いますが)音をよく聞いて「内声はもっと出したほうがいいな、ちょっと出すぎかな?」とコントロールできるようになります。例え、今は出来なくても「意識する」だけで全然違いますよ、練習曲といえどもきれいな曲はきれいに弾く、ショパンのエチュードでもテクニックは難しいけれど、音楽的に弾く、そういうことです、と先生。

そしてテクニックが難しい曲でも、「私はこんな音で弾きたい、こう弾きたい」から入っていけば、弾きづらい箇所もなぜか弾けるようになるんですって!指が「こう弾こう」と思って、それに合わせてくれるから。先生の経験で、子供がドレミファソラシドの4-5の指のシ-ドがこけてしまうので「こけないように弾きましょう!」と言ってもできないが、「ドレミファソと同じような音になるように弾いてごらん」と言うとできるようになったそうです。

素人でもテクニックが凄い人はいくらでもいますが、プロとの差は「音色」です。「自分の音が好き!と言えるようになればいいと思いますよ。・・・て私も人に言えるようなものじゃないんですが(笑)」と先生(笑)

こういう貴重なお話をしていただきました。ありがたいです!でも難しいですね。

またまた残り5分あるかないか?になったので、とりあえずバラ1を106小節から弾いてみました。こんな話の後で弾くとさらに難しさ倍増!気持ちも高まらず、とちりまくる。うう(涙)

先生「こういう難しい箇所は、無理に両手練習をするよりも、片手づつきれいに弾けるようにしてから合わせた方が近道ですよ。私もそうでした」

はい!精進いたします!


さあて、待望のお手紙をいただきましたよ♪早く読みたくてヤマハの扉を閉めてすぐに歩きながら読んだってば(笑)

↓こんな内容でした。()内は私の心の声ネ

○古典・ロマン・近現代とバランス良く選曲され、ピアノを習う上で弾いておきたい曲はほぼマスターされています。(そうなのですね♪)

○5級試験の選曲は、時代をバラバラにして、弾きやすく好きな曲を!(5級の試験か・・・そうでしたね)

○書かれていた曲以外に弾いたらいいと思う曲。以下(おお!)

●バッハ 平均律第1巻・2巻・フランス組曲・イギリス組曲・パルティータ・イタリア協奏曲(バッハか・・・イタリア協奏曲ならしたいなあ)

●ハイドンソナタ(ソナタアルバムでしか、したことないのよね)

●シューマン幻想小曲集(やっぱり?)

●ドビュッシー小品集(したいです!)

●グリーグ叙情小品集(お!)

●ブラームス ハンガリー舞曲・ラプソディ2曲・6つの小品(うわ!ブラームスデビューだ!)

●ラヴェル ソナチネ・クープランの墓(うおーーー!やりたい!)

古典派の曲は音楽の基礎となるので、つっこんで勉強すると、後の時代の曲を弾く時に役に立つそうです。私が選んだ曲は、大曲ばかりなので、発表会を目指して取り組みましょうとのこと。うっほほーーーい!来年はなにになるかしら?

最後に「何歳になってもピアノは弾けるので、何年かかってでも弾きこなしていってください」と励ましのお言葉がかかれてありました。

先生、ありがとうございますーーー!(涙)

| | コメント (4)

2006年6月 5日 (月)

重症患者になりました。

もう病気ですよ、私。え?なんの病気かって?決まっています。

ショパンバラード病♪


それとも「ショパン病」かとも思ったのですが、バラード以外は「どうでもいい」ので、やっぱり「ショパンバラード病」と診断いたしました。

【症状】

○毎日、バラードのCDを聴いている。
○毎日、バラードの楽譜を眺めている。通勤時の電車内でも家でも。
○毎日、絶対にバラードの練習をする。
○気がつくとバラードのフレーズを心の中で歌っている

【効く薬】

あるんでしょうか?????

今日は2番の練習をしました。

●まずは音楽用語を調べ、楽譜に書き込んでいきます。あまりないんですよね・・・。

●47-82・83-140・141-168・169-204の4ブロックに分けて練習することに決定

●47-54を両手で弾けるように猛練習!ある程度弾けたら次、という風に部分練習をしていく

この調子だと、結構早く進みそうです。音形が決まっているのと、同じことの繰り返しで、激しくて難しい部分は16小節前後分しかないのですよ、実は。あとはゆっくりのメロディで時間稼ぎと、中間に和音でのメロディ展開、あとはコーダ。これだけなんです。音を取っていくのはそう難しくはないけれど、表現や、テンポアップは難しいです。5-2の指で弾く部分が多いので、苦労しそうです。


おーーーい、バラ4はどうしたんだ?


しかし、楽しい!レッスンで見てもらうわけではないので、マイペースで進められるし、人前で弾く予定もないし、気負う必要もないからでしょうね。バラ1のレッスンが4ヶ月目に入り、弾きこみ段階に入ってきたからできることというのもあるのでしょうね。

みなさんも「ちょっと飽きてきたら浮気をしてみましょう♪」


え?曲の話ですよ、曲の!やだなあーーーははははは!

| | コメント (6)

2006年6月 4日 (日)

神戸スタインウエイで練習会

いよいよこの日がやってまいりました!きゃーーー♪

ピアノフォルテさんは息子さんの参観日に出席ということで、少し遅れていらっしゃるとのこと。私とポプラさん二人で手続きを済ませ、練習室へ。

フルコンが2台並んでいます。ひょーーー!リッチな気分!時期によっては、1台がコンサートなどにかり出されて1台だけなのですが、今日は2台揃っております。(見づらいかしら?2台目、わかります?)写真のサイズが大きくてすみません!時間があれば修正します!

060604_0955001

060604_0956001_1

ここには、ユンディも練習に来たらしく、写真とサインがありました。


060604_1255001

060604_1256001

まずはバラード1番の部分練習。

○150-153の左手
○指が届かない和音の弾き方
○コーダ
○最後のスケール

など、うまくいかないところをポプラさんに見ていただきました。

それから私とポプラさんと順に通し演奏。私は、前半部分は練習不足のため、メタメタ・・・。指もまだ動いてなくて後半もメタメタ・・・。ようするに全てメタメタ・・・。ポプラさんは「ほとんどできあがってますよ」とおっしゃってくださいましたが・・・。ああ・・・。

ポプラさんは、怒濤のようなテンポでした。ビデオを撮らせていただいたので、よく見たら、指の付け根から先しか動いていない=余計な力が入っていないので軽々と弾いてらっしゃいます。なんであんな風に弾けるのか?私より手が小さいことも判明!げげ!それなのに大曲を弾いてらっしゃる!

手が小さいから大曲はムリ!という言い訳は通用しなくなりました。(涙)

そしてここでピアノフォルテさんが到着♪

また私とピアノフォルテさんとでダブルスケルツォをやりました。うっひゃっひゃ!しかし、ピアノフォルテさんについていけない私。練習してないですからねえ。暗譜で弾いたんですが、後半が音が飛んじゃって、わかんなくなりましたもん。ダメだわーーー、この曲はレパートリーにするんだから忘れてはいけないのに!

お次はバラ4のコーナー♪

この曲も怒濤のテンポで弾いてらっしゃったポプラさん。ピアノフォルテさんも部分的なアドバイスを求めておられました。指使いやら、この音は左手でとっているのか?等々・・・。

それからピアノフォルテさんの演奏です。コーダが後退してる・・・と嘆いてらっしゃいましたが、全体的に進化していると思いました。音の出し方もきれいに、流れるように弾けてらっしゃると思うのです。実は、ここ3日ほど、2月にやった練習会でのバラ4の音源を聴いていたので、上達されているのがよくわかったんです。ふふふ。「そんなの、捨ててよーーー(涙)」とピアノフォルテさんはおっしゃってましたが、役に立ってるじゃない(笑)

それからは、私がムリヤリポプラさんに「ショパンのエチュードを始めから順に弾いて」とか「ハンガリー狂詩曲2番を弾いて」とお願いしました。今日突然言ったのでもちろん事前練習なんてされていません。私は鬼です。悪魔です。途中まで弾いてやはり無理!ということで、終了ーーー!(笑)

でもね、「木枯らし」の右手の下行がお見事でした!前述のように、余計な動きがないんです!指だけがガーーーッと動いています。やっぱり凄いわあ・・・。

私は「メトネルの夕べの歌」をたどたどしーーーく弾き、「プーランク即興曲13番」を・・・と思ったら、楽譜を間違えて持ってきてしまい、披露できず。きっとこれもたどたどしーーーいので、お耳汚しだったかと思います。
メトネルは「きれいな曲だね」と感想をいただく。そうなんです。お気に入りなので、いろんな人に聞いてもらいたいのです。もっと本腰入れて練習しようっと!

それからは「ソリスト・ピアノフォルテさん、指揮者なし」のショパンピアノ協奏曲第1番1楽章です。私はオケパートなんですが、練習を途中まで(しかも簡単なとこだけ)しかしておらず。なんとか初見で弾こうとしましたが、ピアノフォルテさんが見事に弾いてらっしゃい、どこを弾いているか分からなくなること数回・・・。ごめんなさい!

・・・ピアノフォルテさん、努力家ですわ。ちゃんと弾けています!ゆっくり拝聴したかったぁ。私もオケパートをちゃんと練習して、人様にお聞かせできるようにしましょうかね?え?ピアノパートも練習しなさいって?はっはーーー。できるのかなあ?

お次はポプラさんのショパンソナタ第2番1楽章。手元をしっかり撮らせていただきました。いつか弾く時に役立てよう♪

最後にピアノフォルテさんのバラ4の頭とコーダで締めくくりです!あーーーっという間の3時間でした。

それからはランチタイムとお茶の時間!いろんな話をいっぱいしました。ここには書ききれないくらい!

特記事項としてはショパンバラードの楽譜

ピアノフォルテさん・・・パデレフスキ編

ポプラさん・・・春秋社

私・・・エキエル版

でそれぞれ練習しているんですが、喫茶店でテーブルに並べ、どこがどう違うのか?間違い探し(笑)をしました。面白かったですよ、コレ!

また次も練習会をやりましょう!ということになり、ポプラさんに曲のリクエスト♪

ピアノフォルテさんはショパンの舟歌。私は英雄ポロネーズ。次回に弾いてもらうんだーーー!ブログも未経験ということで、やってもらうんだーーー!と、かなり強引にいろんなことを押しつけてしまいました。

ごめんなさい、ポプラさん・・・。私は鬼です。悪魔です。

かなり刺激を頂きました。ポプラさんのようにスムーズに指が動けばどんなにいいでしょう。自分の演奏ビデオを見たら、私は固い!柔軟さが無いです。首とか曲に合わせて振ってるので「よっこらしょ!」て感じに見えます。最近はうまく弾けない箇所がでてきたら無意識に歌っているし。ダメダメやん!とほほ。

ピアノフォルテさんのように、ポプラさんのように、私もバラ4が弾けるようになりたい!なるぞ!絶対になるぞ!コーダ手前から練習しようかな?(なんとなく)

そして帰宅後、バラ4の191-210までを音取り、何故かバラ2を通して音取りをしました。バラ2、いいじゃない、手の形が同じままで上行、下行するだけが多いので、結構弾きやすい!左手のオクターブに苦労するかもしれないけれど。こちらも同時で練習して、弾けるようにしてやろう!(なぜ挑戦的?)と思いました。

やっぱり、練習会っていいものですねえー。※ピアノフォルテさんの練習会の記事はこちら

| | コメント (16)

3つのバトン♪

みおさんのブログに書いてあったバトン。しかとこの私が受け取りました!

質問1、ある日、突然指がにょきにょき伸びて、12度届くようになりました。
    まず最初に、何の曲を弾いてみたいですか?

○「ラ・カンパネラ」かしら?

その後は、レッスンで弾いてる曲を弾いてみて、弾き易さにほくそ笑み、リストの「メフィスト・ワルツ」を練習すると思います。(和音が届かないところがあるのよ)

質問2、謎の大金持ちさんから、楽器を寄贈されることになりました。
    あなたなら、どれを選ぶ?
    (1)スタインウェイの新品フルコンサートグランドピアノ 
    (2)べーゼンドルファーの新品97鍵のインペリアル
    (3)ショパンが実際に弾いた、ショパンの指紋つきプレイエルのグランドピアノ

○うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!

1かな? 

質問3、ショパン、リスト、バッハなどの作曲家が、今この時代に現れて、「あなたにピアノを教えてあげるよん♪」と言われたら、あなたなら誰の弟子になりますか?

○うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!

リストかな?男前だから・・・(笑)

ささ、そこのあなたもバトン受け取ってぇーーー!

| | コメント (2)

2006年6月 3日 (土)

ショパンエチュードで好きな曲♪

ポリーニの超絶技巧のCDを聴いているうちに、だんだんハマってきちゃいました。コレは誰かの陰謀か!?(誰やねん)

だって、今までエチュードのエの時も言ったことがなかったのですよ。それなのに、ああ、それなのに・・・。昔は10-4が唯一「弾きたい曲」だったのです。が、この3日間で増えてしまいました(爆)

●10-11(手が届くかわかりませんが、きれいなんだもの)

●10-12(みおさんが「一番簡単」と言ってたので。え?人のせいにしてないですよ)

●25-5(きれいな旋律です。終わり方がやっすいポピュラーみたいだが・失言)

●25-11(かっこいいんだもーーーん)

●25-12(かっこいいんだもーーーん)

今のレベルで弾けなくても「いつか」弾けるわよね♪その日を夢見て・・・。

みなさんの好きなエチュードは何番ですか?

| | コメント (8)

神戸スタインウエイで練習会(予告)

いよいよ明日です!

メンバーはピアノフォルテさんとポプラさんと私の3人です。企画したのが4月の終わりだったので「やっと!」て感じです。長かったーーー!

とっても楽しみにしています。もちろん、いつも練習会は楽しみにしているんですが、今回は「ショパンのエチュードを全てさらい、バラ1バラ3バラ4をさらい、憧れのリストのハンガリー狂詩曲とラ・カンパネラをさらった」というポプラ先生がいらっしゃいますので、練習会というよりレッスン会としての楽しみが大きいです。

図々しいお願いをしました。

「バラ1とバラ4を弾いてください」と。

目の前で弾いていただき、自分に足りないものを吸収しちゃいましょう。弾きにくい箇所をどうすればいいか?とかアドバイスも貰っちゃおう!(迷惑なヤツ!?)

ビデオカメラの準備もばっちり!三脚も軽くて小さめのものを買ったので、持ち運びも大丈夫そうです。楽譜が重いかもしれませんが。

私が弾き散らかそうと思っている曲

●ショパンバラード1番・・・グランドで弾きたい

●ショパンバラード4番 57小節まで・・・お二人に指導していただく

●プーランク 即興曲13番・・・お二人にお聴かせする。たどたどしいが。

●メトネル 夕べの歌 途中まで・・・お二人にお聴かせする。たどたどしいが。

●リスト ラ・カンパネラ・・・ポプラさんに指導していただく。最近弾けてませんが。

そして、たぶんピアノフォルテさんが協奏曲1番を2台でしたいとおっしゃっていたので、それも。うわ!オケパートの練習がおっついていません。いいのかしら?(ダメだわよね・・・ごめんなさい)

続く・・・

| | コメント (10)

2006年6月 2日 (金)

ショパンエチュード楽譜ゲット!

悪いクセが出てきてしまった。

「ほしいものは今すぐほしい!」

昨日からショパンのエチュードを練習することにし、独学なのでなにか良い解説や、アドバイス関係の本が出ていたらほしい!と思っていたので、本屋へGO!解説本はなかったので楽譜売り場へGO!コルトー版と全音の山崎孝校訂版(作品10)が並んでいました。

バラード、スケルツォはコルトー版の練習の仕方を参考にしたので、エチュードもそうしようか?と思っていたのですが、見比べてみたら(といってもパラパラと)山崎版の方がそそられたので、こっちを買うことに!小節数も書かれています!ついでにリストの「12の練習曲」も買いました。難易度的には第4課程で、あの「超絶技巧練習曲」の前身、リスト12歳の時の作品です。きれいな曲もあるので、また弾いてみようっと!

ところで・・・私はこれまでショパンのエチュードには全く興味がありませんでいた。よって、恥ずかしながら基本知識が全くありません。この山崎版を読んで知ったのですが、エチュードは協奏曲の難しい箇所を克服するため(演奏準備のため)=自分のために作ったんですね。協奏曲のパッセージで、エチュードと似通っている部分の紹介がされており、確かに頷けます。

1曲づつに4ページに渡って解説がされています。
●この練習の目的
●練習方法
●困難な箇所
●指使いの提案
●ポイント
が書かれています。きゃーーー!独学者にはぴったり♪

普通の曲にもこういう細かな解説があればいいのになあ・・・。

これでエチュードの楽譜は3冊目になってしまいました。実際に使っているのは春秋社・井口版。今日買った全音版は、解説を見るのに使うことにしよう。(後の1冊は全音のもの)

まともに弾けるようになるのにどのくらいかかるかしら?

| | コメント (7)

2006年6月 1日 (木)

本日の練習

火曜日はお休み。

昨日は棚卸しで19時出勤。

今日はお休み。

この3日間、たっぷりピアノが弾けます。こんなことって滅多にありません。わおーーー!幸せーーー!

ということで、練習状況報告を。

○クラーマー=ビューロー9番

指が忘れない程度にさらう。ミスをするところはゆっくり丁寧に。慣れてきたらテンポをあげる。

○メトネル 忘れられた調べより「夕べの歌」

2つに区切って、練習。8月のサークルの練習会で弾きたいので、まずは前半部分を6月中に弾けるようにしたい。ゆっくりとならなんとか両手で弾けるようになってきました。これも左3で右2とかいう曲なのです。かなりいらいらするんですが、きれいな曲なので許す(笑)

○バラード1番

106からの集中練習。

138からの左手のゆっくり練習。テンポをあげるとミスります。

そして、現在一番手こずっているのは150-153。右手は、片手なら大丈夫。左手がちゃんと弾けていないので、両手で弾くと意識が左手にいってしまい崩れる。その左手ですが、アクセントを3と6拍目に入れるのは出来ているけれど、オクターブなのでテンポアップすると手首が固まってしまい、うまくいきません。力を抜くと(自分では抜いているつもり)打鍵がいい加減になります。ああーーー、またオクターブで苦しめられています!

手首のスナップで弾くのか?
ひじから落として弾くのか?

このあたり、アドバイスがほしいところ。


みなさーーーん(涙)

146-148も同じ理由で、テンポアップすると崩れます。

せっかく126からテンポをあげて弾けても、前述の部分でつっかえてしまう訳です。ああーーー!全く無意味!


170の5連符ですが、左手に気をとられるとミスります。左手が、手が届きにくい音形なんです。シ♭-ソ-ド-ミ-ド-ソで5-3-2-1-2-3と弾いているのですが、5を弾いてから3はすぐに押さえられなくて、一瞬考えてしまうのです。

ここだけ指使いを5-3-1-2-1-3にしようかなあ?

そうしたらおかしいですか?

みなさーーーん(涙)


228-237の左手の練習。覚えるまで徹底的にやらないといけません。234-235と236-237は同じなのですが、右手の影響か、236-237はミスります。ここは右手と合わせて練習しなきゃ!(汗)

251からのスケール。両手でゆっくり練習を続けていたら、だいぶ安定感が出てきたように思います。でもまだまだですが。早く弾こうと思うと打鍵が浅くなり、浮いてしまうので、ここは重みを指先にかけて、指の付け根をしっかり動かして、ねっとり(?)と弾くようにしました。そうすると、案外スムーズに弾けるようになった気がします。「テンポをあげなきゃ!」と思って、あせって弾くと崩れてしまうということです。
むむ、これは前述のオクターブにもいえること?


自爆しましたね、私・・・。


とにかく弾きこんでいく部分は弾きまくり、ゆっくり練習をするところは毎日時間をとって弾く、というところでしょうか?

○バラード4番

電子ピアノなので、音色やタッチはさておき(笑)とにかく「音に出来る」ように練習。

57小節まで、一応「その気」になりながら両手で弾けるようにしました。時々「ここに♭なんかつかないし、♯もつかないよ!」という音ミスをします。おいおい、それって調号理解してないんじゃないの?(部分的に耳で聴いて弾いてるところもあるかも。だから間違えるんですネ)

58-79 ここがクソ難しい。片手づつならいけるが、両手にすると、頭で考えてしまいます。71-72はピアノフォルテさんが「音間違いをすると修正が大変」というアドバイスをいただいた箇所。早速間違ってました(あかんがな)ダブル♭がついていたり、ややこしいので、シとかラとか音名を書いておきました。それでも頭で考えてしまいますがね。

80-99は、普通に両手で弾けます。まあ、前後に比べると簡単な箇所ですから・・・。

100-111 ここは好きな箇所なので早く弾けるようになりたいのですが、100-107の右手の熟練度アップが必要です。

ここから後半は、まだ片手のみで、しかも気が向いたら弾きたいとこを弾く、という感じなので進んでません。

日曜日に、ピアノフォルテさんとポプラさんの演奏を聴くのが楽しみです♪

○ショパン エチュード

適当に右手だけ弾き散らかす。特記事項はありませぬ。終了!

→Op.10-1・10-9あたりをやってみようかな?コルトーなど解釈版を見てお勉強だあぁ!

ところで!来週の木曜日に、お店のアルバイトの女の子と、練習会をします。と言っても、彼女が私の演奏を聴いてみたい!というのが主旨なので、練習会とまではいきません。仕事終了後、1時間だけだし。言うなれば「かおるリサイタル」でしょうか?(笑)バラ1とスケ2は最低弾くつもりです。お!スケ2、全然弾いていないぞ!大丈夫なのか!?

今週、来週と3回もグランドを弾く機会があります!うっほーーー!

| | コメント (6)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »