« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

Dolceの会 さようならまーみさん編

旦那様の転勤で、関東に戻る事になったまーみさん。(元々関東の方)今日はいつものメンバーでやるのは最後の練習会です。

私は7冊の楽譜をキャリーバッグに入れ(一冊が分厚いの。だってベトベンソナタ2冊とブラームス曲集とツェルニー50番があるから)開●館へGO。今日は悲愴を弾くぞ!ラプ1とツェルニーを練習するぞ!と思っていたのですが、ラプ1とツェルニーは一回弾くともう疲れてダメダメ!←いや、やる気の問題かも。

しかし・・・ツェルニーは家ではいけてたのに、グランドで弾くとぼろぼろでした。ああ・・・。これはまずい!昨日練習していないことを差し引いてもひどすぎる!ラプ1もテンポがあがってしまったのか、鍵盤の奥まで押さえられていない。イスが低かったのか?反省だらけでした。

そしてピアノフォルテさん、まーみさんとダブル悲愴ソナタをやりました。あーーー楽しい!!!!!お気楽でいいわあーーー♪ミスしても気にしない!「ぎゃーーー弾けない!」と叫んでもOK!

緊張感なさすぎ?????

ピアノフォルテさんは、息子さんの受験やらなにやらでお忙しそう。でもでも、バラ4は進化していました。凄い迫力でコーダを弾いてらっしゃいました。早く仕上げて、ほかの曲にも取り組んでほしいなあ♪(なーんて)

まーみさんは、全然練習していないといいながら、月光ソナタの3楽章を弾いてらっしゃいました。あーあ、この曲弾くの大変だなあ、やっぱり。

ゆかこさんは、せっかく練習していたバッハ、先生から音を切りなさい、というところを変更され、苦労されていました。今日はツェルニー40番はメニューになかったのでした。

ハノンさんは、いつもの堅ちゃん。ラウンジのようだああ。ハッバもその雰囲気で弾いてらっしゃいました。

yu-kiさんはレッスン中の月の光を。すごくきれいに弾いてらっしゃいました。進化しているわーーー!

曲目は以下の通り

●ベトベン悲愴ソナタ・・・まーみさん、ピアノフォルテさん、私。2台で一緒に弾いた(笑)

●グーリグピアノコンツェルト・・・ピアノフォルテさん・オケパート、私・ピアノパートで練習。なんですが、私は全然練習できておらず、片手だけ、とか初見で適当とか(おい)最低でした。ごめんなさい。

●バッハインベンション 8番と1番・・・yu-kiさん

●ドビュッシー アラベスク1番・・・まーみさん

●ドビュッシー 月の光・・・yu-kiさん

●バッハインベンション14番・・・ゆかこさん

●ツェルニー50番の2番、ブラームスラプソディ1番・・・私

●ショパンノクターン 遺作・・・ピアノフォルテさんとゆかこさん。2台で一緒に♪

061031_11350001


↑ピアノフォルテさんとゆかこさん

●平井堅 even if ・・・ハノンさん

●ベトベン月光ソナタ3楽章、ショパン 幻想即興曲・・・まーみさん

●ドビュッシー 月の光・・・yu-kiさん

●ショパン バラード4番・・・ピアノフォルテさん

●ベトベン月光ソナタ3楽章・・・ゆかこさん

最後に5人で記念撮影をしました。


061031_12440001


↑初公開!私の演奏姿。お目目汚し♪

よしよし、口はとんがってないわね!(集中してくるととんがってくる・・・子供の頃からなの・・・。yu-kiさんは口が開いてくるらしい。にゃは!)

それからランチ&お茶をして、ピアノフォルテさんとyu-kiさんはお家事情により先に帰られました。残った私たちは、三木楽器とヤマハで楽譜を見ることに。

昨日、書き込みをしてくださったピアノンさんの先生である「横山幸雄氏」の新譜を買おうと思い、ヤマハの新譜コーナーへ行きました。試聴機があって、そこで試聴をされている女性の目の前にCDがあったものだから「すみません」と手を伸ばし、内容を確認し「よし、帰りに買おう」とCDを戻した時、その女性と目が合いました。あれ?

先生!!!!!

今日は5週目なのでレッスンはお休み。しかし、しかしですよ!こんなにうまい具合に出会います?

ユンディの新譜を試聴されていました。リサイタルも聴きに行かれるそうですよ。

みなさんに「先生ですーーー」と紹介させていただきました。明らかに私より若い先生。みなさんちょっとびっくりされていたような。ゆかこさんったら「かおるさんにピアノを教えてほしいくらいなんですー」と赤面なことを先生にお話されておりました。ぎゃ−ーー!恥ずかしい!そんな、教えるなんてとんでもない!(汗)

しかしよく考えたら「かおるさん」て誰?て思われたかも(爆)


そんなハプニングもありましたが・・・無事みなさん楽譜をゲットされました。まーみさんは、私の呪いの効果で二つのラプソディ」のピースを見事手中に収めましたよ♪ふふふふふ。


楽しい時間もあっという間!お別れの時がやってきました。しくしく。


まーみさん、お元気で!

ピアノがんばってくださいね!

いいピアノ買ってもらってね!

短い期間でしたが、ありがとうございました♪

そして、東西合同練習会で会いましょう!(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

これはもう「悲愴娘。」か!?

ベトベン悲愴ソナタにハマっています。

園田高弘氏と横山幸雄氏のCDを聴いております♪いいわあーーー。

2楽章と3楽章は昔にレッスンでやっており、1楽章を是非マスターしたい、と思っていたのです。「きっちりかっちり弾く曲が弾きたい病=古典がしたい病」になってしまい、すかさず練習開始。譜読みは昔にやったのでゆっくり練習からです♪

という訳で、「悲愴娘。」結成しませんか?悲愴ソナタを練習しているそこのあなた!!!!カモーーーン!

名前があかんなあ・・・。もっとやる気のでるネーミングはないものか?

私の気が変わらないことを祈っておいてください。

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

オーケストラと共演するなら?

憧れのピアノ協奏曲!!!!!いいなあ、できたら凄いですよね!

ということでみなさん、妄想しましょう。

あなたがオケと共演して弾きたい協奏曲はなんですか?


私はねえーーー

チャイコフスキーと、ラフマニノフ2番と、シューマンかな?

| | コメント (18) | トラックバック (0)

練習会予告♪

10/31はDolceの会メンバーと練習会です。

なにを弾こうかなーーー?もとい!なにを練習しようかなーーー?

●ツェルニー50番 2番

●ブラームス ラプイソディ1番

●ベトベンソナタ悲愴 全楽章

●シューマンソナタ2番

●プーランク 即興曲15番

の楽譜は持って行こう♪(爆)

あと、できるかどうかわかりませんが、ピアノフォルテさんのグリコンのお相手を。えーと、全然練習できていないので、最悪メロディラインを右手でなぞるだけかもしれません。まだ日があるので楽譜は見ておきますが・・・。間に合わなかったら初見でGO GOにさせていただきます(爆)

yu-kiさんがベトソナをやる、とのことなので楽譜を持って行きますね。やったことのある曲の最初とかをピロピロ弾かせていただきます。気に入る曲はあるかな?

あとはyu-kiさんと連弾♪


あーーー、楽しみです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

悲愴を弾きそう(シャレか)になる!!!!!

昨日の「弾いた!」の項目に「悲愴3楽章」のことを書くのをすっかり忘れていました。こっちがメインっで書きたかったはずなのに、すっかり忘れてた。年のせいか?

きっちりきっちりかっちりかっちり弾くの、気持ちいいーー−!古典LOVEになりそうな勢いです。モーソナも弾いてみたい気がしてきました。鍵盤にがしっと指をはめるのが快感♪

リンクを貼っている栗田さんのブログで1楽章の演奏がアップされていて、それを聴き・・・


弾きたい!


と思ってしまいました。練習をしてレッスンに持って行こうかな?←あくまで今の気持ち。


ラプソディ終わったらなに弾こうか、まだ決めてないので候補にいれておきましゅ♪

飛翔か悲愴になるかも!?(またシャレじゃ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

聴いた!弾いた!見つけた!

●聴いた!

久しぶりにベトベンソナタが聴きたくなってCDを発掘しました。

園田高弘ベトベンソナタ全集!

レパートリーに加えたい、いや、復活させたい「ソナタ 15番 ニ短調 op.28 全楽章」を聴いたのです。


ああ、のどかや・・・。

聴いたことのある方はご存知でしょうが、このソナタは本当に「田園」という名にふさわしい「のどかな田園風景」を思わせる曲です。この名称はベトベンの死後、1838年にハンブルグの出版社クランツが再出版した時に思いつきでつけられたとのこと。

「思いつき」ですよ!「思いつき」!

全楽章とも、ステキな曲です。ベトベンには珍しい落ち着いた感じの曲です。全て弾くには30分近くかかってしまいますが・・・。

●弾いた!

ということで、「田園ソナタ」の1楽章を少しさらってみました。これ、レッスンでやっている時、ほのぼのすぎてイヤになった記憶が・・・。ベトベンはやっぱりガンガン弾く&ちょっとせつない旋律がいいと思っていましたから。あれから長い月日が経ち、感じ方も変わったかしら?

無事レパートリーになりえるのか!?

061025_22520001


↑楽譜です。ゆっくりと弾きます。

もう一つ。「クレメンティのソナチネ op38-2 2楽章」

今年のピティナの課題曲でした。会場で聴いてちょっとハマり、たまには「長調の曲」もあってもいいだろう、と思い譜読みをしました。明るくてかわいい曲です♪

061025_22530001


↑「ソナチネアルバム2」の8曲目です。


それから、会長らしく「ツェルニー50番 2〜4番」を練習しました。3と4はおもいっきり予習です。

なんか、ツェルニーをきちんと鍵盤に指をはめて弾くと「うまくなる」気がしますね。

「ピアノを練習しているんだ」という気になりますね。

すっごく楽しいです♪(変態?)


●見つけた!

ずっと探していた曲の楽譜。一体どこに収録されているのか、全くわかりませんでした。が、今日なにげに本屋で「全音ピース」を眺めていたら、最後の方の番号にひっそりと・・・ありました。

「ギロック ソナチネ ハ長調(こどものためのアルバムより)」

700円もするのですが・・・。いっそ「こどものアルバム」を買った方が他の曲も楽しめるんじゃない?・・・と思ったので買いませんでした。ちなみにその本屋にはなく・・・。明日ヤマハに行くので、探してみようと思います。

月一でヤマハに行く理由。

雑誌「月刊ショパン」と「ムジカノーヴァ」と「レッスンの友」を買いに行くためです。ついでにルイサダ先生の公開レッスンで楽譜は自分で用意するのか、聞いてみようかと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

第50回(10/24)のレッスン

わーーーい!50回目のレッスンだあーーー!


さて、レッスン室に入ると「のだめカンタービレ」の単行本と、CDBOOK、キャラブックを発見!生徒さんに借りたそうです。

私「私ものだめを読んで、ピアノの練習を再開したところもあるんですよ」

先生「ここにでてくる人たちははちゃめちゃなのばっかりですねえ」

と、しばらくのだめの話で盛り上がりました(笑)ドラマはまだ見てらっしゃらないそう。ビデオをうまく編集できたらお貸ししようかな。

●ツェルニー50番 1番(5回目)

最初はゆっくりめで弾きました。例の地獄の箇所は以前よりは脱力して弾けた感じ。でも腕がだるい(涙)

先生「だいぶしっかり打鍵できるようになりましたね。テンポあげてみましょうか」


うおーーー!ドレミファソファミレドレミファソファミレ・・・怒濤のように頑張った!!!!!でも地獄の箇所はまだまだ。打鍵の力、支えが弱い。

なんとか最後まで弾ききって、少し気になるところを部分練習&テンポあげて弾く、ということをし・・・

合格をいただきました。やった!思ってもみませんでした。

まあ、地獄の箇所は永遠の課題ということで。完璧に弾ける日がいつくるかわかりませんからねえ。先に進むのが賢いでしょう・・・。

次は2番です♪

2番のところに日付を入れる時に「時が経つのは早いねえ」という話になり

私「ピアノを再開して1年経ちましたよ」

先生「え! そうですかーーー、まだ1年?て感じですよねえ(笑)」

あはは、先生まで・・・。

●ブラームズ ラプソディ1番(6回目)

ゆっくり目で弾くも、音はずしたり、間違ったり・・・しくしく。

今日アドバイスいただいたこと。

○テンポをあげて、ある一定のところまで通して弾く練習をすること。そこで弾けなかったところは取り出して部分練習を。

○ラーレーミー・・・の日本的なメロのところは(笑)曲想つけてきてください。

061010_14460003

○↑左手のアルペジオは、掴む力が必要なので(何回も言われている)ゆっくりと、フォルテでなくていいので、はめる練習をすること。


いやーーーん!やっぱり難しい!「ドファ♯ラ」は弾けるけどその次の・・・


とここまで書いて、音を間違って弾いていることに気づく・・・ぎゃーーー!余計に難しくなる音で弾いていたわ!まだつめて指導されてなかったんで、先生も気づかなかったんでしょう・・・。私も気づかなかった。また勝手に編曲していた・・・。しょぼん。どう弾いていたのか、は・・・秘密・・・ぎゃぼ〜ん・・・。ショック。


これなら掴みやすいかも!!!!!(急に元気)よしよし♪


○スケールは底までしっかり鍵盤を押さえること。まだまだ浮いている。

○中間部分は弾き込むように。(メタメタだったの)

○三連符は取り出して練習。特に3つ目の音が抜けるので、しっかり打鍵を。

こんなところでしょうか?

来週はお休みです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

ユビの支え

姪と弟の前でツェルニーを練習していたら

「薬指がなっていない!第一関節がまっすぐになっている!それでは支えられないよ」と姪に指摘されました。


おお!まさしく私の今の悩みでございます!!!!!(詳しくはレッスン記録に書いてある通りです)

姪の先生は「コンクールで賞をとれるくらいのレベル」で指導してくれます。今は基礎を叩き込まれている姪。その先生おっしゃったことを教えてくれました。

061023_01590001

↑第一関節がのびていてまっすぐ。指の腹で弾いている感じ。これだと力が入りにくく指が支えられない


そこで、手首の位置を少し下げて、指の形を「ものを掴む時」みたいな感じで第一関節をまげ、爪と指の先くらいの場所が鍵盤にあたるようにしてやると・・・


061023_02000001


↑力が抜けず、支えることができる

わかりにくいかな? 車の中で教えてもらい、助手席の背もたれを使って指の形を作ってみました。こっちの方がわかるかな?

061022_12220002

↑駄目な形


061022_12220001


↑良い形

うほーーー、勉強になるわあ!その他、和音の弾き方も教えてもらいました。姪に・・・。

いいの!私も教えてあげているからギブアンドテイクよ!

その他、姪が指導してもらっているビデオも借りたので、音の出し方、手の使い方など勉強することにしよう。基礎は大事ですからね。ちょっと、ここでまじめにやってみたら少しは変わるかしら? その為には、姪と同じ曲を弾いてみるべきですね。


頑張るぞ!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

アヴェンヌの夜

行ってきました。

ポプラさんとたいらさんと私の三人で待ち合わせをして、7時過ぎに到着しましたが、すでにくるみ♪さんとてんどしゅさんがいらっしゃって、くるみ♪ワールドが始まっていました。後からseimさんとくるみ♪さんの相方さんがいらっしゃいました。

私たちの他には、「どんな雰囲気が見に来られた」女性二人とご夫婦と東京からいらした男性(前回もいらっしゃった凄い腕前の方)後半にまた別のご夫婦がいらっしゃいました。

今回は前よりも弾きたい衝動は少なく、聞く方に専念気味だったかも、です。皆さん素敵な演奏ばかりでした。ポプラさんはリクエスト通り「シューマンソナタ2番1楽章」を弾いてくださいました♪あとはメンデルスゾーン ロンド・カプリチオーソ」と「ショパンソナタ3番の4楽章」を。

たいらさんはポピュラ系で「星に願いを」「クリスマスソング」を。彼女は大人になってからピアノを始められたんです。とったも頑張ってらっしゃいますよ。緊張するーーーと言いながら一生懸命弾いてらっしゃいました。

てんどしゅさんはラフマニノフの鐘を一生懸命練習を兼ねて弾いてらっしゃいました。弾くごとに進化していきます!凄い!4回は聞いたわ・・・。

seimさんは「秋」がテーマの曲を用意していらっしゃい、癒されました。会社帰りということで初めて見る背広姿でした♪

くるみ♪さんもたっくさん弾いていらっしゃいました。暗譜で・・・。相方さんも同じく全て暗譜で、モーソナやらいろんな曲をさらりと弾いてくださいました。このお二人、かなりの腕前です!連弾もしてください、大満足でした!

で、私はというと、「グリーグのメロディ」「メンデルスゾーン ヴェニスのゴンドラの歌」「ベートーベン悲愴2楽章」そして!!!!!図々しくもラプ1を練習させていただきました。えーーー、楽譜は持って行ってなかったので、覚えているところだけを間を飛ばして弾いてました。最悪ですねえーーー(汗)

前述の東京からいらした方のショパン エチュード 10−1、別れの曲、10−4、黒鍵がとてつもなく素晴しかったです。全曲弾けるそうです。暗譜で、怒濤のテンポで弾かれていました。プロか?と思うくらい・・・。10-4の時には思わず山本貴志さんのリサイタルを思い出してしまいました・・・。私、それに触発され、みなさんの酔いがまわり、人も少なくなった23時40分頃に「やっぱり弾きたい!」と弾くつもりのなかったバラード1番を弾いてしまいました。


ボロボロ、バラバラードでした(涙)


まあ、東京で弾いてから1回しか通して弾いてないし、部分練習を適当にやっただけですもの。おーっほっほ!弾けなくて当然!!!!!(開き直り)

あの場にいたみなさん、お耳汚しですみませんでした。

しかし、前回に行った時はてんぱっていたのか、身の程を知らなかったのか、それとも2回目だったし知った顔に囲まれていたからか緊張はしませんでした。うふ♪

もう自分の実力はわかっているし、背伸びしたってムリなものはムリだし、弾けるものは弾けるし、弾けないものは弾けないんだから。失敗しても死ぬわけじゃないし、それが私なんだから、それでいいじゃない!・・・となんか吹っ切れてしまったようです。

来月の行こう!と思っていましたが、ちょっと用事が入る予定です。間に合う時間に梅田まで来れるかどうか・・・当日か直近にならないとわかりません。でも、またこうやって弾けるように、いろんな曲を練習しておきます♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

曲を決める!

この二日間でアヴェンヌのための練習として、子供の情景より五曲、悲愴二楽章、、ショパン前奏曲4番、雨だれ、バラード1番、メンデルスゾーンのヴェニスのゴンドラの歌、ハチャトゥリアンのエチュード、グリーグのメロディをさらってみました。

結果

バラード1番、雨だれ、ハチャトゥリアンが「怪しい!」ことが判明。

雨だれは実際、火曜日からさらい始めたので、後半の和音のところが覚えておらず、スムーズにいきません。

バラードは・・・気合い入れないといけなくて、しんどいので弾くのをやめたい・・・。


という訳で、この3曲は、弾くものがなくなり、みんなが酔って訳がわからなくなった頃にこーっそり弾くことにしよう。あはは。


061020_11020001


ちゃんとレパートリーファイルを作って、準備もしました。

061020_11040001_0001

↑ダウンロード譜をメンディングテープで横に繋げています。譜めくりしなくていいでしょ♪

ところで、ダウンロード譜で間違い発見! 装飾記号がずれて入っているため、「?」だったり、右手がト音記号でなくヘ音記号になっていて、全然音が違っていたり(これはフォーレの「夢のあとで」の例)いきなり本番に見て弾くととんでもないことになるところでした!家で一度はダウンロード譜で練習しなくてはいけませんね!恐ろしやーーー。

毎月、できればアヴェンヌには参加したいところ。そのために毎回レパートリーを増やしていかなくっちゃ!ああ、楽しみーーー。気合いをいれてひいひい言いながら弾く曲よりも、余裕を持って自分も楽しく、聞いている方も心地よく、そんな演奏ができればいいなあと思っています。


しかし、私の選ぶ曲、短調ばっかりなのーーー!いやーーーん!!!!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

曲を選ぶ♪

きーーー!もう今週末じゃないですか!!!!!

アヴェンヌに弾きに行くの・・・。

弾く曲がないわあ(爆)←おい

一緒に行く、サークルのポプラさんに「シューソナ弾いて!ロンド・カプリチオーソ弾いて!ブララプ1弾いて!」と思いっきり希望をのべている私、ずるい奴・・・。ポプラさんからは「バラ1弾いて」とリクエストが。でもでもでもでも!練習がはかどっておりません。大丈夫なのか?あと3日でなんとかせねば。まあまあ、発表会ではないし、「アットホームな見知らぬ人たちとの練習会」と思えば気は楽じゃん♪一回行っているから雰囲気もわかっているので。

だがしかし!!!!!(駄菓子、菓子?)

きっと他の人の演奏を聞くと後悔するだろうから、「弾けるであろう曲」を用意することにしました。「弾きたい曲」ではないのであーる。

さあて、「弾けるであろう曲」ってなにがあるのかしら?ちょっとぴろぴろと弾いてみなくてはいけませんね。

で、候補曲

○シューマン 子供の情景から数曲
○グリーグ メロディ
○メンデルスゾーン ベニスのゴンドラの歌
○ショパン バラード1番

え?????これだけ????

少なっっ!

まじでヤバいですよねーーー。なんじゃこりゃ?人前で弾ける曲がこれだけとは!しかもちゃんと弾けるか怪しい・・・(爆)

あと3日練習すればまともに弾けるようになる曲はあるだろうか?

○ショパン 前奏曲 より数曲
○マリー 金婚式
○ラモー タンブラン
○ベートーベン 悲愴2楽章

くらいか?


きーーー!


情けない・・・。

まあまあ、こういう時のためにいろいろ小品を練習している(しかけている)し、レッスンの課題をコツコツとやっていると、小品に逃げたくなるんデス。その曲たちは何ヶ月か後には披露できるようにしたいです。ここで宣言したらもう後戻りはできなくなるので、戒めのために書いておこう。もし私と会ったら「この曲はいつ聞かせてくれるの?」とつっこんでくださいね。(こうやって追い込まないとできない私も、私だ・・・)

↓これこれ!これを譜読み始めました!

○プーランク 即興曲15番
○ガーシュイン サマータイム
○カスキ 夜の海辺
○セヴラック シューマンへの祈り
○ブラームス 間奏曲Op.118−2


これで逃げられないだろ!


ポピュラーも弾きたいんだな、これが。ふふふ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

第49回(10/17)のレッスン

●ツェルニー50番 1番(4回目)

ゆっくり目で、指を鍵盤の底まで弾くことを意識して弾いた。少しテンポが速くなる傾向は直らず。意識していたのにーーーぎゃーーー!!!!!

061010_14450001_0001

↑両手のスケールが続いて、5-4-3-4-5-4-3-4・・・の連続になるところがしんどい!ということをお話したら


指の力で弾くのではなく、指を落とすことと、鍵盤の底まで弾くこと、薬指の支える力をつけるのが重要です。指は動いているので、そこを鍛えること。(毎日電車の中でカタカタ指を動かしていることを話したら)鍵盤の上でやらないとダメです。柔らかいところでやっても効果はありません。指の位置の確認をするにはいいけれど、押さえる力はつかない・・・と先生。


がーーーん!


まあまあ、わかってよかったです!やはり鍵盤の上でしっかり弾きをして力(筋力、鍵盤を掴む力)をつけていかないとあかん、ということですね。

●ブラームズ ラプソディ1番(5回目)

こちらも鍵盤の底までしっかり弾くこと。三連符がコケるのは、しっかり鍵盤に指がのっていないから。しっかり、ゆっくり弾きを引き続きやること。

和音を掴む力、底まで鍵盤を弾く、これはツェルニーでの課題と同じ。てことはこの部分ができていないってこと。例えばppで底まで鍵盤を弾かず浮いて弾く事がクセになったら、音の出方が違ってくる。ホールで弾いた時には頼りなーい、抜けた音になるそう。ffでも同じこと。スコーンといた深みがあり、厚みのある音にはならない。特にこのブラームスはそこを意識して弾かないといけません。こういう基礎は「ツェルニーでしっかり身につけるようにしましょう」と先生。

この話を聞いてから、更に意識してもう一度弾いてみましたら、「鍵盤にしっかり指が乗り、かっこよかったです!」と初めてお褒めの言葉をいただきました。


やったあ♪


今はじっくりと、コツコツと鍵盤の底まで指を乗せて弾く事を課題として頑張ります♪

こういう地道な練習をずっと繰り返しているので、小品を弾き散らかしたい衝動にかられるのかもしれない・・・。

今週、アヴェンヌに行くというのに、なにも練習が進んでいません。「弾きたい曲」ではなく「弾ける曲」を用意するしかないなあ。過去にやった小品の楽譜をいろいろひっぱりだしてみるかあ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

楽譜をゲット♪

刷ーれ刷ーれ♪ワークッワークッ 楽譜たちー♪(byキダ・タロー)

眠っていたプリンターを引っ張りだしてきました。年に一度、そうねえー年賀状を刷る時くらいしか活躍しなかったわ。ヘッドクリーニングを死ぬほどやったら、復活しました!

で、早速ダウンロードした楽譜を刷りました。

061012_21500001

↑セヴラックの「シューマンへの祈り」を印刷中♪

小品の楽譜がたくさんゲットできる予感・・・。ワクワクですねえ!場所もとらないし、お金もかからないし。こうやって入手したりされている方もいらっしゃるはず。iPodで音楽を聞くこともやってみたい。

旦那に言われました。「5年遅れてる」と・・・。あはは、確かに!

という訳でしばらくは楽譜サイトジプジーをするのだ。楽しみーーー。

連弾の楽譜もほしいーーー。無料ダウンロードの良いサイトがあったら教えてくださいね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

ツェルニー拷問の会 会員リスト

更新です。

1番・・・まーみさん
2番・・・みおさん
3番・・・yu-kiさん
4番・・・とーるさん
5番・・・ゆかこさん
6番・・・(・∀・)ちえさん
7番・・・ピアノフォルテさん
8番・・・ayayanさん
9番・・・ナナさん
10番・・・てんてん40さん
11番・・・まーちゃん
12番・・・lavenderさん
13番・・・もりぴーさん
14番・・・ハノンさん
15番・・・えぴのすけさん
16番・・・栗田さん
17番・・・こむぎさん
18番・・・seimさん


もう少しで20人ですね♪

みなさん、練習していますか?

私は50番のCDを図書館で借り、意外ときれいな曲が多かったのに驚き、とにかくゆっくり弾きでもいいから先々と譜読みをしたい!という気持ちになりました。1ページでもいいから弾けるようになって、練習会の度に、みなさんに聞かせまくるという迷惑行為をしようと思います。(宣伝宣伝♪)

特に弾きたい曲が決まっていない時はツェルニーに限りますね♪

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

第48回(10/10)のレッスン

3週間ぶりのレッスン。このところモチベーションもあまりあがらず(苦笑)淡々とただ弾いていただけだったわ。

●ツェルニー50番 1番(3回目)

もう、レッスン前の練習室での練習で「これはあかん」と思っていた。4と5の指が言う事を聞かない。打鍵の力が弱く、リキんでしまって手がだるい。

○とにかくゆっくり練習をする。

○指を振り下ろし打鍵するようにする。

指を振り下ろす力がまだまだな為、テンポをあげるとコケてしまうのである。これはじっくりと力をつける必要があります。時間がかかるけど、コツコツとやっていくことにしよう。これができないとラプ1の三連符も決まらないのである。(4と5を使うから)

061010_14450001_0001

↑ここ、両手のスケールが続いて、5-4-3-4-5-4-3-4・・・の連続になるところ。ここが地獄!

●ブラームズ ラプソディ1番(4回目)

ゆっくり目で弾いてみた。「最後までいきましょうか」と言われたが「最後がまだたどたどしくって」と言うと、中間部(冒頭の繰り返しの手前まで)までで止められた。しかし、この中間部もたどたどしかった(!)

061010_14460001

↑三連符の2-3-5 から次の4の5-4がコケ気味になっている。


061010_14460002

↑赤丸の左手、音が飛ぶところ。こういうところや、前述の三連符はゆっくり確実に打鍵すること。(ここでツェルニーがいきてくる!)音はとれてはいるが、「なんとなーく」なので、本番でははずす可能性が高い。うまくいく時といかない時があるので、いわば当て物状態!確実なものとする為に、フレーズを取り出して打鍵の練習を!


061010_14460003

↑左手は「掴む力」が必要。ここ以外はしっかり掴めているので、確実にすること。

先生がお手本で弾いてくださいましたが、見事に鍵盤を押さえ、掴めておりました。さすがです!!!!!


という感じで、まだまだ部分練習を地道にやっていくレベルであります。人前で弾けるのはいつになるのか?

発表会が2/11・12に決定しました。どっちになるのかなあ♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

トラックバック企画!あなたの楽譜棚見せて〜♪(まだまだ受付てまーーーす!)

この企画のために、トラックバック受付可能に設定変更しましたよ!ちゃんとできるはず・・・。駄目なら教えてくださいね。

なにをするのか?

みなさんの楽譜棚の写真&コメントを書いた日記をアップしていただき、トラックバックしていただくだけ!9月いっぱい、トップにくるようにしておきますね。それ以外の記事はちゃんと更新していきますので、スクロールして見てね!特にみおさん!(爆)

じゃあ、早速私から!

060919_20510001

一応、作曲家アルファベット順に並べています。本屋さんみたいで、楽しくなれます!探したい作曲家がすぐにわかりますし・・・てわからなくなるくらいの量ではありませんが。

楽譜を見ている時が一番幸せーーー。うっとり・・・。

近影♪

060926_09010002b


060926_09020001c


060926_09020002c2


060926_09020003l


060926_09030001m


060926_09030002s

060926_09180001s2


060926_09050001s3


060926_09060001nhk


060926_09170001etude


| | コメント (68) | トラックバック (15)

2006年10月 8日 (日)

アヴェンヌへ行こう♪

10/21はお客さま出演の日♪

誰でもレストランのベーゼンドルファーで弾くことができます。ピアノチャージ料1500円とドリンク代でOKなんです。いいでしょーーー?人前で弾く練習にもなるし、知らない人たちとのアットホームな練習会な雰囲気ですョ。

私は行こうと思っています。どなたか行きませんか?

いつも悩むのが「なにを弾こう?????」

今回は小品とか、軽く弾けるもの中心にする予定です。もしかしたらバラ1!?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

東京物語〜銀座編〜

はーい!ベッドに入りながらピアノフォルテさんとお話していましたが、気づいたら朝でした。

061004_00350001

↑ベッドの枕元に置いてあった鶴と亀♪


061004_13280001

↑こんな部屋でした♪


061004_08480001_0001

↑朝ごはん♪めちゃくちゃおいしかったです!もうお腹いっぱい!げっぷ!

それから、近くをぶらぶらお散歩。サントリーホールに行きました。入り口に置いてあるスケジールやちらしやら見ていました。あやしい二人だ・・・。キーシンとかもここに来たのね、うっとり。


061004_09310001

↑正面から♪

061004_09370001

↑帰り道にこんな看板発見。お寺にあったのだけど、きっと飼っているネコが飛び出すのでしょうね。しかしかわいくないイラスト(汗)

これから銀座へ行き、ヤマハとスイーツを食べに行きます。ぷぷぷ、東京来てまでヤマハ!?


061004_12590001

↑銀座だ銀座だあーーー!写真を撮る私たち。おのぼりさんと思われたに違いない。


061004_10420002_0001


↑ヤマハだヤマハだ!

楽譜を見ていましたが・・・ほしいものがない。しくしく。もっと曲を聞いて、弾きたいものを探さないと!でも、楽譜を見ていたら幸せーーー。試弾きできたらいいのに。

そうそう、試弾きといえば、電子ピアノを試弾したんだった!形はアップライトで、背は高くないんですが、見た目が電子ピアノくさくなくっていいなあ。35万くらいだったかな?ヘッドフォンでも練習できます。音はいい!でもタッチは・・・。そりゃそうですよね。本物にはかないません。

お次はスイーツ♪

061004_12240001

↑ここのお店(わかるかな?)ピアノフォルテさんが「イケメンや!絵になる!」といたくお気に入りだったお兄さん(笑)

061004_12060001

↑チョコレートパフェ 1680円也

とても濃厚で、あまり甘くなく、ぺろり!とたいらげることができました。また食べたい!大阪にお店ができることを祈る!

※10月11日〜10月16日に、大阪タカシマヤに催事出店!アイスクリームが食べられるとのこと!

まだ少し時間があったので、山野楽器でCDを見ました。ピアノフォルテさんはルイサダ先生のCDを、私はキーシンの10代の録音のCDを。ショパンのピアノ協奏曲が収録されています。確か12歳くらいの録音だったと記憶しています。2番をFMで初めて聞いたのがこの録音だったのです、懐かしい!

それからホテルに戻ってチェックアウト! 東京駅から新幹線で帰ります。

東京駅の大丸でお弁当とお土産をゲット!お友達に頼まれたここでしか売っていない美味しいチーズケーキもゲット!あとは新幹線で寝るだけ(笑)

しかしまあ、疲れていたようで、二人とも名古屋くらいまで意識不明でしたよ・・・。

新大阪に着くまで、合宿練習会を実現させたいね!と少し盛り上がりました。いいなあ、やりたーーーい!静岡とかさあ、ヤマハのリゾートなんとかってなかったっけ?浜松にピアノもあるホテルとかないかな?とりあえず近場でやってしまうか?

どこかいいところ知りませんか?一般のホテルとかで使わせてもらえるか聞くのがいいかしら?

とにかくねえ、ピアノ弾けて泊まれたらいいのよ!(爆)


さあて、首をながーくして待っていた今回の東京旅行。あっと言う間に終わってしまいました。ステキなピアノ仲間のみなさんに出会えて、本当にやかったです。幸せです。ともみさん、さよこさん、テツさん、こむぎさん、kousoraさん本当にお世話になりました。ありがとうございました。

ピアノフォルテさん、東京行き、誘っていただいてありがとうございました。とても楽しかったですね!また行きましょ!

061004_13360001

↑私です♪

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

東京物語〜リサイタル編〜

【前回までのあらすじ】

練習会を楽しく過ごし、その後食事へ出かけた7人。話も弾み、さらに楽しさ満開!!!!!

ふと時計を見ると、リサイタル開演30分前だった!あわてて会場に向かうが、今度は場所がわからない!!!!!あと15分・・・と、時間はどんどんと過ぎていきます。

リサイタルに間に合うのでしょうか!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

信号を渡ると「浜離宮」とかかれた看板発見!「やったあ!あともう少し!!!!!」

どんどん進むと「朝日ホール」の看板発見!「やったあ!着いたぁぁぁぁ!!!!!」

しかし、入り口がない。しかも駐車場があって、守衛さんがいる。裏口か? ええーーー!反対から来たの?ぐるっとまわらないといけないのお?????

ともみさんが守衛さんに聞いてくださりました。私たち、ホールへの階段を見過ごしていたらしい。さっきの「朝日ホール」の看板の手前にひっそりとありました。行き止まりにしか見えなかったのに。しかし、階段を上がってから左に曲がって、またまた曲がって・・・なんかややかしくってなかなか辿りつかない。

わかりにくいんじゃ!!!!!


ホールに着いて、お手洗いに行ってでてきたら開演5分前くらいだったような。うん、それくらいのぎりぎりに着いたの♪要するに間に合ったのよ!ほっ!

今日のピアノはスタインウェイ ハンブルグ製 D-273型 1959年製

061003_20120001


061003_20120002

木目でウォルナット仕上げのピアノですって。どんな音色かしら?


さあて、いよいよリサイタルが始まります。私は前から16番目の左の方です。うう・・・ちっさいよお!オペラグラス持ってくればよかった。

【曲目】

モーツァルト:ソナタ第13番 変ロ長調 KV.333
ショパン:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 「葬送」op.35
ショパン:幻想ポロネーズ第7番 変イ長調 op.61
シマノフスキ:「仮面劇」より シェヘラザード op.34-1 
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 op.36 

最初はシューマンの幻想曲があったんですが、変更です。残念・・・。

○モーツァルト:ソナタ第13番 変ロ長調 KV.333

うわーーー!ピアノの音が、音がぁぁぁぁ! とっても優しくてまろやか!温かみがあります。ハンブルグ製のピアノということもあってかしら?とてもピアノに合っていました。モーツァルトが似合うなあ・・・。

○ショパン:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 「葬送」op.35

これは9月にも聴きました。やはり1楽章の冒頭のメロディラインがもっと浮き出てほしい。2楽章の冒頭オクターブもがつんときてほしい。4楽章には合っているタッチかもしれません。

○ショパン:幻想ポロネーズ第7番 変イ長調 op.61

とてもきれいな音でした。これはいい!うっとりして聴いていました。幻想的です。特に最後の一音にやられました。
この曲自体、あまり聴いたことがないのですが、こんなにいい曲だったのですねえ♪

○シマノフスキ:「仮面劇」より シェヘラザード op.34-1 
○ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 op.36 

これも9月と同じだったし、特記事項はありません。ほぼ同じ感想かな?

全体的にミスタッチもなく完璧に近い演奏だったと思います。風邪をひかれていたのかしら?咳をされていたんです。そのせいか、アンコールは「ショパン ノクターン遺作」 (ウィーン原典版.verかな?)1曲だけ!!!!!

うそや!!!!!

うそではありませんでした。はい。ラストの左手が鳴っていなかったような・・・惜しい・・・。


そして、会場には華道家の假屋崎省吾さんがいらっしゃいましたよ。休憩時間に目の前で「えー、なんでこんなことになってるのぉー?」という感じの口調でお話されていました。

さすが、東京!!!!!

みなさんのお話では、結構こういうリサイタルにはいらっしゃるようで、よく見かけられるそうです。お好きなんでしょうね。


今回は「CDを買った人にサイン会」ということでした。うーーーん、CD持っているし、大阪でもらったしまあいいかあーーー。ピアノフォルテさんはショパコンの写真集を買われたので、しっかり並ばれていました。(大阪では買ったらサイン・・・という条件にしたら誰もこないから無条件でやったのでは?と勝手な想像。そうねえ、大阪は財布のヒモが固いのかもしれまへん)

私たち6人はサインをしているところでじーと見学。こっちの方がおいしかったりして♪

そしてテツさんと「手の大きさ、どうかしら?普通くらいかなあ?」と話をしていて、いいことを思いつきました!

私「ピアノフォルテさーーーん!山本くんと手を合わせてみてくださいよ!大きさが知りたいの♪ピアノフォルテさんと山本くんの仲ならいいでしょ?」とその気にさせ、やっていただきました!(山本くんありがとう♪)

ピアノフォルテさんより同じか少し小さいか?=私の方と同じか私の方が大きいかも!という結果!!!!!

そんな大きさでラフマを弾いているなんて!なんか、私にも希望がでてきたわ!!!!!(大きさを知りたい方は、私かピアノフォルテさんに会った時に手を合わせてみてね♪)

かなりお疲れの様子。そりゃあ体力いるわよね、素敵な演奏ありがとうございました!

それから、こむぎさんとkousaraさんは帰られ、残りの人たちと少しお茶をしました。「合宿練習会したいねーー」とか、またまたピアノ話で盛り上がりました。そうしているうちに、電車がなくなるかも!という時間に。名残惜しいけれどお開きとなりました。ああーーー、お見送りするのがとても辛い・・・。帰っちゃいやん!

時間とは無情なり。


さてさて、ホテルオークラでゆったりと過ごし、1日目は終了です!おやすみなさーーーい!

サインの写真を撮りました。これです↓
061004_00370001_0001


| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

東京物語〜練習会編〜

とうとうこの日がやってまいりました。

山本貴志さんデビューリサイタルin浜離宮朝日ホール&東京のブログのお友達との練習会です。


新大阪8時40分発に乗って出発!!!!!いろんな話をしていたらあっと言う間に着いてしまいました。ホテルに荷物を置いて、みなさんと待ち合わせの場所へ♪

少し時間に遅れる!と連絡があったためか、猛ダッシュ(そう見えたのです)で階段をかけあがってきた女性発見!

「きゃ、誰かこっちへ向かってきますよーーー!どきどき」と少し照れもあり、壁の向こうからこっそり覗く私・・・。

ともみさんでした!!!!!

「ピアノフォルテさんにかおるさん!」と簡単に当てられてしまいました。イメージ通りだったらしいです・・・。あはは。

その後に続いてテツさん、こむぎさん、kousoraさんが登場!自己紹介をして練習室へ!

練習室は月島にあるヤマハ音楽教室でございます。当然、ピアノもヤマハ!

ここには金子一朗さんや、誰か忘れたけど(おい)有名なピアニストが練習しにきているそうですよ。


さすが東京!


部屋に入ると、さよこさんがいらっしゃいました♪これで全員揃いました。

メンバーは

ともみさん
テツさん
こむぎさん
さよこさん
kousoraさん
ピアノフォルテさん

の7人です。


まずはテツさんが演奏。しーんとなると「喋っててください。緊張します」と照れていらっしゃいました。暗譜でなんでも弾かれるのですよ。すご!!!!!手のフォームも、手自体もすごくきれいなんです。見てあげてください。ほれ↓

061003_13100001

弾く曲からして、好みがてんどしゅさんと似ているんじゃ!とピアノフォルテさんと話していたんです。そのうちテツさんは「ショパンワルツ14番」とか「バッハインベンション」とか弾くに違いないです。あ、スケルツォ2番もね!


061003_13070001

↑テツさん演奏中♪

私がつまらないことを言って、「関西ギャグ、すみません」と言うと

「覚悟して来ました」

とテツさん。

このセリフ 忘れません!

テツさんもおちゃめだ。

次は私。いきなり「バラード1番」を弾かせていただきましたが、昨日練習してなくて指は動かないし、ピアノは慣れないしで(言い訳?)ボロボロでした。お耳汚し、すみませんでした!!!!!

ラプ1も、なんかお聞かせできるレベルではありませんし。

いくら練習会といえども、まともに弾ける曲は持っていないと正直しんどいな、情けないな、と大反省!!!!!


ピアノフォルテさんは、スケ2とバラ4を披露されましたが、バラ4はみなさんしずかーーーに聴いてらっしゃって、最後の一音が終わったら大拍手!!!!!

「ブラボー!!!!」の声があがりました!(ちょっと誇大表現)

段々進化していっています。素晴しい!それなのに私ってば・・・とまた落ち込むのであった。

061003_13390001


↑ピアノフォルテさん演奏中♪


こむぎさんはまずツェルニーを弾いてくださいました。ちょっとちょっと!「ツェルニー拷問の会」に入るよろしよ!(笑)

そうそう、テツさんもこむぎさんもともみさんの先生に習っているんですって。門下生同士なのです。それでかな?こむぎさんも指のフォームがきれいなんです。丁寧に弾かれてらっしゃいました。

061003_13500001

↑こむぎさん演奏中

koukoraさんは、大人になってからピアノを始められたそうです。2年だそうですよ!でも「エリーゼのために」とスラスラと、タッチもしっかりと弾いてらっしゃいました。そのうち大曲を弾かれるんじゃないですか?結構大人から始めた人ってそうなんですよね。手も身体もピアノを弾くのに適しているからでしょうか?これからが楽しみです♪


061003_14160001

↑kousoraさん演奏中

さよこさんは、普段いろいろとステージもこなしてらっしゃる凄いお方!さすが!の演奏でした。いやーん、憧れます!

おなじみ「明治製菓 ショパン」のCMに流れている別れのポロネーズを「譜読み中です」とすらすら弾いてくださいました。「いつもそうなんですよ、初見でさささっと弾くんですよ」というお声が皆さんからあがりました(しゅごい)

「夏木マリのあのシーンが浮かぶーーー!」とみんなで悶絶しながら聴いてましたよー。ええ曲です!

それから・・・弾いてくださった舟歌が忘れられないんです。どうしたらいいですか?


061003_14250001

↑さよこさん演奏中♪

そしてともみさん!!!!!

過去にブログ内で手の大きさの話をしたので、合わせてみましたら、まあ小さい!!!!!(ちなみにこむぎさんも小さい!)この手でバラ1やら熱情をお弾きになるんですか?うっそおーーー!!!!!

本当でした。

まずは熱情を!小さい手なのに、和音をしっかり掴んで、力強い演奏でした。タッチがしっかりしているのですね。かっこいいです!!!!!バラ1も、テンポよく、流れるように弾いてくださいました。私のとは大違い。コーダのところも手の大きさなんて関係ないダイナミックな演奏でした。子供の頃はソナチネまでで、再開してから大曲やっているのよーーーとおっしゃってましたが、十分いけてます!もっと大曲もOKでしょう!!!!!

061003_14490001

↑ともみさん演奏中♪

061003_16360001

↑テツさんとさよこさん連弾中♪

がんばっているテツさんを優しく見守るさよこさんのまなざしがステキでした♪


【以下恒例の曲名】

○モーツァルト K.V3 「ナンネルの日記帳」よりアレグロ/ショパン 雨だれ/ ラフマニノフ 鐘の前奏曲・・・テツさん

○ショパン バラード1番・・・私

○ショパン スケルツォ2番・・・ピアノフォルテさん

○ツェルニー30番ー15/バッハインベンション1番/デヴィト・フォスター  saje/ドビュッシー アラベスク1番・・・こむぎさん

○ブルグミュラー25の練習曲 素直な心 パストラル/ベートーベン エリーゼのために・・・koukaraさん

○ブラームス インテルメッツォOp.118-2/ショパン 別れのポロネーズ ・舟歌・・・さよこさん

○ショパンエチュード10ー1 /ベートーベンソナタ 熱情・・・ともみさん

○ショパン ノクターン遺作/ドビュッシー 亜麻色の髪の乙女/ベートーベン 悲愴2楽章/ショパン 雨だれの前奏曲・・・テツさん

○いろいろ弾き散らかし♪ほとんどイントロクイズ状態/ブラームス ラプソディ1番/シューマン 子供の情景より1、2曲目・・・私

○ショパン ピアノ協奏曲1番・バラード4番・・・ピアノフォルテさん

○ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ /モーツァルト デュポールのメヌエットの変奏曲・・・さよこさん

○モーツァルト協奏曲23番/ショパンバラード1番/パロディ演奏(ドラえもんとか、「ショパンピアノ協奏曲」から「北の宿から」といった内容、とってもおもしろかったです)・・・ともみさん

○ラヴェル ラ・メールロア・・・テツさんとさよこさんで連弾

○弾き散らかし第二弾!スケ2とかバラ1のコーダとか・・・。グリーグ メロディ・・・私


あっと言う間に時間は過ぎ・・・。練習会終了!!!!!(えーーーーーーーーーー!!!!!)

汐留の駅までタクシーで行こう!二台でだったら料金も割れば安いよね!と言ってヤマハを出発!みなさんそれぞれにお話に夢中!私はさよこさんとテツさんと、どれくらい習っていたのか?とかあーでもないこーでもないとか言いながら楽しく歩いていました。そうしているうちに切符売り場の前まで来ました。

あれーーー?タクシーで行くって言ってなかったっけ?

全員、お話に夢中で勝手に足が駅まで来たみたい。みんな忘れていた、という。ぷぷぷぷぷ!

「カレッタ汐留」でお食事です。開演まであと1時間半あまりなので、早く料理が出てきそうなイタリアンレストランへ。ここではさよこさんが用意してくださったクーポン券のお陰で、食前酒がサービスでついてきました♪

ここでまたまたお話三昧!

なんと、ともみさんとピアノフォルテさんに共通のお友達がいたということ、そのお友達とピアノフォルテさんがバレエの発表会に昔出た時、ともみさんが見にきていて、実は顔を合わしていたということ、がわかりました。びっくりーーー!縁があったのですねえ。

そういう話をしながら盛り上がり、ふと時計を見ると6時半。

「わあー!そろそろ行かないと!リサイタル!」

忘れてた!(おい)


みんな、練習会とお食事で大満足しちゃって・・・。メインはこれからだというのに。あはははは。全員がそういう思いだったのでおかしすぎ!

さあて、開演まで20分と迫りました!が、場所がわからない!ここから近いことはわかっているが、距離も方向もわからず、全員であたふた!(なーにやってんでしょうねえ?・笑)

バイク便のお兄さんや、コンビニで聞いたりして、なんとかホールを見つけようと努力をしました。(当たり前)ぎゃーーー!大きい道路がある!これ、渡るところあるのか?そう言っているうちにあと10分。うわーーー!えらいこっちゃ!!!!!

さあて、この7人は無事開演に間に合うのでしょうか?

続く

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

一ヶ月に一曲が目標

え?なんのことかって?

新曲の小品をこなすペースです。ぎりぎり無理?いける?くらいの目標がちょうど良いでしょう。シューマンの子供の情景、レッスン時には一ヶ月で一曲仕上げておったみたいです。日にちが残っておりましたから。1ページの曲をレッスンで一ヶ月ってことは、自主練習で自己満足&甘く見積もればこなせそうですねえ。(ホント?)

ずらずらと曲名を並べてみても、こなせないかもしれませんが、やろう!と思ったものは挙げておかないと挫折しそうです。

ちなみに、先月からかじっているグリーグの「メロディ」3ページの曲で結構弾きやすいので、人前で披露もできそうな感じ。よっしゃ!クリアや!

今日かじった曲、プーランクの「即興曲15番」最後までは結構すらすらと音に出来たので、これも出来そう♪今月末の練習会に間に合うかなあ?いや、間に合わないとクリアじゃないのだ!途中で飽きなければ、きっと・・・(おい)

シューマンの「森の情景より入り口」これも2ページなのでクリアできそう。


こんな具合で、決して無理をせずコツコツと続けられる方法を取ることにしよう。とりあえず今は。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »