« 趣味は「譜読み」デス! | トップページ | 後は弾き込み »

2006年11月 7日 (火)

第51回(11/7)のレッスン

2週間ぶりのレッスンでした。

ツェルニーのアルペジオを弾くと「電子ピアノ」と「生ピアノ」の差がよくわかります。全然鍵盤掴めてないし・・・。がっくし。

さあて、実は先生もユンディのリサイタルに行かれたのです。(と、先週ヤマハでお会いした時におっしゃっていました)

開口一番、私は「ユンディ行ってこられたんですか?」

先生の感想は「ショパンコンの時はまだ若々しく、きらきら輝いき、華やかなイメージでした。今回は大人になったというか、ある意味落ち着いていました。舞台に出てくる時の立ち振る舞いといい、慣れているなあというか、堂々としているなあというか・・・」(要約デス)

テクニックについてはさすが!

弾き終わった後「一曲弾いたんだ!あーーー」という感じではなく淡々としていた。

とおっしゃっておられました。

私も「ブレハッチに行くのです」とアピール!先生は木曜と日曜がお休みなので、この曜日以外のリサイタルにはなかなか行けないそうです。あらー残念。もしこの曜日でいいリサイタルがあったらお教えしようっと♪

それから、バッハのことを尋ねました。平均律はやった方がいいのかどうか・・・。

【バッハの効能】(これも要約。こんなニュアンスだった程度で読んでください)

○曲の構成、フレーズが学べる

○読譜力がつく

大きくはこうかな?

やはり「どう弾いていいかわからないんです」という方が多く、最初は訳がわからずに弾いているけれど、理解していくとバッハ以外の曲(古典が主かな?)の構成がわかってくるらしい。作曲するにはいい勉強になるんだって!ハマるととことんハマるらしい。お話を聞いていると、先生はお好きみたいですが。

とりあえず「ちょっと譜読みとかして勉強してみますー」と答えておきました。レッスンで見てもらうほどではないので・・・。悩んだり迷ったりしたらまた見てもらおうかな。


●ツェルニー50番 2番(1回目)

○音はずしまくり

○弱い指の打鍵がうまくいっていないので抜けてしまう

○鍵盤と鍵盤の幅を把握していないので手前を鍵盤を弾いてしまったりしている

○ゆっくり鍵盤に指をはめる練習をすること


●ブラームズ ラプソディ1番(6回目)

○細かい表現は今後やっていくとして・・・和音はハマっているが(そうなんだ)三連符の2と4の指がこけているので、しっかり弾くこと

○テンポをあげると流れているので、しっかり掴む。まだテンポはあげなくて良い

掴む力がまだまだ弱いってことね。

途中、先生がなんか注意点を話してくださっているんですが、聞こえないんですよねーーー。こういう時って演奏を止めた方がいいのかな?なんとなーく雰囲気で「こんなこと言ってる?」と想像して弾いてるんですが(おい)


ぎゃーーー!課題山積み!なにが「バッハもレッスンに組み込もう」だ!!!!!ちゃんちゃらおかしいわ!(汗)


でも、レッスンを受けると気が引き締まりますね。やはり私は独学では無理な人間ですね。

|

« 趣味は「譜読み」デス! | トップページ | 後は弾き込み »

コメント

↓うん・・・きっと気が多いんだと思う。。。

私も独学では無理っぽいです。
レッスンって目標が無いと、ただ勝手気ままに弾いてるだけって感じになるかと・・・
ところで11日のチケット手配、間に合わなくて申し訳ありませんでした。。。。
なんでも思いのほか売れたそうで(汗)
ごめんなさいでしゅ・・・・

投稿: まーみ | 2006年11月 7日 (火) 18時17分

素敵な色合いに模様替えされましたね!
しっとりといい感じですぅ(*^-^*)。

電子ピアノとピアノの違い……。
アルペッジオとか早いパッセージをがっつり弾こうとしたときはタッチの差が歴然と出ますね。わたしは……そこのところの要求がおそらく酷く激しい人ですので(音がばらける、音がしっかり出ない、鍵盤を底まで押し切らない、が大嫌い)、電子ピアノはきっとたたき壊すと思います(コワ)ので結局買いません(笑)。
なんだかぐにゃぐにゃしてる気がしてならないんです@@
夜おそくに練習が出来ていいなぁ、とは思うんですけどねぇ。

もしもキーボードが買えたなら(笑)。
譜読み専用かも。
アップライトとグランドでもタッチには差が出ます。でも一番大きいのは音色だと思いますけど。
音についてはあまりウルサイほうではないと思うんですけど(鳴ってりゃいいじゃん、とかいうタイプ^-^;)、タッチについてはひょっとしなくてもかなり神経質なのかなぁ。

ちなみに、パソコンのキーボードも、
底まで打ち込まないと気が済まない、ので、
ネットをしていても職場ででも
けたたましい音を立ててぶっ叩いています。
「ストレス溜まってるんですか?」と時々聞かれます。
を~ほほほほほほほ(含笑)☆

投稿: えぴのすけ | 2006年11月 7日 (火) 22時22分

まーみさま

お互い気が多いですね・・・。

そうそう、完売!すごいですね。HPで知りましたよ!まあまあ、今回は一人で行くということで・・・。楽しんできますね!チケットありがとうございました。

投稿: かおる | 2006年11月 7日 (火) 23時55分

えぴのすけさま

ここのテンプレートあまり気に入るのがないんです。だから気に入ったのを見つけたら即ゲットです!秋っぽいのがよかったんですが、いまいちなデザインでした。

>電子ピアノはきっとたたき壊すと思います(コワ)ので結局買いません(笑)。

ぎゃはーーー!受けました!!!!!怖い!ブルブル・・・。

電子ピアノは譜読み専用でいいかもしれませんね。今回うちの電子ピアノの鍵盤が軽い!ということが凄くわかってしまいました。ラプ1が弾きやすいの。でも外では弾けない・・。今までこんなことなかったからショックです。こんなに軽かったかなあ?

投稿: かおる | 2006年11月 8日 (水) 00時00分

ラプ1は和音がたくさんあってしんどいけど、指は鍛えられそうですねー。
私は最初、後半部分になるとヘロヘロになってたの!
けど、練習の成果か、だいぶ最後まで持ちこたえるようになりました。そういえば、かおるさんはバラ1とかの大曲を続けて弾いてても、全然疲れてないですよねっっ。
何時間でも弾けそう~。


私は演奏中、先生の注意に耳を傾けたとたん、つっかえることが多いです。へへへ~。やっぱり聞かなくちゃーって思うとね~。最近は、いったん区切ったところでおっしゃってくださっているようです。

投稿: つくし | 2006年11月 9日 (木) 00時00分

かおるさん
ブレハッチ様のコンサートにいかれるのですね。
いいですねーーー。
私は、ショパコン入賞者記念コンサートで彼が弾いたアンコールのワルツ6番&7番、マズルカ34番が忘れられません。
子犬のワルツと7番といえば、超有名な曲で、しかも小中学生でも弾くような、ショパンの中では比較的、初級編みたいな曲ですが、あの2曲にあんなに感動するとは!超素晴らしい演奏でした。子犬をあんなに美しく弾くなんて私も弾いてみたくなっちゃいましたよ。ブレはっち君に影響受けて、マズルカ34番フヨミはじめました。たった2ページなのに、9度の箇所10度の箇所いっぱいで、指が届かない・・ムズイ。たった二ページでもなんだか大変です。
それと、バッハはやっぱりとてもとてもいい勉強になると感じます。ショパンもベートーベンも弾きながら時々、「ここの箇所バッはやってなかったら大変だったかも」って思うこと多々あります。内声の歌い方、外声のきわだたせかた、フレーズ、その他もろもろ、バッハで学んだ事が、あちこちの曲に役立ってる気がします。

投稿: ともみ | 2006年11月 9日 (木) 10時32分

つくしさま

>そういえば、かおるさんはバラ1とかの大曲を続けて弾いてても、全然疲れてないですよねっっ。

あ、そういえば、2曲続けて弾きましたが大丈夫でしたね。でも息あがってました・・・。

ラプ1はまだ通し練習できていないので、疲れますよ!スケ2もバラ1もですが「力を温存しておくところ」をちゃんと作っておかないと、全て全力だとスタミナ切れしてしまいますよね。

やはり先生がなにかおっしゃったら手を止めて耳を傾けようかな。そのほうがいいですよね・・・。

投稿: かおる | 2006年11月 9日 (木) 23時49分

ともみさま

ブレハッチ、そんなに音がきれいなんだあ!楽しみーーー。先生に「手元が見えない場所です」と伝えたら「彼は音がきれいらしいから、音を聴くだけで十分!」とおっしゃってました。また感想を書きますね。サイン会、あったらいいなあ。

バッハ、やっぱり勉強になりますか?平均律は園田高弘版の楽譜を持っているのですが、いろいろ指示があるので独学っぽくってもいけそうかもしれません。とりあえずなにかやってみます!

投稿: かおる | 2006年11月 9日 (木) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/12590790

この記事へのトラックバック一覧です: 第51回(11/7)のレッスン:

« 趣味は「譜読み」デス! | トップページ | 後は弾き込み »