« 第54回(11/28)のレッスン | トップページ | 自分で勝手に練習するということ♪ »

2006年11月28日 (火)

喜びの島 2

Yorokobi1

音楽之友社 安川加寿子 校註の楽譜の冒頭部分


まず、上下に書かれた(右)(左)の意味がわからなかった・・・。そしてドのナチュラルに書かれている(左)は、ここからずっと左で弾くと思っていた。

いくら練習しても左手でここからのメロディを弾くのは難関である。みんなどうやって弾いているんだろう????ハテナがいっぱい。


そしてある日突然ひらめいた。

楽譜をじーーーっと見ていて、急に気づいたのです。指番号から考えるとどう考えても右手で弾かないと無理だな。なんで今まで気づかないかなあ?(爆)


冒頭のド♯は左手でとって、トリルを右手で行い、ドのナチュラルだけ左手でシ以降は右手でとる。

これでどうや!

たぶん大丈夫なはず。

Yorokobi2


左手のリズムが難しい。鉛筆で線を書いてますが(笑)ここまでで1拍なのです。ジャラララン!と速く弾くのだ。


Yorokobi3


うおーーー!手が重なって弾きにくい!これぞドビ様の特徴!!!!!

一応、14小節までゆっくり練習終了。

|

« 第54回(11/28)のレッスン | トップページ | 自分で勝手に練習するということ♪ »

コメント

おほほーっ、かおるさん、すごいっス!
喜びの島、始めちゃいましたかぁ。

私はですねー、レベルをどどーんと落として、ショパンのワルツ集を始めちゃいましたよ。
今までの私は、随分と無理しすぎてた!
ってことで、楽に弾けそうなワルツを始めましたです、はい。

かおるさん、偉いねー。
尊敬しちゃいますよ。
私もそのうち、喜びの島が弾けるように、地道に頑張りますわ~。

投稿: みお | 2006年11月28日 (火) 20時01分

“喜びの島”始められるのですね。
私も同じ楽譜で勉強しました。
先生には「難しいですよぉ~」と微妙に引き止められたのですが(苦笑)、その頃はどーしても弾きたくて強引に押し切ってレッスンしてもらいました。
やってみたら本当に難しかったですが、風景が次々と展開していく様がとても気持ちよくて楽しかったです。
かおるさんのイメージしている島に到着した時はきっと感激だと思います。
頑張って下さいね!


追伸:
私もブレハッチのコンサート行きました!
胃腸薬ってこんなにも美しい曲だったのかと私も感激でした。
それにしても、サイン羨ましいぃ~~!!
私も楽譜持っていけばよかった。。。

投稿: Ekko | 2006年11月28日 (火) 20時02分

みおさま

いやあ、完成はきっと5年後くらい(爆)きっとね、5年後くらいにはツェルニー50番も中盤くらいにはなっているだろうから・・・(本当か?)それなりにテクニックがついているといいなあ!という希望的観測。

お遊びでとりあえずやり始めただけですよーーー。ぎゃん!

投稿: かおる | 2006年11月28日 (火) 20時05分

Ekkoさま

そうそう、この曲のお陰でEkkoさんと出会ったのですよね。先生に難しいと言われながらでも弾ききったEkkoさんはすごいです!しかも発表会で・・・。

レッスンに持っていくのは死ぬほど後ですが、いつかちゃんと弾けるようになるといいなあと思います。

ブレハッチよかったですよねーーー。

楽譜にサインは、ツィメルマンの時に失敗したので、それからは(サインのほしい人の)リサイタルには楽譜を持っていくことにしています。

投稿: かおる | 2006年11月28日 (火) 20時08分

わ・・・私にゃレベルが高すぎて訳解らん^^;
こんな難解な曲、弾こうなんて私思わない・・・(単に技術不足とも言う)
これまでずっとかおるさんの呪いにやられて来たけど、この曲の呪いにはきっとかからないでしょう(爆)
でも聴きたいから、早く弾けるようになっておくれ♪

投稿: まーみ | 2006年11月28日 (火) 20時26分

かおるさん、こんばんは!
うわ・・・私、陸の孤島におったんだわ・・・
かおるさん、「喜びの島」を始めていらっしゃったのですね!

そうそう、冒頭の左右の手の使い方は、かおるさんが納得されたので正解ですよ♪

私はね、Ekkoさんがこの曲に取り組まれていた時の姿勢に刺激されて、始めたんですけど、先生に「アンタには艶っぽさがない!」ってケチョンケチョんにやられました(涙)。。。

投稿: ペンネ | 2006年11月28日 (火) 21時25分

まーみさま

いやあ、結構ハマるかもしれませんよ!お聞かせできるのは何年後のことやら・・・。てへ!

投稿: かおる | 2006年11月29日 (水) 01時23分

ペンネさま

手の使い方、合っていますか?やった!ペンネさんの演奏も見せていただきました。初めから見ていたらこんなに悩まなくてよかったじゃん。ペンネさん、弾いてらっしゃったのにねえ、忘れてました(おい)

Ekkoさんに刺激をいただいたのですか?知りませんでした。私はペンネさんのメフィストワルツと同じで、喜びの島をネット検索してヒットしてEkkoさんと知り合ったのですよ♪縁って不思議ですね。

投稿: かおる | 2006年11月29日 (水) 01時26分

うわー、難しそうな楽譜(@@;。
オイラも、まーみさんと同じく解読不能で、
譜読みする気が全くおきません汗。

でも、「喜びの島」って、人気のある曲らしい
ですね。で、2,3回、聴いてみたんだけど、
まだ、良さがほとんど分かりません。なんだか
意味不明な音楽^^;のような感じ。
現代曲?近代曲?聴くと、いつもそう思う。
何度も聴けば、良くなってくるのかなぁ。。??

かおるさん、がんばってください!^^;

投稿: もりぴー | 2006年11月29日 (水) 10時27分

ピアノのためにと一緒に入っているから見るけど「喜びの島」って楽譜見ただけで\@_@/お手上げ状態!!
ドビュッシーの不思議さが出ている曲ですよね。
娘もこれ「わかんな~~い」と言っていました。
そう言えば、コンクールで娘の後に「雨の庭」を弾いた子がいました。
これまた難しい曲で??でした。

投稿: ayayan | 2006年11月29日 (水) 12時41分

もりぴーさま

聴き続けたらはまりますよ♪

確かに譜面を見たらぎゃあ!て感じですが、慣れ、でしょうね。いつ完成するのか全くわかりませんが、ぼっちらいきます。

投稿: かおる | 2006年11月29日 (水) 23時22分

ayayanさま

あはは、私もそんな言うほど理解はできていないと思うんですが・・・。フィーリングです!(おい)

雨の庭、確かにわかんない曲ですが・・・弾いてみると案外・・・。手が交差したり重なったりが多いです。大人になって聴いてみるとはまります。

投稿: かおる | 2006年11月29日 (水) 23時25分

ホロヴィッツやパスカル・ロジェの演奏に魅せられて、学生の頃に勉強してました。
演奏の幅が広く表現豊かな曲だと思います。

「音楽之友社 安川加寿子 校註」まだあったんですね。この楽譜、小節毎に注意書きがあってよかったです。練習がんばってください。

投稿: 親指シフター | 2006年11月30日 (木) 03時01分

かおるさん、お久しぶりです^^;
『喜びの島』、初めて聴いた時は難解で「??」だらけだったんですが、楽譜を見ながらだと少しだけ「謎が解けたぁ~!!!」ってなりましたね(^^)♪
私も楽譜はかおるさんと同じもの(安川版)を持っていいます。
『ピアノのために』のプレリュードを勉強した際にヘンレ版の指使いで納得いかなかった部分があって、それで安川版を見て比較するために買ったんで目的は違うんですが、楽譜を見て『喜びの島』を聴いてからは私もいつか取り組みたいって思うようになりました。
それに、この曲は『のだめ』(マンガ)でも話題になってますしね☆★
頑張ってください!!!

投稿: aichin | 2006年11月30日 (木) 09時45分

かおるさん、こんばんは。
おお、「喜びの島」!のだめー!
ちなみに、わたしは最初この曲名を「喜びの鳥」と読み違え、そう思い込んでしまったので、いまだに一瞬「鳥・・・じゃなくて島。」と訂正する作業が必要です。

あらっ、Ekkoさんともお友達だったのですね!つながってますね~。

投稿: ふわふわ | 2006年12月 1日 (金) 00時19分

親指シフターさま

はじめまして!書き込みありがとうございます。

昔に弾かれたんですね!この曲、弾けたらかっこいいなあ!っていつも思いながらCDを聞いています。頑張って弾けるようになります♪

投稿: かおる | 2006年12月 1日 (金) 09時59分

aichinさま

そうなんです。最初楽譜を見たら「何じゃこりゃ」て思ったんですが、見慣れたのか音を取ってみる気になりました。時間をかけてコツコツやっていきます。

投稿: かおる | 2006年12月 1日 (金) 10時01分

ふわふわさま

喜びの鳥!?

こっちの方が夢があっていいけれどなあ(笑)予言の鳥みたいですね!

そうそう、のだめなんですよ。それで初めてちゃんと聞いて、ハマりました。ぎゃは!

Ekkoさんとは、「喜びの島 練習」で検索したらサイトがヒットして、書き込みさせていただいたのがきっかけなんです。彼女もたくさん曲を弾かれてますよねーーー。

投稿: かおる | 2006年12月 1日 (金) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/12857372

この記事へのトラックバック一覧です: 喜びの島 2:

« 第54回(11/28)のレッスン | トップページ | 自分で勝手に練習するということ♪ »