« 下半期の出来事♪ | トップページ | 左手の怪 »

2006年12月27日 (水)

ホロヴィッツのピアノ♪

弾いてきました。

061226_09510001


061226_10050001


061226_10040001


まず低音がすごく響く。気持ちいい♪


でも高音が鳴らない。ガツーンとこない。私のタッチの悪さのせいか?(というようなことを寄せ書きに書いてきました。見つけた人、教えてね)

例えばショパンバラード1番の初めの部分、ブラームスラプソディ1番のさくら〜の部分(わかるよね?)のような曲想を弾くととっても合っています。すごくまろやかな音がしました。


ガンガン系の曲は合わないなあ…重みをかけてもがつんと音が鳴らないので、力まかせに弾いてしまいます。

061226_09520001

↑ピアノの裏に落書きがされています。

鍵盤のロゴの入っている部分はホロヴィッツ自身の爪痕で傷がありました。


ホロヴィッツのピアノなんだなあ〜


奏法をコントロールすれば弾きこなせるんだろうなあ〜。ホロヴィッツのようなイスの高さにして指を伸ばした状態で弾いてみましたが、タッチが違うので変わらず(笑)

Dscn0799

↑ピアノフォルテさんに撮影していただく♪

Dscn0803

↑ショパバラ1を弾く。楽譜の左側はブレハッチのサイン♪しかし、すっかり忘れていて、楽譜を開いてびっくりした私って・・・(おい)

終了後、ソファに座ってアンケートに答えていると、サークルのメンバーの方と偶然出会いました。ビックリです。岡山からはるばると。(これでどなたかわかる人はわかりますよね)同じ日に同じ時間同じ場所に私たちは集まったのです。


終了後はピアノについていろいろ語り合いました。


練習頑張るぞっ

最後にピアノフォルテさんが撮影してくださった動画をアップします。音色、みなさんに届くかな?でも、弾いてるのが私なんで、ひどいタッチなのでいまいちかもしれない。しかも、ホロヴィッツ様を冒涜するかのような演奏です。吹き出して「あかん!弾かれへん!」とかのたまっているのです。今夜あたり枕元に恨みながら立たれそうです!ぎゃーーー!



↑これはラプソディのさくら〜の部分。ミスってるが。(だって、まだピアノに慣れてないもの←言い訳)



↑これが問題の演奏・・・ラストの右手でミスるのですが、この時強く鍵盤を叩きすぎて小指の付け根を痛める・・・。呪いか?

しかし、なんで毎度失敗するごとに手を叩くのか?


大阪のおばちゃんやな・・・。

|

« 下半期の出来事♪ | トップページ | 左手の怪 »

コメント

いいですねぇ。
私も近ければ行きたかったよぉぉぉぉ。

投稿: ナナ | 2006年12月29日 (金) 18時22分

お店で戴いたコピーの記事を読んでびっくりしました。ホロビッツ、ちょっと精神的に参っていた時期が何回かあったんですね~。
毎朝同じメニューを食べ続けていたこともあったんですね。
いや~、芸術家ってほんとうに大変!
日本ではホテル・オークラに泊まったそうですよ。(私たちと同じ~!笑)

投稿: ピアノフォルテ | 2006年12月29日 (金) 21時32分

ナナさま

お近くでは催しがなかったのですね。これを見て行った気に・・・


なりませんよねえ。

投稿: かおる | 2006年12月30日 (土) 10時29分

お~~~!!かおるサンがちょこっと見えますな~~!どうもこんな年末にお初にお目にかかります~m(__)m
そ~ですよね!shioriサンと会われたんよね!来年は是非オフ会やってみたいですね♪&滝汗
その前に、演奏会チロっと旦那サンと見に行くかも・・・。エヘへ・・。こそっと帰るかも・・。

良いお年をお迎えくださいね!!また楽しい元気イッパイのブログ楽しみにしています~~!!

投稿: きむきむ | 2006年12月31日 (日) 00時35分

こういう経験はなかなか出来ないので、良かったですね。
ホロヴィッツのピアノ、思っていたよりずいぶん軽いタッチで弾きやすいけど、確かに強く弾いてもそれほど響かない。
下手に大きな音を出そうとすると指を痛めそう・・あのタッチに合わせたコントロールが必要なんでしょうね。

緊張していたのか眼鏡をかけ替えるのを忘れて、鍵盤よく見えない状態で弾き始めるし、タッチが自分のピアノとずいぶん違うので、やたらにミスするし・・でも楽しかったですね。

ところで、ピアノフォルテさんの所にも書いたけど、写していただいた写真、最初の数枚だけ救えましたが、後半はダメでした。
動画はフォルダが違うためか、大丈夫でした。
最初にパソコンで見たときは正常に見えたのに、コピーしようとするとエラーになって読めなくて、その後は参照も出来なくなってしまった。
こんな経験ははじめてですね、原因は分からないけどメモリカードはすぐに買い換えましたよ。

投稿: Lilac | 2006年12月31日 (日) 07時40分

かおるさん、こんばんは!
きゃー!わたしもそのピアノ、弾きました!!スケ2を弾いたのですが、低音の響きに「うぉぉぉっ!」と飛び上がりました。雷のような、地響きのような、スゴイ音でした。
鍵盤の沈み込む感じがとても気持ちよかったです。
あぁぁ~また弾きたいです。

では、よいお年を~!

投稿: ふわふわ | 2006年12月31日 (日) 20時55分

ピアノフォルテさま

おお、記事をちゃんと読んでみます!

ホテルオークラに泊まったんですね。同じピアノ弾いたしホロ様になれないかなあ、私たち(むり)

投稿: かおる | 2007年1月 1日 (月) 21時55分

きむきむさま

こっそりと言わずに堂々と来てくださいよ(笑)

その前に1/21のDolceの会にはいらっしゃらないのですか?

投稿: かおる | 2007年1月 1日 (月) 21時57分

Lilacさま

>下手に大きな音を出そうとすると指を痛めそう・・あのタッチに合わせたコントロールが必要なんでしょうね。


もう痛めました・・・(泣)

しかし、うまい具合にお会いしましたね!びっくりです。Lilacさんの演奏、よかったですよーーー。ロシアもの、私もなにか挑戦したいです。

投稿: かおる | 2007年1月 1日 (月) 21時58分

ふわふわさま

まあ、ふわふわさんも弾かれたんですね。ですです、低音がごんごん鳴るんですよね。スケ2の右手アルペジオ左手オクターブのところなんか気持ちいいでしょう!

投稿: かおる | 2007年1月 1日 (月) 22時42分

7日の朝に行ってきましたよ!
確かにコントロールが難しい名器なんでしょうね。
でも高音部の鍵盤を押していくとスーッと音が伸びていくのは気持ちが良かったというのが印象的でした。
あ、それからもしかして書き込み帳にピアノフォルテさんのすぐ後に書かれていたのはかおるさんでしょうか?お名前がなかったのですが、内容を読ませていただいたら何となくそうじゃないかなと思いましたが・・・

投稿: goshu1008 | 2007年1月 8日 (月) 22時37分

goshu1008 さま

行ってこられたんですね!

書き込み帳、そうです。私です。一応本名で書き込んだのでございます。ピアノフォルテさんは「ピアノフォルテ」で書き込みされたんだっけなあ?????はて?????

私には合わなかったようです。低音は気持ちよかったのですが・・・。

投稿: かおる | 2007年1月 8日 (月) 23時07分

大きな勘違いしておりました。
ピアノフォルテさんの前だったんですね。
確かにブラームスの下りの書き込みの後にお名前がありました。
ちなみにピアノフォルテさんもご本名でサイン入れられていましたよ(^_^)

投稿: goshu1008 | 2007年1月 8日 (月) 23時25分

goshu1008 さま


おお、そうでしたか!もう忘れてます・・・。

ピアノフォルテさんのあとの方はどんなことを書いてらっしゃったのかしら♪

投稿: かおる | 2007年1月10日 (水) 21時34分

ご要望にお答えして・・・
「UCの音がとても美しく、右手のメロディーはなかなか聴こえない。和音で弾く低音部がよく響いて気持ちよく」というような内容でしたね。
その書き込みの方は次のページを見てもサインがなかったのですが、うっかり書き損ねられたんでしょうか?

またまた東京へいらっしゃるんですね。
お気を付けて楽しんできてらっしゃませ!

投稿: goshu1008 | 2007年1月10日 (水) 23時40分

goshu1008さま

おお!確かに私の感想と同じですねーーー。どんな方だったのかしら?でも、私と同じ日に弾いた方でしょうね。

投稿: かおる | 2007年1月14日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/13229410

この記事へのトラックバック一覧です: ホロヴィッツのピアノ♪:

« 下半期の出来事♪ | トップページ | 左手の怪 »