« 第59回(1/16)のレッスン | トップページ | 横山幸雄ピアノリサイタル »

2007年1月17日 (水)

ブラームス ラプソディ1番の動画

こうやって聴くと、まだまだ課題が山積み・・・。

自分の感じているテンポと聴くのとでは差がありすぎ!

固い!

流れていない!

縦リズム!

曲になっていない!

さくら〜の部分のタメがおかしい!改善の余地あり!

中間部分はもっと改善が必要!

三連符がコケている!

ああ、なんか、暗い気持ちになる・・・。

分割してアップしました。

ミスタッチ多数あり!!!!!



こちらはテンポアップVer.(のつもり)中間部分の手前までですが、ハチャメチャです・・・。テンポはあげるな、ということだな。



でも、こっちの方が一応「曲」に聞こえる気がする・・・。


三連符のコケるのと、脱力をマスターすればテンポアップできるかなあ?


道のりは長そう。もう時間ないのに・・・。

|

« 第59回(1/16)のレッスン | トップページ | 横山幸雄ピアノリサイタル »

コメント

その焦り、わかりますよー。

まずは、家で弾かれるとき、
「じっくりと辛抱して」
UPテンポで弾かない。
ローのテンポで、メトロノームで誘導してもらいながら、自分の中では揺れ(タメ)も作りながら、まずは、ローテンポで「曲として弾ける」自信がつくまで、毎日、
“絶対にミスタッチがない”
自信の持てる速度でネチネチとひつこく練習する。

一週間。辛抱して、
一定期間が過ぎたらメトの目盛りを一個ずつ下げていく。
そのうち、曲としての早さでも弾けるようになります。

と、わたしはそういうトロくさい方法でやってます。
ゆっくり弾くときも、曲想はちゃんとつけてやるべし。
自信持って。大丈夫、まだ時間はある。
最後の手段は、
どうしてもアカンとこだけローテンポ(笑)!
ただ、三連符は転ばない方が素敵と思う。それには、上記の方法が一番確実と思います。地道に地道に。
大丈夫だいじょうぶ、
ある日突然踊り場を抜けて一気に上に駆け上がれます。
今はきっと辛抱の時期なんだよ。
ま、溺れるモノは藁をも掴む?で是非実践されたし。
ええ、相手がGピアノでも、メトロノームで確実に弾ける速度で繰り返し腰を据えた練習を。お薦めしておきます。

……マジレスしてしまった。
釈迦に説法やな。

投稿: えぴのすけ | 2007年1月17日 (水) 22時37分

こんにちは。
動画見させて頂きました*^^*
手の形がとても綺麗ですね!
変な力が入っていない感じ。
とってもいいです。

ラプソディ1、好きな曲です♪
私も弾きたくなってきました。

投稿: ayayan | 2007年1月18日 (木) 10時08分

これはピアノルームをレンタルした日のものですか?
「さくら~」という部分がやっとわかりました。
ノスタルジックですね~。

投稿: ナナ | 2007年1月18日 (木) 22時53分

えぴのすけさま

具体的アドヴァイスありがとうございます♪いやーーーん、頑張ってみます!メトロノームでの練習は一切やっていないのです。(おい)ヘッドホンだと聞こえにくいので電子メトロノームのバイブ機能をセットしてズボンのポッケに入れて使用、なんですがね。なかなか(笑)

ちょっと心に余裕がでてきた気がします♪

投稿: かおる | 2007年1月20日 (土) 00時05分

ayayanさま

え?手の形、きれいですか?ありがとうございます。

力・・・実は入っているのです。もっと重みを鍵盤にかけて楽に弾きたいです!

ayayanさんも是非チャレンジしてくださいね!

投稿: かおる | 2007年1月20日 (土) 00時06分

ナナさま

そうです!練習室を2時間借りて撮りました。

さくら〜の部分、ステキでしょう?

投稿: かおる | 2007年1月20日 (土) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/13547222

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス ラプソディ1番の動画:

« 第59回(1/16)のレッスン | トップページ | 横山幸雄ピアノリサイタル »