« 暗譜について | トップページ | 第62回(2/6)のレッスン »

2007年2月 5日 (月)

表現者

ピアノを弾いていると楽しい♪

うん、楽しい。


好きな曲を音にできる、自分で弾けるようになるって凄い事!


うん、だから?


自分の演奏を客観的に聴いたらどうなんだろうか?

楽しく弾いているうちはとても幸せ。


誰も私の演奏を否定しない。


だって「楽しく弾いているだけ」だもの。コンクールや、ましてやお金を取って人前弾くわけじゃないもの。

私が楽しく弾けて、聴く人も楽しくなれたらそれでいいや!

本当に?

もっともっと人前で演奏してみたいと思う。


お友達の前でももちろん、全然知らない人の前でも。


「なに?あの演奏」と批評されることも成長の糧になるんだろうな。それを恐れていてはなにも始まらない。まずは飛び出していかなくっちゃ!


そうすれば、もっと自分の演奏に責任を持つだろうし、一曲一曲を大切に、自分が満足するまで弾き込んで仕上げていけるだろう。人前で弾いても恥ずかしくない・・・いや、テクニック云々とか、そういう観点で見たら恥ずかしいかもしれないけど、自信をもって「私の演奏はこれ!こう表現したいの!」という意味で恥ずかしくない演奏ができる気がする。背伸びしすぎて大曲に挑戦して、ゼイゼイハアハア言いながら弾くより、ちゃんと聴かせられる、ちゃんと想いを表現できるような曲を選んできっちり仕上げる方が大事だと思う。

そう思ったら「弾き散らかし」ができなくなった・・・。

そして、クラシック以外の曲を弾いて自分の想いを表現する手段もあるのだ、とも思う。

アヴェンヌで弾き語りとか、したいなあ(爆)

まだまだ勉強不足だ。

|

« 暗譜について | トップページ | 第62回(2/6)のレッスン »

コメント

かおるさん、こんにちわ。
来週、本番なんですね!!それから複数の本番を重ねたラプソディーは、きっとさらに素敵に響くんだろうな・・・♪

私はいまだに舞台に立つのが恐いものの、もかおるさんと同じように「人前で演奏できるほどのきちんとした演奏に、自分の出来る限り近づけたい」と意識するようになって以来、昔の自分と曲に取り組む姿勢が大きく変わった点がありました。
それは、「譜読みが終わりミスタッチ無く(少なく)弾けるようになってから、ようやくそこからが本当の練習のスタート」という意識です。曲の表現やフレーズのもって行き方、ひとつひとつを検証し、手に馴染ませ、何ヶ月も身体にそのフレーズ感と音の深さを記憶させていくんです。
それに加え、本命の本番に向けて、数回人前での演奏を経験して、緊張した時の自分の演奏を知り、身体に覚えこませた音の深さを手が震えても出せるようにする。というのが私のやり方です。
人それぞれやり方は違うにせよ、かおるさんが数回本番の経験を重ねたラプソディーは、またさらに深みを増した演奏になられるのではないかと想像してしまいました^^
素敵な演奏会になりそうですね♪応援しています!

投稿: songe | 2007年2月 5日 (月) 09時01分

>背伸びしすぎて大曲に挑戦して、ゼイゼイハアハア言いながら弾くより、ちゃんと聴かせられる、ちゃんと想いを表現できるような曲を選んできっちり仕上げる方が大事だと思う

色々な曲に挑戦して来たかおるさんだからこそのお言葉^^
私もいろんな曲を弾きたいって思うけど、これだけは何年かかっても完璧に仕上げるって目標を持ってからは他の曲に対しては背伸びはやめました!
今は「千と千尋の神隠し」の曲なんかを真面目に弾いて癒されてます(笑)

弾き語り・・・聴きてェ~~~~!!!

投稿: まーみ | 2007年2月 5日 (月) 16時08分

私もかおるさんに共感です*^__^*本当にそう、やればキリがないけれど、舞台は次々やってくる・・・・私は、それに飲まれちゃうとアウトだなぁと思いつつも、いつも巻き込まれてる気がしています。かおるさんは冷静に見つめてピアノと向き合ってらっしゃるのでスゴイなぁと思います☆

昨日(だったかな?)夜、千住真理子さん(ヴァイオリニストの)の特集をテレビでやってました。「みゅーじん」っていう番組だったんですが、そこで、千住さんが「人に伝わるように演奏しよう」とおっしゃっていたのが印象的でした。テクニックはある程度まで頑張って仕上げないといけないけど、本番、心をこめて弾くことではじめてその人が演奏で表現する意味が出てくるのかなと感じました。

私もかおるさんを見習ってちょっとずつ弾く機会を増やしていこうと思います♪これからも刺激をくださいね*^__^*

投稿: Shiori | 2007年2月 5日 (月) 22時25分

songeさま

>「譜読みが終わりミスタッチ無く(少なく)弾けるようになってから、ようやくそこからが本当の練習のスタート」という意識です。

うわあ!本当ですよね、songeさんのおっしゃる通りです!!!!!目から鱗です。ぽろぽろ・・・。いっぱい取れた!

>本命の本番に向けて、数回人前での演奏を経験して、緊張した時の自分の演奏を知り、身体に覚えこませた音の深さを手が震えても出せるようにする。というのが私のやり方です。

このあたり、先月に体験したかもしれません。そうか、ちゃんと私この道を通ってきている!?songeさんへ続けーーー!(笑)

ますますラプソディが好きになりそうです♪

投稿: かおる | 2007年2月 5日 (月) 22時29分

まーみさま

>色々な曲に挑戦して来たかおるさんだからこそのお言葉^^


ぐふ!
というか、自分の中の「楽しみ」で弾く分には背伸びもいいかな、と思うのです。弾き散らかしもOKですよん。でも、人に聴かせるとなるとまた違うかなあ、ということでございます♪その違いです。

弾き語りねえーーー。著作権にひっかかりまくるから、動画アップは無理やねえーーー。はあ。

投稿: かおる | 2007年2月 5日 (月) 22時31分

Shioriさま

>かおるさんは冷静に見つめてピアノと向き合ってらっしゃるのでスゴイなぁと思います☆

いえーーー、夫の言葉で考えさせられたのですよ。厳しいことも言われましたが、気づかせてもらえました♪

千住真理子さんは、(夫に教えてもらったんですが)ヴァイオリンで「悲しい気持ちで弾いた時、楽しい気持ちで弾いた時、聴き手にそれが伝わるか?」という論文を発表されたといいます。だから「どう人に伝わっているか」というのは彼女のこだわり(いえ、演奏家はみんなそうなのかもしれませんが)なのだと思います♪

>これからも刺激をくださいね*^__^*

いえいえ、私も方こそ・・・。よろしくお願いします♪

投稿: かおる | 2007年2月 5日 (月) 23時34分

かおるさん
ほんとうにね、弾き散らかしはそれはそれで、遊び・・と思えばいいのでしょうけど、一曲をしっかりときっちり仕上げることって、大変勉強になりますよね。
私が習っていたバレエ教室は、発表会に出ないと、1年目終了、二年目終了・・・と認めていただけないんです。
毎年発表会に出続けて、5年目、10年目、15年目にソロを躍らせてくれるのですが、受験などで、お休みしてて発表会に出なかった年は、○年目・・って換算してもらえないの。
それほど、きちっと本番に向けて仕上げるという事が芸術を上達するのに重要って事なんだろうなーーーって思います。
オチビさん達は皆発表会に出ますが、大人のクラスはね、半分以上の方が発表会に出ません。でも、明らかに毎年(ヘタクソでも)発表会に出ている人はどんどん上達していきます。その経験をふまえて、ピアノも、一曲をしっかりと本番モードで仕上げる事の重要性を感じて、取り組んでいるの。
でも、仕上がっていないうちに、オフ会の日がやってきてしまって、練習中モードで披露する羽目に、だから、また次回のオフ会もリベンジ、そして、また次回も再リベンジ・・とやっているうちに、なかなか次の曲にいけなくてね(笑)でも、少しずつ精度があがっていれば上達してるって事ですものね。気長に頑張ろうと思います。

投稿: ともみ | 2007年2月 6日 (火) 00時07分

こんにちは~~~!思いっきりうんうん頷いて読みました(^^☆ ホントその通りだと思います!!
って、また最近ピアノに触ってないが・・・(滝汗)
かおるサンってスゴイですよね!お仕事されてて、週1のレッスンをこなして!!いつ練習してはるんや??と思っちゃいます!
来週いよいよ発表会のようで!!今日本番前ラストのレッスンかな?応援してます~~~~(*^^*

投稿: きむきむ | 2007年2月 6日 (火) 07時18分

最後のレッスン、お疲れ様でした!
いよいよですね・・・私までドキドキしてきちゃった^^;

今のところ、主人=運転手の了解も得られたので、本番を拝聴させていただくことができそうです^^
娘たちも楽しみにしているので、ワイワイとお邪魔しまーす♪

かおるんさんのラプソディ1番、さらに私を夢中にさせてくださることでしょう!
最後の調整、がんばってくださいね!

投稿: yu-ki | 2007年2月 6日 (火) 16時25分

ともみさま

>一曲をしっかりときっちり仕上げることって、大変勉強になりますよね。

昨日、レッスンで先生にも同じようなことを言われました。やはり人前で、きっちり仕上げた曲を弾くというのが一番の上達方法なのでしょうね。今まで適当に弾いていた自分が恥ずかしいーーー。でもきっと練習会では弾き散らかしますが(おい)

なかなかきっちり仕上がるまでは時間がいりますからね。ちょっと弾かないと衰えてしまいますし。いやだわ〜

投稿: かおる | 2007年2月 7日 (水) 21時28分

きむきむさま

練習は、早番の日は夫が帰ってくるまで、遅番は10時から11時20分くらいまで弾くことができますので、その時にやってますよ♪

いよいよ本番です。今のところは気持ちは落ち着いてますが・・・。楽しんできます!

投稿: かおる | 2007年2月 7日 (水) 22時09分

yu-kiさま

去年は直前までがむしゃらにやりすぎたので、今年はその反省をいかして、冷静にいきたいと思います。残りの日々は部分練習や、CDを聴いたりして過ごします。

当日、ご都合が合いましたら是非!

投稿: かおる | 2007年2月 7日 (水) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/13793860

この記事へのトラックバック一覧です: 表現者:

« 暗譜について | トップページ | 第62回(2/6)のレッスン »