« 第69回(4/3)のレッスン | トップページ | 英雄ポロネーズ »

2007年4月 4日 (水)

グレンツェンピアノコンクール

姪のお話です。

9月に予選、1月に本選、そして昨日、近畿大会がありました。

このコンクールは会場が豪華です!第二次は「兵庫県立芸術文化ホール」そして昨日は「シンフォニーホール」でした。


ひいいい!!!!!うらやましい!!!!こんなホールでピアノが弾けるなんて!!!!!

課題曲は「モーツァルト アレグロ ヘ長調」

難易度としてはそうめちゃくちゃ難しくはないけれど、それがかえって難しい。小5、6年生の部は約100名が参加して、全員がこの同じ曲を弾きます。ぐわーーー!飽きるよ!と思っていましたが、一人一人、音色も弾き方もテンポもなにもかも違う。かえって面白かったです。でも途中睡魔が襲ってきましたが。

姪はテンポ遅めの丁寧な演奏。ちょっと重ためかな?とも思いましたが、うまくまとめていました。いつもは音が出ない(小さめ)なのに、他の人と比べてもよく出ていました。

さあて、なにか賞はいただけるでしょうか?

ちなみに、金・銀・銅・優秀賞・準優秀賞という賞があり、優秀賞、準優秀賞は結構たくさんの人が貰えます。今まで姪は準優秀賞を二回いただいていました。

さて、全員が弾き終わり、講評の時間。なかなかためになるお話でしたのでここで披露したいと思います。(私の言葉に直していますので、意味合いがうまく伝わればいいな、と思います)


音楽には、リズム・メロディ・ハーモニーの要素があります。メロディは、音と音の連続でありフレーズを感じることです。演奏者の中には、音と音が細切れになってしまっている方もいらっしゃいました。スラーがかかっている所、1フレーズの固まりであることを意識して演奏してください。そして、同じ曲だけどテンポも様々です。上手に弾けてらっしゃる方は「次の音を打鍵する準備」ができています。休符はお休みする箇所ではなく、準備をする箇所だと思ってください。ピアノは音が減退していく楽器です。音を出してからではもうどうすることもできません。鍵盤を叩き付けて弾いている方もいらっしゃいました。音を出す前に、どんな音を出したいのか、ホールではどんな風に響くのか聴きながら音を出す準備をしましょう。

こんな感じだったでしょうか。


入賞者は全体の1/3くらいでした。うーん、多いわあーーー。


070403_20460001_1


結果は「優秀賞」でした。おめでとう♪

|

« 第69回(4/3)のレッスン | トップページ | 英雄ポロネーズ »

コメント

顔が似てますね(笑)

投稿: nagoemon | 2007年4月 4日 (水) 22時57分

昨日は来てくれてありがとう♪次はピティナに向けてがんばりま~す!!又教えてね!?

投稿: さゆ | 2007年4月 4日 (水) 23時29分

優秀賞、おめでとうございます!
これからの成長がますます楽しみな姪っ子さんですね。
おばさまも負けずにがんばれ~!

投稿: ピアノフォルテ | 2007年4月 5日 (木) 08時54分

かおる様もピアノを相当頑張っておられると思っていたら、可愛らしい姪っ子さんもそんなに力をいれていらっしゃっているんですね。それに優秀賞!おめでとうございます☆

投稿: songe | 2007年4月 5日 (木) 17時33分

こんばんは~。
姪っ子さん、優秀賞おめでとうございます!
それにしても、「ホールではどんな風に響くのか・・」。。私など、そこまで意識して人前で弾く余裕はないのですが、やはりそういうことが大事なのですね。。大変勉強になりました!!

投稿: こむぎ | 2007年4月 5日 (木) 21時24分

nagoemonさま

似てますか?かわいいでしょ?(爆)

投稿: かおる | 2007年4月 6日 (金) 08時55分

さゆちゃん

おめでとう!

そうだね、次はもうピティナの準備だね。忙しいねえーーー。頑張ってね!

投稿: かおる | 2007年4月 6日 (金) 08時57分

ピアノフォルテさま

ありがとうございます。

うう!おばちゃんも頑張ります!!!!!

投稿: かおる | 2007年4月 6日 (金) 08時58分

songeさま

なにやら、元は私の影響か?ヤマハの幼児科に通いだし、ピアノとエレクトーンをやっています。最初のヤマハのコンクールで銀賞をとって、いい先生についてからメキメキと上手になりました。賞がもらえるくらいになって、うらやましいです。

投稿: かおる | 2007年4月 6日 (金) 09時00分

こむぎさま

ありがとうございます。

ホールで弾くと、残響がすごいですよ。びっくりします。てことは、ペダルをいつも通りに踏むと響きすぎるんじゃ?音、だしすぎ?とか考えてしまって消極的なwん奏になるんですよね。経験、だと思います。

投稿: かおる | 2007年4月 6日 (金) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/14554706

この記事へのトラックバック一覧です: グレンツェンピアノコンクール:

« 第69回(4/3)のレッスン | トップページ | 英雄ポロネーズ »