« シューマン「子供の情景」より 異国から | トップページ | 楽譜の版の違い »

2007年5月17日 (木)

へっぽこ練習風景

はい、スランプのかおるです!!!!!

先日、練習をしに開●館へ行きました。


ついでに録画もしました。

戒めにここにアップしようと思います。まあ、みなさんは気楽に見てください。全然観賞用ではありませんから!!!!!これを見て「ああ、こんなレベルでも公の場にさらしていいんだ」と喜ぶ材料にしていただけたら・・・。



↑愛の夢3番

人前で弾こうとしているとはとうてい思えないくらいひどい!!!!!

ミスしすぎ!!!!!

右手がうるさすぎ!!!!!!

カデンツァの時の手首が固い!音も固い!!!!!

やる気ゼロ?????


残り2日、がむしゃらにさらうしかない!!!!!とほほ。


浮気してるからあかんのです。


えへ、スケ1に・・・。


なにやっとんじゃ、私!!!!!



↑ベートーベンソナタ3番1楽章。1ページだけ。

まともに弾けるものがない!!!!!と思ったので、とりあえず「覚えているかな?」と思いつついきなり弾いてみた。


はい、ボロボロですね♪


↑「ラ・カンパネラ」最初の1ページくらい。


はい、弾けていませんね。テンポも揺れているし・・・。弾けるようになりたいな。


さあて。ここらで悲愴でも弾きますかーーー。


↑悲惨ソナタ1楽章。2ページ目の途中まで。

Graveで失敗。

ため息入りデス。

はああ・・・。

しかし、手首がひょこひょこ跳ねていますね。安定していない。余計な動きをしているってことか。手首を柔らかく、静かに上下ではなく左右に動かす、とかにしないと見ていてブッサイクですね。あいかわらず右手の中指がまっすぐだし。はあー。美しくないわあ。


この下の記事に、まあまあまともな演奏を載っけてます♪

|

« シューマン「子供の情景」より 異国から | トップページ | 楽譜の版の違い »

コメント

リストからグリーグまで、
動画、すべて聴かせていただきましたよ~~。
ため息が、とても可愛らしくて
思わずここにコメントを。
いろんな難曲にトライしてらっしゃるんですね~。
私から見れば、こんなに色々弾けて羨ましい限りです!

スレ違いですが、ツェルニー4番合格
おめでとうございました~!赤の4重丸、ウキウキですね☆

投稿: YU | 2007年5月17日 (木) 02時29分

YUさま

耳が腐らなかったですか?

ため息ねえ、ついついついてしまいました。そしてアップしちゃいました。グダグダのところもみんなに見せておけば、安心でしょ?あはは♪

はい、なんとかツェルニー合格しました。もっとかかると思ったんですが。6回目で合格でした。おまけかな。

投稿: かおる | 2007年5月17日 (木) 21時29分

かおるさん、こんばんは!
映像を拝見しに来ました♪

スランプとおっしゃりながら、こんなにたくさんの曲を弾いておられるんですね。しかも難曲ばかり!尊敬です。
わたしなんて、常に「弾ける曲が1曲あるか無いか」の状態ですよ(汗)
以前にレッスンしてもらった曲でも、最初の1ページだけとかでも弾けないです、情けないことに。

かおるさんは、弾きたい曲にどんどんチャレンジされてるんですね。わたしも見習わなきゃ。
「弾けるようになってから」なんて言ってたらいつまでたっても弾けないですもん。

というわけでわたしも「愛の夢」に挑戦してみようかなと思いました次第です。(あぁでも自信がまったくない。。)

投稿: しかせん | 2007年5月18日 (金) 23時58分

しかせんさま

弾けないと忘れてしまいますよね。私は幸い人前で弾く機会が最低月一回はあるので、そのために復習することもあります。あとは、初見が得意なので忘れても弾けるのかもしれません(本当か?)音を出しているだけで、人を感動させられるレベルではないんですよー。まあ、趣味でやってるからいいかあ(おい)

愛の夢、是非チェレンジしてください!そうです、「いつか弾きたい」のいつはいつやねん!て思いますよね、そう言ってるうちにとにかく音にしてみて、無理だったら寝かしておけばいいんです。ということで弾き散らかしております。

投稿: かおる | 2007年5月19日 (土) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/15098086

この記事へのトラックバック一覧です: へっぽこ練習風景:

« シューマン「子供の情景」より 異国から | トップページ | 楽譜の版の違い »