« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

トラックバック企画!(12/31までトップにあげときます)来年弾きたい曲リスト♪

はい、今年も残すところあと一ヶ月!!!!!!

この企画をやる時がやってきましたよーーーん!


来年に弾きたい(譜読みをして音にしておきたいも可)曲を今から考えませんか?


おっと、その前に・・・。


去年参加された方は、今年にその目標が達成できたのか?一曲づつコメントも書いてくださいまし♪

まあ・・・達成しなかったからどうってことはないんですが、その原因を考えて来年に活かすとよいのではないでしょうか?例えば「難曲すぎた」「時間がなかった」「たくさん挙げすぎて無理だった」「興味なくなった」とか・・・。

【ここから詳細】

あなたが来年弾こう!と思っている曲、チャレンジしようと思っている曲ベスト5もしくは5曲を日記に書いてトラバしてください!トラバ機能停止中や、わからない方はここに書き込んでいただいてもOKです!

弾き散らかし&夢レベルの曲でもOKです。ベスト10でもOKです。


皆様の参加をお待ちしておりまーーーす!

初めましての方、大歓迎ですよーーー!参加宣言なんてしなくっても大丈夫ですのでどんどんトラバしちゃってください!

では早速、私からいってみましょう!!!!!

【去年挙げた曲&コメント】

○シューマン 飛翔/最後まで譜読みして、一応弾けるようにはした。ピアノフォルテさん宅にて披露。

○バッハ イタリア協奏曲 1楽章/最後まで譜読みした。しかし、スムーズには弾けるようにはなっていない。まだ人前で披露はしていない。

○ラヴェル ソナチネ/最後まで譜読みして、一応弾けるようにはした。練習会で2回弾いた程度。しかも完成度低い。

○グリーグ ソナタ/全く手つかず。周りで弾いている人がいて、聴きすぎておなかいっぱいになりました。「私が弾かなくてもいいやん」

○ベートーベン ソナタ悲愴1楽章/レッスンで取り上げました。一応仕上げました。

【来年弾きたい曲】

○シューマン 幻想曲 1楽章/これは、弾きたい!というより弾かなくてはいけない!なのです(汗)弾けるのかなああ?

○ラフマニノフ 前奏曲/うーん、なにを弾こうか?弾きたいのは「鐘」とOp.23-5とOp.32-12(ベタやなあ)なんだけど・・・。

○シューマン ウィーンの謝肉祭の道化/先日、生演奏を聴いて虜に!

○リスト 泉のほとりで/最近、私の中で急上昇中!弾いてて楽しそう!

○リスト 小人のおどり、森のささやき、ため息/やっぱり魅力的!弾きたい!とりあえず音にしてみて、どうするか考えます!

○ショパン スケルツォ3番/こっそりと・・・私の中で再来年の発表会の曲にするつもり。気が変わらなければ。(でもね、「ウィーンの謝肉祭の道化」でもいいな、と思ってるの)せっかくだから、暗譜してきっちり仕上げてレパートリーにしたいわあ♪


あーあ、またこんなに沢山!しかも大曲ばかりやん!絶対に無理やで!!!!!

また先生と相談してレッスン曲を決めることにしますか!あぶれた曲は自主練習です。


さあて、どのように計画が狂っていくのか?乞うご期待!

| | コメント (57) | トラックバック (20)

2007年12月29日 (土)

弾き散らかし大王!現れる!!!!!

久しぶりに弾き散らかしです!

朝4時に目が覚めて寝れなかったので、ピアノを弾きました。

まずはツェルニー。レッスンがないとさぼりがちになるし、次回で仕上げたいので指は動かしておかねば!そして次の曲もその次の曲も予習ですよ!レッスンに持っていく時はある程度弾き込んだ状態にし、早く次に進むのだあ!気合い入ってマス!

それから「ラ・カンパネラ」の部分練習。ラストを弾いてたら息切れしてきたあ。毎日ちゃんと弾いておかないと筋肉が衰えるわ!

それから楽譜をペラペラめくり・・・いろんな曲を音にしてみた。

○ドビュッシー「喜びの島」を右手だけ最後まで。初めて音にしてみた。うー、これリズムとか難しいわあ・・・。両手で弾けるのかしら?1ページ目だけね、今のところ弾けるのは。

○リスト「ため息」は、難しい、と思っている箇所のみ。これ、テンポあげて弾けるのかな?難しいなあ・・・。

○ショパン「スケルツォ3番」のコーダ。かっこいいなあー♪

○リスト「ダンテを読んで」最初の2ページくらいを。ああ、こんな曲だったなー。後半とかペラペラめくって右手だけ弾いて「ああ、リストのテクニックだわーーー」と思いパタンと閉じる(笑)

○リスト「エステ荘の噴水」そういえば、一週間だけ数ページ練習したなあ。(レッスンでやるかも?のつもりで)この重音のトレモロがしんどいんですがあ。

○プロコフィエフ 「ソナタ1番」これ弾きたいんだけど、手に馴染まないっす。2年前に弾きたい曲にあげたのに、両手で弾けるのは2ページだけってどうよ!!!!!

○ブラームス 「ソナタ2番1楽章」後半部分をちょこっと。結構短めなので、練習してみようかな?

○シューマン「幻想曲1楽章」弾けていない箇所を取り出して練習。

○グラナドス「練習会用アレグロ」途中まで音にしてみた。

○リスト「リゴレット・パラフレーズ」2ページ目まで音にしてみた。


気づいたら7時!!!!!

3時間も弾いていたのね。

今日も夫が夜いないので、夜も弾き放題ですよ!

いえーーーい!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

練習会♪

最近交流を始めたmayumiさんと練習会しましょう!とyu-kiさんが企画してくださいました。

場所は大阪市内某所。初めて使うところです。

結構、駅から遠くて「もしかして通りすぎた?ん?????」と思いながら住所を確認・・・と思ったら目の前によく見るお顔が!yu-kiさんと娘さんお2人、そして初対面のmayumiさんです!

ピアノはディアパソン。

私ったらおしゃべりに夢中で、写真を撮るのを忘れてしまいました。あーあ。

今回はmayumiさんの「水の戯れ」を楽しみに来ました!

おおーーー!すごい!指が良く回る、ぎゃあーよく弾けるわ!すごいすごい!感動の嵐!譜読みはあまり好きではないとおっしゃっていましたが、よくここまで弾けましたね!素晴らしい!私もいつか弾いてみたいですが、似合わないだろうなーーー(笑)意表をつく、という意味ではいいかもしれません。

私は「ラ・カンパネラ」を弾きました。後半、やっぱり難しい・・・テンポもあがらないし。そうしたらyu-kiさんが「速くて機械的な演奏よりかおるさんみたいな人間味のある演奏がいいよ」とおっしゃってくださいました(涙)本番を2回やりどちらもいまいちの出来でしたが、みなさん「よかったよ」とおっしゃってくださったのはこういうことだったのかもしれません。私にしか鳴らせない鐘を鳴らすべく、あとの日々頑張るぞーー!


yu-kiさん曰く

「かおるさんにしか出せないフォルテがある」

のだそうです。自分ではあんまりわからないのですが・・・。そうなんだーへえーーー。

ところで、mayumiさんは去年コンクールに挑戦されたそうです。なにか目標を持っていたいからという理由なのですって。えらいわーーー!で、以下の会話。

yu-kiさん「かおるさん、来年ではるんですよね?」

私「えーーー?でないですよ。コツコツと練習して完成度あげて・・・しんどいじゃないですか。私はのだめのように自由に楽しくピアノを弾いていたいんデスーーー!!!!!(力説)」

yu-kiさん「さて、次いきましょうか」

私「ああーーーん、ほっていかないでえええええ」

というような漫才タイムも有り!

yu-kiさんはゆっくり丁寧に譜読み中のブラ間Op.118-2を弾いてくださいました。きれいに弾こう!というのが伝わってくる演奏でした。本当にきれいな曲ですよーーー!早く続きが聴きたいです。

それから今回の目玉は!!!!!

「悲愴1楽章を1ページづつリレー演奏♪」

yu-kiさん→私→mayumiさんの順番で弾きました。いやん、私でちょうど終わりだわ!久しぶりに弾きましたが、気持ちよかったデス!

それから合間に、夏の発表会の選曲の話や、冬の関東の発表会の選曲の話まで飛び出しました。yu-kiさん、冬は東京に行く!と意気込んでらっしゃいました!うきゃー!私も行きたい!新曲ひっさげて行きたいけどなあーーー。yu-kiさんはドビュッシーどうかなあ?とおっしゃってました。10年後は「水の反映」を弾く宣言されていました。はい、書きましたよ!10年後はどうなっていることやら?????

mayumiさんyu-kiさん、娘さんたち、お世話になりましたーーー!メリークリスマス♪

【以下、曲目】

○トンプソンより ちょうちょ・・・すずちゃん

○ツェルニー50-33/モーツァルトK331 2楽章/ラヴェル 水の戯れ・・・mayumiさん

○リスト ラ・カンパネラ・・・私

○ブラームス インテルメッツォOp.118-2/バラードOp.118-3・・・yu-kiさん

○シューマン アラベスク・・・私(1月にアヴェンヌで弾いていいかジャッジしてもらうために)

○ラヴェル 水の戯れ・・・mayumiさん

○ショパン 前奏曲(太田胃散のCM)・・・ももちゃん(これ、イ長調なんです、だから胃腸薬のCMに使われた?)

○リスト コンソレーション3番・・・yu-kiさん(いやされました)

○リスト 波を渡るパオラの聖フランシス・・・私(5ページ分くらい)

○ショパン 革命とエチュードOp.10-4を少し・・・mayumiさん(コンクルで弾いたんですって、革命はお見事!10−4は無理矢理弾いていただきました)

○ブラームス ラプソディ1番・・・yu-kiさん(ぎゃーぎゃー言いながら)

○ショパン バラード1番・・・私(同じくぎゃーぎゃー言いながら。だって半年弾いてない)

○ドビュッシー 月の光・・・前半がyu-kiさん、後半がmayumiさん

【ここから残り5分内で一部分のみ演奏】

○ショパン ノクターンOp.9-2・・・yu-kiさん

○モーツァルト キラキラ星変奏曲のどれかの変奏・・・mayumiさん

○シューマン 幻想曲・・・私

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

第100回(12/18)のレッスン

今日で100回目なんだあ♪

●ツェルニー50番練習曲 5番(7回目)

かちかちっと弾きすぎたか?いつもは「感情を込めない」と言われるのだが、今日は「まあ、練習曲なのである意味縦リズムで弾く部分はあるけれど、このスケールがどこに向かっているのか考えながら弾くこと」と言われました。
左手で迷いがある部分がある。指使いがややこしいのと、音形がなじまないところ。そこを重点的に練習して、仕上げてくるようにとのこと。今日で終わりたかったのに。練習の時はうまく弾けていたのに・・・。全然練習していなかったので、それがいけなかった・・・。とほほ。


●リスト ラ・カンパネラ(15回目)

まず冒頭の部分だけ弾いて止められる。

「本番はどのくらいのテンポで弾きたいですか?」

うーーーん、もっと速く弾きたいです!なんかよっこいしょ!て感じで縦リズムすぎ!

ということで少し速めのテンポで弾く。


071204_13070001


↑ここの部分練習をひたすらやる!手首は静かにしたまま指だけ落とす、鍵盤をしっかり押さえる。特に3の指!


071113_13080004


↑メロディラインを出す!ああ!うまくはまらない!音が抜ける!しっかり打鍵をしないと!指が浮いているのですね。


071113_13100001_0001

↑ここの4−3−2の打鍵をしっかり!手首を静かに指だけ落とす!


071218_13070002


↑ここの左のところ、音の長さ間違ってた!


071218_13070001

↑トリルの4の指、しっかり打鍵!

ということで、部分練習&細かい箇所の確認が主でした。後半は弾き込んでおいてください、とのこと。

年末年始なので3週間空きます。ぼっちら練習しますか!ツェルニーが悔やまれる・・・。予習もしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばって練習すれば、いつか・・・(12/16現在)

なんか無性にまとめたくなったので書きます!無謀なのも書きます!とにかく弾きたい曲を書きます!(くどい)

●ブラームス スケルツォ
●ベートーベン 熱情
●ショパン スケルツォ3番
●ショパン バラード2番
●ドビュッシー 喜びの島
●プロコフィエフソナタ1番
●リスト ため息
●リスト 森のささやき
●リスト 小人のおどり
●リスト メフィストワルツ
●リスト ペトラルカのソネット104番
●リスト 泉のほとりで
●リスト 超絶技巧練習曲8番/10番
●リスト 波を渡るパオラの聖フランシス
●スクリャービン 幻想ソナタ
●グラナドス 演奏会用アレグロ
●シューマン クライスレリアーナ
●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化
●ラヴェル 水の戯れ
●ラヴェル 洋上の小舟
●ラヴェル 道化師の朝の歌
●ラフマニノフ 前奏曲/Op.23-5/Op.32-12

これだけ弾くのに何年かかるんだろう?????


ちなみに2年前は

○ショパン バラード1番
○ショパン ソナタ2番1楽章
○リスト ためいき
○プーランク 即興曲13番
○ドビュッシー 喜びの島
○ブラームス 2つのラプソディ 第1曲
○スクリャービン ソナタ3番1楽章
○プロコフィエフ ソナタ1番
○リスト ラ・カンパネラ
○リスト ハンガリー狂詩曲2番

ため息、プロコソナタ、喜びの島がここ2年でなにも進んでいないことが判明!スクリャービンとショパソナ以外は一応最後まで弾いたものね・・・。これは少しでも進化している証拠か?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

第99回(12/11)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 5番(6回目)

右手が走るので、左手に合わせて弾くこと。だいぶきっちり弾けるようになってきたようです。今週頑張って、来週で終わりにしたい・・・。

●リスト ラ・カンパネラ(14回目)

通して弾く。

やはり細かい部分練習が必要。ええ、本番でいろいろコケたところがあるので、ゆっくり練習とかをコツコツとしなくっちゃ!

あとは後半部分のクレッシェンドをしっかりつけて、盛り上げていくこと!

今週も人前で弾くので、弾き込みしていってくださーい!と先生。

私的にはテンポをもっとあげたいのですが・・・それにはテクニックも必要だし、先生としては「あまりせわしないカンパネラより、歌ってきれいなテンポでいいと思います」とのこと。自分がこう弾きたい、と思ってもテクニックがついていかず表現できなかったりする部分が多々あるので、地道に克服していきます!

さて、なんか一回本番をやっただけでなんか一息ついてしまい・・・浮気虫〜♪

夏の関西Dolceの発表会ではなにを弾こうかな?それも視野にいれて、レッスン曲を選ぼうと思っているのです。10分くらい持ち時間があるようなので、小品を2曲にするか大曲1曲にするか!!!!!

ラフマの「鐘の前奏曲」と「泉のほとりで」の組み合わせ
ラフマの「前奏曲」をなにか2曲
シューマン「ウィーンの謝肉祭の道化 アレグロ」
リスト「波を渡るパオラの聖フランシス」

とか弾けたらいいなあーーー。でもシューマンは幻想曲をやる予定なのでシューマンばっかりは面白くないかなあ・・・。勝手に夢見ているだけ・・・。実質5ヶ月くらいしかないので、その期間で仕上げられるのか?????そういうのも含めて先生に相談しよう!今からいろんな曲を譜読みだああ!!!!!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

関東Dolceの会 発表会!

行ってまいりました!関西を代表して!!!!!!

071209_22350001


場所は本当にアットホームなサロン!!!!!

ミスしたり、止まったり、そういう時でも「すみませーーーん」と言いながら弾き直すお気楽な発表会でした。いい雰囲気でしたよ♪

プログラムを見て気づきましたが、発足1周年記念の発表会だったのですね。もう一年、まだ一年て感じですね。

071209_11140001_0001


071209_11150001_0001


071209_11160001_0001

↑チェンバロの内部に「Dolce」の文字が!


私・・・バカだわ。周りに置いてるチェンバロや130年もののピアノは写真を撮ったのに、肝心の弾いたピアノを撮るのを忘れました。まあ、誰かが撮っているでしょう。スタインウェイでした。ちょっと重めですが手に馴染んで弾きやすかったです。

みなさん、この日のために練習を積み重ね、頑張ってこられたんですね!楽しくピアノライフを送っている、ということが伝わってきました!みなさんとってもステキでしたよーーー。

母曰く「イケメンばっかりやったねーーー」だって!(爆)

さて、私の演奏ですが・・・

まずは、緊張は少ししたくらいでした。むしろ「早く弾きたい」て思いました。練習の時に完璧に弾けたこともないので開き直り&自分が本番でどんな演奏をするのか?全く未知の世界なので楽しんでやろう!という気持ちでいっぱいでした。そして、今回はテンポ設定をちゃんとすることと、きれいに弾くことを目標にしました。いつも愛用しているバイブの腕時計式のメトロノームを手に、テンポを何度も確認!人の演奏を聴いているとつられていってしまうので、ここはあくまでマイペースで!

椅子の高さや、体重の掛け方、イメージも出来て、いい感じでスタートしたんですが・・・


出た!鼻水地獄!

身体が温まると出てくるのです。左だけ。

おいおいおいおいーーー!演奏に集中できないよーーー!

というわけで撃沈・・・。

誤摩化しカンパネラになりました。

071208_23300001


↑格好だけは一人前!

課題も見つかったし、ビデオを見ながら、テンポがどうなのか?どう音を出せばいいのか?等いろいろと研究して改善していきます!この曲とは一生つきあいたいですから!

それよりも鼻水対策が急務と思われ・・・。

ちなみに

●鼻水が出る原因「情報SITE 病は冷えから」より

>冷えた時には温めないといけません。
>元来、身体にはそういう作用が自然に備わっています。
>寝冷えをすると下痢をします。
>これは水様便で水を捨てて身体を温めようとしているのです。
>冷えて風邪をひくと鼻水やくしゃみが出ます。
>水を捨てて身体を温めようとしているのです。

だそうです。

肩や背中を出したままトイレに行ったのがまずかったのか!?冷えてしまったのですね。手先が冷たくなったらアウトかもしれません。その状態からピアノを弾くと身体が温まってきて・・・鼻水たらり、な訳です。ああん!!!!!

手先が冷えなければ出てこないのか?実験してみないといけません。そうだとしたらいいのですが、関係ないのであれば、ティッシュでもつめとかないといけないのでは(汗)良い対処法ご存知の方は教えてくださいまし!

まあ、そんなこんなで愕然&来ていただいたお友達(ともみさんとRABIさんとSさん)に謝りながらお礼を言いました。情けない!

そんな中、RABIさんが【右手のオクターブの音が本当に「鐘」みたいで、細かい音もよく響いていてすっかり魅了されてしまいました。音色からしてリスト弾きという感じがしました。←本当です。後半の音が飛ぶところも音ミスなく、確実に弾かれていました。】と嬉しいコメントをくださいました。きゃ!!!!!

私「よっこいしょ」とか、きっちりかっちり弾こうとして曲の流れを止めたり、緩急の差がなかったりするんです。そこをなんとか克服したいと思っています。自分の録音を聴くとよくわかります。

今回、準備をしていただいたてんてんさん、まーみさん、お疲れさまでした。そしてありがとうございました!

※関西の発表会に来てくださーーーい!て宣伝しておきましたよ!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

Dolceの会♪

練習会でした。

メンバーは
ゆかこさん
yu-kiさん
ピアノフォルテさん
ゆっこさん
nanakoさん
tamaoさん
れもんさん

れもんさんとは久しぶりにお会いできました。

「ピアノステップに出る決心がついたのはれもんさんのお陰です、ありがとうございましたあああ」とお礼をのべ、一人盛り上がってました・・・。駅の売店前で・・・。

tamaoさん、nanakoさんとは初対面です。初めましてーーー♪


以下、曲目とコメントです!

●リスト ラ・カンパネラ ・・・私
【あのー、いきなり弾くとやっぱりだめです。いえ、いきなりじゃなくてもだめなんですが・・・。テンポが・・・椅子の座り方、体重の掛け方がまずかったです。変に力が入ってボロボロでした。だめじゃーーーん!!!!】

●ベートーベンソナタ「悲愴 」2楽章・・・ nanakoさん
【丁寧に弾いてらっしゃいました。緊張して手が震えるーーーとおっしゃってましたね。でも弾けてましたよ♪】

●シューマン 夕べに・・・ レモンさん
【ステキーーー♪そういえば前回お会いした時に少し聴かせていただきました!内声と、メロディをしっかり浮だたせるところがとてもお上手でした】

●バッハ パルティータ6番・・・tamaoさん
【みなさん心が洗われましたねえ・・・。暗譜しにくそうです。発表会以来弾いてないとおっしゃってましたが、全然!大丈夫ですよ♪指が長いです!】

●ショパン ノクターン8番・・・ ゆかこさん
【腱鞘炎をおしての演奏です。こだわりの音を出そうと、何度も何度も同じ音を弾いて確認してらっしゃいました。熱心です!!!!!】

●シューマン アラベスク ・・・ゆっこさん
【お似合いですねーーー。私もレパートリーにありますが、私が弾くと「意外」て言われますからね。シューマンは最高!でも難しいです】

●ブラームス間奏曲Op.118-2・・・ yu-kiさん
【今回は2ページ分、披露してくださいました。いい感じに仕上がりそうですよ!】

●リスト ハンガリー狂詩曲2番・・・私
【ひっこめ!!!!て感じです。しかもいつも使っているのと違う「デプロ」の楽譜(赤いやつ)を使ったらところどころ音が違うでやんの!】

●ベートーベンソナタ「悲愴 」2楽章・・・ nanakoさん

●シューマン 飛翔 ・・・レモンさん
【お!好きな曲です!!!!!指が届かない箇所をどう弾いてらっしゃるのか教えていただきました】

●モーツァルトソナタ K311  2楽章tamaoさん
【モーツアルトが素晴らしい、とyu-kiさんがおっしゃってたので聴けてよかったです。音がきれいです。手が大きいので細かい動きが大変ておっしゃってました。モー様もそのうちのひとつでしょうか?】

●ショパン ノクターン8番・・・ゆかこさん

●ベートーベンソナタ「悲愴 」2楽章と3楽章・・・ゆっこさん
【「2楽章が終わったら・・・ソドレミーファレーミドーって頭に流れてくるわ」と言ったがすぐに3楽章を弾いてくださいました♪】

●シューベルト 即興曲 Op142-3・・・yu-kiさん

●ショパンスケルツォ2番と1番・・・ピアノフォルテさん
【スケ1が進化しています。このままイケイケゴーゴー!】

●リスト ラ・カンパネラ ・・・私

●シューベルト即興曲 Op.90-1・・・nanakoさん
【シューベルトらしいシンプルな音の旋律の曲です。まともに一回くらいしか聞いたことありません。丁寧に演奏されていました。今度は最後まで聴かせてください!】

●ドビュッシー グラドゥス・アド・パルナッスム博士・・・レモンさん
【練習始めて間もないのに、形になってきてます!完成が楽しみです】

●シューマン 飛翔・・・tamaoさん
【きたああああ!今回2回目の飛翔!いいわあ♪やっぱり】

●ショパン 即興曲1番・・・ゆかこさん
【あーん、なんかバタバタしてちゃんと聴けなかったような・・・。そうだ、お金の徴収をしていたんだ!ごめんなさい】

終了後は、来年の夏に行う「発表会」の打ち合わせ&ランチをしました。

ふう、ホール押さえや、プログラム作りは大変です。私もお役に立てることがあったらやるぞお!

それからピアノフォルテさんとゆかこさんは東急ハンズへプログラム用の紙を見に行かれました。場所がわからないというので、そばまで案内いたしました。(私はこの後仕事でしたので)それからお手洗いに行きたくなったし、ちょっと寄り道♪と思い●木楽器心斎橋店へ。

楽譜売り場をうろうろしていると、どこかで見たことのある後ろ姿。

先生!!!!!


またもや先生と遭遇?????(前回はこの時


棚の間からこっそりと様子を伺う私!あやしいぞーーー!!!!!

でもやっぱり先生でした・・・。

このまま知らないフリするか・・・でもでも・・・。

結局近寄って「せーんせ♪」と声をかけました。もちろん「わあ!」と驚かれました。

「よく会いますねーー」

本当に(笑)

私「今日は先生は・・・?」

先生「自分のレッスンです」

私「ええーーー!」

先生はなにか機械からデータを取り出しています。

先生「私の先生です」

と先生の先生を紹介してくださいました。

先生の先生「お話は伺ってますよ♪すごく頑張っている生徒さんがいるって」

ははああ、そうですかあ・・・。(恥)

先生はまだ機械の前で待ってらっしゃったので思い切って、来年に聞く質問をしてみました。

「リストで、カンパネラの次にするのは順番からいうと何の曲ですか?」と。

挙げてくださったのは

●2つの演奏会用エチュード
●3つの演奏会用エチュード
●波を渡るパオラの聖フランシス
●超絶練習曲、やさしめを選んで(どれ?)


えーーー、パオラいいのおお?????(笑)

先生の先生「メフィストワルツとかブラームスソナタとかは?なんとなく、イメージで(笑)カンパネラ弾けるんならなんでも弾けますよ」

ほんまか!?


私「泉のほとりでとかはどうですか?」

お二人そろって「あれは簡単よーーー!!!!!」

そうなんだ。練習しよ!

私「ラフマニノフの鐘とかどうですか?」

先生「短い曲ですよね」

え?いつも大曲とか長いからそんな反応?(笑)

先生「おとなしい曲よりがんがん、かっこいい曲やってほしいです」


あははははーーー。


その後、先生はレッスン室へ行かれました。

いやあ、奇遇にもほどがある!

よくお会いしますね。びっくりしました。でも先生の顔を見たら、発表会頑張ろう!て思えてきました。

明日は仕事の前に職場の近くでグランド借りて練習します。ビデオも撮って、当日履く靴で練習してみます。


なんか、終わったあとのハプニングが強烈すぎて、長くなっちゃいました。すみませーーーん!!!!!

みなさん、お疲れさまでした!


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

読譜力

初見は得意だから、譜面を見たら音にはできる。


でも、もっと致命的な欠陥があることに気がつきました。


「ラ・カンパネラ」なんですが、今日先生に「全てフォルテになっている」と指摘されました。「強弱があまりない」と。


はっっっっっっっ!

そういえばそうです。

音にする、鍵盤を打鍵するのに精一杯でなーーーんも考えてなかったことに気づきました。

これ、ピアノを再開した時にスラーの位置とか全く考えずに、「ただ音を追いかけている」状態であったことを思い出しました。

同じことしているやん!しかも気づいていないなんて、最低!

071204_20230001
【1ページめ】

071204_20230002

↑この曲は、冒頭「p」で始まります。そこからずーーーと「p」のままです。

071204_20230003
【2ページめ】

071204_20230004

【3ページめ】

ここらあたりで、クレッシェンドがでてきてすぐにデクレッシェンドそして「pp」という変化があります。


071204_20230005

【4ページめ】


071204_20240001

【5ページめ】


071204_20240002

【6ページめ】


071204_20240003

【7ページめ】


071204_20240004

↑7ページめにして初めて「f」が!

でもすぐに「p」になるのです。

うーーーむ、なかなかガンガンいけないストレスがたまる曲ですね。そうか、だから先生は「カンパネラはガンガン系じゃないけど・・・」とおっしゃったのですね。今頃わかる、バカな私。


071204_20250001

【8ページめ】

↑最後でまたまた「pp」に。

071204_20250002

【9ページめ】

ここから盛り上げっていくので、「f」からか!と思いきや、あまり変化はなし。ほとんど「p」です。

071204_20250003

【10ページめ】

071204_20260001


↑クレッシェンドがついて、やっと「f」に。

きたきたきたあああああ!

071204_20260002

【11ページめ】

071204_20270001

↑ここでやっと「ff」です。

ガンガンいって良し!!!!!!

11ページ中、後半の1ページ半しかガンガンはないのです。

なのに、私は最初からガンガンと力強く弾いている。

今日指摘してもらって良かった・・・。これを意識して弾いていけば、強弱がついてくるはず!!!!!


他の曲の譜読みでも、ただ音を追いかけるだけでなく、強弱を意識していかないといけません。こんな当たり前のことができてなかったとは、恥ずかしい!

ペダリングもめちゃくちゃだし。

音楽用語は調べて、書き込んで確認しているんですが・・・。

読譜力が全くないことに気づきました。はふーーー。

ラフマの「鐘の前奏曲」の練習を始めました。1ページづつ、丁寧に音を取って、ある程度弾けるようになったら次のページへ進む方法をやっています。(お友達のうずらさんのやり方なんですけどね♪)

シューマンの幻想曲もちゃんと楽譜を見直すことにしよう(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第98回(12/4)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 5番(5回目)

はい。また5番に戻りました。

6月のレッスン日記を読んでみたら、同じことしか言われてないような・・・。私ってだめね・・・。

071204_13060002

↑なめらかに弾いてるつもりが「流れている」と!

ちゃんと拍を数えて弾くこと。「音楽的に弾かなくていいですよ。かちかちっと拍通りに弾いてください。一音一音きっちりと弾く練習ですから」とのこと。


071204_13060003

↑左手でいつもつまります。この指使いが慣れません!ちょっと!みなさん一度この指使いっで弾いてみてくださいよ。弾きにくいったらありゃしない!!!!!

 「ソ」は「4」で弾きたいのです!

「1」なんかいやあああああ!

弾いてると左手がだるくなるし、思うように指は動かないし、なにがダメなのか全くわからん!誰か教えてーーー(泣)

●リスト ラ・カンパネラ(13回目)

071204_13070001

↑ここがコケる。

3の指の落とすスピードが遅い。で、意識して弾いてみたら早すぎて、リズム狂う。

どないやねん、私・・・。


071204_13070002

↑連打のところ、音が抜けたりしてあわてすぎ!!!!!

4つ目の音をちゃんと聞いてから次の音にいくこと!

落ち着け!私!


071204_13070003

↑右手は半音階で動いているだけ。左手の和音はいっきに弾こうとすると力が入って「がつん!」となってしまうので、ゆとりを持って、もっとばらして弾いたらどうか?と先生。

うん、そうしたほうがきれい♪


071204_13080001

↑3−5、4−5のみ、鍵盤に指を落とす練習を!

だんだん手がだるくなるのです。余計な力が入っているのねえ。


071204_13080002

↑オクターブ連打のところは、重く。スタッカートにばかり気を取られ、軽く音が抜けた感じになっている。しっかり指を落とす!

071204_13090002

↑左手、もっと重く!

「シューマンみたいにベースは重厚に!」

ひゃーー、シューマンですかあああ!は、はい!!!!わかりました!!!!!

071204_13090001

↑左手の小指の音が鳴っていない。しっかり出すこと!


「まあまあ、なんとかホールで弾いたらきれいに聴こえるくらいになってきましたね♪あとはご自身が細かい部分をどう弾くか、です。そして・・・フォルテばかりなので、強弱をつけましょう」


は、はい。そうですね。冒頭からいきなりリキんでます。

てことで、ピアノから始めて弾いてみました。

「いい感じですよー。それで、フォルテのところは盛り上げていって、メリハリをつけていきましょう」


はあーーー、Dolce発表会前のレッスン終了です。今日言われたことを、残りの日々、意識して頑張ります!

発展途上のカンパネラですが、いい経験だと思うので、人前で弾いてきます!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »