« 第98回(12/4)のレッスン | トップページ | Dolceの会♪ »

2007年12月 4日 (火)

読譜力

初見は得意だから、譜面を見たら音にはできる。


でも、もっと致命的な欠陥があることに気がつきました。


「ラ・カンパネラ」なんですが、今日先生に「全てフォルテになっている」と指摘されました。「強弱があまりない」と。


はっっっっっっっ!

そういえばそうです。

音にする、鍵盤を打鍵するのに精一杯でなーーーんも考えてなかったことに気づきました。

これ、ピアノを再開した時にスラーの位置とか全く考えずに、「ただ音を追いかけている」状態であったことを思い出しました。

同じことしているやん!しかも気づいていないなんて、最低!

071204_20230001
【1ページめ】

071204_20230002

↑この曲は、冒頭「p」で始まります。そこからずーーーと「p」のままです。

071204_20230003
【2ページめ】

071204_20230004

【3ページめ】

ここらあたりで、クレッシェンドがでてきてすぐにデクレッシェンドそして「pp」という変化があります。


071204_20230005

【4ページめ】


071204_20240001

【5ページめ】


071204_20240002

【6ページめ】


071204_20240003

【7ページめ】


071204_20240004

↑7ページめにして初めて「f」が!

でもすぐに「p」になるのです。

うーーーむ、なかなかガンガンいけないストレスがたまる曲ですね。そうか、だから先生は「カンパネラはガンガン系じゃないけど・・・」とおっしゃったのですね。今頃わかる、バカな私。


071204_20250001

【8ページめ】

↑最後でまたまた「pp」に。

071204_20250002

【9ページめ】

ここから盛り上げっていくので、「f」からか!と思いきや、あまり変化はなし。ほとんど「p」です。

071204_20250003

【10ページめ】

071204_20260001


↑クレッシェンドがついて、やっと「f」に。

きたきたきたあああああ!

071204_20260002

【11ページめ】

071204_20270001

↑ここでやっと「ff」です。

ガンガンいって良し!!!!!!

11ページ中、後半の1ページ半しかガンガンはないのです。

なのに、私は最初からガンガンと力強く弾いている。

今日指摘してもらって良かった・・・。これを意識して弾いていけば、強弱がついてくるはず!!!!!


他の曲の譜読みでも、ただ音を追いかけるだけでなく、強弱を意識していかないといけません。こんな当たり前のことができてなかったとは、恥ずかしい!

ペダリングもめちゃくちゃだし。

音楽用語は調べて、書き込んで確認しているんですが・・・。

読譜力が全くないことに気づきました。はふーーー。

ラフマの「鐘の前奏曲」の練習を始めました。1ページづつ、丁寧に音を取って、ある程度弾けるようになったら次のページへ進む方法をやっています。(お友達のうずらさんのやり方なんですけどね♪)

シューマンの幻想曲もちゃんと楽譜を見直すことにしよう(汗)

|

« 第98回(12/4)のレッスン | トップページ | Dolceの会♪ »

コメント

きゃー私の名前がでてて嬉し恥ずかし(笑)でございます。

私ね、この譜読み方法をひそかに「塗りつぶし作戦」と呼んでます。塗りつぶすようにしつっこくしつっこく。跳躍部分とかは体が覚えるまで暗譜かねてしつこくしつこく。最初に楽譜をざっとみて主題部分や展開部分の繰り返しとか変形バージョンがどこか、だけでも把握しとくと結構気が楽だよ。主題さえ弾けるようになればこことここはそれの変形だから時間はかからんじゃろ、とか思えるからさ(笑)日数で割って今日はこのへんまで、とか計算できるし。でもなかなか計算どおりにはいかないのが難点でございます。

ラフマ、実は私も先生に薦められてます。ぜひ、弾いた感想教えてくださいまし。弾いたことないんだ。私。

投稿: うずら | 2007年12月 5日 (水) 00時05分

おはようですー(^^)
読譜の仕方も人によっていろいろあるんですね。
私も強弱はハチャメチャなときあります。特に読譜仕立てのときは強弱つける余裕がないので…(--;)
私の読譜方法は、「片手ずつ見る→両手であわす→強弱やアーティキュレーションの強化・表現」が主なのですが、最近バッハをやる際には読譜と同時にアナリーゼみたいなのをやってます。
レッスンの曲すべての解説本を見つけるのは難しいですけど、構造の解析をすると暗譜の手助けになったり、自分の中に入りやすいのかなぁなんて感じてたり…。

まぁ、楽譜通りに弾くのはなかなか難しいですよね…(^^ゞ
「のだめ」を読んでてもそう思います。

かおるさん、ぜひカンパネラがより自分のものになりますように~♪

投稿: ちゃーりー | 2007年12月 5日 (水) 08時26分

うずらさま

うずらさん大活躍ですよ!

先生にも昔、最初からコツコツ仕上げていったほうが近道ですよ、とおっしゃいました。その時はあまりその重要性をわかってなかったんですが、よく考えたらシューマンソナタ2番の1楽章、あれはコツコツ最初から練習していたんですよね。で、結局本気でやったら1ヶ月くらいでなんとかなったんで、この方法は良いんだなーと実感はしています。やはり最後まで音にしてみたい!という欲望にかられ、細部は流してうわべだけで弾いてしまいがちになります。

この方法でラフマをやっています。2ページめに入りました。弾いた感じは、和音のところ、右手、左手と順に上下逆にしていかないと弾けないので、そのパターンを覚えたら大丈夫かと思います。変なリズムもないので♪

投稿: かおる | 2007年12月 7日 (金) 09時51分

ちゃーりーさま

今回のことで「私も楽譜見てないやん」ということがよくわかり、笑ってしまいました。苦笑・・・。

私はいきなり両手で弾いてみる→つまったら片手練習、なのですよ。拍やリズムを先に見てから弾けってね・・・(汗)案外楽譜を見れていないんだなーと痛感しました。あ、バッハだと片手づつやると思います!

投稿: かおる | 2007年12月 7日 (金) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/17273960

この記事へのトラックバック一覧です: 読譜力:

« 第98回(12/4)のレッスン | トップページ | Dolceの会♪ »