« 第108回(2/26)のレッスン | トップページ | 第109回(3/4)のレッスン »

2008年2月27日 (水)

リスト様が実際に弾いたピアノを弾いてきたあああ!

クリストーフォリ堺にて。

ピアノの歴史を語っていただきながら、実際にピアノの音色を聴いたり、説明を受けたりできるツアーに行ってきました。アヴェンヌ繋がりでお世話をしていただき、実現いたしました♪

ピアノフォルテさん、にゃおこさんと行ってまいりました。

まずは・・・


Ts3g0099


↑見よ!このピアノの山!


Ts3g0090

クラヴィコード

ギターのように押さえる箇所によって音の高さが変わります。実際の鍵盤の位置と音が違うので気持ち悪かったです。弦を叩く振動が指に伝わり、変な感じ。ビリビリってくるのです。

説明はここの工房の山本宣夫さん。

演奏は筒井一貴さん。

Ts3g0097

クラヴィチェンバロ

Ts3g0096


シュタイン

黒と白の鍵盤逆なやつですーーー。象牙の価格が高騰しており、使う量が少なくて済む黒鍵のみに使ったから白黒反転しているそうな。


Ts3g0091


↑見にくいでしょうが・・・ちょうど膝の部分にペダルがあるんです。膝でペダリング♪筒井さんが「月光1楽章」と弾いてくださいました。このピアノの残響時間だとペダルを最後まで踏みっぱなしにしてちょうどいいくらい。現代のピアノだとペダル効き過ぎなんですよね。とても美しい響きでした。モーツァルトもベートーベンもこのピアノで作曲したんですよね。鍵盤の端から端をフルに使って。最高音部、最低音部を使うことで、ある種の緊張感が生まれます。その効果も狙って作られています。

そして、このピアノを弾くとピアノが弦楽器であることがよくわかります。鍵盤を一生懸命叩く、押す、で音をだすのではありません。前述のペダルを踏みっぱなしにしてちょうどいい残響、すなわち響き、弦が響いて音が鳴っている、というのがとても感じられるのです。そして、このピアノだからこそ「月光1楽章」が生まれたのです。

Ts3g00891

↑シューベルトの時代のピアノ


Ts3g0093


↑シューマン、ブラームスの時代のピアノ。

この頃からピアノの弦の部分に鉄が使われている。

Ts3g0094


↑リストのピアノ♪エラール。

「ラ・カンパネラ」の最初だけ弾かせていただく・・・。高音が鐘のよう・・・。

Ts3g0095

↑ロールピアノ。自動演奏ピアノです。

最初のクラヴィコードから音域が増えていき、現代のピアノに。

「月光」のピアノの時に触れましたが、これらはピアノの進化、とは一概にはいえません。あの時代のあのピアノでないと作れない曲があったからです。進化したがゆえにできなくなったこともあるでしょう、と山本さんはおっしゃっておられました。

合間にリストの献呈を筒井さんに弾いていただく・・。ピアノフォルテさん大興奮です!

そして・・・「リストが実際に使ったピアノ」を見せていただきました。うひょーーー!テンションあがる!


Ts3g0101


Ts3g0100


↑これこれこれーーー!!!!!

山本さんが「さっきカンパネラ弾いて人、はい!」(笑)

弾いてみました。


めっちゃコントロールしずらい・・・。ppとかにしようとしても無理。弾きにくいーーー!!!!!でもリスト様の手垢の付いたピアノ!!!!!私もうまくなるかなあ?

さて、筒井さんなんですが、私・・・どっかで見た人、というか東京でお会いしたことがある方に似ている!と思っていたんです。口調とか顔がそっくり!でもこういう業界だから、似たタイプの方がいらっしゃるんだろうな、程度に思っていたんです。そうしたら「東京に帰ります」という会話が聞こえ・・・。

え?東京の方?もしや!!!!!

「もしや、あのーーーあのーーーあそこの方ですか?」

「え?どこですか?」

「えっとーーー。名前が出てこない・・・●●駅の!!!!」

「そうです」

「えーーー!やっぱり、似ている方が、と思ってたんです。私、12月にお世話になりました!」

「ああ、やっぱり、見たことあると思ってました!」


世間は狭い????


あのー、関東Dolceの発表会を開催したあのサロンのオーナー(?)の方でしたよん。あの時もピアノの説明をいろいろしていただきました。なんて奇遇なの!!!!!


あっという間に見学は終了。このあとは、3人で中華を食べ、いろんな話に花を咲かせたのでありました♪

|

« 第108回(2/26)のレッスン | トップページ | 第109回(3/4)のレッスン »

コメント

レポ、ありがとうございます!
なめるようにして見せていただきました(笑)
そうですか、ピアノが山のようにありましたか^^
同じ部屋の空気を吸っただけでも、何かいいことがありそうな、そんな感じですね。
また、次回がありましたら、ぜひご一緒させてくださいね。
あ、私突然ですが、東京に行くことになりました。
で、ついでと言ってはなんですが、まーみさん達にお会いしてきますね~~♪

投稿: ゆかこ | 2008年2月27日 (水) 22時14分

筒井さんの名前を読みながら気づきませんでしたが、お顔としゃべり方はインパクトありますよね。チェンバリストなんですよね。

演奏、どうでしたか???
あの方は、オーナーではなく社員のようですよ。
オーナーは調律師の方のようです。
ホント世間は狭いですよねぇ。。

投稿: てんてん40 | 2008年2月27日 (水) 23時08分

行けなかったのが悔やまれます。
凄い雰囲気あるところですね~。

お懐かしい筒井さんの後姿が見られて良かったです(^^)。
体全体を脱力して柔らかく弾かれますよね。


投稿: バルカローレ | 2008年2月27日 (水) 23時39分

リストのピアノがあるんですね~~
ハンガリーのリスト博物館でお目にかかったのは
エラールだったのか。。。覚えてナイ(^^;
きっとかおるさん行ったらウハウハですよ~
デスマスクも手の型もあったりします♪

筒井さんって、パッサージュのですよね?
私はお会いした事ないのだけど、調律師さんが
懇意にされています~(>w<)
ホント世界は狭いですね・笑

投稿: mai | 2008年2月28日 (木) 10時33分

写真、こちらで撮ったのも転送しなくちゃ!遅くなっててごめんなさい。
筒井さんお勤めのサロンのHPもあるみたいですね。オーナーさんは女性の方みたいです。
しかし、写真を眺めるとほんとにアンティークな世界でしたね。
おもしろかった!

投稿: ピアノフォルテ | 2008年2月28日 (木) 11時43分

かおるしゃん、カメラとどきました。ありがとうございます!丁寧に梱包していただいて・・・助かりました☆ほんとににすみません。(><)データも手元に届き無事ブログにアップすることができました。ふ~っ、ありがとうございました。雨のなか頑張ってくれたパンダちゃまにもよろしくです♪またご一緒しましょう!

投稿: nyaoko | 2008年2月29日 (金) 15時00分

ゆかこさま

次回は是非、ご一緒しましょうね。すごくテンションあがりますよ。ピアノの時代に合った曲をマスターしてから行くのがおすすめです!

>あ、私突然ですが、東京に行くことになりました。

びっくりした!一瞬お引っ越しされるのかと・・・(汗)みなさまによろしくお伝え下さい。

投稿: かおる | 2008年3月 2日 (日) 23時30分

てんてん40さま

献呈、すごい勢いで弾かれてました。「弾けるかなあ?」とか言いながら。

東京に行った時に、話し方とかすごく好感が持て、いい人だなーって思ってたんですよね。まさかご本人だとは思いませんでした。わはは!

投稿: かおる | 2008年3月 2日 (日) 23時36分

バルカローレさま

筒井さんをご存知なんですね。(メールで教えてもらったけど)

ピアノの世界って狭いですね。あらためてそう思いました。

投稿: かおる | 2008年3月 2日 (日) 23時37分

maiさま

ハンガリー!!!!いいなあ、行ってみたい。いや、今はシューマンLOVEなのでドイツに行きたい!(おい)

maiさんも筒井さんをご存知なんですね。はい、パッサージュの筒井さんですよん♪

投稿: かおる | 2008年3月 2日 (日) 23時38分

ピアノフォルテさま

プレイエルがなくて残念でしたね。バラ4聴きたかったわ。また行きたいですね。

通いたいくらいです。ゆかこさんのところにも書きましたが、弾ける曲をひっさげて行きたいと思いました。

投稿: かおる | 2008年3月 2日 (日) 23時40分

nyaokoさま

無事届いてよかったです。

パンダくんはお陰できれいになって嬉しいです。nyaokoさんも不思議なご縁がありましたね!

またお会いしましょうね!

投稿: かおる | 2008年3月 2日 (日) 23時41分

ピアノがいっぱい…
ほしい…crying

投稿: SUNNY | 2008年3月 3日 (月) 12時06分

SUNNYさま

飽きませんよ〜。

どのピアノがほしいですか?(笑)

投稿: かおる | 2008年3月 3日 (月) 22時46分

こんにちは。以前トラバ送らせて頂いたPocoです。
エラールピアノ、弾かれたんですね!本当にうらやましいです・・・
作曲家のお気に入りのメーカーの楽器で演奏する、というのも、ピアノならではの楽しみですよね。
今私がハマっているラヴェルもエラールがお気に入りだったらしいので、私も機会があったら是非触ってみたいです。

演奏の方も素敵でした★私のラ・カンパネラは4小節で終了!なので・・・(^^;

それから、よろしければ、私のブログからリンク貼らせていただきたいのですが・・・
かおるさん、本当に積極的に活動されていて、いつも知らないことをたくさん教えていただいています♪よろしくお願いします。

投稿: Poco | 2008年3月18日 (火) 13時47分

pocoさま

こんにちは!

たまたまこっちにリスト様のピアノが来ていたんですよ。またサントリーホールに行ってしまわれます・・・。

ラヴェルをエラールで!いいですねえ!!!!!pocoさん、ラヴェルをされているんですね。私はまだ弾いたことありません。ソナチネの1、2楽章をちょこっとかじった程度です。

リンク、OKです。私もリンクさせていただきます♪ありがとうございます。

投稿: かおる | 2008年3月20日 (木) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/40293234

この記事へのトラックバック一覧です: リスト様が実際に弾いたピアノを弾いてきたあああ!:

« 第108回(2/26)のレッスン | トップページ | 第109回(3/4)のレッスン »