« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月26日 (火)

第130回(8/26)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 9番 (7回目)

なんとかスムーズに弾けるようになってきました!先週に注意された親指の音が重いもの改善したつもり!

で、今週の課題は「強弱をしっかりつけてくること、弾けるところはテンポがあがりがちなので、左手でテンポ、リズムを刻んでそこに右手を乗せるようにすること」

そろそろ10番を練習し始めることにします。うまくいったら来週終われるかなあ?

●ドビュッシー ピアノのために プレリュード(2回目)


Ts3g0544


左手のメロディをしっかり際立たせる!


Ts3g0542


Ts3g0543


こういう部分、ppとかで音色をほわーんとした感じで弾きたいイメージがあるのはわかるのだけど、今はしっかり弾きをすること。テンポあげると指が浮いてしまうから。


Ts3g0541


ここの音、間違えてました。えへ♪


短いから2回弾けました。

今は音読みの段階なので、鍵盤の奥までしっかり押さえて弾くこと。曲想はあとでいくらでもつけられますものね。

で、終了間際に・・・

「発表会はこれに決めますか?」と先生


「しばらくこの曲をやりますか?」てな感じでの取組み開始だったので、もしやまた「曲変えます?」と言われるのでは?と思ったらいきなりでした(笑)

バッハイタリア協奏曲もいいですよ〜

ベートーベンソナタ3番もいいですね〜

と勧めてこられます。

先生あのね、私が弾きたいのは大曲すぎるからそれだと今までと同じになっちゃいますから(笑)


「あら!発表会だからチャレンジされたら?そりゃまあどこまでの完成度にするかで違ってきますけど。他に曲をやりながらならあまり難しいとしんどいでしょうが。今のドビュッシーも決して易しくはないですけどね〜弾きたいのがあれば持ってきてくださいね♪」


はい、他に練習しないといけない曲があるので、できたらあまり難しいのはしたくないです。考えるのが正直しんどいの(笑)

↑とは言えず(笑)

でも、この曲をしっかり仕上げるのが成長へ繋がるのかなーと思ってみたり。特に弾きたい曲はないんですよね。無謀曲以外は(爆)練習時間もあまりとれないと思うので、これでいいかなーーー。

なんか、あまり気合いが入ってませんねえー。

今年はドビュッシーの年だし、いいんじゃない???

なにかアドバイスありましたら是非!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

関西Dolceの会 発表会

第1回発表会が、先日行われました。

「関西Dolceの回」はサークルではありません。ネットで知り合ったピアノ弾きさんたちがコミュニケーションをしていくうちに「ある程度人柄もわかったし、お家も近いことだし、練習会しましょうか!」と集まった時に会場をおさえるのにはなんらかの名前が必要、ということで「Dolceの会」とつけられました♪その初期メンバーがyu-kiさん、ゆかこさん、まーみさん、ハノンさんの4人です。それから月日は流れ・・・発表会ができるほどの人数になっていきました。

さて・・・本当は客席でみなさんの演奏を聴いて・・・と思っていたのですが、楽屋のモニターでずっと聴いていました。なんかね・・・本番前って外の世界と遮断したい、て気持ちがあって、特に今回のように楽屋があるとついついこもってしまいます。いいのか悪いのかはわからないのですが・・・。ゆかこさんと本番についての心構えなどの話をして過ごしていました。時折舞台袖にいってみなさんとお話したり・・・。はっっ!そうか、こうやってお話がしたかったのかもしれません。客席だとできないものねーーー。(と一人で勝手に納得♪)

さて、私はなんと!!!!!大トリでした。うう、恐れ多いわ・・・。なもんで、自分の出番まではかなーり時間もありましたし、あまり演奏について考えずに待っておこう!と思っていました。私はシューマンの幻想曲を弾きました。これで3回目の本番。そしてこれで本番で弾くのは最後です。

しかし3回目ともなると、過去2回が案外うまくいったので安心しきってしまい、本番で集中できませんでした。

途中、小事故が!

まああ!誤摩化し演奏!

ロベルト、ごめんなさい!

自分では「幻想曲弾くぞーー、楽しみーー」と思っていたんですが、身体は正直ですね。なんか「めんどくさいなー、14分も弾いてられっか!しんどいなあ(笑)」みたいな感じで集中できなかったです。そういえば、前回も後半で気が緩んだな・・・。最初に弾いた時が一番気持ち良く弾けました。うーん、同じ曲を何回も本番しちゃうと慣れきってしまってダメなのかもしれません。今後の教訓にしなくっちゃ!

とまあ、後半はなんとか持ち直し、無難に終えることができました。大トリ、台無しになっちゃってすみませーーーん!もっと精進いたします!

ちなみに今回のプログラム

1 部
外国の曲 こぐまのマーチ かわいいはなたば  
アメリカの曲 マリオネットのダンス
バスティン 真夜中のブルース 動物の楽隊
橋本 晃一 牧場はおおさわぎ
コレネフスカヤ あめ  佐藤 臣 初めてのお買い物
クレメンティ ソナチネOp.36-3  第1楽章
ブルグミュラー バラード
千住 明 Still Blue
四手連弾・チャーチル いつか王子様が
四手連弾 久石 譲 さんぽ
六手連弾 フランク・チャーチル ハイ・ホー
六手連弾 久石 譲 君をのせて
四手連弾 アラン・メンケン 美女と野獣

2部
ベートーヴェン エリーゼのために
ブラームス インテルメッツォ op.118-2
ショパン ノクターン8番
ベートーヴェン ピアノソナタ「悲愴」第二楽章
平井堅 even if
坂本 龍一 戦場のメリークリスマス
アルベニス スペイン組曲より「カスティーリア」
モーツアルト ピアノソナタ K570 第一楽章 ドビュッシー ベルガマスク組曲より「プレリュード」
メンデルスゾーン 無言歌集より「胸騒ぎ」 ブラームス インテルメッツォ op.118-2

3部
ソプラノ独唱  ヘンデル 私を泣かせてください プッチーニ 私の愛しいお父さん
シューマン ソナタ第2番 第一楽章
ラヴェル 水の戯れ
ショパン エオリアン・ハープ スケルツォ1番
ショパン スケルツォ2番
シューマン 幻想曲 第一楽章

1部はお子様が中心でした。さすがはメンバーのお子様たち!堂々としていて、とっても上手でした。私はアナウンスしながら感激してしまいました!弾き終わったお子様たちとゆっくりお話できなかったのが残念です。

2部3部は大人の部なんですが、みなさん素晴らしい演奏ばかり!私のように事故になっちゃった方もいらっしゃいましたが、前向きに、次に繋げていければいいなあ、と思います。舞台は楽しまなくっちゃ!

会場おさえ、プログラム作成、当日の進行、などなど事前に係を決めて進めて行きました。本当に手作りのみんなで作り上げていく発表会となりました。みなさま、どうもお疲れさまでした。そして大変お世話になり、感謝しております。また来年も楽しみたいと思います。これからもどうぞ、よろしくお願いいたします♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

第129回(8/19)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 9番 (6回目)


Ts3g0537


赤丸の部分をもっと強調。親指の音が強調されているので、いくらエチュードといえども、メロディラインをちゃんと出して弾くこと。

まだ覚えきれておらず、止まってしまうことがあるのでもっと弾きこむこと。


Ts3g05382


この覚えられなかった箇所ですが、和音ではなく、オクターブの音が覚えていなかったため、次の準備ができずモタモタしていたことが判明。このオクターブの位置を覚えることで案外スムーズに弾けるようになりました♪

もう少し、かかるなあ、この曲・・・。

●ドビュッシー ピアノのために プレリュード(1回目)

最後まで弾く。


Ts3g0536


このグリッサンド・・・

Ts3g0534


右手薬指、負傷。皮がめくれた。痛いよーーー。慣れるまでの辛抱だ!

先生「もう最後まで音読みされてるんですね。早いですねーーー。」

私「でも、昔に一度譜読みしてましたから」

先生「でも、他の曲もやりながら、でしょ?」

ちょっと褒めてもろた?

先生「音読みや、かっこよく弾いたり、表現の部分はちゃんとできると思うので、ドビュッシーは音色作り、ペダリングをきちんとやっていかないといけません。レパートリーにするといいですよね。とりあえずこの曲、しばらくやりますか?」

・・・てことは状況によってはまた違う曲をやらせてもらえるのだろうか??????

この曲が弾きたい!!!!!!!


というのが、今は無くって・・・あっても無謀曲で、練習とかしんどいのでやりたくないんです。自分の実力に見合った曲をきちんと仕上げていく方向性でいきます。

でも、別れ際に先生は「喜びの島、かっこいいですよねーーー、難しいですけどーーー」としきりにおっしゃってました。だから「いつか弾きたい曲なんですうーーー」と返しておきました(爆)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

第128回(8/5)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 9番 (5回目)

Ts3g0520


Ts3g0521

覚えられない!

先生に泣き言を言う・・・。

「ゆっくり練習しましょう!」と何回か部分練習をしました。先生もおつきあいしてくださいました。

むむむむむ!自分でもゆっくり&部分練習しているんですが、両手になると左手が宙を泳ぎ、違うところの鍵盤を押さえてしまいます。頭悪い?????

「でも、練習していくうちに弾けるようになってきましたよ♪」と先生は励ましてくださるんですが・・・。


「時間がたつとまたわからなくなるんですうーーー」

もういやだあああああ!でもひたすら練習続けるしかありませんね。はあー。


で、次にやる曲ですが・・・。


●ショパン ノクターン13番
●バッハ イタリア協奏曲一楽章
●ラヴェルソナチネ一楽章
●ベートーベン ソナタ三番一楽章
●ラフマニノフ 鐘の前奏曲
●ファリャ 火祭りの踊り
●アルベニス アストゥリアス

の楽譜をひっさげていきました。

先生「ショパンはマニアックだし盛り上がりはあるけど、発表会で弾くにはあまり・・・スペインものもマニアックだし・・・鐘は発表会にしては小品すぎるし・・・」

先生「ドビュッシーはどうですか?ピアノのためにとか喜びの島とか水の反映とか、ちょっと難しめかしら?」

私「後ろ二つはかなり難しいでしょう… 」

先生「ため息は?難しいかなあーーー?」

先生、なぜか無謀な曲ばかり挙げられます(笑)

結局、レベル的にちょうどいいだろう、ということで・・・

ドビュッシーの「ピアノのために プレリュード」にしました。


この曲は、初めてレッスンを受けた日に持っていった曲です。なんとか音にした程度、なんですが、これなら一度譜読みはしているし、安心!


この曲、当時コンクールで弾いていた中学生の女の子がいて、弟がやたら褒め「姉ちゃんはこんなの弾けないだろー」と言わんばかりだったので、あっ!と驚かせるために取り組んだんですよね・・・。

絶対に弾きたい!!!!!!


この曲に決まって嬉しいっ!!!!!!


ていう感覚があまりないんですが(笑)かっこよく弾けるようにがんばります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

関西Dolceの会 発表会のお知らせ

日時 8月23日(土)
   開場 12:30
   開演 13:00 

もちろん場所は大阪です。


聴きに行きたい!という方がいらっしゃいましたらコメントもしくはこちらのフォーム(yu-kiさんへ送信されます)にお問い合わせください。詳細をメールにてお送りさせていただきます。只し、当日受付にて「お名前」と「紹介者のお名前(私ね♪)」と「アンケート」にお答えいただく必要がございますので、ご了承ください。


※コメントを書いていただく場合は、メールアドレスの欄に必ずメールアドレスを記載してください。でないと返信できません(笑)記載されましてもメールアドレスは表示もしくはリンクされませんのでご安心ください。

ちなみに、私は「幻想曲1楽章」を弾きます!


| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »