« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

第156回(3/31)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 12番 (5回目)

弾きにくい箇所では、力が入っている。脱力をし、鍵盤を叩くのではなく、指を置く、という感覚で弾く事。何度か弾いてやっと感覚がわかってきました。バタバタしているので、左手はアルペジオ1つを1かたまりとして弾くこと。右手は歌う。

左手にばかり意識がいっており、右手が左手に合わせている感あり。

●ラフマニノフ 前奏曲Op.3-2(第5回)

音の出し方を注意されました。とにかく音が軽い!もっと重厚に、鍵盤に指を乗せること!

身体の大きな男性が普通に手を置くのと比べると、女性ではどうしても音が薄くなってしまう。ppのところでゆっくり鍵盤に指を乗せると、少し遅れて発音される。それをじっくり聴いて次の音へ。ポンポンポン!と音を出して終わり、ではない。

中間部分はだいぶよくなった。

とにかく・・・音色作りが難しいなあと思いました。グランドで弾くともっと顕著になるんだろうな。普段電子ピアノだから余計に、です。ああ、グランドで練習したいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

大好き!ロベルト!

またシューマン熱病を患っています。

きっかけは、来年のリレーコンサートで何を弾こうか?と考えた時に「いつもシューマン弾く人が少ない!今年は皆無じゃ!?じゃあじゃあ、私が弾き倒してやろう」というもの。

でも、そもそもシューマンって組曲になっているので、単独で弾けるような曲があまりないのです。だから誰も弾かないのかなsweat02

規定時間は12分以内。

○飛翔
○ソナタ2番1楽章
○ソナタ3番1楽章
○ウィーンの謝肉祭の道化師 アレグロ
○花の歌
○アラベスク
○ノベレッテン1番

このあたりか?

演奏会に関係なく、弾いてみたいor音にしてみたい曲が山のようにあります。

○フモレスケ
○幻想曲2楽章
○交響的練習曲 ファイナル
○ダヴィット同盟舞曲集
○パピヨン
○クライスレリアーナ 1番7番8番

無謀なのはわかっていますよ、ええ、わかってますとも!sad 人前で弾くために練習するんじゃないから、いいんです!angry


シューマンの、陰鬱でふっと見せる悲しげな旋律がたまりません。(過去に何度も書いてますが)

シューマン好きな方、いませんか?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

第155回(3/24)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 12番 (4回目)

Ts3g0940


右手のメロディ、歌うこと。和音になっている部分は内声とメロディのバランスも考えること

先週言われた左手はましになったよう。しかしテクニック的に難しい部分がまだあるので、部分練習などしてクリアしていくように。

●ラフマニノフ 前奏曲Op.3-2(第4回)

Ts3g0935_3

和音の音の長さが短い。指を置いて音を出してすぐに手を離している。もっとじっくり正確な長さで弾く事。そして縦リズムになるのではなく歌うこと。重い感じを出してppで弾く事。

Ts3g0925


ここは重く!

私の音はしっかりと鍵盤に重みが乗っていて問題ないので、もっと楽に天に突き上げる感じで弾く事。

強弱もしっかりつけて、イメージを持ちながら弾くこと。

楽しくなってきました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

新たな動画

恥をかきたいと思います。

めっちゃ事故っていますよ。笑える!わはは!

でも、画像がぼーっとしている。カメラ調子悪いのかな?

とある舞台で演奏した動画です。

【こっから解説】

○1分5秒〜 違う音を弾いてしまった。焦る私!しまったあ!不安な箇所だあ!直前に楽譜見たんですよね・・・。

○3分40秒〜 右手誤摩化した!

○4分25秒〜 右手あやしいなあ

○5分5秒〜 もっとテンポあげたかった。

○5分28秒〜 左手あやしい!

○5分53秒〜 左手旋律があやしい

○6分33秒〜 その前がアッチェルかけすぎて、右手が訳分からなくなった。ので音量落として誤摩化してます(笑)

○7分18秒〜 左手が嘘です。音がおかしい

○8分8秒  嘘!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

第154回(3/10)のレッスン

もう10日・・・。このままあっと言う間に4月になりそうですね。

KISS本誌での「のだめカンタービレ」が連載再開しました♪2週間後が待ち遠しいです。

●ツェルニー50番練習曲 12番 (2回目)


Ts3g0940


左手!

1から3への返しで1の音が切れている=手首の返しが不十分&1の指を鍵盤から離すのが早い。手首や指に力が入っているので十分に脱力すること。

ここ以外はまずまず弾けている。慣れていってテンポあげていきましょう!とのこと。

●ラフマニノフ 前奏曲Op.3-2(第3回)


Ts3g0935_3


Ts3g0941


Ts3g0937


pppのここ。3カ所とも同じ旋律です。でも同じようにひ弾いては面白くないので・・・全部違うように弾きましょう・・・。うーん、どう弾こうかなあ?


Ts3g0938


メロディーをしっかり出す。音は四分音符分、きちんとのばす。左手とのハーモニーを!左手よく聞くこと。


Ts3g0939

1音1音バラバラに弾くのではなく、6つで1つと考えて弾く。「ララソ、ファファミ、レレド・・・」とメロディラインを意識すること。

そろそろ強弱、表情をつけていくこと。

今のところテクニックで苦労する箇所はないのでその分楽です。今までどれだけ無謀な曲をしていたのか、てことですねsweat01でもそうなると、最初からある程度弾けるくらいに弾き込んでからレッスンに持っていきたいところ♪先生の注文にすぐ対応できるようにしたいなあ、と欲がでてきます。

今日も「テンポあげていきましょう!少々ミスしてもいいので、流れを感じて弾いてください」と言われましたが、少々どころか・・・(笑)

5月上旬までにはまとめていきたいと思っているので、次に何をやるかまた考えておかなくっちゃ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

暗譜は得意ですか?

私、普段は手元を見ずに楽譜をじーと見て弾いていることが多いです。だから初見も得意なのかもしれないんですが、これが暗譜になると手元を見て弾くわけです。いつもは手元を見ていないので、じーっと見ていると訳がわからなくなります。そういう時は目をつぶったり、手以外のところを見ると弾けちゃうんですよね、これが。

「譜読みしながら暗譜する、だから最後までいったらもう暗譜できている」とか「2週間で暗譜できた」とかスーパーなことを言うお友達がいます。

いいなーーーーーーー、うらやましいなーーーーーーーー。

私は4ヶ月も弾けば自然と覚えてくるんですが、今の課題は「暗譜しようと思って暗譜する」なのです。

普段から「暗譜して弾く」ことを実践していれば大舞台でとまどうこともないでしょう。つまり、いつもやっていることを場所を変えてやるだけのこと、だからです。いつも視奏している人間が特別な時だけに暗譜をしようとするのがそもそも間違っている訳です。

視奏してもいいのなら、暗譜する時間も必要ありませんし、その分新しい曲に取り組めそうな気もしますが「暗譜するくらい弾き込む」ことができないとその曲が弾けない気もするし・・・。でも「暗譜必須」のコンサートが多いので、そういう場に参加しようとなると暗譜しないといけないのです。

今弾いているラフマは、覚えてしまわないと弾きにくいんです。

リストも覚えてしまわないと弾きにくいんです。

だから、もう最初からできるだけ楽譜をガン見せず、手元も見ながら弾く練習をしていくべきかな、と思ったりします。ツェルニーも4ページくらいなので暗譜すること前提で練習していってみようかな?

そういえば小1〜2くらいの時にバイエルをやっていて、先生が楽譜に「あんぷ」て書いてくれたんだけど私も母も意味がわからず。次の週は当然暗譜で弾ける訳もなく、意味を先生に聞いた記憶があります(よく覚えているなあ、私)母が「そういう意味でしたか、あはははー」と苦笑していたような気が・・・。くそぉ、暗譜め!!!!!


みなさんは、暗譜は得意ですか?

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2009年3月 3日 (火)

第153回(3/3)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 12番 (1回目)

練習の時はボロボロだったのに・・・なんか案外うまく弾けた・・・。


Ts3g0930


鍵盤を跳ねるように弾くのではなく、鍵盤にしっかり指を乗せる。ずっと言われていることだけど・・・

「あら、小指つかむ力って、ご自分で書かれてますね」

「はい、8番の時に注意されたので同じなので忘れないように書きました」

きちんとできるように練習しなくっちゃ!

Ts3g0932

広範囲のアルペジオは返しをうまくつかって!

幅は合っているので、打鍵をきちんとやることが課題ですね。

●ラフマニノフ 前奏曲Op.3-2(第2回)

「さあ、ラフマやりましょうかheart02

先生は本当にラフマがお好きなようですねえ〜♪

ラフマ自身が弾いた鐘のテンポについて・・・前回楽譜のテンポを確認した時、中間部分はゆっくりめでしたが、ラフマは速かった!!!!!!!!!!!

先生も「そうですよねえ?私もそう弾きました」


あれえ?この楽譜、ラフマに直接教えを受けたピアニストに師事した人が編者なんだけどなあ・・・。

Ts3g0932


ここのベースラインをどう弾くか。音をずっと伸ばしたままにするのならアップライトでは表現できません。ソステヌートペダルがないんだもの。

先生がベースを弾いて、私がメロディ部分を弾いたら・・・


かっこいいいheart04


先生と二人できゃあきゃあ言いながら感動(笑)


Ts3g0924


Ts3g0925


ここは和音で音を取り、音形を確認。こうやって音を取っていくと構成がわかりやすい。

テンポあげて弾けるように、ちゃんと練習しなくっちゃsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »