« 月光3楽章 | トップページ | ジャン・マルク・ルイサダ ピアノリサイタル »

2009年6月16日 (火)

第165回(6/16)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 13番 (5回目)


Ts3g1102


ここをもっと軽やかに!力入り過ぎ!

Ts3g1037

こういう和音のところ、もっと楽に弾きましょう!「跳ねる」と注意されることはなくなりました!

1つ1つ丁寧に弾きすぎて、重くなっているので、もっと流れを感じて弾く事。

今週はテンポをあげ、軽やかに弾いてくること。

●モーツァルト ソナタ K311第1楽章(3回目)


Ts3g1103


最初の和音、華やかに!明るく!オケがじゃーん!と鳴っているイメージで!


Ts3g1104


スタッカート、突かない。鋭くしない。それでいてこもった音色はNG。

む、難しい・・・wobbly


Ts3g1105


和音は全ての音を響かせる。


Ts3g1106

ここはペダルなしで、指で繋げる。


Ts3g1107


赤丸の音は、切らない。鍵盤に指を置くだけ。


うわー!音色づくりというか・・・指先のコントロールが難しいです!とにかくゆーっくり練習を繰り返し、鍵盤に指を置く感覚、どんな音を出すか、理解していくしかありません。

|

« 月光3楽章 | トップページ | ジャン・マルク・ルイサダ ピアノリサイタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/45371890

この記事へのトラックバック一覧です: 第165回(6/16)のレッスン:

« 月光3楽章 | トップページ | ジャン・マルク・ルイサダ ピアノリサイタル »