« ピティナステップ♪ | トップページ | 第169回(7/14)のレッスン »

2009年7月 7日 (火)

第168回(7/7)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 13番 (8回目)

なぜ毎回毎回、次から次へと課題が出てくるのでしょうか?


Ts3g1102


指が浮いてる!

いや、これは前から指摘されてましたね・・・。自分ではできているつもりだったけれど、全然だめ!4の指は意識しているから大丈夫そうだが、234の指は打鍵力がそれぞれ違うので、どれかの指が浮いてしまって、スケールが流れてしまっている。きっちりきっちり弾くことができていないのだそうです。

そんなんできんわ!!!!!!!(笑)


と思いつつも「なにくそ!」と頑張りました。きっちり弾こうと思うとリキんでしまうのです。でも先生は「楽に♪」とおっしゃる。拷問のようです・・・。

和音アルペジオのところもひとつひとつ弾くのではなく、まとまりを感じて弾くこと!

あーあ、また持ち越しか?と思ってましたが、3回くらい弾き直しをさせられ・・・「終わっておきましょう♪」と終了となりました。

いつもツェルニーの最後は「やっぱり難しいですね」という言葉をかわしているような(笑)

1曲に8回レッスンかかってますから・・・。本音を言えばもっと進度を早くしたいところ。でも今の私のテクニックでは無理っぽい・・・。弾くだけなら弾けるけれど、強弱、打鍵のコントロール、音楽性、これを求められるものだから時間がかかってしょうがない。力がつく為なら仕方ないけれど・・・。


●モーツァルト ソナタ K311第1楽章(7回目)

今日は最初の2ページのみ。

初回に比べたらましだけれど、まだ鍵盤を叩いている!1音1音きっちり弾こう!と思い過ぎ(ああ、また・・・)横の流れ、メロディラインを大切に!なめらかに!美しく!


ああ、全部苦手なことばかり(笑)

とにかく歌うことですね。弾くことを先にしてしまうと固くなっちゃう。指は鍵盤に置くだけ、そして歌えばきれいに弾ける!そういうことらしいです。

音色云々はおいといて、音楽的にまとめていくことにしましょう!とのこと。

しかし・・・どこまでやったら仕上がりになるのか?はて・・・?まあまだ1ヶ月ちょっとしかやってないんですが。飽きてもないんですが、披露する場もないのでゴールが見えないとしんどいですね。

ああ、バッハやりたい(ぼそ)←飽きたってことじゃ?(笑)

|

« ピティナステップ♪ | トップページ | 第169回(7/14)のレッスン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101304/45564286

この記事へのトラックバック一覧です: 第168回(7/7)のレッスン:

« ピティナステップ♪ | トップページ | 第169回(7/14)のレッスン »