« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

連絡事項!

ショパン&シューマンの企画にたくさんのご参加ありがとうございます!

こちらですが、新年を向かえましたら、集計&それぞれにコメントを書くつもりで進めております。決して無視&スルーしている訳ではございませんので、よろしくお願いします!

・・・って最初っからそう書いておけってsweat01

ごめんなさいね・・・配慮が足りませんでした。

|

来年弾きたい曲

今年もこの記事をアップする時期がやってまいりました!

みんなで妄想〜タイムですよ!

【ここから詳細】
あなたが来年弾こう!と思っている曲、チャレンジしようと思っている曲ベスト5もしくは5曲を日記に書いてトラバしてください!トラバ機能停止中や、わからない方はここに書き込んでいただいてもOKです!
弾き散らかし&夢レベルの曲でもOKです。ベスト10でもOKです。

皆様の参加をお待ちしておりまーーーす!
初めましての方、大歓迎ですよーーー!参加宣言なんてしなくっても大丈夫ですのでどんどんトラバしちゃってください!

↓ショパン&シューマン企画も募集中です!

http://kaoroon.cocolog-nifty.com/dekoboko/2009/11/post-2804.html


では早速、私からいってみましょう!!!!!

まずは、去年挙げた曲とその結果から!

【去年挙げた曲&コメント】

●フォーレ ヴァルス・カプリス1番
→華やかな旋律が耳から離れません!!!!!夏までに弾けたらいいな♪
【結果】
「苦労して弾く割に難しそうに聴こえないかも」と、とある人に言われ諦めました・・・
●ブラームス ラプソディ2番
→先日生演奏を聴いて、弾きたくなりました。
【結果】
ちょこっと音にはしてみました!終了!
●ベートーヴェン 月光ソナタ3楽章
→いつかやりたい、と思っていましたが、弾きたくなったので今が弾き時!?
【結果】
発表会の候補に入れたけれど却下される。一時期練習していたけれど、練習会などで披露することもなく消え去った・・・。
●バッハ イタリア協奏曲1楽章
→去年から少し弾いてきましたが、レパートリーにしたいと思いました。
【結果】
なーにがレパートリーにしたい、ですか!?これっぽっちも弾いてないじょ?
●ドビュッシー月の光
【結果】
ちょろっと音にしてみたのみ
●ショパン ノクターン20番
【結果】
人前で弾きました!
●ショパン ワルツ4番
【結果】
音にはしてみました。
●ハイドン ソナタ Hob:XVI/37 第1楽章
 【結果】
人前で弾きました!
●シューマン ノベレッテン1番
【結果】
音にはしてみました。
●モシュコフスキー 愛のワルツ
【結果】
音にはしてみました。


なんか・・・弾きたい曲というより「音にしてみたい曲」のリストアップですね、これ・・・sweat01

いつものことって?あっはっは!

ところで・・・今年にやったラフマニノフ 前奏曲とシューマン ウィーンの謝肉祭の道化って
実は去年の弾きたい曲に挙げていたんですよね・・・。1年遅れで実現?????

弾きたい曲は多いけれど・・・人前で弾けるくらい完成度をあげて、とまでになるとかなーり絞られますね。せめて音にして楽しみたい、というレベルでもこの際いいかなー、とも思ってみたりします。それから、本番用の曲決めは早いもので1年前からshineというスタンスに変えました。ある程度弾けるようにして、かなり弾き込み、人前(練習会やプチ本番)で弾いてから舞台に出す、というようにしてみようと思っています。もう来年の夏に弾く曲も決めていますshine

という訳で、来年弾きたい曲です!

第1位・・・リスト 波を渡るパオラの聖フランシス
→来年の夏目標!

第2位・・・ショパン 英雄ポロネース
→来年の秋までには!

第3位・・・ショパン バラード2番
→発表会終わったら見てもらおうか・・・悩み中。とりあえず音にあいてみます。

第4位・・・シューマン ウィーンの謝肉祭の道化2〜5曲目。
→せっかくアレグロをやったので。音にはせめてしたいなあ♪

第5位・・・シューマン=リスト 献呈
→一通り譜読みはしたんですが・・・仕上げてみたいなあ♪

来年はショパン、シューマンの年なので、この2人の曲をいろいろやってみたい気持ちはあるんです!

さて、6位以下は、きっと「音にしてみたいなー」くらいのレベルで終わりそうな曲になりそうですが、一応書いてみます!

第6位・・・バッハの何か(笑)平均律、フランス組曲、イタリア協奏曲(←まだ諦めないのか?)あたり?
→発表会終わったらバッハにするか・・・バラ2にするか・・・それとも他の曲にするか・・・。

第7位・・・グラナドス 演奏会用アレグロ
→最後まで音にしたことあるようなないような。せめて通して弾けるようになりたい!

第8位・・・ベートーヴェン ソナタ「告別」
→これは・・・音にして終わり、だろうなあ。

第9位・・・リスト 軽やかさ
→先日お友達が弾いていて、弾きたくなった♪

第10位・・・フォーレ ノクターン2番
→先日お友達が弾いていて、弾きたくなった♪

また10曲も挙げてしまいましたが・・・どれだけ弾けるのでしょうかsweat01きっと合間に小品とかその時々に応じた企画のための曲が飛び出してくると思うんですが・・・。

実は来年の秋に2台ピアノものをやる予定があるんですshine私はオケパートですが・・・。ここに挙げた5位までの曲には手をつけたいな、と思っています!

| | コメント (33) | トラックバック (12)

2009年12月26日 (土)

ピアノコンクール

夏に受けたコンクールのエリア大会に参加してきました。

お友達が、PTNAに出場して熱く盛り上がっていたあの夏の日。

「私も前に進まないと!!!(byのだめ)」とコンクールに出てみようと思いいろいろ探したコンクールであります。予選、本選、エリア大会、全国大会、と4段階あるのです。(金かかるでぇ〜)

コンクールに出るって考えただけでもお腹痛くなります。でもね、昨日のだめの映画のロケ地マップのDVDが届いたので、ご機嫌で見てました。コンクールのことなんか忘れて・・・。いい気分転換になりましたよ!練習もそこそこに、会場へ。17時45分くらいに着きました。

20分おしているらしく、演奏は19時20分頃だって!終わるの何時なの?そして恐れていた通り、アマチュア部門は私一人・・・。まあね、全国大会の日程が平日になるみたいだから、社会人は休めないんでしょうね。日程、もっと考えたらいいのにな、と思いました。

小学生〜高校生の演奏を聴いておりました。これがねえ、私の好きな曲ばかりだったの

ショパン エチュードOp.25-5
ショパン バラード2番
ショパン ソナタ2番1楽章(中学生がだよ)
ショパン スケルツォ2番
ブラームス ソナタ2番1楽章
ショパン スケルツォ3番


あらーーーー、ショパン率高すぎ!!!!!!

うっとり聴き入ってしまい、コンクールということも忘れてしまうほど子供でも上手ねえ。それに比べ、私ったら・・・と思っても仕方ないので私らしい演奏、私にしか出来ない演奏をしよう、と気持ちを切り替えました。比べたって仕方ないもんね♪

で本番ですが・・・

●和音の響きに気をつけた(つもり)
●中間部分、歌おうと思ったけど、いまいちコントロールができなかったような。
●腕の重みで和音を弾くように意識した(つもり)
●とにかく低音を響かせた!(つもり)

ピアノはスタウインウェイでした。んー、黒鍵のカットが細いなー、影ができるなーとか相変わらずいらんことを考えながら「おっと、間違いそう!」と思いつつ間違えずに弾けました。

はふーーーーーーーーーー!

自分でもいいのか悪いのかよくわからん!(笑)まあまあ、無事最後まで弾いたって感じですね。


終了後の審査員からの全体の講評としては

●ミスにこだわらずに、表現しようと真剣に取り組んでいる姿に感銘を受けた
●どのようにピアノを鳴らしたらいいのか、そこを考えて演奏すること
●さすが、エリア大会とあって、レベルが高かった

こんなことをおっしゃっていました。何名かは全国大会には進めなかったですが・・・とおっしゃていました。うわ!私のことかもねー、とドキドキ。

で、結果ですが・・・。

全国大会行き、決定 sun


いいのかなあー、あんな演奏で ・・・。

本選に続き、1人しかいないものだから、自分のレベルもわからない。点数見ても平均点とか通過点が公表されていないので全くなにもわからない。ひえええええええ!全国、怖〜!!!!!!!

【以下、講評内容】

【8,2点】響きはとても丁寧に作っていますね。ただ、テンポの動きで表現できるところが大きいので、それを考えてくださいね。テンポの設計ですね。

↑設定じゃなくて?(笑)

【8,7点】心のしみ入る音楽です。完成度高いです。良い音楽とステージで見せて聴かせてました。良かったです。

【8,9点】各和音を大切に耳で聴いて弾いておられます。ただ、もう少し大きなフレーズ感をもって弾けると和声感も豊かになると思いました。同じことの繰り返しが多いので、まとめるのは大変難しいですね。いろいろな工夫が必要ですね。

でた!フレーズ感の無さ!!!!!!!!

次はシューマンで出場しようと思っています。しばらく真剣モードの鐘とはおさらばです。

しかし、まさかこの鐘でコンクールに出ることになるとは!そもそも鐘自体、絶対に私は弾かないだろうなーと思ってた曲なんですよね。不思議です。

明日から、シューマン本気モードで頑張ります!
http://db7.voiceblog.jp/data/kaoroon1223/1262052957.mp3

↑音源アップしました。温かい心で聴いてくださいsweat01

| | コメント (6)

2009年12月22日 (火)

第189回(12/22)のレッスン

●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化〜アレグロ〜(第10回)

通しで弾く。

最後の

091208_1901020001

7つの音、うまく3拍に入れられるようになってきましたね!と先生。ふう・・・。やっと。


091222_135601


↑スラーをきちんとかける。ぶつっと切らない。

091222_1357010001

↑4声になっている。オーケストラをイメージして!

091222_183702

↑スラーなめらかに。


091222_183701


↑左の和音につられて、右が乱暴になる。

091222_1358010001


↑ブレスを!

細かいところをいろいろやっていく&テンポあげられるところはあげていくこと!

そろそろ暗譜を意識的にやっていきたいところです。

| | コメント (0)

お疲れモード?

仕事帰りにピアノ弾いてきました・・・。

いつも元気一杯、のつもりが・・・今日はお疲れモードだったみたい。撃沈。

いや!いつもか、撃沈なのは(笑)

ラフマの鐘と、シューマンのウィーンの謝肉祭の道化よりアレグロ、を弾きました。鐘は、人前で弾く練習と、先週にレッスンで言われたことがどれだけできるか、と試す為です。

そして撃沈・・・。ちーん!

まず、イスの高さがあってなかった。トムソン椅子で弾けばよかったsweat01面倒くさがって、左右にくるくる回すハンドルがついている立派な椅子のまま弾いてしまった。ちょっと違和感。そして高いせいか体勢が前のめりになり、うまく腕の重みが使えない、ので、猫背になってくるぅ!これはいけませんね。そしてミス!ミス!ミス!今までミスしなかったところで痛恨のミス!あとで録音を聴いたけど、これはひどい!あーあ。実力じゃ。

シューマンは、演奏時間を計りたくて録音しました。頭の中で曲は鳴っているけど手がついていかないsweat01しばらくきちんと練習していなかったしな・・・。テンポあげすぎたのかな?まだ無理だったのかな?計ったら11分くらいでした。うん、あと2ヶ月あるから、もっとテンポあげられるかな?申し込みの時に「13分」て書いたからこのままの時間でも大丈夫だけれど。

課題だらけです。でも弾いてよかったです。改善すべき点が見つかったから。もっと焦らないといけないな。のんびりしすぎ!

こんなひどい演奏をした後に「かおるさんですか?」と声をかけられました。ぎゃあ!恥ずかしい!すみません、すみません、すみません!ブログも読んでくださっているとのことheart04ありがとうございますheart04※もしこれを読んでらっしゃったら、是非是非コメント残してくださいませ〜♪

明日、もうレッスンだ!早いーーー!

気が向いたら、2回目ののだめを観に行くかも!

| | コメント (8)

2009年12月18日 (金)

のだめカンタービレ♪

むきゃあーーーーーーーーー!!!!!!!!


いよいよ明日から公開heart04

この日の為に生きてきたと言っても過言ではない!

やっと観れるのですね。

ということで、明日、仕事が終わったら観に行こうと思っています。満席になってなければね・・・。


091218_1236010001


↑いよいよこれを使用する日がheart04

091218_1235010001


↑前後編セットチケットの特典


091218_1237010001


↑前編チケットの特典ポストカードセット


ドラマもヨーロッパ編もロケ地マップも見返したし、公式ガイドブックも買って・・・準備万端!

ああ、こんなワクワクは久しぶり♪


| | コメント (2)

2009年12月16日 (水)

第188回(12/15)のレッスン

●ラフマニノフ 前奏曲Op.3-2

今月、弾く予定があるので見ていただきました。

091215_1933010001

↑和音がバラけている。同時に発音していない。縦リズムを感じつつ、メロディは横に流れていくように。

091215_1933020001


↑ここは、メロディラインのみ聴こえるくらいでOK。全部をガンバって弾きすぎ!

091215_1933030001

↑「ファーミファーミーレミ」→「ファーファーミーミ」という風に聴こえる。ようするにミとレがきちんと音が鳴っていない。「ミファ」「レミ」を意識すること。つまりは弾くのに必死で歌えてないってことです・・・sweat01


091215_1934010001


↑鍵盤を叩かない!腕の重みで弾く!


そうだそうだ!感覚を思い出しました!

音楽の流れは良くなっている、とのこと!やったああheart01横に流れて演奏するのはいいけれど、縦リズム、和音の響きが適当になってはいけないってことですね。うーん、重厚で、しっかり響く音で演奏しよう。周りで弾いているのを聴くと「ああいう風に弾きたい!もっとテンポあげなきゃ!」って焦ってしまってたんですが、いいや!私にしか弾けない鐘を弾きます!

それからシューマンの最後を少し見ていただきました。


パチパチパチ!


え!?


先生曰く、ここまで弾けるようになるの、早いです!とのこと。2月に発表会があると言うのにまだ両手で弾けていないお子さんもいるようです。でも・・・私、まだ暗譜があ〜。

少し暗譜のコツなどお伺いし・・・そこからいかにツェルニーの効果が凄いか!という話で盛り上がりました。同じレベルの曲を2人の生徒がコンクールで弾いたそうですが、1人は30番、1人は50番をしているとのこと。ホールで弾くと音が全然違うんですって。基礎力も。きっと審査員の先生にはモロばれだろうなーと。

「なのでツェルニーをコツコツやっていくのに意味があるんですよ!」と先生。

うう・・・このままフェイドアウトするつもりだったけど、無理っぽい(笑)でも先生のおっしゃることも一理あるかな?周りでお上手な方は、みんな50番は終わらせています!私も早く終わらせて、そういう方達のお仲間になりたいものです。その日を夢見て・・・heart04

やっぱり、きちんと予習して弾き込んで持っていけるようにしよう!

| | コメント (2)

2009年12月13日 (日)

いつもと同じ♪

本番の時も練習と同じだと思って演奏しましょう!!!!!

なーんてこと、よく言ったり聞いたりしません?

練習の時と同じ?

そんなこと、あるわけないじゃない!

だって・・・

まず、ピアノが違うでしょ?

見られているでしょ?

精神状態が違うでしょ?


ほら、違うことばかり!

そうなんですよね。違うことばかり。だから余計に緊張してしまいます。

少し話がそれますが、私、高校の時に器械体操をやっておりました。大会というものにも年に最低3回は出場していました。

ここから一応、豆知識♪

女子の種目は

跳馬 - 段違い平行棒 - 平均台 - ゆか

ちなみに男子は

ゆか - あん馬 - つり輪 - 跳馬 - 平行棒 - 鉄棒
(覚え方、とこ、あん、つり、ちょう、へいこう、てつ)

この順番が正ローテーション。よって、この順番で演技をするのです。この正ローテーションの順番通りに演技ができれば一番ラッキー♪

女子で言うなら、最初に跳馬ではずみをつけて、段違い→最も緊張をしいられる平均台(落下が命とり)最後はゆかでのびのび♪

一番最初でも最後でも平均台はイヤなものです。

大会の時にはユニホームとしてレオタードを着用します。そう!足は丸見え!観客の視線が痛い!そして「落ちたらどうしよう!」という不安と恐怖!ああ、恐ろしい!


こういう心理状態な訳なんですが・・・

落下しないように練習する、ということはちょっと置いておいて「足が丸見え!観客の視線が痛い」というところをクローズアップするならば・・・

じゃあ、普段からレオタードを着て練習すればいいじゃん!

その頃の顧問の先生にも言われました。

「普段、ジャージ姿で足を隠して練習をしていると、大会でレオタードになった時に恥ずかしさが先にきて、集中できなくなる」というのです。

はい、ピアノでも同じ事!

同じように本番ですればいいのです。しかし、精神状態がいつもと違うのでそんなこと考える余裕もないかと思いますsweat01

ピアノがいつもと違う・聴衆に見られている・精神状態がいつもと違う、と違うところだらけですが、実は、いつもと同じ事が1つ(今気づいている限り)だけあります!そこだけはいつも一緒!ゆるぐことはありません。だから、そこに集中すればいいのです。

鍵盤は白と黒ということ、88鍵(ベーゼンインペリアルのように多いのもあるけど)鍵盤があり、その上で指を動かす位置は変わりませんよね?ね?

そう!ヤマハだろうがカワイだろうがスタウィンウェイだろうがベーゼンドルファーだろうが(インペリアル除く)プレイエルだろうがエラールだろうが、鍵盤があって動かしている手の位置、指の場所などなど、自分から見える視界は全く変わんないんです。椅子の高さを間違えたらそうではないかもしれないけど(笑)

視覚でピアノを弾くことをやってみれば、いつもと違う環境を気にせずに弾けるかもしれませんね!

※あくまで私の場合ですので、あしからず。

| | コメント (2)

2009年12月 8日 (火)

第187回(12/8)のレッスン

●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化〜アレグロ〜(第9回)

今日は中間〜です。

091208_1902020001

↑ここは、表記通りのペダリングで!アクセントがより強調され、メリハリがつくようになりました♪


091208_1901030001


↑ソーラ ラーシ ドーレの部分が聴こえるように、大きくフレーズを感じる事。

091208_1902030001


↑ここは縦リズムを感じる事。歌うのはいいけれど、横に流れすぎないように。

091208_1901020001


↑7つの音を入れるのが難しい。どうしても慌ててしまうsweat01

音色、音の出し方は問題なし!フレーズの取り方をもっと工夫するように。慣れていないところは慣れてくるように!

あっという間に30分経ってしまいました。

帰り際に「そういえば・・・ラフマニノフはどうなったんですか?」と先生。

ぎく!!!!!!!!!

コンクールのことをおっしゃっているのですよ(笑)一応・・・今月弾く予定があることを告げると「また聴かせてくださいね」と!

ぎゃああああああああああああああああああああ!

来週あたり聴いていただこうかしら。練習をもっときちんとしなくっちゃsweat01

| | コメント (2)

2009年12月 1日 (火)

第186回(12/1)のレッスン

●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化〜アレグロ〜(第8回)

最後まで通す。最後の

Ts3g1243

の音七つのところが走り過ぎ!テンポあげたら確かに前の小節より速くなるんだけれど、速くしすぎ!


ベートーヴェン、ブラームス、シューマンは、縦の響きを大切に♪とのこと。

Ts3g1245


↑こことか

Ts3g1247

↑こことか


091124_131402

↑こことか


メロディは横ラインで流れつつ、左手と一緒に弾く部分は響き&縦リズムもすこし意識するとメリハリがつく演奏になる、とのこと!

いくら歌っても、さーーーっと横に流れるだけでは面白くないってことかな?折角の音の響きを味わって、しっかりと響かせることによって印象を与える演奏ができることになるのデス。

なるほどーーー!

H先生は、こういう部分をきっちりと教えてくださいます。そういうところはすごく勉強になるなあ〜。


全体積にはよく弾けてきた、まとまってきた、向いている方向は間違っていないので、前述の音の響かせ方、表現をもっと細かくやっていきましょう!とのこと。「よく頑張りましたね♪」とおっしゃってくださいました。エヘheart04でも後半が、まだ手に馴染んでいないので、しっかり弾き込んで・・・そろそろ暗譜もしていかなくっちゃ!前半の4ページはなんとなく覚えたんですがねsweat01なんとなくではあきません!!!!(笑)

このシューマンと同時並行で、やらねばいけない曲があと3曲あるのです・・・。こっちが疎かにならないようにきちんとしなくっちゃ!(ま、そのうちの1曲は今月でさようならできますが)

| | コメント (0)

第185回(11/24)のレッスン

| | コメント (0)

Dolceの会♪

久しぶりに練習会に参加してまいりました♪

今回は姪っ子を連れて・・・。

参加されたのは、ハノンさん、mayumiさん&娘さん2人、りかこさん、miyuさん、しぃさん、はなさん&ちびはなちゃん、れもんさん&娘さん、そして私と姪っ子。

yu-kiさんが初めての欠席〜weepほかにも、体調を崩されて欠席の方が何名か。くそーー、風邪め!インフルめ!(お休みされたみなさま、回復されることをお祈りしております。お大事になさってくださいね)

今回初めてmiyuさんとご対面!バン!と扉が開き、グラサンかけたカッコいい女性が颯爽と入って来られました。うっとり見ちまったよ〜(笑)

みんなが揃うまで歓談タイム♪揃ってから、まず最初に「プチ本番タイム」を行いました。これはDolceでは初めての試みかと♪

曲目以下

カバレフスキー やさしい練習曲Op.42
三善晃 あこや貝の秘密
わたしはピアニストより アレキサンダーマーチ
ラフマニノフ 前奏曲Op.3-2
シューマン アラベスク
ラヴェル ソナチネ1楽章
ベートーヴェン ソナタ6番1、2楽章
久石譲 フレンズ
ベートーヴェン ソナタ5番1楽章
グリーグ ソナタ1楽章
メンデルスゾーン 甘い思い出
ドビュッシー トッカータ

すごい、ショパンがない(笑)

お子様たちはちょっと恥ずかしがったり、緊張したりしながら弾いてくれました!みなさんも緊張したかしらん?

私は、今年の発表会で弾くはずだったグリーグのソナタを弾きました。だいぶ崩れてきています&突っ走ってしまいましたが、まあまあ・・・もう・・・仕方ありません。実力です。

2巡目からは好きな曲を弾いていく、という形で進めました。練習モードでもOKです♪

飛び出した曲は以下

ドビュッシー グラドゥス・アド・パルナッスム博士
ドビュッシー アラベスク1番
リスト リゴレットパラフレーズ
ラヴェル ソナチネ1楽章
バレエ曲より ドンキホーテ
アルベニス アンダルーサ
シューマン ウィーンの謝肉祭の道化よりアレグロ
アンドレ ソナチネ&ファンダンゴ(連弾)
植松伸夫 Eye's On Me
バッハ シンフォニア6番
シューベルト 子守歌
ショパン バラード2番
モーツァルト ソナタK333 1楽章
ベートーヴェン ソナタ6番3楽章
ショパン バラード1番
ラフマニノフ 前奏曲Op.3-2
ラフマニノフ 前奏曲Op.3-2
リチャードクレイダーマン 渚のアデリーヌ
リズムに乗って
ショパン 幻想即興曲
ショパン 幻想即興曲
ショパン 英雄ポロネーズ
モーツァルト ソナタK570 3楽章
ヘンデル ラルゴ
ベートーヴェン ソナタ1番4楽章

こうやって書くと、たくさん!!!!!

みなさん「最近全然弾いてない」とおっしゃりながらも完成度高く弾いてらっしゃいました!凄いなあ。そして来年の発表会の選曲の話をしたり、レッスンの話をしたり、大変刺激をいただきました!

mayumiさん・・・リゴパラかっこよかったです!弾きたくなりました。いやあ、細かい音符のところもはずさないし、凄いです!

れもんさん・・・ソナチネ、とってもフランスチックな音色で綺麗でした。発表会がもうすぐ、とのこと。ガンバってくださいね!

miyuさん・・・ベトソナ6かっこよく決まっていましたね!3楽章も練習中とのことで披露してくださいました♪次は全楽章通しで?????今度はゆっくりお話いたしましょう♪

ハノンさん・・・うまい具合に道でお会いできましたね!あはは、びっくり!演奏してくださった久石譲の曲、癒されました〜!モーツァルト、是非聴かせてほしいです。私の好きな曲〜!はあはあ。

りかこさん・・・バラ1、全然練習してなくて、と言いながら・・・普通に弾いてらっしゃったじゃないですかああああ!全然大丈夫ですよ!ステキな演奏でした。

しぃさん・・・弾いている時の表情がねえ、ニコッとされてとてもステキでした。見ていて微笑ましかったです。弾いてくださった甘い思い出、あの曲も聴いていて心がなごみました♪

はなさん・・・ちびはなちゃん、かわいかったです。ピアノの前まで行くのが一苦労でしたが、演奏が聴けてよかったです。トッカータ、難しい曲ですねえ。それを弾きこなされているのが凄い!

みなさまお疲れさまでした。ハノンさん、お会計担当、ありがとうございました。そして・・・yu-kiさん、欠席となってしまいましたがweep会場の予約、準備などありがとうございました!次回、ここを利用する時には是非ご一緒いたしましょう♪

yu-kiさんのドビュッシーや練習途中のため息、聴きたかったなあ(ぼそ)

| | コメント (14)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »