« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月20日 (土)

発表会でした!

朝から指慣らしの為、練習会に参加させていただきました。

最近ずっと眠たくて(春だから?)今日もぼーっとした頭でなーんも考えずに弾きました。平常心で弾けたんですが、弾き終わってしばらくしてある事に気づきました。






2ページ分すっとばして弾いた!







これはやってはいかんでしょう!しかも本番当日の朝に!!!!!!!!


あーあ・・・。


2回目は意識して弾きました・・・。とほほほ。


構成がA-B-A-C-A-D-A-E-F-・・・となっているところのDの部分をすっかり忘れEにいってしまいました。


そんなこんなで指慣らしも終わり・・・開場へ♪

今日はお友達2人と母、姪が来てくれました。なんせトリなもんだから「16時20分開演だど弾くのは19時くらいかも」と言ってしまい・・・最初の1時間で半分終了してしまい焦る私!こっちに向かってきてくれているんだけど、本当に間に合うのかしら!sweat01演奏よりそっちで緊張したり(笑)結局、後半になってくると一人の演奏時間が長いので余裕でみなさん間に合いました!結局弾いたのは19時くらいだったけどね(笑)

止まってなるものかー、弾き直してなるものかー、音楽の流れを止めてなるものかー!必死(笑)

いつもそうなのですが、鍵盤の奥1/3ほど、影ができているんです。これが気になってしまってsweat01慣れるまで時間がかかります。

あ、一番前の人、何か落とした!

気になります(笑)

あ!いつも弾けているところが、音間違えた!繰り返しの同じフレーズのところでも・・・なんでやねん!あーあ・・・。さて、弾き飛ばしたところも無事弾いて・・・次はここ、うーん、乗れない!一緒に歌ってみよう♪あ、和音が・・・違う音やね?なんかよくわからん!とにかくココに集中!んー!!!!!!

気づいたら終わってました(笑)

録音、動画を振り返ってみて・・・課題がたくさん!

○強弱のメリハリが乏しい。

○和音のスタッカート、はずしている、タッチが乱暴になっている為だと思う・・・

○細かいミスタッチが多い。

○できたらもう少しテンポあげたい!

はあ・・・もっと弾きこまないといけませんね。次の本番に向けて、ゆっくり練習など、丁寧にやっていきます♪


Cimg0113

Cimg0114


Cimg0115

帰って早速、ツェルニーとノク7の練習♪

応援してくださったみなさま、ありがとうございましたheart04

最後に・・・動画をアップしたいと思います。10分3秒だったので2つに分けないとアップできませんでした(10分までなんだって!)

ひどいところが多々ありますが、広い心で見てください・・・bearing


お疲れ!私!!!!!(笑)

| | コメント (14)

2010年2月17日 (水)

第196回(2/16)のレッスン

●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化〜アレグロ〜(第17回)

いよいよ発表会前の最後のレッスンです!!!!!!!

暗譜で弾きました。

ピアノに先生の様子が映るので、集中できません(笑)気が散るよーーーsweat01

ちょっとミスがあったものの・・・なんとか弾けました。しかし細かいミス&ちょっと怪しい箇所がちらほら。楽譜を見て再度弾き直し♪

「どうせみんな知らない曲ですし、思い切って弾いてください。私も、あ、ここ間違えたとかそんなこと思いながら聴きませんよ(笑)」と先生。ミスしても先生と私の秘密ってことで!

やはりタッチに難あり。発表会で楽しく弾く分には今の完成度でいいけれど、コンクールに持っていくならもっと細かい部分をきっちりやり直す必要があります。直線的なタッチになっているので音色の差を出すためのコントロールがきちんとできていない、という指摘をいただきました。きちんと鍵盤に指を乗せること!はじかない!・・・いつも言われていることです。コンクールで弾くならば誤摩化しはきかないのでwobblyこの辺りをきちんと克服しなくてはいけません。タッチについては、電子ピアノで練習しているせいもあるかもしれません、と先生。(電子ピアノはしっかり叩いて音を出す構造になっているから、とのこと)

今の環境では本物のピアノは到底無理です。イメージしながら練習するしかありませんshine

後3日、ゆっくり練習と左手だけの練習など・・・いろいろ取り出して練習していきます。今週はシューマンに打ち込むことにします。できるかな?(おい)

| | コメント (4)

2010年2月 9日 (火)

第195回(2/9)のレッスン

●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化〜アレグロ〜(第16回)

最後まで楽譜を立てて弾く。


Cimg0106

↑右手、十六音符のところでメロディラインとなる音をすぐ鍵盤から離してしまっている。きちんと指は置いておくこと。注意されて弾き直しをしたらOKいただきました。焦って弾いているってことですねsweat01


暗譜が怪しいところには☆マークと番号をつけてあるので、先生が「☆1を暗譜で弾きましょう」と指示してくださる(笑)このやり方、いいなあ〜。

暗譜で弾くとやはり怪しい・・・。左手は和音で覚えるとか、覚えやすいやり方があるはず!ちょっと研究します!

しかし、この1週間でなんとか暗譜完了し、人前で一度だけ弾きました。ミスはいっぱいあったけど、止まらず、弾き直しもせず根性で最後まで辿り着きましたwobbly

なんだか一度本番を向かえた気分。発表会なんて終わったんじゃない?というふぬけモードに入っております。という分けであと10日!本気モードで頑張らなくては!レッスンもあと1回です!

発表会が終わったら3月までレッスンがないので、選曲の相談をしました。

弾きたい曲はバラ2、バラ3、フランス組曲5番かイタリア協奏曲!と伝えましたら・・・








バラ2却下!








テクニック的に難しいから、という理由です。はあ、ここでも立ちふさがるテクニックの壁!

バラ3だったらいいそうですheart04


でも、その前にノクターンかワルツをやってからにしませんか?とのこと。

じゃあバッハでもいいかな?と思ったんですが・・・お友達に相談したらほとんどの方がノクターンにしたら?という意見でした。

じゃあ!13番はどうですか?先生!shine








却下!







まとめるのに時間がかかるし難しいからとの理由。

もうバッハにしようかなcrying

結局いろいろ検討し、7番のノクターンをやることにしました。

「ノクターンの次にバラードやりましょうかshine」とおっしゃってくださったので、すぐにバラ3は弾かせていただけるかもしれません。それが来年の発表会の曲になりそうで怖いなあ(笑)合間にバッハを持っていってみようかな?と思う今日この頃です♪

| | コメント (2)

2010年2月 3日 (水)

甲状腺について

以前日記にも書いたのですが・・・

http://kaoroon.cocolog-nifty.com/dekoboko/2009/11/post-b347.html

甲状腺の検査に行ってきました。

病名【腺腫様甲状腺腫】

http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/koujyousensyu.htm

大きさは4.3センチ。クラス2。良性。しかし実際に取ってみないとわからない。確率低いけれど、悪性の場合もあるが、その可能性はまず低い、と診断されました。

実際に気管を圧迫しているので手術してもいい大きさである。しかし急いですぐにしないといけないくらいではない。半年後にどれだけ大きくなっているか、経過を見てからでもOKだし、手術するならすぐにしてもいい。少しくらい大きくなっても問題はないけれど、あまりにも大きくなるともっと気管を圧迫し、麻酔の際に不具合も生じることがある。「しかし、うちの病院では(技術的に)大丈夫ですが」と先生。頼もしいなあ heart02

※中の水を抜く方法もあるけれど、すぐにまた元に戻ってしまうとのこと。

入院は1週間程度。左半分の甲状腺を摘出する内容となる。手術の後は、首の皮がひきつった感じになるだろうし、場合によっては反回神経(声帯の神経)に干渉すれば、大きな声が出づらかったり、かすれたり、ということがある。半分摘出するので、ホルモンの分泌が足りず、薬を飲むことも必要になってくるかもしれない。


とのことでした。


いっそのこと「今すぐ手術しないと危ない!」と言ってくれれば決断もできるのに。「あなたが決めてね」なーんて言われたら悩むじゃない!

もうちょっと大きくなるまで様子を見てみようかなー。

三ヶ月前には予約を入れないと手術できないらしいので、いつが決断の時だろうか?

メリット、デメリットをよく調べて考えてみたいと思います。

もし、この日記を読んでくださっている方で、体験談とか何かご存知でしたら書き込みをしていただけるととても嬉しいです!よろしくお願いします。

| | コメント (9)

2010年2月 2日 (火)

第194回(2/2)のレッスン

●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化〜アレグロ〜(第15回)

通して弾きました。テンポはゆっくりめで。本番も安全運転でいくかと思いますし、テンポをあげられるほど暗譜がまだ完璧ではないからです。ま、楽譜置いてのレッスンでしたが「なんか、考えながら弾いてますね」と先生に指摘される。えへ!わざと楽譜は見ないようにしていましたが、そうすると怪しいところでちょっと考えてしまいます。手が覚えていないってことですよねー。はあ・・・。

Cimg0087


↑ここの左手がわからなくなります。他の音でもおかしくない響きの音の場合、特に間違えます。全部弾いたあと、楽譜を見ずに弾いてみたら弾けましたが♪ゆっくりと、確実に音を覚えながら弾く練習を繰り返すと覚えられるのかも!

Cimg0084


↑ここも左手が〜。特に和音の3つの音の真ん中がわからなくなります。しかし冷静になって楽譜を見てみたら・・・シドレという風に半音づつあがっているだけ!このからくりがわかったら一気に前に進めました!

ベース音だけ覚える、音の動きを覚える、こうやって覚えたら簡単だったわ!忘れてました。たはははは!指の動きで覚えようとするのはタブーってことですね。

Cimg0086


↑ここも同じく!法則がありました。左手のベースは半音づつあがっています。これなら覚えやすいheart01







勝った!





↑誰に?(笑)




トータル的には「お上手に弾けてらっしゃいますよ♪」とのこと。本当ですかい?音が濁ってたり、乱暴なところがあったり、自分的にはもうちょっとなんとかできるんじゃ?と思うんですが・・・まずは発表会を無事終えられるように、ということで・・・これくらい弾けたらもういいのかな?完成度的に。そう思っておきます。その1ヶ月後、また本番があるので、もっと弾き込んでテンポもあげてぱしっと決めたいなあheart04


あ、そろそろ次の曲のことで頭が一杯になります(笑)

この曲もあと2回のレッスンで終了です!

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »