« フランスもの | トップページ | ヤクルトの悲劇 »

2010年4月13日 (火)

第202回(4/13)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 17番 (1回目)

100413_221601


100413_221602

こう降りてきて、親指の上をくぐった後の2や3の指に注意!

全体的には「いいですよ♪」というお言葉をいただきました。次は、右手が6つの音の固まりであることを意識してなめらかに弾く事!

まだ指が慣れていないところがあるので、しっかり弾き込みます!

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (6回目)

100302_1825020001_2

↑右手アクセント!

一度通して弾き・・・前半もよくなった。中間も縦リズムを意識できていてよかった。音楽は縦と横のリズムのバランスが大切!という話をまたされました。私はそのバランスが大分良くなっている、とのことhappy01

ところでここで・・・

「あともう1週されます?」と聞かれました。

実は・・・とある本番をかかえており、そこでシューマンを弾くのでまたさらいましょう!ということになって・・・さらにまたここだけの秘密ですが(笑)とあるコンクールを受けて、予選を通ったのです。本選で何を弾くかという話になって・・・シューマンいっとく?てな結論になったので

「シューマンもちょっとやりつつ・・・楽しく弾ける曲も数多くやろう」(こんな言葉ではなかったですが)という方向に!なもんで、次週でノクターンは終わって、違う曲をやろうかということになりましたshine





めっちゃ嬉しい!




あ、そう言えば・・・元々ノクターンはバラ3をやる為に始めたんだったっけgawk

でも今はバラ3の気分じゃないなーーーwobbly

できれば小品、あまり苦労しない曲がいいんだけど・・・。

バッハのフランス組曲5番とか、ラフマニノフの前奏曲とか、ドビュッシーの沈める寺とかいいなあheart04


と、またまた練習そっちのけで選曲妄想モードになりそうな予感!

ま、ぼっちらいきますわ!

|

« フランスもの | トップページ | ヤクルトの悲劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランスもの | トップページ | ヤクルトの悲劇 »