« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

第204回(4/27)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 17番 (3回目)

左手が覚えていないところがあって、うろうろと位置を探しながら弾いてました。その箇所以外は案外弾けていて・・・暗譜するくらい弾きこまないといけませんね。なんとなーくしか覚えられていません。左手がネックかな?

指もまっすぐに鍵盤に降りているし、いいですよ♪と言われました。

●ドビュッシー 沈める寺(1回目)

まず通しで弾く。

生ピアノで弾くと「pp」のところとかなかなか小さく弾けません。でかい音になるwobbly

ウナコルダ(ソフトペダル)とか使うといいんでしょうが・・・家のシンセにはついていない。

途中で左手の1音をずっと伸ばしておく箇所があって・・・

ソステヌートペダルを使うといいんでしょうが・・・レッスンではアップライトだから無理!

グランドを弾く時にいっちょ試してみるか〜。

この曲は和音が多く(だから選んだ)フランスものというとふわふわーさあーと弾くイメージがあるけれど、指先のコントロールがかなり必要です。そういう意味では「古典」などの基礎がしっかりできていないと綺麗に弾けない曲ではあります。

来週はお休みです。その次はまたシューマンを聴いていただこうと思っています。またさらわなきゃ!

私は今から、のだめを観に行きます!玉木宏の舞台挨拶付きですよ!うっひょーーー!

| | コメント (2)

2010年4月20日 (火)

しまった!

「○/○にある演奏会に向けて新曲をやりましょう♪」

こういう場合、ついつい大曲・無謀曲を選んでしまうのが私。

だって、憧れだったんだもんheart04

弾きたかったんだもん!heart04

でも、気持ちだけでは弾けるようにならないんですよね、これが。テクニックのなさを痛感する瞬間でもあります。間に合うかどうかわからない曲を練習していたら不安で不安でsweat01保険の曲も用意してたほうがいいのかも!?という発想になって、また違う曲に手を出して(笑)自分で自分の首を締めています。

「遊びで楽しく弾くなら無謀曲でもOK!」

「人前で弾くような曲は身の丈に合った曲!」

この使い分けをきちんとしようと思います。これからはもうちょっとおりこうさんになって、選曲したいと思います。

パオラと英ポロ・・・不安だwobbly

| | コメント (2)

第203回(4/20)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 17番 (2回目)

まだ慣れていない為、弾き直し多数sweat01

まずは縦リズムで刻みながら弾くこと。慣れてきたら6つごとにフレーズを感じて弾くこと。前半はいいですよ、とのことでした。もっと弾き込みをしないといけませんね。

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (7回目)

どうしても中間部分のリズム感が狂います。左手につられる〜sweat01こういうの苦手なんですよね。クロスリズムというの?左3に右2とか・・・。

前半、後半と中間の音量のメリハリをしっかりつけるともと良くなる、もっと弾き込んでいけばもっと音楽的に感じることもできるだろうけれど、ある程度まで弾いて、また人前で弾く時などにひっぱってきて楽しく弾いてください、とのことで今回で終了〜。特に本番に持っていくような曲ではなかったし、次々進みたい私としては有り難いheart02


次の曲はどうされます?ラフマは前に弾いたし、ドビュッシーですかねえ?

という訳で正式に「しずめる寺」に決まりました。シンプルなだけに難しそう。でも合っているかも、と言われました。これ以外に「水の反映」「版画」の話も出ましたが、譜読みがしんどいのはヤだし(笑)心に決めていた「しずめる寺」にしました。合間にシューマンも練習していく形になります。

こうやって2ヶ月くらいで次々進めるような曲を選ぶと、たくさん学べていいなあ♪

| | コメント (0)

2010年4月19日 (月)

のだめカンタービレ♪

後編が17日から公開されましたが・・・その夜にミルヒーの視点からの前編のダイジェストがテレビ放映されましたね!みなさんご覧になられましたか?

劇場公開4ヶ月目にしてテレビ放映だなんてheart04さぞかし後編の動員数も増えることでしょう!

私はといえば、またまた初日のレイトショーに行ってきました。レイトショーなので1200円で観れるのですが、なんと!キャンペーン中で、誕生日に3,6,9の数字がつく人は証明書を定時すれば1000円で観れるというhappy01やっほおおおお!私は3がつくので、見事1000円で観れました。こりゃいいわー、キャンペーン中、何度でもこの映画館に行くことにしよう♪


今回は泣き所が4カ所くらいありました。えへ♪きっと毎回涙しながら観ると思います。はい。前編は千秋の指揮、後編はのだめの演奏が見せ所ですね。やっぱり見終わったらピアノ弾きたくなりました。

仕事帰りに観たせいか、あまりピン!ときてなかったですし、前編ほどのワクワク感もなかったのですが、一夜明けてみると「やっぱり何回でも観たい!」という気持ちが湧いてきました。

「もうあれ以上の演奏はできない」云々と、のだめがピアノを弾けなくなるようなところが出てくるんですが・・・なんか先日のコンクールの日のことを思い出しました。昼間にパワーを使い果たしたのもそうだけど、自分で満足できた演奏ができたがゆえに、あれ以上は無理!ということだったのではないか?だから本番で崩れたんじゃないかってsweat01そういういろんな事を考えさせられる後編でした。

とうとう終わってしまいました・・・。

この作品でまたピアノに情熱を傾けた人がこの世に一体何人いるのでしょう?

私もその中の一人ではあるのですが・・・

素晴らしいですねshine


のだめ、shineForevershineですよ!



| | コメント (2)

2010年4月15日 (木)

で、次の曲

ドビュッシー「沈める寺」に決定shine

私らしく・・・なぁい?

和音でじっくり聞かせる曲、いいなあ〜heart04

| | コメント (2)

2010年4月14日 (水)

ヤクルトの悲劇

私・・・いつもレッスンの前にヤクルトを買います!

2本で80円heart04

そして、1本飲むんです♪ああ、美味しいhappy01

昨日も同じように1本飲んで、1本かばんに入れました。家に帰ったら冷蔵庫に入れて、また飲むんです。でもね、昨日はレッスン後その足で仲道郁代さんのリサイタルに行き、そのまま友達と夕食を楽しんで、帰ってきたのは夜だったんです。

帰りの電車の中で・・・

かばんをゴソゴソしてたら、ヤクルトの空ケースがありました。「おっと、捨てるの忘れたのかな?」と思ったんですが・・・

いや、違う、レッスン前に飲んだのはゴミ箱に捨てた!じゃあこれは??????

よく見るとまだ少し残っていて・・・shock

飲み口のアルミが破れている!!!!!!!!!

リサイタルの時にもらったアンケートについていた鉛筆が犯人か!!!!!!!刺さったんだな、これsweat02





ツェルニーがヤクルトまみれ!







いやあー!




背表紙を下にしていたので、被害はそう大きくならなかったものの・・・甘いいい香りがしますweep

ツェルニーは水ぬれ2回目なんですよねー。もっと楽譜を大切にしなさい!て怒られそうですがsweat01

この際だから買い直そうかと思っても、いろいろ書き込みをしているのでもったいなくてsweat01

みなさんも気をつけてくださいね〜(大丈夫かcoldsweats01

ところで、先生に選曲についてメールしました!

弾きたいなーと思う曲が決まったので♪

○ドビュッシー 沈める寺
○ラフマニノフ エレジー
○ラフマニノフ 前奏曲Op.23-4、23-6

このあたりshine

譜読みがあまり大変じゃなく、弾き込んで完成度があげられそうな曲という基準で決めました。どうなることやら。

バッハは・・・気分じゃないのでやめましたcoldsweats01

| | コメント (0)

2010年4月13日 (火)

第202回(4/13)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 17番 (1回目)

100413_221601


100413_221602

こう降りてきて、親指の上をくぐった後の2や3の指に注意!

全体的には「いいですよ♪」というお言葉をいただきました。次は、右手が6つの音の固まりであることを意識してなめらかに弾く事!

まだ指が慣れていないところがあるので、しっかり弾き込みます!

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (6回目)

100302_1825020001_2

↑右手アクセント!

一度通して弾き・・・前半もよくなった。中間も縦リズムを意識できていてよかった。音楽は縦と横のリズムのバランスが大切!という話をまたされました。私はそのバランスが大分良くなっている、とのことhappy01

ところでここで・・・

「あともう1週されます?」と聞かれました。

実は・・・とある本番をかかえており、そこでシューマンを弾くのでまたさらいましょう!ということになって・・・さらにまたここだけの秘密ですが(笑)とあるコンクールを受けて、予選を通ったのです。本選で何を弾くかという話になって・・・シューマンいっとく?てな結論になったので

「シューマンもちょっとやりつつ・・・楽しく弾ける曲も数多くやろう」(こんな言葉ではなかったですが)という方向に!なもんで、次週でノクターンは終わって、違う曲をやろうかということになりましたshine





めっちゃ嬉しい!




あ、そう言えば・・・元々ノクターンはバラ3をやる為に始めたんだったっけgawk

でも今はバラ3の気分じゃないなーーーwobbly

できれば小品、あまり苦労しない曲がいいんだけど・・・。

バッハのフランス組曲5番とか、ラフマニノフの前奏曲とか、ドビュッシーの沈める寺とかいいなあheart04


と、またまた練習そっちのけで選曲妄想モードになりそうな予感!

ま、ぼっちらいきますわ!

| | コメント (0)

2010年4月12日 (月)

フランスもの

私はあまりフランスものって弾きません。






似合わないから!





ふわふわ、クネクネ・・・似合わないでしょ?sweat01





でも、フランスものが好きで、長調でワルツが好きっていうお友達がいて、いつも聴き専門♪でも聴いていて「いいなあー」とは思っています。

この度、フランスものの選曲をする機会があって、何を弾こうかなー、と考えております。

似合わないけど、たまには弾いてみるのもいいかな?

ドビュッシー「版画」より、塔、グラナダの夕べ

めっちゃいい〜heart04


ドビュッシー「沈める寺」

和音の響き、たまりません!

シャミナード「主題と変奏」

シャミナード「森の精」

お洒落〜heart04

セヴラック「ショパンの泉」

プーランク「トッカータ」

プーランク「インテルメッツォ」

大好きheart04


私といえば、ガンガン系・・・でしたがこういう「らしくない」曲もどんどん弾いていきたいと思っています♪

ステキな曲があったら是非教えてくださいね♪

| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

動画です♪

今までで一番良い出来でした。これでも・・・(笑)

いつもミスするところがきちんと弾けて、ミスタッチもそんなになかった、というレベルでの「良い出来」ですが。

もっと進化させたいです。

| | コメント (2)

2010年4月 6日 (火)

第201回(4/6)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 16番 (再開5回目)

練習室とレッスン室のピアノの鍵盤の感覚が違うため、1回目はうまく弾けない〜wobbly(誰?ピアノのせいにするな!て言ってる人は〜)

縦リズムをもっと感じて!

強弱つけるー!


ああ、やはり弾けてないかあ。今日で終了はなさそう・・・と思ったら

「それらを意識して、もう一度弾きましょうか」と先生が時計をチラリと見ておっしゃいました。よし!ガンバるぞーーー。

とりあえず合格〜heart04はふー、終わったあ!

先生「もう17番ですね」

私「やっとですねー」

先生「じっくり時間かけてやっていきましょう♪」

私「友達とかは、ひと通り弾けたら、はい次!て次々進んでいっています。うらやましいーと思うことがあってsweat01でもテクニックつける為だから・・・とも思うんです」

次々進むことに驚いた様子でしたが・・・要は目的が何か?ということです。私はテクニックが足りないので、しっかりと訓練しないといけない、その友達は元々弾けるからさらっと流しているのかもしれませんね♪

う、うやらましい〜bearing

でも間違いなく、取り組む前から比べたらテクニックがついてきていると思うし・・・先生を信じて付いていきます!いつも注意されることは同じ=それができていないということなのだから、それを意識して練習すればきっと進度もあがってくれるはず!はず!はず・・・coldsweats01

●ショパン ノクターンOp.27-1(7番) (5回目)

中間部分が音に厚みが出てよくなっている。前半のテンポあげたいですねー・・・とのこと。

左手が抜けるので・・・縦も意識すること。横に流れようとするから音が抜ける。十分歌えているし、縦と横のバランスが良くて聴いていて心地いいheart04のだそうです。このあたりのバランスや歌い方もだいぶん上手になってきました!とお褒めの言葉が!!!!!

わーい!と思わず言ってしまいました。いい歳したおばさんがbleah

あんまり練習していないんだけどなーsweat01こう弾きたい、というイメージがあるからそれで弾けるようになっているのかな?中間部分はもっと弾き込まないと!

次回からは細かい部分を見ていくことになりました♪

| | コメント (0)

2010年4月 2日 (金)

東京〜横浜へ!

先日アールンピアノコンクールの全国大会がありました。その前に・・・遡る事去年の11月、いつもブログ関係でお世話になっている方主催で、この日に東京で練習会をするご案内をいただきました。

同じ日だから無理かなー、飲み会くらいは・・・と思ってたのですが、なんと!弾く時間は19時以降、終了は22時!(大阪にその日に帰れないじゃん!)なので練習会に参加させていただきました♪

事前にメンバーの連絡をいただいており、お会いしたかった方が1名!ブログでお世話になっている方なのですが、現地へ行って自己紹介をされてびっくり!もう1名、お会いしたかった方が!

感動〜 shine

「小山実稚恵さんに似てる!」とか言われましたよ・・・。うん、髪型がね(笑) 腕前も似ていたらよかったのにねthink

本番タイムが最初にあって、それからはお喋りしてもOKの練習モードだったのですが・・・私はこれからコンクールというものに出て同じ曲を弾くというのに、出来が悪ければ「えー、これでコンクール?」とか思われちゃう!&本番前に最悪の演奏をしたら引きずるだろう、ということでかなーり緊張coldsweats02

http://db7.voiceblog.jp/data/kaoroon1223/1270077949.mp3

んー、今までで一番しっかり弾けたかな?いつもミスるところは完璧だったし shine

左手がうるさい&割れているので・・・バランスが悪い気がします。

本番タイム終了後、みなさんとお話もさせていただきとっても楽しかったです!もう今日はこれでお腹いっぱい!

今からコンクール?

なにそれ、それって食べれる?

なんかそんな感じ(笑)


heart04幹事のお二方、大変お世話になりました。お疲れさまでした&どうもありがとうございました!ご一緒させていただいたみなさま、どうもありがとうございました!刺激をいっぱいいただきました!またお会いできること、楽しみにしております。heart04

二次会へ行かれるみなさんと泣く泣くお別れして、私は横浜へ。

実は、お友達2人も同じく全国大会に出場shineでした。

まずはお友達1さんの出番。はい、いつも通りにニコニコと楽しそうに弾いてらっしゃいました。音も綺麗でしたよ!時間は6分まで、だったのですが・・・おしていたようで5分になってました。なので途中で切られちゃったんです。残念!

そして私ですが・・・昼間にうまくいったことろでミスって「あーあ、間違えた!なんでやねん」と思ってから・・・グダグダでしたよ〜。左手がとにかくミス多発!今までこんなことはなかったので(いや、少しはあった)集中力がなかったのと、意外なところでもミスで動揺した模様。ひどかった!今日1日で最高の演奏と最低の演奏をした私って一体・・・録音聴いたら思ってたほどひどくないけど、和音の音がはずれまくり!これね、他の方の演奏聴いている時にとてもクリアな音でばっちりキメておられたので気負ってしまったようです。

そしてお友達2さん。初めて生で献呈を聴きました♪丁寧に心をこめて弾かれてたなーと思います。美しかった!演奏も姿も

そして結果、お友達2さんが奨励賞でした!おおおおお!さすがです。おめでとうございます shine

私の講評としては・・・

○ミスタッチ気をつけましょう
○ペダルが濁っている
○和音、クリアに、濁らないように
○シューマンの音の万華鏡を共感を持って演奏できていた

ペダルの濁りは、いままで指摘されたことがなく・・・ホールのせいか?ちゃんと音が聴けてなかったのか、さて?

エリア大会まではずっと鐘だったので、シューマンは初めて弾きました。今思えば、同じ曲でもよかった気が・・・エリア大会と同じ曲にして講評もらって目的を持った練習を積み重ねるのがいいなあ、と感じました。曲の選び方、持っていきかたも大変勉強になりました。結局は、ペダリングがちゃんとできていなければ例えミスがなくても結果はそんなに変わらなかったんだろうな、と思います。顔洗って出直してきます!!!!!!!

37503141_2474162009s

↑記念品

実は・・・「やっぱりもっとこうした方がよかったな」「できていない所を指摘されるってことは、わかっていてやっていない=努力不足の自分が許せない」本番でのあまりの不甲斐なさに2〜3日ほど落ち込んでいました(笑)先生から「本番でうまくいかない時もあります。全国大会に行けたことだけでも素晴らしいですよ」と温かいメールをいただき、ピアノ仲間と選曲の話をし・・・すぐさま浮上shine←すぐ、というのがポイント♪

失敗を積み重ねて人間は成長するのだ!

えーい!負けるもんかぁ!

という訳で、初めてのコンクールの挑戦はこういう結果に終わりました。終わってみたら楽しかったかもしれないheart04このコンクールを受けることはもうないかと思うけれど・・・またいろいろ挑戦してみたいな、という気持ちはあります。なのでまた頑張りますshine

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

ガンバって、と言わない方がいい・・・?

本番の時って何を考えて弾いているのか・・・。

時々聞かれますが・・・。

お友達の中には頭の中に物語を作って、それを想像したり、映像が見えたりする人がいるみたいなんですが





私はぜーんぜん!






ちっとも浮かびません!





私の場合は、練習の時に注意されたことや、気をつけないといけないポイントのことを考えながら弾いています。

例えば!

どこどこの左手がミスしやすいので・・・その2小節くらい前になったらそれを思い出して、ミスしないように弾けるように意識したり・・・

ここの和音が濁りやすいので、しっかり掴もう!と思ったり・・・

ここは歌うぞーーーnote

とか考えています。


それだけ(笑)


やばくなってきたら時々口ずさんだり・・・。


でも口ずさむところっていつも同じところなんです。





そう!「いつもと同じ」がポイント!





本番って、練習でやってきたことをそのまま、ただやるだけ、だと思っています。

本番だから「ガンバって弾こう」とか「いつもよりうまく弾こう!」なんて思っちゃいけません!

だって・・・いつも以上に弾けるわけないじゃないですかshine

練習以上のことができるわけないじゃないですかshine

だから本番を控えている人には「ガンバって!」じゃなくて「いつも通り弾いてきてね!」というのがいいのかもしれませんね。

ガンバるのは練習の時だけ!

本番は練習と同じことをやるだけ!

ただし、緊張や、環境が違ったりしていつものペースが乱れたりするので、これまた難しいですね。そういう中でも「いつも通り」弾ける練習もしなくっちゃね!

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »