« 動画アップ! | トップページ | 東京〜横浜へ! »

2010年4月 1日 (木)

ガンバって、と言わない方がいい・・・?

本番の時って何を考えて弾いているのか・・・。

時々聞かれますが・・・。

お友達の中には頭の中に物語を作って、それを想像したり、映像が見えたりする人がいるみたいなんですが





私はぜーんぜん!






ちっとも浮かびません!





私の場合は、練習の時に注意されたことや、気をつけないといけないポイントのことを考えながら弾いています。

例えば!

どこどこの左手がミスしやすいので・・・その2小節くらい前になったらそれを思い出して、ミスしないように弾けるように意識したり・・・

ここの和音が濁りやすいので、しっかり掴もう!と思ったり・・・

ここは歌うぞーーーnote

とか考えています。


それだけ(笑)


やばくなってきたら時々口ずさんだり・・・。


でも口ずさむところっていつも同じところなんです。





そう!「いつもと同じ」がポイント!





本番って、練習でやってきたことをそのまま、ただやるだけ、だと思っています。

本番だから「ガンバって弾こう」とか「いつもよりうまく弾こう!」なんて思っちゃいけません!

だって・・・いつも以上に弾けるわけないじゃないですかshine

練習以上のことができるわけないじゃないですかshine

だから本番を控えている人には「ガンバって!」じゃなくて「いつも通り弾いてきてね!」というのがいいのかもしれませんね。

ガンバるのは練習の時だけ!

本番は練習と同じことをやるだけ!

ただし、緊張や、環境が違ったりしていつものペースが乱れたりするので、これまた難しいですね。そういう中でも「いつも通り」弾ける練習もしなくっちゃね!

|

« 動画アップ! | トップページ | 東京〜横浜へ! »

コメント

お久しぶりです。梵御です。(憶えていらっしゃらないかな?)

ピアノ歴2年足らずの私が、言うのも生意気でございますが・・・・

発表会とか、まだ2,3回では、ありますがいずれも玉砕
coldsweats01した立場で、物申す事自体失礼ですが・・・

一つだけ言える事は『楽しんでいます。』
だって、舞台でショパン、やベートーベン
を弾いているんですよ!!これだけでも凄い事、また
本当に素晴らしい事です。

舞台でピアノが弾けるということを、心の底から楽しんで
行きましょう!かおるさん頑張ってください!

きっと、かおるさんみたいに上手い人は
心の奥底にある喜びの表現がピアノの旋律に
乗っかると思いますよ!

投稿: bonngyo | 2010年6月13日 (日) 17時33分

bonngyoさま

お久しぶりです!もちろん覚えていますよ♪

>一つだけ言える事は『楽しんでいます。』

それが一番ですよ〜heart01私はたくさん本番を経験していますが「はあ、無事終わった」と安堵するだけで「楽しい」と思えたことがあまりありません。先日のピティナステップは弾いている途中で「あれ?なんか楽しいかも!?」という感覚になりました。まだまだ青いですね!

>舞台でピアノが弾けるということを、心の底から楽しんで
>行きましょう!かおるさん頑張ってください!

すごく嬉しいお言葉、ありがとうございます。そうですよね!人前で弾くこと自体が喜びであること、楽しみであること、そう思えるように気持ちを切り替えていきます♪

投稿: かおる | 2010年6月20日 (日) 03時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動画アップ! | トップページ | 東京〜横浜へ! »