« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月28日 (金)

ラ・カンパネラ

私の大好きな曲heart04

昔からの憧れの曲heart04

数年前に弾いてみたけれど、なかなか理想通りには弾けない・・・。

この度、機会あってさらい直しをしています。指使いを一からやり直した部分もあります。御陰で弾きやすくなっています♪まだテンポはあがらないですが、とにかく綺麗に、時にはさみしく、悲しい鐘の音を奏でたいと思います。

YouTubeの動画を見てみると、やたらテンポが早いだけ、激しい、歌ってほしいところ、キてほしい時にキてくれない!という状況だったのですが、この度、理想の演奏の動画を見つけました!

アダム・ジョルジ。ハンガリーのピアニストだそうです。なるほど♪

最初の主題のところ、ちょっと角張った感じでキツイかな?と思っていたのですが・・・

43秒からの部分、手の動きがわかって嬉しい♪やはり弾きにくい箇所を左手で取っています。

1分7秒あたり・・・しっかりと縦リズムで丁寧に弾いているのがステキ!

1分24秒からの左手メロディの歌い方、優しくていいねえ〜!

2分40秒からの指の動き、いいねえ〜!

手のひらが安定している・・・。

3分29秒〜と3分43秒〜、ここがあまり激しくないのがいい!私もこう弾きたい!楽譜では決してフォルテなんかではないのだ。

4分1秒・・・ここ音違うんじゃ?こういう音の楽譜あるのかなあ?

4分11秒〜ここの歌い方も理想的!激しくなく、しっかりと歌っているのがいい!私もこう弾きたい!

私がこう弾きたい、と思っていることだいたい一致しているんですよねheart04なんて素敵なの!幸せ!やっと出会えたって感じ!

でも、2003年の演奏は全然好みじゃないんですよねー。


本当に同一人物か!?と思う・・・。録音状態のせい??????

手元がよく見えていいんですけどねsweat01

5年もたてば、演奏も変わるのかな?弾き方も変わっているところありますね・・・。

ところで、アダム・ジョルジって何歳なんだろう、どんな人なんだろう?
 

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

第207回(5/25)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 17番 (6回目)

左の和音の移り変わりを意識しながら弾くと、あら不思議!右手が弾きにくい、とか指がもつれる、とか気にならなくなりました。やっぱり左手がキモですよ!

ノーミスは無理でしたが、まずまず弾けたので合格shine

「じゃあ、順番にいきましょうか」と言い訳(?)ぽいことをおっしゃって18番にチェックをつけてくださいました。順番にやらないとしたら何番をしたらいいですか?と思わず聞きたくなりました(いぢわる)

先生が私のツェルニーの楽譜を見て「かなりボロボロですね、年季が入って・・・価値ありますよね〜」と。


100529_211501

はい、こんなにボロボロ・・・。

●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化〜アレグロ〜(特別編)

ステップの講評を元に、楽譜を見ながら細かく見ていただきました。

100529_211601_2

↑ちょっとコケている・・・。指が鍵盤に乗っていない。1拍目は縦の響きを感じて!左をよく響かせる。 フレーズの入りが雑。もっと丁寧に。一生懸命指を動かそう、ではなく響きを感じること。右は歌っているのでいいけれど、左にも意識を持って弾くこと。

100529_211602

↑ここは柔らかく弾くこと。今までのところとはガラッと変えるつもりで。(講評でコントラストが欲しいと書かれました)ここも縦(右と左の和音)を響かせる。頭をよく響かせ聞き、後ろは柔らかく。


100529_211701


100529_211702

↑ここも縦!1拍目や入りを丁寧&響かせる。フレーズの終わりは丁寧に。

100529_211802

↑二分音符丁寧に!

100529_211803

↑フレーズの終わり丁寧に。

100529_211804

↑休符しっかり数える。早くなっている。


言われたことを元に練習を続けていきます!

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

ラフマニノフに感謝!

実は、今弾きたい曲って浮かばないんですよね。大曲はやめよう、背伸びの曲はやめよう、きちんと完成度あげて自分が満足できる&聴いたいただくに耐えうる曲を選ぼう、という考えが一番にきているもので、昔みたいに「あれ弾く〜!これも、あれも!!!」と妄想して楽しんでいる余裕がないのであーる。あはははは。

「現在、ガツガツと練習している曲を必死で弾くよりも、少し余裕を持って楽しく、音楽的に演奏していきたい。」ということを4年も前の日記に書いておきながら、本当に、心からそう思ったのが今。頭でわかっていても「弾いてみたい」という衝動=心がわかっていなかったようです。

こう考えられたのも、やはりラフマの鐘の御陰だと思います。あの曲に取り組んだことで「完成度をあげる」という意味もわかったし、毎回弾く毎に目的意識を持てば、飽きずに、楽しく弾けることに気づかせてくれました。取り組んで1年経つけど、まだ弾けるし、弾いてるし。

ありがとう、ラフマニノフ shine

と言いながら、英雄ポロネーズに取り組もうとしている私がいるんですが、今までは何が何でも弾いてみせるーーー!という感じでしたが「ま、間に合えば弾けばいいか。テンポもあがらず、ひいひい言うレベルなら違う曲にしーよう」という感じ(笑う)やる気あんのか、ごらぁぁぁぁ!

来年の発表会も「大曲はやめよう、しんどいもーん」と、しんどいか否かの基準で決めそうで・・・もうどうしたらいいのか(苦笑)

弾きたい曲はきっと弾けない。

自分の思うようには弾けない。

ましてや発表会とかでは弾けない。

無謀曲だから(笑)

ああ、神様、私にもっとピアノを弾く力(能力)をください wobbly

とお願いしてもくれる訳ないので、地道に練習するしかないな、こりゃ。

和声の勉強もしなくっちゃ。

何調か?ということはだいたいわかってきたけれど・・・曲の構成や、この和音が何度なのか?とかパッとはわからない・・・sad

いや、実はドレミ〜をハニホ〜やCDE〜に変換する時も、頭の中で音階を鳴らしてみないとわかんない。ラはハニホヘトイ・・・あ!イだ!とかね。慣れの問題ですか?パッと浮かぶ方法あったら教えてください。

このバカに教えてください・・・crying

| | コメント (8)

2010年5月18日 (火)

第206回(5/18)のレッスン

先日ステップを受けたので、レッスン前に講評をお見せしました。8月にとある所で弾く曲をどうしようか、と悩んでいたので、今回の講評を見てから決めることになっていたからです。

講評は・・・

●とてもよく練習され豊かな響きが特にいいです。曲が一本調子にならないように、どう弾きたいか、フレーズ、強弱のコントラスト、場面の変化、ニュアンス、リズム感、和声感が出るように研究してみてください。緩急をつけてください。
●和声・・・冒頭より性質の違いを、音色を変化させまた響きのある音を作ってみましょう。旋律を持つ和声はしっかりと歌ってフレーズを感じましょう。繰り返される同旋律を一方向にならないように工夫するといいです。
●タイが多用されている部分は、タイをとって2度弾いてしっかり感じる練習をしてから普通に弾くという方法もいいですよ。シューマンの和声の変化の美しさ、リズムの複雑さは難しいですが、やりがいのあるものです。
→A-B-A・・・と構成を書いてくださり、Bはこう、Cはこう・・・と具体的にアドバイスしてくださいました。

一応3人ともGreatをつけてくださいました。

ここに書いてあること全てができればどんなにいいことでしょうcoldsweats01とにかく和声を感じ弾けるようにこれから勉強していこうと思っています。

和声・・・

はて?

なんのこっちゃ!coldsweats02

ちょっと前に買った「和声と楽式のアナリーゼ」途中までしか読んでないので、また読み始めるとしようかしらね・・・。

シューマンをこのまま勉強し続けることになりました♪

●ツェルニー50番練習曲 17番 (5回目)

おしゃべりに時間を割いたので、今日はシューマンしましょう!と言われましたが、楽譜を持ってきていなかったので(笑)ツェルニーのみでした。和声を感じる、ということで左手の和音の移り変わりを意識して弾いてみることをしました。まとまりのある演奏になった・・・かな?もう一週やって終わりにしようか、ということになりました。終われるかなあ(ぼそ)

左手の和声を感じると、右手は自然と歌ってくれるというのです。最近ポ私は「イントは左手」と思っていたので丁度いいです。テンポあげるにしろ、音量などのバランスはやはり左手がきちんとできていないといけないことを痛感!

しばらくドビュッシーはお休みになる可能性大です!まだ1回しか見てもらってないよーーーsad

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

第205回(5/11)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 17番 (4回目)

通して弾く。

どうしても2ページ目のところでグダグダになる・・・

100511_212802

右手が途中でわけわかめになります。ゆっくり練習をもっとやらなくては!

ということで、弾けていないことはないけれどこのページが出来ていないのと、もう少しテンポあげれるところまであげてきて仕上げましょう!ということになりました。

●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化〜アレグロ〜(特別編)

週末に本番があるので見ていただきました。

全体的に・・・「もっと歌って!縦リズム重視になっている。固い!」とのこと。あれれれ・・・。道理で最近弾きにくいなーと思ってたんですよね。


100511_212901


アクセントのある部分は縦重視!ないところ、スラーは横重視=歌う、ということを忘れずに!

100511_212902


ここも同じ!全部の和音を一生懸命弾くと聴いている方もしんどくなるwobbly

100511_212903

赤丸のところ、ちゃんと数えてから次にいくように。早い。


うおーーーー!駄目だしの嵐だああああああああああ!

最近は通し練習ばっかりだったし、細かい部分練習もやっていたようなやっていなかったような。そして、楽譜を見ずに弾いていました。ダメですね。楽譜にいっぱいシューマンの言いたいこと、こう弾いてちょうだい!て書いてあるのに、久しぶりに見ながら弾いたら全然守ってない!暗譜で弾くがゆえの落とし穴ってやつですね。

残りの日々、楽譜をしっかり見て、ゆっくり練習、部分練習を積み重ねていくこととします♪それがわかっただけでも儲け物heart04

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »