« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

Dolceの会 第三回発表会

先日、Dolceの会の発表会に参加させていただきました!去年は仕事で参加できなかったので本当に久しぶりです!弾いた曲はシューマン「ウィーンの謝肉祭の道化〜アレグロ〜」です。(一回目の発表会でもシューマンだったので・・・また!!!!!)

「波を渡るパオラの聖フランシス」を弾くつもりで練習していましたが、「人前で、発表会で弾くには完成度が低すぎる」という理由で断念。でも「間奏曲、フィナーレ」を弾く方がいたのでちょうどよかったんですよ♪

シューマンVSショパン  みたいな・・・(笑)

ソロ、連弾、お子様たちの演奏、途中でティータイムもありアットホームな雰囲気でした。みなさんこの日の為に準備をして、お忙しい中練習時間を確保されガンバってこられたんですよね♪「最後のほう、まだ譜読みができていなくって」とおっしゃっていた春の日のこと・・・。それ以来お会いしていなかったので、最後まで通して聴くことができて感動しました!みなさんの気迫が感じられ、やる気と勇気をいただきました!

さて、そんな感動の中、私の演奏ですが・・・

●細かいミスが大杉!
●左手やっぱりわからなくなったところ有り!まだそんなレベルか!
●でも、注意していたところはうまく弾けたのがよかった♪

軽い緊張をしながら弾いていたので、やっぱ精神状態に左右されたようです。

全く緊張しないのもダメですね←また言ってる!弾く直前の休憩あたりから緊張してきました!みんなに「かおるさんでも緊張するの!?」と言われつつ・・・。

はい、一応人間だから緊張もしますよ?わは!


そのあとの打ち上げ・・・

Cimg0366

Cimg0367


Cimg0370


Cimg0374


お料理の写真です!

みなさんの結婚のなれそめ、親の墓の話(笑)ピアノの防音について、来年の選曲についてなどなど・・・

楽しい時間を過ごすことができました!

最後は「じゃあ、かおるさん来年トリということで!」という言葉で閉会!(笑)ぎゃーーー!なにを弾こうか! 1年たっぷりあるのでガンバって考えます!

みなさま、本当にお世話になりました。とても楽しい時間を過ごすことができ、みなさまと同じ時間、空間を共有できたこと、とても嬉しく思います。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (14)

2010年6月25日 (金)

水の戯れを弾こう♪

めらめらめら〜

「水の戯れ弾きたい病」が再発しました!!!!!!!!

お友達のNさんが今取り組まれているんですが・・・ずっと「いいなー、うらやましい」と羨望の眼差しで見ておりました。そしたら「譜読みが大変だけど・・・それができたら大丈夫って先生も言ってたし・・・」とのこと。Nさんもあっという間に最後まで弾けるようになったみたい。まだ聴かせていただいたことはないんですが・・・







羨ましい!








そして先日、東京からお友達が来たので弾いてもらいました。目の前で!






弾きたい!




てな訳で、スローペースで音読みをすることにしました。なんとか40小節まで・・・。しかし41小節以降がわけわかめ!

楽譜を見ながら眉間にシワをよせて音にしていくんですが、全くわからん!臨時記号が意味不明!!!

と昨日まで憤慨していたのですが、ピアノから離れてじっくり楽譜を見たらなーんだ!わかりやすかった!

100625_003501


2音目と3音目、○と△は同じ音、1音目と4音目も同じ音。

こういう風に法則を見つけていけば、譜読みは楽かもしれませんね!

いつか弾けるようになる日の事を夢見て・・・

| | コメント (4)

2010年6月22日 (火)

第211回(6/22)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 18番 (4回目)

何度も書きますが・・・もっと慣れてこい!てことでやっぱり予習が大事ですよね!本当に。

ま、今はシューマンに時間をかけているのであまり練習できないのは仕方ないですね、と先生。うーん、実は浮気してるんですけどね(爆)

中間が弾き直し多数なので・・・シューマンの本番が終わったら本腰入れないと!

●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化〜アレグロ〜(特別編)

本番前の最後のレッスン♪

暗譜で弾きました。

途中、怪しいところが・・・

あかんやん!!!!!!!!

完璧には弾けなくて・・・苦笑していたら

「最後、ちゃんと拍を数えて弾けてますね!だいぶんよくなりました聴きやすくなりましたよ!」とお褒めの言葉をいただきました。


え?今まで聴きにくかったの?(笑)


100529_211601

↑右手歌う。メロディを繋ぐように。内声に気をとられ、切れて聴こえる

100529_211702

↑左手、等速感、と書かれました。もっとしっかりテンポを保って、そこに右手が乗っかる感じに。


Cimg0013

↑ここも良くなった。アクセント、その反動で後ろの重音を弾く、という感じ。

全体的に和声を感じて弾いていることが伝わってきた、とのことです

本番までは、今日注意いただいたことと、左手の集中練習をしたいなーと思っています。本番でもいつも通りに弾くことを目標にします!

来週はお休みです。

| | コメント (2)

2010年6月19日 (土)

本番前の練習

シューマンの分解練習中。

しかし・・・左手だけ暗譜で弾こうと思っても、なかなか弾けないものですね。右手があれば弾ける=セットでしか覚えていないってことです。本番でホワイトアウトする時は必ずと言っていいほど左手なのでしっかりと左手の旋律を覚えておかねば!と思う今日この頃です。シューマンは本番(人前で演奏)を何回やったかな?アヴェンヌをいれなくても・・・少なく見積もって7回。その中でミスなく弾けたのって1回だけなんですよねやばい!


Ts3g1246

↑左手、よく見ると「ラーソファーミ」という旋律になっています。今までは右手の「ドーシレーミ」ばかり気にしていましたが、左手もこのようなメロディになっています。


Cimg0010

↑2段目の3小節目から・・・左で「シードミーレ」次に右で「シードミーレ」とメロディを受け継いでいくのだけれど・・・左で「シードミーレ」の時、右手の「レーミソーファ」の部分を強調してはどうだろうか?

そうすると「レーミソーファ」「シードミーレ」という旋律になるのですが・・・「シードミーレ」を2回繰り返すよりいいかな♪ちょっとは「考えて」弾いているように聴こえるのでは?と思ってみたり。先生がなんとおっしゃるかわかりませんが。

こうやって左手だけの練習をしていると、今まで聴こえてこなかった音や旋律が聴こえてきますね!それを意識して弾けば、聴いてくださる方にも伝わるんじゃないだろうか?そんなことを思います。

シューマンは和声、音の重なりを大切に演奏しなくては、と思っているのでそういう部分を表現できたらいいな、と思います。

本番まであと少し。丁寧な練習を心がけていきます!


と言いながらも・・・新曲の譜読みをしたくてうずうず・・・。

リスト「森のささやき」が弾きたい!

たくさん無謀な曲が弾きたくて・・・ちょっと音にしては挫折(笑)

イタコンが終わったら何をレッスンに持って行こうか、妄想タイムが楽しい今日この頃です。発表会は献呈?????

来月の半ばまでゆっくり気持ちが休まることはありません・・・。頑張れ、私!

| | コメント (2)

2010年6月18日 (金)

更新しました。

http://kaoroon.cocolog-nifty.com/pianolesson/

|

2010年6月15日 (火)

第210回(6/15)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 18番 (3回目)

テンポちょっとあげて弾いてしまい・・・途中で撃沈・・・。 弾けないのにテンポあげるとは言語道断!えいやあ!

やはり、もっと慣れないとどうにもこうにも予習必須!ちょっと心を入れ替えなくてはいけません。

やる気の問題??????????

●バッハ イタリア協奏曲1楽章(1回目)

初バッハですよ!

あ、H先生に見ていただくのが、です!

献呈にしようか悩みましたが、昔から弾いていてある程度弾ける(と言ってもそんなに弾けないけど。献呈はもっと弾き込みが必要)という理由でイタコンにしました。はあ・・・やっと取り組めます!


Cimg0310


↑ちゃんと左手の音、伸ばす

Cimg0311


Cimg0312


↑あまりフレーズの指示が書かれていないので、調べて書き込みことに。元々春秋社版を使っていましたが、全音ピースを買い直しました。そしたら指示があまり書いていない!

「慣れていらっしゃるところは上手に弾けていますよ」と先生。もっと弾き込まないといけませんね。

さて、来週は本番前なので・・・シューマンを持って行きます♪

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

第209回(6/8)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 18番 (2回目)

通して弾く。


100608_151601_2


100608_151602_2


↑左手、音間違い・・・。

まだ慣れていない為、テンポもあげることができず。しっかり弾き込みすること。

しかし・・・いつも思うのだけれど。ちゃんと弾ける状態で持っていきたい、と。でもできないのは何故!?予習するのが遅すぎるのか!2曲同時に練習するのがいいのかもしれないなあ。音間違い以外はテンポあげてきてねーくらいしか言われなくなったので尚更・・・。

●ドビュッシー 沈める寺(3回目)

自分の中でもテンポあげて前向きに弾くことができた。先生も「雰囲気を味わって弾くことができている」とのコメント。

イスの伝説、場面はこうで・・・と調べたことを話しました。あとは弾き込み&いかにこの雰囲気を出して表現するか、です。

ページをめくって「他の前奏曲もいいですよねー」というお話から「好きな作曲家は誰でしたっけ?シューマンとリスト?リストもいいですね!ハンガリー狂詩曲とか・・・シューマンだったら献呈もいいですね」という話になり、これは・・・もしかして・・・。

「弾きたい曲が沢山おありだそうから・・・また持ってきてくださいね!」

ということでドビュッシーは終わり(笑)特に本番に向けていた訳ではないので、だいたいの雰囲気もわかったし、音色、表現を磨いていく曲だしグランドで一度弾いてみるものいいでしょう。また本番がある時に、一度見てもらうことにしようかな。

おおおおおおおおおおお!

何弾こう

8月まではシューマンと平行になるので小品を、ということになりそうです。

バッハのイタコン?シューマンの飛翔?献呈?あうあう!悩む〜恐らく、9月くらいの発表会の曲が決まるまでやる曲になりそうです。献呈ちょうど練習中だからいいんだけれど、発表会で弾きたいと思っていたのでどうかなあ?今から来年の2月まで献呈、というのはしんどいものね発表会を他の曲にするか?

しばらく悩みます・・・。

ところで!!!!

今日はシューマンの誕生日!

おめでとう〜ロベルト!!!!!!

夜9時半に産まれたそうです。

200年前の今日かあ〜感慨深いですね!

100608_151201

今日はシューマン聴いて、お祝いです


| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

第208回(6/1)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 18番 (1回目)

一度通して弾く。

ややこしくって弾けない(止まったり弾きなおししたりする)箇所があったのですが、なぜかレッスンの時はスムーズに弾けました。1回目にしてはなかなか・・・左手首がちょっと痛かったので、弾き終わってからなでていたら先生に心配されました

「昔、器械体操をしていて痛めたんです。ちょっと痛みが出たみたいです(肩こり&首の筋を違えてしまったのでそのせいかと)」

そしたら先生、「えええええええ!器械体操!?すごいですね!そう言えば運動神経よさそうですもんね!宙返りとかやってたんですか?平均台とかも!?」といたく感動されて(笑)しばらく器械体操の話になりました。やがて我に返り・・・「じゃあまた弾きこんでおいてくださいね」と楽譜を閉じました(笑)

さて、シューマンかドビュッシーか?というところで「息抜きにドビュッシーをしましょう」と先生。直前に練習室で練習しておいてよかった〜

●ドビュッシー 沈める寺(2回目)

通して弾く。

うーーーん・・・ドビュッシーは音色とか、どう表現するかが難しいですよね、という話になり・・・一体どこまでできたら終わりなのか全くわかんないですね、と返しておきました。きっと物語があるはず!水中に沈んでいた寺が上にあがってきてまた沈んでいく様子を描いた曲なのですが、どこであがってきてどう盛り上がって等、情景をイメージしながら弾くべきですね!ちょっと調べてきましょう、ということになりました。

物語はこうです。

http://ondine-i.net/column/column135.html

シューマンもやっているせいか、あまり身が入っていないのが正直なところ。10月に演奏会で弾こうかなーと思っているのでそれに間に合えばいいかな?(笑)

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »