« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

本番に臨む時の心構え。私の場合。

過去に書いた記事で、自分でも読み返す&この世の中の誰かの役に立つかもしれない!という主旨で「本番に臨む」為の記事を最新記事(上の方に)としてアップしておくことにします。

これらはあくまで私の経験上の話でありますし、個人差はあるだろうし、役に立たない場合もあるかもれません。そういうことを前提で読んでいただければ、と思います。

http://kaoroon.cocolog-nifty.com/dekoboko/2009/04/post-554c.html

http://kaoroon.cocolog-nifty.com/dekoboko/2009/12/post-254c.html

http://kaoroon.cocolog-nifty.com/dekoboko/2010/04/post-6842.html


この他にもみなさんの経験談とかがあれば、どうぞコメントをいただければ幸いです♪

みんなの知恵を合わせて「本番なんて怖くないやーーーい!ちくしょう!(笑)」な状態にしませんか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

第219回(8/31)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 19番 (4回目)

・メロディラインをきちんと出し、歌うこと。小指側の音が目立って音楽的でない!

・左手で迷っているところがあるので、そこをきちんと弾けるようにすること!

これが全て!

鍵盤をはたくのではなく(笑)乗せる!それを常に意識。

「もう1回やっておきましょうね」と言われましたが・・・はて、来週で終われるのでしょうか?

●バッハ イタリア協奏曲1楽章(8回目)

もうグダグダでした・・・。

左手が歌えない!

まあ、片手練習をきちんとやっていないからなんですが(だって・・・練習時間が取れなくってsweat02誰か私に時間をください)

歌っているつもりが、ただ単にタッチを優しくしただけ、とか(苦笑)左手が曲者ですわーーー。全てにおいて!

テンポあがらないのも!

ミスなく弾けないのも!

みーーーーーんな左手のせい!!!!!

プンプンannoy

実は、バッハの前に「発表会の曲決めないといけませんね」と話をふられ・・・気持ちはすっかり新曲にshine

ラフマに好感触だった先生。

「ちょっとチャレンジする感じで大きい曲にしませんか?コンクールじゃないので評価される訳でもありませんし♪」ということになり、ラフマは通常のレッスンでも弾けるじゃない、大きい曲は発表会でしか弾けない(こともないけど)のでバラード3番どうですかねえ?ときたもんだ!

しかし・・・

「幻ポロもいいですね!舟歌は?英ポロとか!」

先生!私のレベルわかってらっしゃいますか???????wobbly

一応、調子に乗って「ソナタはどうですか?」と言ってみましたが、バラード、スケルツォをやってからにしようか、という結論になり

「エチュードはどうですか?」と言ってみたら

「短いし・・・物足りないんじゃないですか?」と言われました。

大トリの宿命?

・・・てまだ決まった訳じゃないですが。

あーん、なんで私なんかが大トリなんだああああああああ!

「ブラームスのソナタもいいですね!グラナドスも華やかでいいですね!ベートーヴェンの後期ソナタとか!」と先生、かなーり妄想されて楽しそうですheart04

スケ3もいいんだけど、先日友達がインテンポで弾いているのを聴いて「難しそう、私には無理」と思ったし・・・やはりバラ3か!?

先生もまた考えてくださるようですが・・・。

めっちゃ弾きたい!!!!!!!!!!という曲は特にないんですよね。あれもいいな、これもいいな、という状態なもんで、なかなか決まらない!

グラナドスの演奏会用アレグロもいいなー、と思ってみたり。

ショパンのバラード3番ももちろんいいし・・・。

ああああああああああああああああああああ!

全く違う路線で考えてみるべきか?

ある程度の完成度はほしいですしね・・・無謀すぎるのはいかんでしょう。幻ポロって!舟歌って!

むーーーーーーりーーーーーーー!!!!!!!

いつか弾きたいけどさ、そりゃ。

またまた選曲ジプシー状態なのであります。

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

第218回(8/24)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 19番 (3回目)

直前に猛練習したせいか、うまく弾けた!でもこの

100819_095401


殺人的跳躍のところではモタモタしてました・・・。なんとなくは覚えた感じ。テンポアップしようと思ったら、暗譜必須ですね!

「左手をベースに、右手が乗っていてとてもいいです。慣れていないところをもっとしっかり練習して、テンポもう少しあげて仕上げていきましょう」と先生。来週に仕上がる自信はないけれど、頑張ります!

ツェルニー楽しいheart04(M?)

●バッハ イタリア協奏曲1楽章(7回目)

左手、マルカートで弾き過ぎ!フレーズを感じてもっと歌ってOK!

先日人前で弾く機会があったのですが、どうしてテンポあがるんですかね?「聴かれている、ちゃんと曲とし弾かなくっちゃ!遅いといけない」みたいな気持ちになって焦ってしまうのでしょうか?

「もう少し弾いて、仕上げましょうか」と言われました。

ま、そのうち発表会の曲に取り組むことになるので、あと少しで終了になると思います。

| | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

新曲に取り組む♪

この本番があるから、それに間に合うように曲を選んで練習する!

今までそうしてきたのですが・・・明らかに間に合う曲なら問題ないんですが、間に合うかどうかわからない曲に取り組むってなかなか心臓ドッキドキものですよね。

なにを隠そう・・・間に合わなくて曲を変えた人がここにいるんですけどねwobbly

自分の力量不足と、選曲のまずさを目の当たりにしました。

以前、O先生が「新曲に取り組む時は、ゆっくりと両手で間違わないように、自分に取ってベストポジションの弾き方で最後まで弾く、それを1日1回だけ弾いて、毎日繰り返していけば、いつか手に馴染んでくる時がくる。本番に合わせて練習するのではなく、本番が近づいてきた時に一番完成している曲を弾く」そんなことをおっしゃっていました。

まずは両手でゆっくりと間違わないように弾く、なんですが、これかなーり集中力がいります。3小節目で間違えたり平気でするんですよ。とほほほほ。一度でも間違って弾いてしまうと、脳にそれがインプットされ、修正するのに時間がかかるのです。頭ではわかっているんだけどーーーsweat01弾き直しクセがつくのを防ぐため、弾いていてわからなくなったらそこで止まって、正しい音を楽譜で確認してから音を出す、そうすればいいとのこと。もちろん、これはO先生のやり方ではあるんですが、説得力あります!1日1回しか弾かなくていいからできそうな感じだし、同時並行で他の曲もできるし、レパートリー増えるんじゃないですか?できるだけ音読みは1度やっておくと、後々楽チンheart02のようですし。なので弾きたい曲は、かたっぱしから音にしていっている今日このごろです。

そして、これをやっていくと自分でも「完成度あがる曲かどうか」というのが薄々わかってきます。ダメならやめればいいし・・・一番手の内に入りそうな曲を本番に弾けばいいんだな、と思うと気が楽です!「練習しなくっちゃ!完成させなくっちゃ!」という焦りとプレッシャーから解放されます。

本番が決まったらできるだけいろんな曲を音にして、弾く曲を決めていきたいです。レッスンに持っていくから弾ける、ではないですからね。自分の力量を見極めて、マイペースでやっていきます!

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

第217回(8/17)のレッスン

まずは、コンクールのお話。ねぎらいのお言葉をいただき、発表会の話になり・・・

「候補、決めているんです!!!!!!」

と早速yu-kiさん企画のランキングの曲名を伝えました♪

ラフマが一番感触よかったです。いつもいい選曲をされますね、と(笑)長さも丁度いいし、いいんじゃないでしょうか、とのこと。ショパンは「もうちょっと他に曲がありそうなものですが・・ポロネーズとか、英雄ポロネーズとか!?」

ええええええええええええええええええええええ!

昔は却下したのに。

しかも、今弾いてるんですよ、私。なので自分的に却下!(笑)

エチュードを持ち出したらきっと却下だろう。他になにがあるんですか?ショパン!バラ3スケ2がダメなんだったら、難曲ばかりじゃwobblyまた考えてみます、とおっしゃってましたが、さて???

リストはいろいろ話をしているうちに本番で弾くのは・・・ねえ〜coldsweats01という雰囲気になったので却下します。自分で勝手に弾いて、出来具合によって舞台に出そうか、という感じです。

ラフマになるのかな?

またゆっくり考えていきましょう!ということになりました。

●ツェルニー50番練習曲 19番 (2回目)

ちょっとテンポがあがったようで、弾けないところがとことん弾けていないsweat01指がちてこないし、まず覚えてないから弾けないんです(おい)

100819_095401

殺人的な跳躍・・・早く覚えてしまわないと!

慣れるまで時間がかかります・・・.繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し×100練習できたらいいのですが、できないし・・・誰か、私に時間をください。脳内練習かな。

●バッハ イタリア協奏曲1楽章(6回目)

通して弾く。だいぶん慣れてきましたね!と先生。直前の片手練習がきいたのか!

今は1音1音しっかり弾いており、縦刻みになっている。慣れてきたのであれば、横に流れる、フレーズ感を出すように弾いていくこと!

| | コメント (2)

舞台で弾きたい曲ランキング!!!2010

yu-kiさんの毎年恒例企画に参加します!

【概要】

*近い将来、人前で演奏する機会があるとしたら、どんな曲を弾きたい?

発表会・練習会など、シチュエーションは問いません。
もう選曲が決まっている発表会などがありましたら、その曲は除外させていただき・・・
その次の機会に弾きたいなぁーと思う曲をエントリーしてくださいね!

エントリーは、ベスト3・ベスト5・ベスト10など、何曲でもOK!もちろん、1曲でもOKです!!

ソロ・連弾・アンサンブルなど、演奏の形式は問いません^^
演奏時間にもこだわらず、自由な舞台を想定してくださいね^^

↑というものです!ここを見てくださっているそこのアナタ!是非ご参加くださいね!

で、去年は何を書いたかというと・・・

【1位】ショパン 英雄ポロネーズ
【2位】プロコフィエフ モンタギュー家とキャピレット家
【3位】シューマン=リスト 献呈
【4位】ベートーベンソナタ 月光3楽章
【5位】ショパン スケルツォ3番
【6位】ラフマニノフ 前奏曲 Op.32-5
【7位】シューマン 飛翔
【8位】バッハ イタリア協奏曲第1楽章
【9位】リスト 波を渡るパオラの聖フランシス・
【10位】グラナドス 演奏会用アレグロ

すごい、この1年、iPodの「お気に入り」に入れてずーーーっと聴いてきた曲ばかり!で、実現しそうな曲って・・・英ポロだけ!イタコンとパオラはレッスンでやりましたが・・・。

時期的に、来年の発表会=舞台、ということで候補曲を挙げてみたいと思います♪


【1位】

ラフマニノフ 前奏曲Op.23-5

ふふふ、yu-kiさんが2年ほど前に弾いてらっしゃいましたね。元々お気に入りの曲でしたが今頃マイブームに・・・。小山実稚恵さんのリサイタル行って目覚めました!長さも丁度いいし・・・昔「和音掴むのが得意だし、合っているのでは?」と先生に言われたんです♪どうかなあ?

【2位】

ショパン バラード3番

でたあああああ!ショパンですよ!珍しい?????

今年の春からレッスンで、と思ってたのですが「ノクターンとか他のやってからにしましょう」と先生に言われ、やっているうちにドビュッシーやらバッハに気が移り・・・。でもやっぱり弾きたい。長いから覚えるのがめんどくさそう(おい)

【3位】

リスト パガニーニによる大練習曲より第6曲「主題と変奏」



でました!リスト!!!!!!!

難しいので弾けるかどうかわかりませんが・・・弾きたい!!!!!カンパネラと組み合わせて弾いてみたいものです。(しんどいかな?)

【4位】

ショパン スケルツォ3番

でたあああああ!またもやショパン!

しかしテンポあがらないからきっと無理だと思います・・・。憧れということで。

【5位】

リスト 森のざわめき


↑ぎゃ!キーシン若い!かわいいheart04

これもテンポあがらないだろうなああ〜sweat01左手が〜wobbly

という結果でした。今年は5位までにしました。珍しくショパンが2曲もあります!レパにしておきたい2曲ですから♪(バラ2も弾きたいんですけどね・・・)無謀曲ならいくらでも挙げられるんですが(笑)最近は、舞台で弾く=完成度高く=手の内に入る曲という考えになっておりまして、なかなか無謀曲は挙げられない感じです。なんとか1位2位くらいの曲は弾きたいな、と思っております。3位以下は練習モード、お遊びモードで弾き散らかすのもいいですね。一応全て音には一通りしてみてはいます。完成度あがる曲にするつもりです。弾きこまないとわかんないですよね〜sweat01

しかし秋に英ポロを控えているのであえてショパンはやめるか、それとも音型が似ているのがあるのであえてやるか・・・。

と言いながら全く違う曲になったりして!(笑)

冷静になって考えるいい機会ができました。yu-kiさん楽しい企画をどうもありがとうございました♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年8月11日 (水)

コンクール本選受けてきました

コンクールを受けてきました。曲は、もう弾き飽きたシューマンの「ウィーンの謝肉祭の道化 アレグロ」です。

先月、PTNAで弾いて・・・コンペ初挑戦で、収穫はあったものの「ピアノを弾く」という事自体にいろいろ疑問や悩みが出てきて、すっかりモチベーションが下がっていました。シューマン自体、コンペ終わってから全然弾いてなかったんですよ。で、重い腰をやっとこさ上げて、先週のレッスンに持っていき最後のレッスン。慣れきってしまった故に、弾き飛ばしていたり、注意されていたことを忘れていたり・・・・。ぎゃああ〜!そして今日まで全く緊張もせず「ああ、明日だったっけ?」くらいの気持ち。

おーーーい!大丈夫か!私!ピアノへの情熱がなくなってしまったのかい?

燃え尽きた???

そうそう、丁度1年前に、お友達のPTNAでの活躍を見ながら「いいなー、私もああいう風に目標もってピアノに燃えたい!自分の立ち位置を確認したい!」という思いで、まずはアールンピアノコンクールから受ける事にしたのです。まあ・・・広き門でしたからあれよあれよと言う間に全国に行って、凹み・・・PTNAでは出演者とのコミュニケーションが取れてそれに喜び、結果に凹み・・・で、今回。コンクール受ける毎に凹むんだったらもうやめたらいいのに、出るのやめようかなーとちょっと思ったりしたんですが、なんとか気持ちを持っていきました!

なんでこんなしんどい思いをしてピアノ弾かなきゃいけないんだろう?楽しく弾きたいだけなのに。

そういう考えが、アールンの全国終了あたりから頭の隅にありました。

自分にとって背伸びの曲の完成度をあげるのは無理です!ある程度までは弾けても、自分が理想とするものにならないし、評価もいただけない。でもチャレンジ精神だけはあるのでイケイケドンドンするものの、結果とのギャップに苦しむんです。気合いだけでピアノは弾けないって!(笑)それに・・・舞台で弾いていても楽しくないんです。「こう弾きたい」じゃなくて「こう弾かなくては」になっているからでしょうね。

そんな自己分析をしていたら、なんか・・・大曲に挑むのも面倒くさくなってきました・・・。弾きたい曲があっても「完成度あがるか、人前で弾くに耐えられるレベルになるか」ばっかり考えてしまいますわ〜。低迷期に突入〜!またみなさんの演奏を聴いたりお話したらモチベーションあがるかなあ?

と、前置きが長くなってしまいましたねcoldsweats01

今日の演奏・・・冒頭の和音のアクセントをしっかりつける、ということを先生に注意されたのでそれを意識して弾きました。そしたら焦ったり、流れることなくいい感じで始められました。しかし思いもかけないところでわかんなくなって弾き直ししてなんとか気を取り直しました。しかし「鍵盤はツヤツヤだなー」とか「あそこうまく弾けるかな?あかんあかん、今はここに集中!」と相変わらずの雑念のオンパレードです。手首を柔らかく、もっと腕を使って、など意識して弾きたかったのに、そんな余裕は後半の最後の方でしか出てきませんでした・・・。

なんか、心のこもってないシューマンだったなー、ただ弾いただけ、みたいな。ま、講評貰えるだけでいいっか〜。

私が受けたのは「アマチュア部門」なんですが、私1人だけでした。平日に本選って・・・普通の大人は来れませんもんね。部門ごとに賞があるようです。1位、2位、3位、優秀賞、奨励賞、入選というもので、どれかはいただける、という感じです。結果、私は「奨励賞」でした。ま、優秀じゃないしー、おばさんガンバって弾いてたから奨励賞でもあげよーか、そんな感じでしょう(笑)喜んでいいのか悪いのか、全くわかりません。講評も点数は書かれてませんでした。なのでボーダーラインがある訳でもなさそうです。他に出場者がいたら結果はまた変わっていたことでしょう。でも賞状をいただく時に、審査員の先生に「これからもガンバってくださいね」と言われたのはちょっと・・・いえ、とても嬉しかったです。それまで無表情でしたが笑顔になれましたから!

今日の、今年のこの経験が、いかせるように、また日々努力したいと思います。

まずは、弾きたい曲を楽しく、マイペースに弾いていくことにします。「こうしなくてはいけない」とかそういうものに縛られたくありません。そして、自分の手の内に入る曲と出会えた時、またコンクールに挑戦したいと思います。どうせ出るなら結果も欲しいですもんね〜。(欲張り&身の程知らずと言ってやってくださいcoldsweats01)もっと自信を持って弾けるようにしないといけないな〜。結果がついてくるともっと面白くなるんでしょうが、今は凹むための材料にしかならない〜!

また練習会でお会いするみなさん、私にパワーをくださいね!

| | コメント (4)

2010年8月 3日 (火)

第216回(8/3)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 19番 (1回目)

この一週間、なかなか練習できる時間がなく・・・体調も悪かったのでどうなることかと思いましたが、予習していてよかった!なんとか弾けました。もちろんゆっくりですが・・・。

「音読みもできているし、脱力もできているので慣れていってください」ということでした。

慣れてくると鍵盤をはじいたりしてしまうので気をつけないと!安定した演奏をしなくては!

さて、今日は・・・来週にシューマンを弾くのでまた見ていただきました。と言っても、2日ほど前に練習再開した程度で最初は指が動かなかったんですよ。直前の練習でなんとか・・・。それにモチベーションもさがっていたので、先生に見ていただき気合いを入れる意味でも見ていただきました。

慣れ切って、余裕がでてきたせいでだいぶ乱れてきています。

100511_212901


↑2小節目にあるアクセントしっかり!和音を響かせる!横に流れようということだけ意識して縦を意識できていない。メロディラインも聞こえない!

最悪〜wobbly

100529_211601

↑ここ、テクニックで弾こうとしている。音の長さや歌うことを意識していないので音が切れたりしているcoldsweats02


100529_211602

↑拍を感じて!


後半は問題なく進みました。途中で時間切れになったんですが・・・しばらく弾いてないとダメダメですね。だんだん思い出してきました!今日注意されたことを意識して練習をします!

これでシューマンを弾く本番はないので・・・レッスンも本当に最後。ああ、長かった〜!早く本番追われ〜!

来週はお休みです。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »