« 第217回(8/17)のレッスン | トップページ | 第218回(8/24)のレッスン »

2010年8月21日 (土)

新曲に取り組む♪

この本番があるから、それに間に合うように曲を選んで練習する!

今までそうしてきたのですが・・・明らかに間に合う曲なら問題ないんですが、間に合うかどうかわからない曲に取り組むってなかなか心臓ドッキドキものですよね。

なにを隠そう・・・間に合わなくて曲を変えた人がここにいるんですけどねwobbly

自分の力量不足と、選曲のまずさを目の当たりにしました。

以前、O先生が「新曲に取り組む時は、ゆっくりと両手で間違わないように、自分に取ってベストポジションの弾き方で最後まで弾く、それを1日1回だけ弾いて、毎日繰り返していけば、いつか手に馴染んでくる時がくる。本番に合わせて練習するのではなく、本番が近づいてきた時に一番完成している曲を弾く」そんなことをおっしゃっていました。

まずは両手でゆっくりと間違わないように弾く、なんですが、これかなーり集中力がいります。3小節目で間違えたり平気でするんですよ。とほほほほ。一度でも間違って弾いてしまうと、脳にそれがインプットされ、修正するのに時間がかかるのです。頭ではわかっているんだけどーーーsweat01弾き直しクセがつくのを防ぐため、弾いていてわからなくなったらそこで止まって、正しい音を楽譜で確認してから音を出す、そうすればいいとのこと。もちろん、これはO先生のやり方ではあるんですが、説得力あります!1日1回しか弾かなくていいからできそうな感じだし、同時並行で他の曲もできるし、レパートリー増えるんじゃないですか?できるだけ音読みは1度やっておくと、後々楽チンheart02のようですし。なので弾きたい曲は、かたっぱしから音にしていっている今日このごろです。

そして、これをやっていくと自分でも「完成度あがる曲かどうか」というのが薄々わかってきます。ダメならやめればいいし・・・一番手の内に入りそうな曲を本番に弾けばいいんだな、と思うと気が楽です!「練習しなくっちゃ!完成させなくっちゃ!」という焦りとプレッシャーから解放されます。

本番が決まったらできるだけいろんな曲を音にして、弾く曲を決めていきたいです。レッスンに持っていくから弾ける、ではないですからね。自分の力量を見極めて、マイペースでやっていきます!

|

« 第217回(8/17)のレッスン | トップページ | 第218回(8/24)のレッスン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第217回(8/17)のレッスン | トップページ | 第218回(8/24)のレッスン »