« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

来年弾きたい曲

一年早すぎです!!!!!!

あと少しでショパン&シューマンのメモリアルイヤーが終わってしまうwobbly

という訳で、恒例の「来年弾きたい曲」企画です!


【ここから詳細】

あなたが来年弾こう!と思っている曲、チャレンジしようと思っている曲ベスト5もしくは5曲を日記に書いてトラバしてください!トラバ機能停止中や、わからない方はここに書き込んでいただいてもOKです!
弾き散らかし&夢レベルの曲でもOKです。ベスト10でもOKです。
皆様の参加をお待ちしておりまーーーす!
初めましての方、大歓迎ですよーーー!参加宣言なんてしなくっても大丈夫ですのでどんどんトラバしちゃってください!

弾く=本番、舞台で弾かなくてもOKです。音読みや練習をしてみたいなーと思っている曲でもOKです。

12/31までトップにあげておきます♪

| | コメント (19) | トラックバック (1)

2010年12月21日 (火)

第233回(12/21)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 22番 (1回目)

譜読み、音取りはきちんとできている。

101221_134201_2

4と5はしっかり落として打鍵!

う〜ん、これテンポあげるの大変そうです。

●ショパン バラード3番(11回目)

通して弾く。だいたい、どこがまずいのかはっきりしてきた。その部分を集中的に練習すればよい、ということです(笑)


101221_134401_2


101221_134402


しっかりと弾く!ミスしたり、和音が不明虜なのはだめ。

101221_134403_2


左手、覚える事。

広範囲に手を広げないといけないから大変!


101221_134301


なぜか右手が余ったり・・・(笑)ちゃんと覚えなくっちゃ!

101221_134404


音間違い!先生が「なんかおかしい」って指摘してくださいました。「さすが先生!耳がいいですね!」と褒めちぎる私(笑)

とにかく、ブロックに分けて、ゆっくり練習など重ねていくしかないな。ベースのどの音を強調するのか、など始めていっているので、きれいに音楽になるといいな♪

年末年始で2週間お休みです!

| | コメント (2)

2010年12月20日 (月)

今年を振り返る

もう今年も残すところあと僅かですね!

1年前は「のだめの映画が公開された〜heart04」とかなり騒いでいたようなsweat01もうあれから1年ですか。早いですね。

そう、まだまだ先だと思っていても、必ずその日はやってくるのです!ピアノの本番然り、楽しいこと、辛いこと、なにもかも全て。

さて、今年はこのブログの更新がかなり疎かになっていたこと、そして、リンクさせていただいているお友達のところにもなかなか行けなかったこと・・・。お許しください。来年はもっとがんばりますshine

さて、今年を振り返ってみましょう。

今年取り組んだ曲。


○シューマン ウィーンの謝肉祭の道化 アレグロ
○ショパン ノクターン7番
○ドビュッシー 沈める寺
○バッハ イタリア協奏曲1楽章
○ショパン バラード3番
○ショパン 英雄ポロネーズ
○ショパン ピアノ協奏曲1番1楽章オケパート 

多いのか、少ないのか・・・よくわかりませんが。全て人前で弾きましたshine

来年は、マイペースに、無理なくピアノに取り組みたいと思います。

○弾きたい曲はとにかく音にしてゆっくり弾き、自分のものになるか見極める
○本番合わせに選曲をして練習するのはやめる
→本番には、一度完成させたもの、もしくは完成しそうなもののみ出す

これを厳守したいと思います。

ようするに「この日に弾きたいから新しい曲に取り組む、どこまで弾けるようになるかは未知数」というのをやめます。精神的に追い込まれるだけですからねsweat01その為に、弾きたい曲は1日1回でいいから最後までゆっくり弾いて、完成度があがるかどうかを見極めることをやりますshine

妄想するのはもちろん楽しいのですが・・・本番では自分の首は絞めたくないですし、安心して弾ける曲にしたいところ。そのために、過去の曲もさらっていこうと思っています。

早速これらを練習開始!

○ショパン 練習曲Op.10-3
○ショパン 練習曲Op.10-12
○ショパン スケルツォ3番
○ショパン ピアノ協奏曲第2番1楽章 ピアノパート
○シューマン 夜曲第3番

あれ?ショパンばっかり!なんで?(笑)※シューマンは弾くことが決まっています

いつかどこかで弾けるといいなあ♪

それ意外に、気になる曲はどんどん音にしていきます。弾けるようになるかどうか見極める為にね!

来年はどんな曲に出会えるのか、楽しみで仕方ありませんheart04

| | コメント (2)

2010年12月14日 (火)

第232回(12/14)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 21番 (6回目)

通して弾く。

先生曰く・・・普段電子ピアノでの練習のせいか、鍵盤を叩くクセがあるとのこと。叩かないと音がでない、鍵盤の重み?途中のひっかかりの部分を感じることができないのが原因だとのこと。もっと生ピアノで練習できたら違ってくるのでそゆが、環境的にそれは無理なので・・・仕方ないかなあ〜。細かいニュアンスの違い、音色などの表現も限られてきます。家では指をハメる練習をして、生ピアノを弾く機会がある時は、鍵盤、タッチの違いを意識して弾くことも大切であることを言われました。

そうか・・・そんなに叩いているのか?????

今回で21番は終了。次は22番!23番が大好きなので、今から練習していこうっと!やっぱり指が慣れるまで、1ヶ月はかかるので先へ先へ練習は進めておかなくては・・・。

●ショパン バラード3番(10回目)

1度通して弾く。

後半はまだテンポはあげない方がいい。だって、ぐちゃぐちゃになるんだもん(笑)

先週と同じような箇所で細かい指摘を受ける。とにかく慣れていかないことには曲にもならないbombだめだなー。集中練習が必要です。

今までもそうだけれど「イメージを持つ」というのは大切sadそしてそれは「ピアノは指ではなく頭で弾くものなのだ」と感じる瞬間です。そのイメージが明確になってきたら、進化は早いと思うのだけど・・・。

そろそろ暗譜もしていかないと。今のところまだ3ページくらいしかできていません。やばい!同時進行で頑張ります!

| | コメント (2)

2010年12月 9日 (木)

金子剛 リサイタルのお知らせ

私が所属している「ショパニスト関西」が応援している、若手ピアニスト金子剛さんのリサイタルのお知らせです!


北新地 サロン・ド・アヴェンヌにて

http://www.avene-music.com/cgi-bin/avene-music/siteup.cgi?category=2&page=0

[日時]
12/10(金) 開場19時 20時〜 21時30分〜
※二部に分けて演奏されます。

[料金]
3,500円(1ドリンク・おつまみ付)

曲目

ラヴェル「クープランの墓」 ドビュッシー「亜麻色の髪の乙女」 シューマン「幻想曲」他

今年大学を卒業したばかりのフレッシュでイケメンの金子くんheart01

ラヴェルが好きなだけあって、優しい音色を奏でられます!

この機会にどうぞnote

Kanekotsuyoshi1


※写真はご本人の許可を得て掲載しています

[プロフィール]
大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
同大学卒業演奏会に出演。第30回、高槻市新人演奏会に出演。

在学中、幸楽会アンサンブルコンテスト2007にて金賞受賞。
小田野宏之指揮のもと、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団とモーツァルトの「ピアノ協奏曲第20番K.466」を共演。
第11回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA、近畿・大阪地区大会 大学生部門にて奨励賞受賞。
リー・チェン、J・J・クロプフィッチュ、上田晴子、各氏の公開レッスンを受講。

これまでに鈴木あき、壽惠由希子、川上孝子の各氏に師事。現在、ヤマハPMS講師

ピアノ演奏会 | | コメント (0)

私のピアノ遍歴 (長いです!)

生後2~3ヶ月頃からヘッドホンをして音楽を聴き始める。←写真が残っているんですよw
何を聴いているかわかりませんが、父も音楽好きだったので、きっと積極的に聴かせていたのだろうと思います。

幼稚園に行くか行かないかくらいの頃から童謡のレコードを聴き倒す!母曰く「鼻の穴をふくらまして真剣に音楽聴いていた」とのこと。歌うのも大好きな子供時代でした!その頃、父はエレクトーンを習っていたのですが、私が生まれてエレクトーンを売って、Y社のアップライトピアノを購入しました。私の為に・・・かな?

幼稚園の頃にY音楽教室に通い、グループレッスンを受けていました。今で言うところの「幼児科」みたいなもんでしょうか?それと同時にピアノも習い始めました。友達がピアノを習っていて「私も習いたい」と言ったそうです。赤バイエルを半年で終え・・・黄バイエルもさくさく進んでいったそう・・・。その後、専門コースに進むかどうか?と聞かれたのですが私は「行かない」といったそうです。
小2くらいの子供に聞いてもわからんってね~。母も電車で5つくらい先のところにわざわざ連れていかないと行けないのが大変だったそうで、強引に行かせようとも思わなかったみたいです。もし行ってたら、また人生変わってただろうか?????

小3の時に引っ越しをして、新しい先生につきました。そこでもY音楽教室だったんだけどね・・・。最初に教えていただいた先生はとっても厳しく、なかなか○をもらえなかった記憶があります。グレード試験を受けるため、ソルフェージュや聴音、初見などなどいろいろやらされました。私も練習嫌いだったので、レッスンの当日行く前に初めて楽譜を開いて、初見で練習して終わり~、なんてことはザラ!なのでバッハなんて全然弾けなかったです。
父が「乙女の祈り」と「エリーゼのために」が弾けたので「いつか私も弾きたいな」と思ってちょこっと練習したりしていました。父に何か弾くように言われると「間違うかもしれないけど・・・」と言って弾こうとすると「そんなことは言わなくてよろしい!」といつも言われていました。だって~(笑)

●小3~6年あたりにやっていた曲

ハノン、ソナチネアルバム1と2、ツェルニー100番練習曲、30番練習曲、バッハインベンション

●発表会で弾いた曲(覚えているもののみ)

ソナチネアルバムより クーラウのソナチネOp.55-2
メンデルスゾーンの歌の翼に

この頃、ピアノと平行して、地元の少年少女合唱団に入っていました。パートはメゾアルト~♪小学校卒業とともに行けなくなりましたが、楽しい思い出でした。

●中1~2年あたりにやっていた曲

ソナタアルバム1,バッハインベンション、ツェルニー30番練習曲、40番練習曲

●発表会で弾いた曲(覚えているもののみ)

湯山昭 日曜日のソナチネ

その頃の憧れの曲はなんといっても「幻想即興曲」
最初の数小節しか弾けなくて(笑)「なんでこんなに難しいの!?」とびっくりした覚えが。しかし同級生で弾ける女の子がいて、羨望の眼差しで見ていました。演奏を聴いたことはないんですけど・・・。

ある時「子犬のワルツ」を課題に出されたんですが、どんな曲かよくわからない&練習はしない&♭いっぱいついていて訳わからない!ということで途中で「もうやめましょう」となりました。とほほのほ。初ショパンの思い出はこれですよ(笑)

さて、中学3年生になって、一応受験という名目でピアノをやめてしまいました。なんか惰性でレッスンに行ってたものだったし、ピアノよりマンガに夢中になっていた時期でした♪

高校3年間はピアノとは無縁!月に1~2回くらいは弾いていた気もするけれど、器械体操に夢中になっていたのでそれどころではありません。手首痛めたり、ピアノとは正反対のことをしていました。それから短期大学に進学。友達に「スケルツォ2番」を弾く子がいて、よく聴かせてもらったものです。その友達が「幻想即興曲」が弾ける、というのでお願いして弾いてもらい、ますますこの曲への憧れが強くなりました。その頃私はというと、ソナタアルバム1や悲愴の3楽章を弾いていました。先生に習っていなかったのですが、周りの上手な友達を見ているとやはり習いに行きたい!という気持ちが強くなってきました。

そんな時に、新聞の広告ちらしにはさまっていた近所の個人の先生のところに習いに行くことにしました。この時やっていたのは

●ツェルニー 40番練習曲、ベートーヴェンソナタ6番、1番、5番、ショパンマズルカOp.33-4 ワルツ9番、10番 ドビュッシー アラベスク1番

1年しないくらいに先生が引っ越ししてしまって、また先生探しをしなくてはいけなくなりました。その時、近所の人の紹介でとある先生に習いに行きます。紹介制でないと習いに行けない先生でした。初めてのレッスンの時に、ツェルニー40番の後半の方よ、なにかを弾いてのですがそれを聴いて「もう一度、30番とソナチネからやり直しましょう」と言われました。とほほ~。一からやり直しましたよ。それが本当につまらなくてですねー。でも基礎ができていなかったんでしょうね。ある程度進んできたらブルグミュラー18の練習曲などもやりました。

●発表会で弾いた曲

ショパン ワルツ14番

この頃、仕事では土日に休みが取れなかったので、1回しか発表会には出れませんでした。なのでずーーーっといろんな曲を与えられるがままに弾いていました。

【ベートーベン】
ソナタ/1番・5番・6番・8番・12番・13番・14番・15番・17番・18番・20番・21番(1楽章だけ、全楽章さまざま)
変奏曲/Op.76・『ゴッド・セイヴ・ザ・キング』の主題による7つの変奏曲
【ショパン】  
ワルツ/Op.18(1番)Op.34(2番)Op.34(3番)Op.64-1(6番)Op.69-1(9番)Op.69-2(10番)遺作(14番)
マズルカ /Op.33-4
即興曲/Op.29(1番)Op.66(幻想即興曲)
ポロネーズ/1番
前奏曲/1番・3番・4番・6番・7番・15番
【シューベルト】   
即興曲/Op.90-2 Op.90-4 Op.142-3
【シューマン】    
子供の情景全曲 
謝肉祭全曲
【ドビュッシー】   
アラベスク1番・2番 
こどもの領分 
雨の庭
【モーツアルト】   
ピアノ協奏曲ニ短調
きらきら星変奏曲
ソナタK311 1楽章
【ドボルザーク】   
スラヴ舞曲(連弾)
【メンデルスゾーン】 
無言歌集 3番・狩人の歌 
12番・ベニスのゴンドラの歌 
15番・詩人のハープ 
30番・春の歌 
34番・紡ぎ歌 
ロンド・カプリチオーソ 
【ウェーバー】    
舞踏会への勧誘 華麗なるロンド
【グリーグ】     
小品集/5番・ワルツ 
8番・夜番のうた 
10番・船乗りの歌 
14番・まぼろし 
22番・蝶々 
24番・春に寄す 
25番・こびとのマーチ 
26番・トロルドハウゲンの婚礼の日
【リスト】      
愛の夢
【チャイコフスキー】 
四季 5月9月以外
【バッハ】      
インベンション 全曲
シンフォニア 1・3・5・6・8・10・11・15

これだけやりました。次から次へと曲を与えられ、はいはい、と弾き続けただけですがね。今ほどの情熱はなかったと思います。そしてついに憧れの「幻想即興曲」をいただいた時の嬉しさったらありません!それから「愛の夢」も!まさかこの私が弾けると思っていなかったのでびっくりしました。

この頃の憧れの曲は「ラ・カンパネラ」

アンドレ・ワッツの演奏会のビデオを父と見ていたら、あまりのテクニックのすごさに大喜び!「いつか弾けたらいいなー」と漠然と思っていました。

そして転勤があり、いつものレッスンの時間に行けなくなりました。こういう時「やめる」と言えず「仕事が忙しくなったのでお休みします」と言ってフェイドアウトな私・・・。

それからピアノとは無縁の日々を送っていたのですが、姪っ子がピアノを習い始め、発表会やらコンクールに出始めました。その時に弟がドビュッシーの「ピアノのために プレリュード」を気に入り「姉ちゃん、こんな曲弾けないやろ?」と私に言い放ちました。私はそれを聞いて「なんとしてでも弾いてやるぅぅぅ!」と奮起!自分で練習を始めました。家には、夫から譲り受けたシンセサイザーしかなく(コルグのT1というピアノタッチシンセ)たまには本物のピアノを弾きに行こう!と、近くに練習できるところがないかいろいろ探しました。そしてM楽器Y音楽教室のピアノを2~3回使用させていただいていた時に、受付の方から熱烈なラブコールがありレッスンに通うことになりました。最初のレッスンにはピアノのためにプレリュードと、クラーマー=ビューローの1番を持っていきました。

タッチはしっかりしているし、きちんと弾けていますよ♪と言われたかな?そして選曲の時に「ショパンのソナタ2番が弾きたいんです」と無謀にも先生に言いました。先生は「まずは、スケルツォ、バラードあたりをやること、そしてクラーマー=ビューローをもう少し進めてからにしませんか?」とおっしゃいました。そりゃそうだよねーーー。という訳で憧れの曲の一つでもあった「スケルツォ2番」に決めました。もう嬉しくて嬉しくて、帰りに鼻歌歌いながら帰ったような(笑)天にも昇る気持ちでした。ああ、初々しい!それからブログを始め、次の年の始めにお友達のブログを通じて大阪在住のピアノ弾きの方と出会い、ピアノサークルに入り、mixiも始め、東京行ったり名古屋行ったり、だんだんとピアノの輪を広げていったのでした。

今の私があるのは、弟のお陰かもしれません・・・

再開して弾いた曲

●ショパン スケルツォ2番
●ショパン バラード1番
●ブラームス ラプソディ1番
●ベートーヴェン 悲愴1楽章
●リスト ラ・カンパネラ
●リスト ハンガリー狂詩曲2番(かじった程度)
●シューマン 幻想曲1楽章
●ドビュッシー ピアノのためにプレリュード(発表会の候補にしたがやめた)
●リスト エステ荘の噴水
●ラフマニノフ 鐘の前奏曲
●モーツァルト ソナタK311 1楽章
●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化 アレグロ
●ショパン ノクターン 7番
●ドビュッシー 沈める寺
●バッハ イタリア協奏曲1楽章
●ショパン バラード3番(ただいま取組中)
●ハイドン ソナタ Hob:XVI/37 1楽章
●ショパン ノクターン20番
●グリーグ ソナタ1楽章
●リスト 波を渉パオラの聖フランシス
●ショパン 英雄ポロネーズ

これ以外でも独学でちょろちょろと弾いた曲はいろいろあります。

大曲、難曲が弾けるようになる(ま、音にできるようになるっつーレベル)のが嬉しくって、再開して最初の頃は半年に1曲ペースでしたが、完成度も重要であることを最近やっと実感し(遅い)選曲に頭を悩ますこともしばしば・・・。でもまあ、基本的には、好きな曲、弾きたい曲をやっていきたいので、マイペースにコツコツやってきます。

長文におつきあいいただき、ありがとうございました!

| | コメント (4)

2010年12月 7日 (火)

第231回(12/7)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 21番 (5回目)

先週の課題の脱力、これはクリアできるようになりました。ミスしがちな箇所も慣れてきたし♪


Cimg0467

ここですね、ミスしがちな箇所。

ここは1音づつしっかり弾くのではなく流れるように弾くこと。

「テンポどうします?もうちょっとあげたら流れがでますよ。テンポあげて仕上げて終わりましょう!」ということでもう1週やることにsweat01

22番の予習もやっておこう。

●ショパン バラード3番(9回目)

最後まで通す。後半が弾きづらいのは変わりなくsweat01

Cimg0462

親指の音が強すぎる。なので均一にきこえない。もっとソフトタッチで弾くこと。

Cimg0463


Cimg0464

この2つの箇所。

同じ旋律がでてくるけれど、1回目と2回目で違うを出すこと。2回目のほうが明るい感じかな?

Cimg0465


ここが難関!でもだいぶん覚えたんだけどなー。

Cimg0466


今のままだとテンポあげると崩れてしまうので、ゆっくり練習と縦の響きを感じて弾くこと。

ちょっとテンポあげて最初から弾いてみました。うん、途中まではいい感じ!そこで時間切れ。

まだ慣れていない箇所の繰り返し練習と、曲想をつけていくこと、がんばります!

| | コメント (0)

2010年12月 5日 (日)

英雄ポロネーズ

初公開です。

本当はまだまだの出来なのですが・・・sweat01

小事故、崩壊、いろいろやっています・・・

これは通過点ということで、大きな心で見てください!

もっと弾きこんで、完成度あげたいですわ。

http://www.youtube.com/watch?v=czF4aSkQZw0

| | コメント (6)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »