« 第231回(12/7)のレッスン | トップページ | 金子剛 リサイタルのお知らせ »

2010年12月 9日 (木)

私のピアノ遍歴 (長いです!)

生後2~3ヶ月頃からヘッドホンをして音楽を聴き始める。←写真が残っているんですよw
何を聴いているかわかりませんが、父も音楽好きだったので、きっと積極的に聴かせていたのだろうと思います。

幼稚園に行くか行かないかくらいの頃から童謡のレコードを聴き倒す!母曰く「鼻の穴をふくらまして真剣に音楽聴いていた」とのこと。歌うのも大好きな子供時代でした!その頃、父はエレクトーンを習っていたのですが、私が生まれてエレクトーンを売って、Y社のアップライトピアノを購入しました。私の為に・・・かな?

幼稚園の頃にY音楽教室に通い、グループレッスンを受けていました。今で言うところの「幼児科」みたいなもんでしょうか?それと同時にピアノも習い始めました。友達がピアノを習っていて「私も習いたい」と言ったそうです。赤バイエルを半年で終え・・・黄バイエルもさくさく進んでいったそう・・・。その後、専門コースに進むかどうか?と聞かれたのですが私は「行かない」といったそうです。
小2くらいの子供に聞いてもわからんってね~。母も電車で5つくらい先のところにわざわざ連れていかないと行けないのが大変だったそうで、強引に行かせようとも思わなかったみたいです。もし行ってたら、また人生変わってただろうか?????

小3の時に引っ越しをして、新しい先生につきました。そこでもY音楽教室だったんだけどね・・・。最初に教えていただいた先生はとっても厳しく、なかなか○をもらえなかった記憶があります。グレード試験を受けるため、ソルフェージュや聴音、初見などなどいろいろやらされました。私も練習嫌いだったので、レッスンの当日行く前に初めて楽譜を開いて、初見で練習して終わり~、なんてことはザラ!なのでバッハなんて全然弾けなかったです。
父が「乙女の祈り」と「エリーゼのために」が弾けたので「いつか私も弾きたいな」と思ってちょこっと練習したりしていました。父に何か弾くように言われると「間違うかもしれないけど・・・」と言って弾こうとすると「そんなことは言わなくてよろしい!」といつも言われていました。だって~(笑)

●小3~6年あたりにやっていた曲

ハノン、ソナチネアルバム1と2、ツェルニー100番練習曲、30番練習曲、バッハインベンション

●発表会で弾いた曲(覚えているもののみ)

ソナチネアルバムより クーラウのソナチネOp.55-2
メンデルスゾーンの歌の翼に

この頃、ピアノと平行して、地元の少年少女合唱団に入っていました。パートはメゾアルト~♪小学校卒業とともに行けなくなりましたが、楽しい思い出でした。

●中1~2年あたりにやっていた曲

ソナタアルバム1,バッハインベンション、ツェルニー30番練習曲、40番練習曲

●発表会で弾いた曲(覚えているもののみ)

湯山昭 日曜日のソナチネ

その頃の憧れの曲はなんといっても「幻想即興曲」
最初の数小節しか弾けなくて(笑)「なんでこんなに難しいの!?」とびっくりした覚えが。しかし同級生で弾ける女の子がいて、羨望の眼差しで見ていました。演奏を聴いたことはないんですけど・・・。

ある時「子犬のワルツ」を課題に出されたんですが、どんな曲かよくわからない&練習はしない&♭いっぱいついていて訳わからない!ということで途中で「もうやめましょう」となりました。とほほのほ。初ショパンの思い出はこれですよ(笑)

さて、中学3年生になって、一応受験という名目でピアノをやめてしまいました。なんか惰性でレッスンに行ってたものだったし、ピアノよりマンガに夢中になっていた時期でした♪

高校3年間はピアノとは無縁!月に1~2回くらいは弾いていた気もするけれど、器械体操に夢中になっていたのでそれどころではありません。手首痛めたり、ピアノとは正反対のことをしていました。それから短期大学に進学。友達に「スケルツォ2番」を弾く子がいて、よく聴かせてもらったものです。その友達が「幻想即興曲」が弾ける、というのでお願いして弾いてもらい、ますますこの曲への憧れが強くなりました。その頃私はというと、ソナタアルバム1や悲愴の3楽章を弾いていました。先生に習っていなかったのですが、周りの上手な友達を見ているとやはり習いに行きたい!という気持ちが強くなってきました。

そんな時に、新聞の広告ちらしにはさまっていた近所の個人の先生のところに習いに行くことにしました。この時やっていたのは

●ツェルニー 40番練習曲、ベートーヴェンソナタ6番、1番、5番、ショパンマズルカOp.33-4 ワルツ9番、10番 ドビュッシー アラベスク1番

1年しないくらいに先生が引っ越ししてしまって、また先生探しをしなくてはいけなくなりました。その時、近所の人の紹介でとある先生に習いに行きます。紹介制でないと習いに行けない先生でした。初めてのレッスンの時に、ツェルニー40番の後半の方よ、なにかを弾いてのですがそれを聴いて「もう一度、30番とソナチネからやり直しましょう」と言われました。とほほ~。一からやり直しましたよ。それが本当につまらなくてですねー。でも基礎ができていなかったんでしょうね。ある程度進んできたらブルグミュラー18の練習曲などもやりました。

●発表会で弾いた曲

ショパン ワルツ14番

この頃、仕事では土日に休みが取れなかったので、1回しか発表会には出れませんでした。なのでずーーーっといろんな曲を与えられるがままに弾いていました。

【ベートーベン】
ソナタ/1番・5番・6番・8番・12番・13番・14番・15番・17番・18番・20番・21番(1楽章だけ、全楽章さまざま)
変奏曲/Op.76・『ゴッド・セイヴ・ザ・キング』の主題による7つの変奏曲
【ショパン】  
ワルツ/Op.18(1番)Op.34(2番)Op.34(3番)Op.64-1(6番)Op.69-1(9番)Op.69-2(10番)遺作(14番)
マズルカ /Op.33-4
即興曲/Op.29(1番)Op.66(幻想即興曲)
ポロネーズ/1番
前奏曲/1番・3番・4番・6番・7番・15番
【シューベルト】   
即興曲/Op.90-2 Op.90-4 Op.142-3
【シューマン】    
子供の情景全曲 
謝肉祭全曲
【ドビュッシー】   
アラベスク1番・2番 
こどもの領分 
雨の庭
【モーツアルト】   
ピアノ協奏曲ニ短調
きらきら星変奏曲
ソナタK311 1楽章
【ドボルザーク】   
スラヴ舞曲(連弾)
【メンデルスゾーン】 
無言歌集 3番・狩人の歌 
12番・ベニスのゴンドラの歌 
15番・詩人のハープ 
30番・春の歌 
34番・紡ぎ歌 
ロンド・カプリチオーソ 
【ウェーバー】    
舞踏会への勧誘 華麗なるロンド
【グリーグ】     
小品集/5番・ワルツ 
8番・夜番のうた 
10番・船乗りの歌 
14番・まぼろし 
22番・蝶々 
24番・春に寄す 
25番・こびとのマーチ 
26番・トロルドハウゲンの婚礼の日
【リスト】      
愛の夢
【チャイコフスキー】 
四季 5月9月以外
【バッハ】      
インベンション 全曲
シンフォニア 1・3・5・6・8・10・11・15

これだけやりました。次から次へと曲を与えられ、はいはい、と弾き続けただけですがね。今ほどの情熱はなかったと思います。そしてついに憧れの「幻想即興曲」をいただいた時の嬉しさったらありません!それから「愛の夢」も!まさかこの私が弾けると思っていなかったのでびっくりしました。

この頃の憧れの曲は「ラ・カンパネラ」

アンドレ・ワッツの演奏会のビデオを父と見ていたら、あまりのテクニックのすごさに大喜び!「いつか弾けたらいいなー」と漠然と思っていました。

そして転勤があり、いつものレッスンの時間に行けなくなりました。こういう時「やめる」と言えず「仕事が忙しくなったのでお休みします」と言ってフェイドアウトな私・・・。

それからピアノとは無縁の日々を送っていたのですが、姪っ子がピアノを習い始め、発表会やらコンクールに出始めました。その時に弟がドビュッシーの「ピアノのために プレリュード」を気に入り「姉ちゃん、こんな曲弾けないやろ?」と私に言い放ちました。私はそれを聞いて「なんとしてでも弾いてやるぅぅぅ!」と奮起!自分で練習を始めました。家には、夫から譲り受けたシンセサイザーしかなく(コルグのT1というピアノタッチシンセ)たまには本物のピアノを弾きに行こう!と、近くに練習できるところがないかいろいろ探しました。そしてM楽器Y音楽教室のピアノを2~3回使用させていただいていた時に、受付の方から熱烈なラブコールがありレッスンに通うことになりました。最初のレッスンにはピアノのためにプレリュードと、クラーマー=ビューローの1番を持っていきました。

タッチはしっかりしているし、きちんと弾けていますよ♪と言われたかな?そして選曲の時に「ショパンのソナタ2番が弾きたいんです」と無謀にも先生に言いました。先生は「まずは、スケルツォ、バラードあたりをやること、そしてクラーマー=ビューローをもう少し進めてからにしませんか?」とおっしゃいました。そりゃそうだよねーーー。という訳で憧れの曲の一つでもあった「スケルツォ2番」に決めました。もう嬉しくて嬉しくて、帰りに鼻歌歌いながら帰ったような(笑)天にも昇る気持ちでした。ああ、初々しい!それからブログを始め、次の年の始めにお友達のブログを通じて大阪在住のピアノ弾きの方と出会い、ピアノサークルに入り、mixiも始め、東京行ったり名古屋行ったり、だんだんとピアノの輪を広げていったのでした。

今の私があるのは、弟のお陰かもしれません・・・

再開して弾いた曲

●ショパン スケルツォ2番
●ショパン バラード1番
●ブラームス ラプソディ1番
●ベートーヴェン 悲愴1楽章
●リスト ラ・カンパネラ
●リスト ハンガリー狂詩曲2番(かじった程度)
●シューマン 幻想曲1楽章
●ドビュッシー ピアノのためにプレリュード(発表会の候補にしたがやめた)
●リスト エステ荘の噴水
●ラフマニノフ 鐘の前奏曲
●モーツァルト ソナタK311 1楽章
●シューマン ウィーンの謝肉祭の道化 アレグロ
●ショパン ノクターン 7番
●ドビュッシー 沈める寺
●バッハ イタリア協奏曲1楽章
●ショパン バラード3番(ただいま取組中)
●ハイドン ソナタ Hob:XVI/37 1楽章
●ショパン ノクターン20番
●グリーグ ソナタ1楽章
●リスト 波を渉パオラの聖フランシス
●ショパン 英雄ポロネーズ

これ以外でも独学でちょろちょろと弾いた曲はいろいろあります。

大曲、難曲が弾けるようになる(ま、音にできるようになるっつーレベル)のが嬉しくって、再開して最初の頃は半年に1曲ペースでしたが、完成度も重要であることを最近やっと実感し(遅い)選曲に頭を悩ますこともしばしば・・・。でもまあ、基本的には、好きな曲、弾きたい曲をやっていきたいので、マイペースにコツコツやってきます。

長文におつきあいいただき、ありがとうございました!

|

« 第231回(12/7)のレッスン | トップページ | 金子剛 リサイタルのお知らせ »

コメント

かおるさま

ステキな思い出がいっぱいですね。そしてピアノの輪の広がり、眩しいばかりです。


遍歴返しをすると長くなってしまうのですが、発表会で弾いた曲のみ書きます。他にも弾いたのでしょうが、記憶もおぼろげでこれしか思い出せません。

●ブルクミュラー アラベスク

●湯山昭 お菓子の世界
ポップコーン
全員一曲づつやったなあ

●タンスマン 子供のために
操り人形のワルツ
楽譜コピーが家に残っています。大好きでした。

●クレメンティ ソナタ ニ長調op.26
春秋社にしか載ってないみたい、ややマイナーです。
●シューマン 子供の情景 竹馬
これ以降約30年シューマン嫌い
の暗黒時代が続きます(笑)今は大好きですけどね。
だらだらコメントごめんなさいん。

投稿: かい | 2010年12月12日 (日) 00時48分

かいさま

長文、読んでいただきありがとうございます。

>ステキな思い出がいっぱいですね。そしてピアノの輪の広がり、眩しいばかりです。

ネットは本当に出会いがいっぱいです。ピアノは孤独なものでしたからね・・・。昔では考えられないです。宝物をたくさんいただいた、という感じです。

投稿: かおる | 2010年12月14日 (火) 23時18分

かおるさま

はじめましてclover
いつも楽しく拝見させて頂いてます。

かおるさんの遍歴を眺めていると「あ~、この曲の次にはこのくらい挑戦できるんだ」とか
「ツェルニーがこのくらい進めば、これもOKなのかな」とか自分なりに目標が立てられて楽しいです。

とはいえ、6才から始めて中3でレッスンを止め、その何倍(!)ものブランクがあって再開した私。

年明けからレッスンに通う予定ですが、8月半ばから毎日ピアノに向かい、何とかツェルニー30番の練習曲なら追いつくようになりましたsweat01

かおるさんの日記にもあったように「ぐずぐずしているとおばあちゃんになっちゃう!」と半ばあせりながら、ピアノに向かう毎日ですhappy01

投稿: ぴこ | 2010年12月17日 (金) 14時29分

ぴこさま

はじめまして!コメントありがとうございます。

>かおるさんの遍歴を眺めていると「あ~、この曲の次にはこのくらい>挑戦できるんだ」とか「ツェルニーがこのくらい進めば、これもOK>なのかな」とか自分なりに目標が立てられて楽しいです。

あ、なるほど!!!!!そういう読み方もありますね。お役に立てて嬉しいです!

来年からレッスン再開ですか。頑張ってくださいね!楽しいですよ〜(笑)

>「ぐずぐずしているとおばあちゃんになっちゃう!」

あははは!そうですよ〜、弾きたい曲はその時にすぐに取り組まないと!もし無謀だったら少し寝かしてから弾いてみると、弾きやすくなっていると思います。少しづつでも進化している証拠だと思います。そういうのを感じるのがとても楽しいんですよね。自己満足かなあsweat01

私もしばらくは・・・もしかしたら一生ピアノからは離れないと思います!一生の趣味です!

投稿: かおる | 2010年12月19日 (日) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第231回(12/7)のレッスン | トップページ | 金子剛 リサイタルのお知らせ »