« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

久しぶりに動画でも・・・

シューマン=リスト 献呈


ショパン 幻想即興曲

お時間のある時にでもどうぞ!

|

2013年9月 3日 (火)

独り言・・・

なんとなく音にしたいなーという程度で練習を始めた曲って・・・いつまで経っても暗譜できない気がします。愛がない、ともいうのでしょうが。

その点、私はわかりやすいですよ!本番で暗譜で弾かない曲は愛がないか、暗譜する時間がさけない、さいてまでレパにするつもりはない、この時一回限りしか弾かないから、のどれか。

↑自分で書いていて「厳しい!ひどっ!」とオモタwwww

そして、今日譜読みしていて・・・「早く形にして、自分なりの表現で演奏できるように早くなりたい!」と思ったら、案外暗譜がすぐにできる気がする、ということに気づきました。

うーむ、もしかして暗譜できるできないは、そこだったのかな?

楽譜を見て弾くと安心感はあるけど、やっぱり自分の耳で聴きながら弾くということがやりにくい気がします。気持ちが入らないというか・・・。見ちゃうと、頭で考えてしまうもんね~。暗譜できてなくても「次の音なんやったっけ?」って考えてしまうけど。そうすると、自由度が低くなる感じがします。

考えるな!感じろ!ですなwwwww


はあー、そうか、そうかも。

と今頃になって気づいた私。

いつまでも楽譜を見てダラダラ弾くのが好きな私は・・・結局は、自分で音にしている時が楽しい!いつまでもこのままがいい!って思って取り組んでいるから仕上がりが遅いんだろなー。

今までの経験から・・本番の2週間くらい前でいきなりテンポあがったり、仕上がってくる傾向にあるんですよ・・・。ちゃんと弾けるようになるまでが長いんだわ。とっとと弾けるようにして、魂こめて弾かないとね!!!

ああ、なんか、また楽しくなってきました!!!!!るるるん♪(単純)

| | コメント (0)

第348回〜349回(8/27・9/3)のレッスン

ああ・・・またもや2週まとめて書くハメに・・・。

●ツェルニー50番練習曲 34番 (1〜2回目)

中間部分が、ぎこちない!

2−5、1−4の連続のところ、人差し指をつっぱるのではなく・・・人差し指をちゃんと曲げて、鍵盤に乗せる!と言われたのですが、正直、2と4の間が開かないので、伸ばさないと次のポジションにいけないんです。力は入れてないんですが・・・そんな説明をしつつ・・・脱力を意識して練習しましょう!ということにwww

●ショパン スケルツォ3番(4〜5回目)

オクターブのところは、いまはフォルテ弾きをやめて、鍵盤にしっかり指を乗せて響かせる練習をすること。力任せに弾いているところがある。

音も、弾き方も、クリアに、はっきりと!!!

早く弾けるようになりたいなーーー!まあ、練習あるのみですがね・・・。

これらの曲以外にもやらないといけない曲があるのです。11月にちょっとしたコンサートに出ることになったので♪

頑張ります!

|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »