« 2014年3月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年6月

2014年6月 6日 (金)

中桐 望 ピアノリサイタルのお知らせ

D0224470_22403560

日時 :  2014年   8月9日(土)     17:00 開演  ( 16:30開場)


場所:   エル大阪 B1F   「プチエル」 ホール


〒540-0031 大阪府大阪市中央区北浜東3-14 本館
℡ 06-6942-0001


    
入場料: (前売り 当日) ¥2500 全席自由 
 

満席の際は入場をお断りすることもございます。(ご予約優先)
未就学児童のご入場はご遠慮ください。  


演奏予定曲

グリンカ=バラキレフ / ひばり

ラフマニノフ/
ショパンの主題による変奏曲 Op.22


ショパン/
ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 Op.21 (弦楽版) ほか

1st.Vn 根垣 りの 2nd. Vn 桑原 七菜子 Vla. 岡本 名那子 Vc. 中島 紗理

チケットについては、こちらをご覧ください↓


http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002129184P0030001P0006

岡山県岡山市生まれ。3歳よりピアノを始める。岡山城東高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を首席で卒業。在学中に学内にてアリアドネ・ムジカ賞、卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。藝大モーニングコンサートや新卒業生紹介演奏会で藝大フィルと共演する他、同声会新人演奏会やヤマハ音大フェスティバル2010、藝大アーツ・イン東京丸の内「三菱地所賞」受賞記念リサイタル等に出演。2013年、東京藝術大学大学院修士課程を首席で修了。クロイツァー賞、大学院アカンサス賞、藝大クラヴィーア大賞を受賞。

2006年、第17回吹田音楽コンクール第1位。2009年、第78回日本音楽コンクール第2位。2011年、第3回ロザリオ・マルシアーノ国際ピアノ・コンクール(ウィーン)第2位、併せてコンクール委嘱新曲課題曲の最優秀演奏者に贈られるSonja Huber賞受賞。2012年、第58回マリア・カナルス国際音楽コンクール(スペイン・バルセロナ)第2位、併せて聴衆賞受賞。同年、第8回浜松国際ピアノコンクールでは歴代日本人最高位となる第2位を受賞。
ピアノデュオも積極的に活動しており、2006年の第17回吹田音楽コンクール・ピアノデュオ部門で最高位(1位なしの2位入賞)、2013年、第18回シューベルト国際ピアノデュオコンクール(チェコ)第1位、併せてシューベルト賞を受賞した。

岡山フィルハーモニック管弦楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、Orquestra Simfonica del Valles (スペイン)等、多数オーケストラと共演する他、国内外でのリサイタルや音楽祭に多数出演。第11回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
これまでにピアノを内山優子、近藤邦彦、平川眞理、芦田田鶴子、E.ポブウォツカ、大野眞嗣、角野裕の各氏に、ピアノデュオを角野裕氏、室内楽を岡山潔、伊藤恵の各氏に師事。

2014年1月にサル・コルトーでのリサイタルでパリデビュー、4月に岡山&東京にてデビューリサイタルを開催し、本格的な演奏活動を開始する。

後援:一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

| | コメント (0)

2014年6月 4日 (水)

近況

久しぶりの更新です。

ぼちぼちとピアノは弾いてはいますが・・・昔ほどのやる気パワーはありません。
落ち着いてきた感じ。

よくもまあ、大曲をバンバン「弾きたいーーー!」とか言って弾いてたな、と思います。
全然弾けてなかったんですけれど。

最近は、仕上げて人前で弾くのがすごくしんどいです。
身の丈に合っていない選曲のせいでしょうか?

小品にしろ、大曲にしろ、弾きたいな、と思う曲は音にして、手の内に入りそうならば追求しようかな、と思っています。

と同時に、大曲や、この曲弾きたい!と思っても、実際には人前では弾けるレベルではなく・・・自己満足に陥ってしまうのが許せない自分もいるんです。今までは「この曲が弾けたら幸せ!」だったけれど、今は「どう弾きたいか、どう表現したらいいか?」ということをより考えるようになりました。

ピアノ演奏に向かう姿勢が、以前と変わってしまっているということに気づく、今日この頃なのでした。

秋に大きな本番があるので・・・今年はそれがメイン、あとはおさらい曲や、人前では弾かずに自分で練習するだけ、という状況になると思いますが、マイペースにやっております♪

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年9月 »