« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月

2015年10月 2日 (金)

西野純一さん ピアノリサイタルのおしらせ

私が応援している西野純一さんのピアノリサイタルの告知をさせていただきます。

⚫西野純一 piano recital~ロマン派作曲家との縁~


2015年10月3日(土)13時開演(12時半開場)


会場:カワイ梅田一階奥 コンサートサロン「ジュエ」 (大阪駅前第3ビル1階) Tei06-6345-8300


入場料:前売り¥1,500円 当日¥1,800円


曲目

ショパン:幻想即興曲 作品66

ショパン:別れの曲 作品10-3

メンデルスゾーン:歌の翼にのせて

メンデルスゾーン:無言歌集より 作品30ー1「瞑想」 作品30ー6「ベニスの舟歌」

メンデルスゾーン:ロンド カプリチョーソ

***

リスト:愛の夢第3番

シューマン=リスト:「献呈」

リスト「巡礼の年報」より「:エステ荘の噴水」

リスト:「2つの伝説」より 第2曲 「波を渡るパオラの聖フランシス」

・今回のテーマは、「ロマン派作曲家との縁」

彼は今年で38歳になりました。38歳という年齢は、メンデルスゾーンの享年。

また、彼の誕生日である7月31日は、リストの命日。

更に、10月3日の10-3は、ショパンの別れの曲の作品番号。

こういった数字での面でも、作曲家との縁を感じずにはいられません。

お客様に喜んでいただけることを常に考え、優しい音色で、丁寧に、大切に、聴かせる演奏をされます。


チケットの申し込みは

070-5661-7705

junichinishino@yahoo.co.jp

までお願いいたします。

Fb_img_1438351561733_2


⚫プロフィール

1996年神奈川県川崎市音楽コンクールピアノ部門総合第1位、最優秀表現力賞受賞。1996年から2000年の毎週土曜夜に、大阪梅田スカイビル空中庭園展望台フロアのピアノ奏者を務め、辻久子記念弦楽アンサンブルホールにてリサイタル開催。2001年大阪みらいポップスピアノフェスティバルベストアレンジ賞受賞。2005年豊中うたごころコンテスト最優秀賞受賞。2011年4月と2012年3月に東北被災地の特設ステージで行われたチャリティーコンサートに出演し、好評を博す。
ソロでの演奏会に多数出演する他、結婚式場やホテル等のピアノ奏者を務め、スタジオミュージシャンとして音楽制作にも携わっている。ピアノを川俣敦子氏に師事。實川氏の指導を受ける。

| | コメント (0)

實川風さん ピアノリサイタルのおしらせ

10月3日(土)17時開場 17時半開演

カワイ梅田ジュエにて。

全席自由

2500円


プログラム


ショパン: アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22
幻想曲 ヘ短調 作品49
ノクターン第18番 ホ長調 作品62-2
スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39
***

ラヴェル: 「夜のガスパール」より スカルボ
シューマン: ピアノソナタ第1番 嬰ヘ短調 作品11

イープラスにてチケット発売中です。

http://eplus.jp/sys/T1U14P002164082P0050001

⚫演奏動画はこちら


プロコフィエフ エチュード Op.2-1

https://youtu.be/C5U_pXJX3lI


ショパン スケルツォ第2番 Op.32

https://youtu.be/dS_3uhrb6eE


Fb_img_1441723621114


プロフィール

1989年千葉県出身。東京藝術大学音楽学部首席卒業、同大学院修士課程在籍。2007年ショパン国際コンクールin ASIA一般部門金賞、ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞・聴衆賞。東京ニューシティ管との共演で上海音楽祭に出演。2008名古屋国際音楽コンクール第1位・聴衆賞・ビクター賞・名フィル賞。 第77回日本音楽コンクールピアノ部門第3位。2008年度ヤマハ支援制度奨学生。2011年名古屋名駅ロータリークラブ椿賞。2013年サザンハイランド国際ピアノ・コンクール第2位(オーストラリア)。
これまでに、ポーランド国立クラクフ室内管、東京ニューシティ管、東京フィル、ニューフィル千葉、東響、名古屋フィルとの共演や、同世代の竹山愛(フルート)との共演等、ソロ・リサイタルの他に室内楽でも活躍している。2011年シャネル・ピグマリオンデイズ参加アーティスト。 ピアノを山田千代子、ダン・タイ・ソン、多美智子、御木本澄子、江口玲の各氏に、フォルテピアノを小倉貴久子氏に、室内楽を川中子紀子、伊藤恵の各氏に師事。学内にて、アリアドネ・ムジカ賞、安宅賞、アカンサス賞、大賀賞を受賞。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »