2007年10月 9日 (火)

第92回(10/9)のレッスン

●ツェルニー50番練習曲 15番(第1回目)

「ハンガリー狂詩曲2番」が楽に弾けるようになる練習曲はどれですか?と尋ねて決めた曲です。「広い音程を力強くひく練習」と表題に書かれています。

1


2


こんな風に、片手が広い音域のパターンで、片手がオクターブで音が跳んでいる部分もある曲です。


071009_15300001


スタッカートはしっかり鍵盤の奥まで弾く。重みのある音で。

広域になるといかに手首を柔らかくして鍵盤を押さえていくのか?いろいろ工夫をして弾いていってください、とのこと。

●リスト ハンガリー狂詩曲2番(第4回目)

先生「真ん中からやりましょうか」


ぎゃあ!やっぱり!予感的中(笑)

Friskaからです。

071009_15320001

↑音、間違ってた!!!!!

071009_15320002


↑前打音よりも4つめの音(メロディライン)をしっかり出す。4つめの音に向かって弾くこと

071009_15320003


↑ここも同じ。3つめの音に向かって弾く

071009_15310001


↑左手のベース音も意識してしっかり弾く。おざなりにしない!

先生「音を取るのも難しい曲ですねえーーー。やっぱりじっくり、ゆっくり時間をかけて弾きこんでいく曲ですね。まあ、11月にどの曲をするか決めましょう!それまではカンパネラと同時で練習しておいてくださいね」

うーむ。確かになんとか音にできても、「演奏する」というレベルにいくかは疑問だなあ。弾けるかわからない曲を期限を決めて練習するって、精神衛生上、かなりよくないわあ(笑)


まあ、発表会は「ラ・カンパネラ」でもいいですがね(ぼそ)

暗譜もできるし、ステップの選曲にできるし、長く弾きたいし、レパにしたいし、ちょうどいいもの。

あれ?ちょっと言い訳っぽい?疲れてきたか?私。

帰り際に「メフィストワルツはハンガリーを弾いてから、になりますね。順番では。でもリスト、ブラームス、シューマンは合っていると思いますよ♪」とおっしゃってくださいました。

そうかあ・・・この3人の曲を極めたいなあーーー(うっとり)


まあ、もう少しハンガリーは頑張ってみます♪これも同時に弾き続けていれば、来年あたりもっとうまく弾けるようになるかもしれないし、再来年の発表会で弾けるかもしれないし♪前向きに考えようっと♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

第91回(10/2)のレッスン

●リスト 12の練習曲 3番(第4回目)

テンポ速めで通して弾く。が、いつもひっかる部分がミスしたり、弾き直ししたりする。

まだまだ手に馴染んでいない証拠。


↑練習室で撮影しました。ひどいでぇぇぇぇーーー!!!!!(泣)

先生「この曲集はマニアックだし、ツェルニーをがんがんやったあとにやるものかもしれませんね。またツェルニーに戻りますか?元々はリストをやるから、という理由で始めたので」

わーーーい!ツェルニー♪ツェルニー♪

ここから先生のエチュード論が始まりました!!!!!

先生曰く、ツェルニーは大切、50番を一冊やればかなりのテクニックがつく、なぜか?????一曲丸々ずーーーと同じような音形で持久力やら、テクニックを要求されるので、それが弾けるようになれば、普通の曲の一部分の難しいパッセージが【簡単】に思えてくるからだそうです。うーむ、確かに!!!!!弾けなかった曲を、いろんな曲をしてから弾くと弾けるようになる=思ったより簡単?と思えてしまうのは、段々と難しいことをやっていって、それに慣れた指で弾くからですね!!!!!

「弾く力はおありなので、ツェルニーでテクニックを磨けば、もっと大曲を弾けるようになりますよ」と言われ楽しみでしょうかないっすーーー!!!!

「ツェルニー好きです!!!!!」とアピールしておきました。

ところで・・・

ハノンも侮れない!!!!!

ある教材のシリーズ(エチュードをしなくてもテクニックはつく、と唱われていた)をずーーーと使っていて、エチュードはなにもしてこなかった中1の女の子を受け持った時の話。ソナチネを弾いていたが、あちこちで指がこけたり、でこぼこになって見ていて「可哀想」と思われたそう。譜読みも遅い子だったので、ツェルニーはかわいそうかな、と思ったのでハノンをやらせてみたところ、みるみるうちに変わっていったそうです。


ええ話やああああああ!!!!!!!

はっっっ!!!!!なんかエチュードで盛り上がってしまい、レッスン時間が5分しかない!まあいいけど(爆)

で、来週からツェルニーやります!!!!!続きの5番から。

※帰宅後、「どうせならハンガリーのFriskaの部分が楽に弾ける曲をしたいので、何番がいいでしょうか?」と相談のメールをいたしました♪

●リスト ハンガリー狂詩曲2番(第3回目)

1

↑ここ歌い過ぎ!

もっと重たい感じで、縦リズムで弾いてよし!


2


↑ここは部分練習しましょう。難しいーーーー!!!!!

1

↑今日は成功。

先生「速く弾けたらかっこいいですねーー」


5分しかなかったので、3ページで終了。

先生「でも前半の雰囲気は掴めてきてますよ♪」

私「いやあ、雰囲気だけなんでーーー」

二人、爆笑!!!!!


ふう、Friskaはどうなることやら?????

という訳で、なにをとち狂ったか?撮影してみました。

記録用&練習風景なので、ミス多発、弾き直し多発で、かなーーーりいらいらします。弾いててもいらいらするので(爆)それでもいい方はクリックしてね♪

いろいろミスしたので細切れに撮影したんです・・・。

これぞ本当の半狂2番!!!!!(半狂乱の演奏)


ここから進化してくれることを願いつつ・・・。


↑ぎゃあ、なんかカメラチェックしにきているとこまで映ってる!

まあ、いいか(笑)




↑このテンポでもあやしい!!!!!!

かぁーーー!!!!!テンポあげて弾けるようになるんだろうか?

あ、ちなみに途中でめちゃめちゃになったんで、ぶちっ!と切っております(汗)


優しいアドバイスは受付中です♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

第90回(9/25)のレッスン

●リスト 12の練習曲 3番(第3回目)

テンポをあげて弾く。

1


2

↑ここをメロディを繋げて弾くのが難しい!「ペダルつけましょうか」と先生。しかし元々ちゃんと音を掴めていないので、ミス連発。ああ!!!!!


ここ以外でも臨時記号を見落としたり、とテンポあげても弾けないことが判明。

「音形をしっかり掴めるようになってからテンポあげましょう」

はーーーい・・・(泣)

リストの練習曲は、リストが自分の曲を弾くために作った練習曲なので、ツェルニーみたいな練習曲ではなく、リスト独特の指使いや音形が出て来ます。

しばらく3番、頑張りまーーーす。(弾いてても面白くない曲だけど・汗)

●リスト ハンガリー狂詩曲2番(第2回目)

1

↑ゆっくりめで弾き始めたが、ここで頑張って速く弾いたら見事撃沈!

先生「ゆっくりいきましょう(笑)」


3

↑ここのトレモロ

31

↑この弾き方にすることにしました。その方が楽♪


今日はFriskaの【手を交差して左手でメロを弾く所の手前】まで弾きました。

5

↑ここはペダルはなしの方がいい。つけるなら、一音ごとに踏み替えること。


さて・・・


たどたどしく弾きましたが(汗)

先生「音はしっかり取れています。あとはテンポがあがるかどうかです。難しいんですよねーーー」


そうなんですよねーーー。とにかくゆっくり音を取れるようにして段々あげていくしかないです。

できるのか?

できなければ「ラ・カンパネラ」にすればいいやん(笑)

ちょっと弱気になってる私(笑)

音にできるようになってきて、今が一番楽しいのかもしれません。ここから「正確さ、テンポアップ」を求められてきたら「苦痛」のなにものでもないかもしれない・・・。余裕を持って「ある程度テンポアップ」できたら良しとしよう。

いつが決断の時かなあ?????

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

第89回(9/11)のレッスン

先週までのあらすじ。

「ラ・カンパネラ」を来年の発表会で弾こう!とレッスンをうけていたかおる。しかし、先生の一言で、この曲のレッスンを終了する事態に!!!!!


その言葉とは・・・


「もう、すぐに仕上がりそうですね。あと5ヶ月ありますし、曲変えます?」

そしてこの一週間悩みに悩みました。

お友達をたくさーーーん巻き込んで(爆)←巻き込まれた方、すみませんでした。

で、先生にお手紙を書いて送ったんです。

絶対にまたレッスンで迷うに違いないので、私の希望を書いておきました。その希望とは

●ハンガリーが一番弾きたいので、これを練習してみて、ダメだったらカンパネラを弾くことにする!

でした。

でもでも、「それでも無理」って言われる可能性があるので、他の曲も考えました。候補は「シューマンソナタ2番1楽章」と「ショパン スケルツォ3番」要するに、前回の選曲時に最後に残った2曲やん!(あと1曲がカンパネラ)

きっと無理って言われると思ったのでスケ3の譜読みもしつつ、万が一ハンガリーOKだった時に備えて少し練習したり、シューマン弾いたり・・・。課題の練習曲そっちのけ!!!!!(おい)しかもこの一週間は毎日仕事だったし、あまり練習する時間もなく・・・悩んで1週間が過ぎました。先生にメアドもお教えしてたのですが、お返事もなく・・・。悩ませてるよなあー、困らせてるよなー、無謀な曲が弾きたい!って手紙を送りつけて、イケナイ生徒だわ、私・・・と悶々とする日々。

いろいろと先生に話すセリフも考え(笑)楽譜はどれを持って行こうか?と思っていたら携帯にメールが入りました。家を出る15分前に。先生から。

「発表会は一番弾きたい曲を弾いたほうがいいと思うので、ハンガリーがんばってみますか? 難しかったらカンパネラにしましょう」

うわーーーん(感激)

15分しかないけど、ちょっとハンガリーを練習してレッスンへ行きました♪


まあまあ、ちょっとやってみて、間に合えば・・・てことなのでまだ曲は決まっていないのと同じなんですが、できるところまで頑張ってみたいと思います。


●リスト 12の練習曲 3番(第2回目)

2回くらいしか練習してなかったんですが・・・事前の練習室で頑張りました!

1

↑和音で動いていくところがメロディが切れてしまうので、それを繋ぐ練習をすること。
ペダルなしなので、余計に難しいーーー。弾き込んでなんとか仕上げたい!


●リスト ハンガリー狂詩曲2番(第1回目)

まあまあ、とりあえず弾いてみましょう・・・てな感じで弾き始めました。

1_2

↑やはり耳で聞き慣れているので、勝手にテンポを揺らしてしまう。拍をきっちり数えて、拍通りに弾くように。ルバートの部分はあとから!


2_2

↑まずは装飾音符はつけずに弾きましょう。どうしても装飾音符に気を取られ、付点のリズムが狂ってしまうので。(はい、ややこしくって訳がわからなくなります)


3

↑ここの連打、一生懸命数を数えていたのがバレて(笑)笑われてしまう。うう、だっていくつ弾いたらいいかわからんもん!!!!!!


とりあえずLassanの部分は最後まで弾く。Lassanの後半が練習不足でぐだぐだ。「片手づつしましょう」と根気よくおつきあいしてくださいました。まだ指が覚えてないのよーーー。練習せずに選曲に迷ってたから(爆)


先生「この曲は舞曲です!音は取れても、このリズム感を出すのが難しいですね」


4

先生「Lassanやこういうスケールとかの部分は大丈夫だと思うのですが、後半のオクターブ連打は手を痛めないように弾いてあげないといけません。」


5

↑こういう部分をいかにリズム感を出して弾くか!?


え?リズム感?


舞曲?????


音頭なら得意なんだけど・・・.


ハンガリー舞曲の勉強をせねばいかんかな?????


とにかく!!!!!当分はこの曲を練習します!

10月中に一定のテンポで最後まで弾けるようにし、あとは弾き込み&細かい部分練習にこぎつけれたらなあ。

なんとか仕上げるまでにもっていけたらいいのですが。とほほ・・・。

来週はお休みです!

メトロノームを使って練習に取り組みたいと思います。

それから、今日でレッスン再開3年目に入ります!!!!!おめでとう、私!!!!!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

FIAT PANDA |  一ヶ月一曲♪ | 「スケ2娘。」 | お菓子作り | これからチャレンジしたい曲 | アヴェンヌで演奏 | オフ会♪ | ツェルニー練習曲 | パン作り | ビーズアクセサリー | ピアノ | ピアノコンクール | ピアノ演奏会 | ピアノ練習会 | ピアノ練習記 | ピアノ雑談 | リトルピアニスト~姪っ子のお話 | レッスン10 (ラフマニノフ 「前奏曲Op.3-2」編) | レッスン11 (モーツァルト 「ソナタK311第1楽章」編) | レッスン12 (シューマン 「ウィーンの謝肉祭の道化」より「アレグロ」編) | レッスン13 (ショパン ノクターンOp.27-1編) | レッスン14 (ドビュッシー 沈める寺編) | レッスン15 (バッハ イタリア協奏曲 1楽章編) | レッスン16 (ショパン バラード3番編) | レッスン17 (プーランク「インテルメッツォ3番」編) | レッスン18 (ハチャトゥリアン「トッカータ」編) | レッスン19 (ブラームス「スケルツォ」編) | レッスン1(ショパン「スケルツォ2番」編) | レッスン20(ドビュッシー「ダンス」編) | レッスン21(シューマン 森の情景より「森の入口」「予言の鳥」編) | レッスン22(ベートーヴェンソナタ月光第3楽章) | レッスン23(リスト 「ハンガリー狂詩曲11番」編) | レッスン24(シューマン 「ノヴェレッテン1番」編) | レッスン25(ショパン 「ノクターン17番」編) | レッスン26(ドビュッシー「水の反映」編) | レッスン27(ショパン「スケルツォ3番」編) | レッスン2(ショパン「バラード1番」編) | レッスン3(ブラームス「ラプソディ1番」編) | レッスン4(ベートーベンソナタ「悲愴」第1楽章) | レッスン5(リストパガニーニ練習曲より 第3曲「ラ・カンパネラ」) | レッスン6(リスト「ハンガリー狂詩曲2番」編) | レッスン7(シューマン「幻想曲第1楽章」編) | レッスン8(ドビュッシー「ピアノのために プレリュード」編) | レッスン9(リスト「エステ荘の噴水」編) | 企画モノ | 公開レッスン | 憧れの曲を弾こう♪ 「ショパン スケルツォ1番」編 | 憧れの曲を弾こう♪ 「プロコフィエフソナタ1番」編_ | 憧れの曲を弾こう♪ 「ラヴェル 水の戯れ」編 | 憧れの曲を弾こう♪「シューマン/ソナタ2番 Op.22」編 | 憧れの曲を弾こう♪「シューマン/幻想曲Op.17 第1楽章」編 | 憧れの曲を弾こう♪「ドビュッシー/喜びの島」編 | 憧れの曲を弾こう♪「リスト/ハンガリー狂詩曲2番」編 | 憧れの曲を弾こう♪「リスト/メフィストワルツ」編 | 憧れの曲を弾こう♪「リスト/ラ・カンパネラ」編 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 本の紹介 | 演奏デスヨ♪ | 演奏会の記録 | 発表会 | 私のピアノの歴史・今までに弾いた曲 | 英ポロ娘。 | 選曲ですよ♪